ゲスかわ☆ガールズ JAPAN TOUR 2015 FINAL

ツアーなんて一体どこでやっていたんだという感じですが、さばげぶっ!のイベント。

P2153244
さばげぶっ!はいろいろと春から夏にかけてイベントが多かったですけど、結局行けたのがキャスト発表翌日のAJステージと7月の4話の上映会ぐらいです。チケット取れなかったり体調不良だったり用事あったりと色々ありましたが、今回も昼夜参加の予定がこれまた色々あって夜だけになってしまったりして。縁がないのかな。

開演前影ナレがゲンゲンもとい玄田哲章さんで、そこからまず大盛り上がり。好きな哲章は玄田哲章だった。開幕からはっしーの歌うOP曲YES!!で飛ばしてくる。この曲はアニメで聴いてる限りではちょっと無難というか、フツーなアニソンかなあと思ってたけど、ライブで聴いてるといつの間にか超飛び跳ねてた。はっしーが盛り上げてくれるんだよな。「キミと Say YES!!」のとこでピースサインするのがほんと爽快。ワンコーラスだけ歌ったところで他のキャストも登場してトークコーナー。なおぼうはかよちゃんヘアーでしたよ。自己紹介でいきなりからあげ☆レモン氏のモノマネぶっ込んできた。。。MCは聡ちゃんこと荒井聡太さんと松井恵理子ちゃん。ゲンゲンはスペシャルゲストということだったのでナレーションやって最後に出るとかかなぁと勝手に思っていたらトークにもガッツリ参加してました。テーマはゲスになったと思うこと、作品でゲスだと思ったこと、ゲスかわガールズの将来に心配すること等々。なおぼうがライブの振り付けもゲス感出てるとか言っていて確かに確かに。ちょこちょこした動きがなんか多くて。そういうのをなおぼうとかるみるみとか背の小さい子がやってるとまたカワイイ感じ。にしてもトーク観てて思ったけどやっぱさばげぶっ!の制服いい。。。前も書いたけど全然ありがちなデザインが逆にいい。特にはっしーの赤いスクールカーディガン似合いすぎてて俺死んでたな…。制服が似合う声優 is 尊い。

朗読劇でも普通にゲンゲンナレーションだった。梧桐学園高校の廃校の危機を救うためにサバゲアイドルグループゲスかわガールズを結成するというまあ完全に攻めてきてる台本ですが、なおぼうが「Lynnちゃん!」とか言い出したと思えばLynnちゃんが「かよちん!」とか言ったり、なおぼうが「おねえちゃーん!」とか叫んだり予想以上にグイグイ来てた…。あと朗読劇なのにモカリンじゃなくて大橋彩香さんいたな。そのあとはライブコーナー。カップリングもメドレーでしっかりやってくれて充実してました。さすがにジャパンツアーファイナルだ(棒)なおぼうはまたアイドルアイドルしてたなあ。良かったのがゆーみんとLynnちゃんで歌ってたFashionable Passionという曲で、けっこう自然にR&Bとして聴けてノれた。メドレーだったのでフルで聴きたかった1曲。ライブパート最後もゆーみんが歌唱力利かせてて熱くなった。しかしここでモカリンのソロ曲がなかったのであれれとなったのです。そしたらそのあとのあいさつではっしーが「喉を痛めてしまってソロのキャラソンの歌は見送らせていただきました」と泣きながら言うので、おああああああ泣かないではっしーおじさんも泣いちゃう。まあ確かにトークとかであまり前に出てこないなとは思っていて。昼の部でもあまり声が出ていなかったらしい。残念だけどこれは仕方ない。しかしこう、いつも元気いっぱい笑顔のはっしーでもステージで泣くことがあるんだなあ。なんだか愛おしくなったのではっしーに向かって叫びました。あと最後のあいさつではなおぼうの音頭でゲンゲンコールしてた。どんだけレアなイベントだ・・・。

珍しくアンコールがあって、全員ライブTシャツで2曲。最後はスクリーンに歌詞も出て全員でYES!!歌いました。終わりの影ナレもゲンゲン。正味2時間ぐらい。ライブパートが曲数もあって予想以上に楽しかったので、やっぱバンナムキャンプは行っとくべきだったなぁと。なかなかイベント行けなかったけどこれでやっと一満足できたかな。

P2153254
P2153259
P2153263
P2153264
ちょうど1年前、このへんをふらふら歩きながら東山奈央ちゃんのことをずっと考えていたのだった。

Return of “Blue Steel”

2014-06-29 13.46.24
もう1週間前の日曜、蒼き鋼のアルペジオのイベントへ。想い出の舞浜アンフィシアター。季節は遷ろいましたね。相変わらずイクスピアリは迷宮です。

昼夜どっちも参加したんですが、まあ東山奈央ちゃん見に行くというのはありつつ、そういうのも関係なく楽しめる良イベントだったと思います。Tridentのアルバムが出たばかりだったので、年末みたいにライブメインのイベントなのかなと思ってたんですけどそうでもなく。どうせならアルバムの曲は全部やっても良かった気はしますが、それでもライブパートはめちゃ盛り上がりましたね。アルペジオはもうなんというか、曲のクオリティが高すぎましてね…。キャッチーなエレクトロ・ポップでほぼまとめる統一感とサウンド志向は他のアニメではなかなか無い気がしますね(タカオの曲だけはロックだけど)。ゴリゴリのベースに乗って勝手に体は動きますし、間奏の透明感シンセサウンドスケープには酔いまくり、それでいてPurest Blueは振りコピも楽しかったのです。1stアルバムで終わりと言わずもっと曲を!

ライブパート以降は他のキャスト勢も登場してアニメイベントらしく。ドラマCDの実演はなかなか笑えましたし、CDに入ってないアドリブも交えたりというのも多くてリアルタイム感ありました。榛名は大丈夫です。MVPはさっきぃ。というか、ヒュウガの役どころが昼夜ともにおいしい感じではありました。そのあとは人間とメンタルモデルの2チームに分かれての自衛隊カレー争奪ゲーム。昼は艦長が自由すぎてなかなかに茶番化してましたが、夜は割とガチっぽかった。まあ昼はアニメ内の画の中の細かい小道具とかテロップとかを当てるやつで問題がガチすぎてましたね。夜は連想ゲームでチームごとに回答を合わせるやつ。ゆーみん絵うまい。奈央ちゃんはブシャーとかやってました。

最後にTridentからグッズ紹介と、全員でご挨拶…からのまさかのBlue Steelsエンド。奈央ちゃんノリノリで可愛かったなー。グンゾーラップを会場でやって一体感ありました。2時間ちょいでしたが昼夜それぞれで見どころがあったし、最初に書いたように推しとか関係なく楽しめるイベントだったのではないかと。アルペジオとしても来年にかけての展開は期待ですね。

なんか色々やばかった昼公演終演直後。
2014-06-29 16.17.49

なおちゃん⇔かのんちゃん

2014-02-22 20.05.40
22日に中川かのんstarring東山奈央2ndコンサート Ribbon Illusionへ。かのんちゃんイベントは以前から行きたい現場の一つではあったんですけど、神のみをあんまり知らないので気が引けてたんです。2年越しの2ndコンサートでようやく来れました。デビューイベントから行きたかったなあ…

いや実はここ最近かのんちゃんの1stコンサートを観まくっていて、一人で夜な夜な踊ってる気持ち悪いオサーンやってたんですけど、なんでこんなハマってたかっていうと、それはもうステージでかのんちゃんを演じる東山奈央ちゃんのパーソナリティですよ。奈央ちゃんは20歳そこそこの声優さんで、もちろん可愛くてキレイな声をしていてそれは彼女のいちばんの武器なわけですけど、それ以外の部分、歌、トーク、ダンス…そういうものに対しても全力で攻めていって、精一杯のかのんちゃんを弾けるぐらいのピュアさで表現してる。そしてその完成度は高い!デビューする前までは想像もしてなかったステージに一人で立たされて…それでも真摯に努力をして、笑顔で歌って踊れて、ステージ上で輝いてるアイドルのキラキラ感に惹かれまくっちゃったんですね。こういう問答無用のアイドルオーラが備わってる女の子は超可愛いし、憧れるんだ。

例によって前口上が長いですが、当日のこと。急遽取ったチケットは最後列立ち見。舞浜アンフィシアターって全然知らなかったんですけどシルク・ドゥ・ソレイユやってたとこでしたか。その名の通りの円形劇場となっていて、最後列でも非常に見やすい。まああと、立ち見ということでスペースはそれなりにあって、通路側とかより全然楽でしたね。立ちっぱもなぜかそんなに苦にならなかった。

ライブはゲストなどもなく、完全にかのんちゃん一人舞台。前半にはいくつか2番を省略した曲もありましたが、中川かのん単独名義の曲は25曲全て歌い切りました。恋に落ちたサンタでのタップダンス、らぶこーるでのピアノ演奏はもう、こんなことまでできちゃうんだ…と惚れ惚れですよ。もちろんプロのようなレベルではないかもしれない。ただ、これは前にも同じようなこと言いましたけど、これは中川かのんstarring東山奈央のショウですから。彼女のやりたいと思うことをやって、彼女と僕らが楽しめればそれでいいんだということ。MCも…この子の喋りはほんとあざとめでニヤニヤしてしまう。明らかに術中にハマってるね!

バラードもありつつ、ハッピークレセントや夏色サプライズといった跳び曲は終盤に集中して配置されていて、なんかもう普通の声優ライブみたいな構成です。もうこのへんは立ち見のスペースを活かして振りコピしまくり。その他の曲もステージガン見でけっこう振りコピやってました。コールに関しては直前にコール本を見たぐらいですが、映像でもだいぶ入っていたし、シンプルなものが多いのですぐ覚えられる。コール半分振りコピ半分みたいな感じでしたが、ハピクレはほぼ完コピできたかもしれない。ただ、僕はだいたい他のライブではペンライトを持っている手、だいたい右で振り付けをコピるんですけど、奈央ちゃんはマイクを右手で持つのでミラーにはなってました。

そういえば、法被の人にウルトライエローだか大閃光だかわかりませんがサイリウムをもらって、ハピクレで会場を黄色に染める恒例の企画をやりました。おお、こんなんやったのアカイキオク以来な気がする。しっかし、この手の高輝度サイリウムを使ったのは覚えてる限り水樹奈々LIVE GAMES以来でしたが、ほんとに手元が燃えてるみたいに明るく光りますね、これ。しょっちゅう見てるっちゃ見てるんですけど、自分で使わないから忘れてました。イエローはオレンジより発光時間長かった。

ただ楽しい部分もありつつ残念な部分もあったのも確か。まず1stではあったバンド演奏がなくなってカラオケだったこと。全曲やったのでそういう関係もあるのかと思いますが、グレード低下感は否めない。これはステージ上の一体感にも関わる問題だと思うし。お金かけらんないのかなぁと。かのんちゃんの歌にしてもリズムずれはありました。あと会場の規模的なこともあり、MCに横槍を入れる客が多すぎ。咲きクラップする厄介も多すぎ。最近の若い声ヲタってこんなのしかいないのという。

周りの客に冷や水を浴びせられながら観てましたが、奈央ちゃんは一人でがんばっていました。いや、ダンサーのA応Pの子たちはいるんですけど、実質的に。セットもそんなにない広いステージの上でかのんちゃんの世界を作っていました。MCでライブというよりはよりショウアップされたステージということを言ってましたが、前述のピアノをはじめ、色んなことに趣向を凝らして楽しんでもらおうという気持ちを感じてました。最初に書いたようなキラキラ感。ああ、求めてたのはこれだと思っていたのですが、だからこそアンコールMCで「私はかのんちゃんになれなかった」と泣きながら声を絞り出したのには言葉を失った。僕にとっての彼女は、すでにかのんちゃんと一体となって、元気溌剌に頑張って輝くスターで、ライブDVDを見てるだけでもそれは充分伝わってきてたんです。その裏でたいへんな努力があるのはもちろんで、むしろそれが見えるからこそ「今」の煌めきを感じてた。だって、イベントでキャラ名呼びなんてここぐらいですよ。そんな中で、本人は自分の現実とかのんちゃんのイメージのギャップにずっと葛藤があった。そんなことないよ、と伝えたいけど言葉が出ない。。。自分は、彼女のことをどう考えていたんだろう。それでも、奈央ちゃんは「かのんちゃんにはなれなくても、いくつもある星の一つになればいい」「かのんちゃんという星の隣で輝けるようになりたい」と言いました。そしてラストナンバー「歩いていくもん」…奈央ちゃんはデビューからかのんちゃんと二人三脚で来ました。でも、これからは一人で。最後のこの歌だけはもしかしたら中川かのんとしてではなく、東山奈央として歌う、別れと決意の歌だったのかもしれない。MC中は複雑な気持ちでいたんですが、最後の歌が始まってペンライトを振り出すや、どっと涙が止めどなく。カーテンコールの間、いつもあんまり言わないんですけど、ありがとうと心の底から叫びました。もっと近くに行きたいと思いました。前半ブロックの人たちが羨ましかった。

これで終わりみたいに書いちゃってますが、もう1回花火を打ち上げさせてほしいのが個人的な心情です。綺麗な終わり方とは思いません。諸々の事情があって、それがこの公演にもところどころ現れていたんだとは思います。ただ、最後のMCと曲に東山奈央の前向きな決意を見て、これがかのんちゃんなりの終わり方なんだと言われれば納得できるとは思いました。

なんか初参加のくせにめちゃくちゃ感情移入しちゃってんですよね。それだけ期待値が高かったし、自分の中で大きなイベントになったことは確かです。デビューイベントとか1stコンサートに行った人たちが羨ましくてしょうがないですもん。一人のアイドルの成長を見届けるというのは代え難いものがあると思うから。。。それに、かのんちゃんがこれで終わりだとしたら、今のところ次のステージの保障はまったくないというのもあるし。まあ、そういう刹那的な輝きというのもアイドルには往々にしてあるものなのですが。とはいえ、僕も前を向かないといけませんから。彼女がまたあの舞台に立てるように、東山奈央ちゃんをこれから全力で応援することにします。完璧ではなかったかもしれないけど、確実にそう思えたコンサートでした。

歩いていくもん 君のぶんまで
向かい風も 靴ズレの痛みも気にしない
約束の歌 心から放て
弱気な昨日も 引き連れ 春の光を集めて 踏み出そう

—歩いていくもん / 中川かのん starring 東山奈央

2014-02-24 12.10.14

SETLIST

01.青春パラダイス
02.かのん100%
03.ろまんてぃっく愛情
04.サマーボーイ
05.バレバレ・バレンタイン
06.秋色片想い
07.キズナノユクエ
08.アイノヨカン
09.コイノシルシ
10.想いはRain Rain
11.君色ラブソング
12.恋に落ちたサンタ
13.YES-TODAY
14.ALL 4 YOU
15.ウラハラブ
16.らぶこーる
17.愛・おぼえていますか
18.瞳からスノー
19.桜色卒業
20.LOVE KANON
21.夏色サプライズ
22.ハッピークレセント
23.ダーリンベイビ

(Encore)
01.想い出がいっぱい
02.歩いていくもん