あつまれ どうぶつの森を買った

去年Nintendo Switchを買ったということをちょろっと書いたのですが、その後特にやったゲームとかに書くことなく1年経っていました。相変わらずゲームはやったりやらなかったりではありますが、ご多分に漏れずどうぶつの森は買っています。

買って1ヶ月ぐらいはやっていますが、ようやく家の増築が3回目まで来たところで、島の景観とかまではぜんぜん手が回っていません。何回離島ツアーに行っても変わり映えのしない島にしか着かないのはなぜ。。。しかしまあ、DIYででもとりあえず家具を揃えて、部屋をデザインしているだけでも楽しいのは昔から変わらず。ややブラーがかった鮮やかな島の風景は任天堂というメーカーらしい手触り感で、太陽の暖かさや花々の香り・色彩が、少し島を歩くだけでも手に取るように伝わってきます。よく言われているように、今回は博物館がとても壮大な造りになっていて、魚とか虫の採集もコレクションが増えれば増えるほどモチベーションが上がるような感じ。それから、ファッションとかヘアスタイルの自由度もかなり高くなったので、毎週のように髪色を変えるアイドルの気分も味わっています()

どうぶつの森というシリーズについては僕はけっこう古い部類のファンで、最初にプレイしたのは2001年のGC版、どうぶつの森+です。何がきっかけで買ったのかは今ひとつ思い出せないのですが、村の構造と部屋のレイアウトは今でも覚えているレベルでプレイしました。当時からこのシリーズはジャンルをコミュニケーションゲームと言っていて、それは村の住人とのやり取りに始まって、現実で生活を共にする人、あるいは違う村に居を構える友人たちとの、現実世界とはちょっと違った形のコミュニケーションの方法までをすでに意味していたと思います。村の住人に手紙を出して、それが返ってくるだけでも今までにない面白さがありました。メモリーカード2枚挿しでのおでかけはハードルが高くはありましたが、自分の村とはまったく違う風景と住民との出会いに心躍ったものです。

で、ここから本題なんですけど、あつまれ どうぶつの森で他の島におでかけをさせてもらって遊んでいたら、あまりにもお手軽にスムーズに色んな交流ができるのでびっくり。なんというかもはや、軽く人と会って小一時間でも会話していたような感覚です。島を案内してもらいながら所々の遊び心に触れて写真とか撮ったり。チャットも携帯から飛ばせるし、多分VC繋いでやる人もいるのかな。StayHome期間の中でこのゲームがかなり浸透している所以はこのハードルの低さと、ビデオ通話なんかとはまた別の密なコミュニケーションが体験できることにあるということがわかります。それと同時に、このゲームがずっと言っているコミュニケーションゲームというジャンル名が20年近く越しぐらいにとーっても腑に落ちたというか。人連れてこれるぐらいにはもうちょい島を開発しないと。。。

おんがく2019

16年間で初めて一つも記事を書かない月になりそうだったので、久しぶりに1年の個人的によく聴いた音楽の話をします。5年ぶりぐらい?いつのまにか2010年代は終わってしまいました。去年2018年の分もだいたい書いたんだけどなぜか日の目を見ていないので、そのうち上げるかも。

Tatiana Nikolayeva / Shostakovich: 24 Preludes and Fugues, Op.87 (Melodiya&Venezia, 1987)

しばらく続いていたバッハ・アレルギーを克服したタイミングで、このショスタコーヴィチの大作を聴いてみようと思った。初演者であるニコラーエワによる2つめの録音。バッハの形式を借りてはいるが、深遠な精神性を纏った現代的な旋律が、幾度も顔を変えながら続いていく。絶対音楽としての精緻な構造美の内に、作曲者が隠した複雑な心の機微をたしかに読み取ることができる。ニコラーエワのタッチは、必要以上の情感を廃した厳然さを保ちつつ、鳴っているピアノを今ここで聴いているような、開かれた親しみやすさと近さも併せ持つ。彼女のピアノを案内役として、あたかもパズルを解くように、築かれた迷宮の扉を順に開けていくように、淡々と記憶を紐解いていく静かで心地よい営み。小さな部屋でただひたすらに聴いていたい。

Danish String Quartet / Prism II (ECM New Series, 2019)

デンマーク弦楽四重奏団の作品集。とりわけ、シュニトケ「弦楽四重奏曲 第3番」をよく聴いていた。アルフレート・シュニトケという作曲家は劇的なまでに不安定で、同じ楽曲、同じ楽章の中でも目まぐるしくアメーバのようにその曲調を変えていくものだから、「そこでキレる!?」みたいなことがままある。激情の嵐と濁流、そのあわいに凪を垣間見て、すぐまた深い絶望の荒波に飲まれていく。自分が不安定なときに聴くと、急激な波と自分とが共振して、うねりを伴う不思議な感覚に陥ってしまう。一見して混沌な面もあるが、様式も技法も表現のための道具にすぎないという点は、他の20世紀音楽にない明快さだと思う。

バッハとベートーヴェンにシュニトケがサンドされるというこのアルバムの構成は、前作Prism Iを踏襲している。ただし前作で挟まっていたのは、やはりひたすらに不安定なショスタコーヴィチ「弦楽四重奏曲 第15番」だった。このカルテットがアルバムの中で浮かび上がらせようとしたものが見えてきて面白い。

Fumio Yasuda / Forest(Winter & Winter, 2019)

上からの流れで、自分の中で室内楽的な響きを求めていたところがあって、ジャズを聴くにしてもそういう方向に引っ張られていたのでした。ピアノとベースが空間をつくり、ヴォーカルにリード(クラリネット)が絡む、個人的に好きな組み合わせ。Winter & Winterというレーベルの作品は長いこと聴いているけれど、レーベルの看板アーティストの一人である安田芙充央の作品は意外と通過していなかった。優れたコンポジションもさることながら、 具象と抽象を織り交ぜながら深い森の情景を描き出す独特の語法のピアノが心地いい 。Akimuseによるヴォーカルは何語でもない言葉で歌われているようで、ピアノとともに音楽全体の浮遊感を演出している。むしろ、その浮遊感に任せて漂うヨアヒム・バーデンホルストのクラリネットのほうが「歌」なのかもしれない。演奏がフリーキーな方向へ振れる場面もあるが、受ける温度感は一定して低く、霧の中で揺らめく冷たい炎を想起させる。そして、「室内楽的」とは書いたものの、研ぎ澄まされた緊張感をもってこの音楽の語り口を最終的にジャズたらしめているのは、井野信義のベースによって、だろう。同居する浮遊と緊張のバランスに、ステファン・ウィンターのサウンドプロデュースの妙を見る。

バーデンホルストは色々な作品に顔を出していて、プリペアドピアノを含むトリオ、Watussiも素晴らしい。安田の過去の作品も聴いてみたくなった。

2020 J2リーグ 第1節 FC琉球戦

2020シーズンの開幕戦なんですが、タグを見ると前に記事を書いたのが2016年の京都戦なのにビビってます。色んな意味で楽しませてくれたエスナイデル時代がなかったことに()調べてみたら案の定スタメンが全員入れ替わっている。いちおう2017シーズンは5試合ぐらい観ているのですが、物を書く余裕がなかったのでしょう。それでも2018年の山形戦以来に来たので1年以上ぶり。第2江尻時代は本当になかったことに。

試合は開始1分で先制という、このチームにはなかなかない滑り出し。キックオフ後、左サイドに渡ったボールから、ほぼノーステップの質の高い堀米のクロスボールが上がる。エリア内では川又がマークを引きつけて米倉がフリーに。うまく飛び出してゴール。幸先は良いのだけれど、ここからは89分間耐久戦。完全に崩されることこそないものの攻められっぱなし。なんとかボールを奪取してはただただ前にボールを蹴り出すことの繰り返しという、ビルドアップすることを放棄するかの如き引きこもりスタイルです。基本4-4-2で、終盤の選手交代後は5-4-1になって更にガチガチに。結果としては89分間しのぎにしのいでウノゼロ勝利。これぞ尹晶煥サッカー!

最低限フォーメーションを崩さず守備できていたことと、新GKの新井の安定感もあり、決定機は作らせなかったのですが、ひたすらフラストレーションが溜まる89分ではありました。ただこれを耐えて勝ち切ったというのは、今までこのチームがどうしても出来ていなかったことで。2017〜2018とエンタメに振り切ったサッカーを指向した結果がアレだったので、もうリアリスティック路線で行くしか道はないわけです。この10年で似たようなスタイルで行くことを模索してた時期はあった気もしますが、その度に頓挫していたので、このあたりはユン監督の手にかかっていると言えましょう。結果が出ていれば全て良し!