虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 3rd Live! School Idol Festival 〜夢の始まり〜

3rdライブ初日。初めてニジガクのナンバリングライブに現地参加。懐かしの西武球場前。この会場にもたくさん思い出がありますねえ。先輩がいつか来た道を虹ちゃんも歩いていくというのは熱くなるものがあります。どうでもいいんですが、初めてこの会場に来てから12年、実に14回目のライブにして初めて1塁側から入場しました。

このあいだのシャッフルフェステイバルはメインの趣向はありつつアニメ曲やこれまでのリード曲も併せて補完できるという、ニワカとしてはとても満足度の高いライブでしたが、この3rdライブも、アニメをしっかりと消化した上で2日間でやれるものはだいたい詰め込んでという欲張りセットリストでとても楽しめました。これぞアニガサキ新規の求めていたものなんだよなあ。

中でも驚いたのは、アニメ楽曲をMCなしの13曲連続で披露したことです。MCが少ないのはアニメの世界に没入させてくれるという意味でとてもいいのですけど、ここまでひとつなぎでやってくるというのはAqoursのアジアツアーを彷彿とさせます。あのときと違うのは、アニメのダイジェストは最小限にしてパフォーマンスで繋ぎ続けるという点で、これは基本ソロだからこそできることだなあと。School Idol Festivalと銘打っている通り、フェスっぽさも出てくるわけです。TVアニメの流れを1曲1曲丁寧に重ねながら、ひにゃちゃんのピアノ生演奏の導入による「夢がここからはじまるよ」に至って、これまでの時間がスクールアイドルフェスティバルそのものであることにも気付かされます。全く同じシーンから迎える「NEO SKY, NEO MAP!」にて大団円。歌でパフォーマンスで魅せていくという姿勢がとてもよかった。

パフォーマンスも全員が全員光るものがありましたけど、とりわけ「無敵級*ビリーバー」で相良茉優ちゃんが見せた全開アイドルスマイルはしばらく忘れられなさそう。とにかく煌びやかな光を放つこの曲は、やっぱり客席一面のイエローの前でパフォーマンスされるべきだったんですよね。2ndライブからの因縁めいたものもやっと回収されて、まゆちの涙が感動的でした。アンコールにおけるただの1曲だけれど、この日披露されたアニメ楽曲と同じくらい重要な意味をもつ時間に感じられました。他にも「サイコーハート」で場を動かしていくなっちゃんのエネルギーとか、「ツナガルコネクト」での田中ちえ美の軽妙な可愛さとかも印象的でした。個性的なステージが次々と繰り広げられることがシンプルに楽しかったですね。

2日目には4thライブとアニメ2期も発表されてひと安心というところですが、あぐぽんが言うようにまだまだたくさんの夢があって…今までこのシリーズのファンとしてそういう夢の舞台をいくつか見せてもらった者としても、こうやって言葉に出してくれたことがとても嬉しかったですし、とはいえこれは彼女たちに課せられたハードルということでは決してなくて、彼女たち自身の夢として、この日に口にしたようなことをひとつひとつ現実にしていきたいですよね。本当の意味でニジガクのファンになれたと感じた3rdライブ。アニメ後のニジガクもますます楽しみです。

SETLIST

  1. 虹色Passions!
  2. CHASE!
  3. Dream with You
  4. Poppin’ Up!
  5. DIVE!
  6. サイコーハート
  7. La Bella Patria
  8. ツナガルコネクト
  9. Butterfly
  10. Solitude Rain
  11. VIVID WORLD
  12. Awakening Promise
  13. 夢がここからはじまるよ
  14. NEO SKY, NEO MAP!
  15. Sweet Eyes
  16. 全速ドリーマー
  17. 未来ハーモニー

Encore

  1. 無敵級*ビリーバー
  2. TOKIMEKI Runners
  3. Love U my friends
  4. NEO SKY, NEO MAP!

AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~ 茨城県公演

入口はこっちじゃない

このタイトルももはや懐かしい。というわけで、1年以上ぶりにチーム8のツアーに参加しました。推しメンのご当地ということで心持ちも違うのかなと思いながらも、そもそもコンサート自体が久しぶりで、どういうふうに楽しめるのか想像しにくかったですが、まあそこは杞憂でしたね。距離は遠いぶん、人数が多くてステージが華やかです。今回はその中心に立っているのが推しメンで……グループで一番可愛い子(推し補正多分なので許せ)がゼロポジションにいるだけで全体が輝きを増して見えて、収まるところに収まっているという感じがして、それを見ているだけで幸せでした。この時をずっと待っていたよ。

嬉しかったのはそれだけでなくて、麟ちゃんの脇を固める関東メンバーの存在も大きかったです。7人揃っているのを見るのはTV以外だと本当に久しぶり。「フライングゲット」での登場から関東メン7人ユニットの「バラの儀式」があって、以降ほとんどの曲でフロントを関東メンが占めていましたが、7人それぞれがそれぞれの方法で存在感を放っていて、ある種風格さえ感じてしまいました。ほんとキャラが濃くて、ひとりとして被ってもいなくて楽しいんですよね。やっぱり、自分をAKB48の世界に直接引き入れてくれたのはこの7人と、ここにはいない2人のメンバーたちだったわけで。「11月のアンクレット」は、ちょうどそのころを思い出して感極まってしまいました。終盤「生きるって素晴らしい」のアウトロ、麟ちゃんと麻璃亜ちゃんがシンメで見合うところがあって、そこの2人の表情が色んな含みをもった笑みで、とても印象的でした。2人に限らずこの7人は、同じ青春を駆け抜けてきた感が強くあるのが良くて。今あるAKBのほかの同期グループと比べてもそれを特に感じています。だからこそ、関東メンがフィーチャーされた昼公演の「夕陽を見ているか?」は本当に感動的でした。七瀬にもらい泣きしちゃった。

そういう思い入れの部分を抜きにしても、この日はセットリストがあまりにも完ぺきでした。今まで行ったAKBのコンサート(少ない)の中でも最上級に自分好み。曲の好みは推しに似るらしい。まぁ今まで好みが似てると思ったことはないんですが()、麟ちゃんが前に好きって言っててここで歌うのを想像していた曲とかはあって、その中で言うと「JJに借りたもの」とかはそうで。ギラギラした歌詞が麟ちゃんっぽくて(語弊がある)、故郷に帰ってきたというシチュエーションも含めてグッと来るものがありました。この曲はラスサビから同じ進行でアウトロに繋ぐのが好きで、パフォーマンスによってさらにその勢いが増幅されていました。上に書いた「11月のアンクレット」は自分のAKBファンになるきっかけの曲の一つでしたし、雫公演もずいぶん行われていないので「スコールの間に」も聴きたかった。「わるりん」とか完全に、麟ちゃんわかってるなあ…(色々な意味で)ですよね。夜公演アンコールの「LOVE修行」「ショーは終わらない」の流れまで、本当に言うことなしでした。「ショーは終わらない」のBメロの振りをやる麟ちゃんが好きなんですよね。夢を見ているように甘く感動的な曲…

というわけで、岡部推しとしてえもい部分もあり単純にコンサートとして楽しかったのもありで無事成仏。佐賀公演のときも書きましたが、わたしはチーム8のファンとしては後追いも後追いなので、推しメンの地元公演がまだ残っていたことが奇跡のようなもので。麟ちゃんのソロコンにも行けていないので、推しメンが主役のコンサートがこんなにも楽しいものということをやっと知ることができました。このコンサートの開催が発表された去年の1月から考えると本当に長い期間で、そのあいだに色々な変化もありましたが、ようやくホッとしてます。

先に書いたように最近チーム8は劇場で公演していないので、一部のメンバー以外はまとまったパフォーマンスを久方ぶりに見たわけですが、やっぱり楽しいチームです。それから、推しメンをはじめとする関東メンバーのみんなが自分が思っている以上に特別な存在であることにも今更気付かされました。わたしにとってはこの7人が最強のアイドルグループです。千秋楽となる神奈川で何が起こるのかはまだわかりませんが、この公演と通じるものが見られるといいなと思います。はよ23日来て。

SETLIST

前座(昼公演)

  1. 情熱大陸
  2. 君のc/w

昼公演

  1. フライングゲット
  2. バラの儀式
  3. ハート・エレキ
  4. 愛の喪明け
  5. 11月のアンクレット
  6. Jane Doe
  7. 背中から抱きしめて
  8. キスの流星
  9. JJに借りたもの
  10. ウィンクの銃弾
  11. ナットウエンジェル
  12. 汚れている真実
  13. オネストマン
  14. ヤンキーマシンガン
  15. ヘビーローテーション
  16. Mosh & Dive
  17. 蜂の巣ダンス
  18. 星空を君に
  19. 挨拶から始めよう
  20. スコールの間に
  21. 生きるって素晴らしい
  22. 少女たちよ

Encore(昼公演)

  1. ゼロサム太陽
  2. 君はメロディー
  3. 夕陽を見ているか?
  4. 47の素敵な街へ

前座(夜公演)

  1. 恋愛禁止条例

夜公演

  1. フライングゲット
  2. バラの儀式
  3. ハート・エレキ
  4. 愛の喪明け
  5. 11月のアンクレット
  6. わるりん
  7. 1994年の雷鳴
  8. TWO ROSES
  9. 誕生日TANGO
  10. 投げキッスで撃ち落とせ!
  11. ナットウエンジェル
  12. Party is over
  13. Escape
  14. UZA
  15. 大声ダイヤモンド
  16. チャイムはLOVE SONG
  17. 蜂の巣ダンス
  18. 星空を君に
  19. 挨拶から始めよう
  20. スコールの間に
  21. 生きるって素晴らしい
  22. 少女たちよ

Encore(夜公演)

  1. ジタバタ
  2. LOVE修行
  3. ショーは終わらない
  4. 夕陽を見ているか?
  5. 47の素敵な街へ

IDOL CONTENT EXPO @ 品川インターシティホール AKB48 16期生

めちゃくちゃ久しぶりに来た

最初IxRとドラフト3期の出演だけ発表されててどうしようかと思ってたら16期が後から発表されて、自分が行くならここだよなあと思い。下手の4列目ぐらいから見てたのですが、もうありえん楽しすぎました。フェスという類のものでここまで楽しめたの初めてというレベルで。セトリと衣装がこれ以上ないくらい今日この日に求めてたものだったんですよね。「大声ダイヤモンド」とか「彼女になれますか?」が楽しいのはもちろんのこと、最近オンデマでレッツゴー研究生公演も見たりしてた中で「チーム坂」とか「家出の夜」が聴けてえもえものえも。言うことなしでした。しかも16えんぴchu!衣装…これ見たの2年前の春フェス以来なのですが、あの時は16えんぴchu!ステージのあいだ、わたしはすぐ裏のコンコースで映像だけ見ながら弁当を食べていたんですよ()去年のリクアワも初日行けなかったので、もう見れないかもなあと半ば思っていました…。実際見るとみんな色鮮やかでステージ映えします。担当カラーがあるというのも今時のアイドルらしくフェス映えするし。極め付けに、ここまで来てやらないわけがない「抱きつこうか?」が聴けて、もう何も悔いはないという感じ。全力でエア16期コール。

自分はというと、まあほぼなみんちゃん見ていたような…。ショートカットにしたのが衣装とあいまってますます似合っててめっかわでした。今着ると多少は子供っぽいのかな?と思ってたけど案外そうでもないのがまた良くて。青色が爽やかで、シルエットも軽やかで、なんだかずっと見ていたくなります。「抱きつこうか?」みたいな曲が今こそ似合うという感じ。ポジション的には全員満遍なく上下に来るようになっていた感じですが、「彼女になれますか?」のサビで0ズレいただきましたー。振りコピ振りコピ。というかなーみん見てたら振りコピしやすいのもあって、最初の「AKBフェスティバル」から振りコピが捗りすぎてた。「家出の夜」の振りをこんなに全力でできる現場この先あんのか。サビのリフレインの勢いがすこすこアンドすこ。あと書いておきたいのは、美波ちゃんがいつにも増して可愛い声で歌っていて、とくに「ずっと ずっと」の歌い出しはめちゃめちゃ癖になりそうなテイストだったのでまたどっかでやって()

とにかく16期のみんなが可愛くて楽しめた濃い30分間でした。いまさら16期に夢中になってどうすんのと言われそうで、実際少なくとも3年は遅いのは自分でも思うのでしんどいんですが、みんな可愛いし今が楽しいんだからしょうがない…