TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 DAY3 AKB48

2週間のイベント続きのラストということでTIF。新しいシングル選抜は前の日に発表されたとはいえほぼ最高戦力の16人なので去年と違って文句は言わせないといった感じ。チーム8はチーム8で出てたけどやっぱり混合のほうがいいよねえ。

席は前方ブロック最後列の下手側。かなり視界良好で通路席なのでスペース広い。久しぶりの「根も葉もRumor」からスタート。周りは坂道のファンが多かったけどこの曲はみんな知っていた。去年の野音でもそうだったけどセンターがなるちゃんなのは意外とハマってる。なーみんがこの曲踊るのはEテレの番組ぶりだと思うんですけど、実際に見たのは去年の生誕祭で、その時のことを考えるとこのTIFのステージで踊ってるのは感動もん。掴みはばっちりに、続く「大声ダイヤモンド」はいつも通り盛り上がりつつ、「#好きなんだ」あるのポイント高い。フェスで聴いて振りコピしてて楽しい曲。なーみん0.5ズレ。アウトロのカノンでHADOポーズみたいなのしてると思ったら「5」のポーズだったらしい。位置そのままにMCでめっちゃレス来るー。

後半チーム公演曲パートになってたのはしょっぱな彩希ちゃんセンターの「LOVE TRIP」な時点でなんとなくわかったのでした。からの、「重力シンパシー」とかいう神の曲。イントロが流れて会場が揺れた。うまぴょいを超えるぶち上がり()えりいの独特のアイドル性が爆発してる。「逆上がり」はまさかここで聴けると思わんでしょー。とはいえ振りコピしてねって感じの曲なので坂道ファンも結構やってくれていて良い選曲だったのかも。次にMC来ること考えたら公演曲最後は「そばかすのキス」(AKBで一番いい曲)に決まってた。もちろんなーみん歌い出し。柏木さんとこの曲歌うのは劇場では見れないので貴重。ABメロがフリーだったのが珍しいんだけど、他のグループのファンにはファンサ凄い!って感じに見えたらしくてこれもよかった。ラスサビでまたなみん0.5ズレになったので「今も胸が〜」頂きました。最後はみんな知ってる「真夏のSounds good !」で締め。

全体的にいえば、半分アウェイ感のある会場の中でAKBここにありということを示した30分間だったなーと。坂道シリーズとのコンセプト・流儀の違いを明確に打ち出して、AKBらしさを存分に表現して咲かせたステージだったと言えましょう。こんなシーンがあるとアケカスであることが誇らしくなる。個人的にいえば、適当に席座ったわりになーみんがMC含めて結構近くに来ることが多くて、朝から並んだ甲斐があったというもの。こんなところにいてもコミュニケーションできる推しメンの存在って大きいし、なんだかいつも以上に幸せを感じたなー。去年みたいに推しメンがいなかったらこんな気持ちにはなってない。AKBステージ楽しくて、帰ってからはSHOWROOMもあったりして、炎天下で並んでたことなんて忘れちゃった。

SETLIST

  1. 根も葉もRumor
  2. 大声ダイヤモンド
  3. #好きなんだ
  4. LOVE TRIP
  5. 重力シンパシー
  6. 逆上がり
  7. そばかすのキス
  8. 真夏のSounds good !

浅井チームB「アイドルの夜明け」公演 佐藤美波 生誕祭 2022/8/3

1ヶ月ぶり、前回と全く同じメンバーのアイドルの夜明け公演。同じ公演を5回連続で見るのは2人公演しかやってなかった時期除けばさすがに初めてかなー。今回は初の生誕祭で、美波ちゃんの当日生誕でした。ビンゴは12巡でいつもの立ちセンブロ最下手。2列目だけど視界良好。

この日は17期研究生による前座「ハート型ウイルス」あり。前座のある公演なんて16人で公演してた頃ぶりで、いつもならOverture鳴るタイミングでそろそろーっと入ってくるあの感じを思い出した。「ハート型ウイルス」聴くのもめちゃくちゃ久しぶり。正鋳真優ちゃんがポニーテールにしていてダンスも表情も良くてとても可愛かった。

幕が開くとなーみんの髪型がいつもと違ってつい二度見。美波ちゃんリクエストのハーフツイン可愛すぎた。後ろ短いとわんちゃん感がより出て愛くるしい感じ。なーみんがツインはレアなので僥倖。数日前に腰を痛めたと言ってたので心配だったけどいつも通り踊れていてよかった。小さい動きでまとめられるところはまとめつつではあったかもだけど、「そばかすのキス」(AKBで一番いい曲)の1サビ終わりもいつも通りの跳ねっぷりで安心。公演の前の日に配信でなーみんリクアワをやっててドル明けの曲も何曲か入っていたので、そこからの流れでまた次の日に実際に聴くというのもなかなかいいもので。「片想いの対角線」のBメロの歌割聴くためにドル明け入ってるという部分はある。あとこの日は「春一番が吹く頃」の香織ちゃんの声マネのクオリティが高すぎて、ほぼ香織ちゃんが一人で歌っているように聴こえていた(笑)「タンポポの決心」では歌割じゃないところでなぜだか目が合って、ただのそういう時間もいいなと思ったり。そうそう、集合写真でやっていた厨二病ポーズはギラン!ってやつだと思うんですけどどうなんでしょう()

この日の主役の美波ちゃんについては最近毎回可愛いと書いている気がしますが、この日もまじで可愛かった。基本下手側なのかなーという感じですが、この位置でも割と近くに来てくれる。前に目撃者公演でもそんな話をしていたけれど、この公演でも「そばかすのキス」とか見ているとダンスにアイドルらしい装飾が見てとれるし、いつも陰キャ陰キャって自分で言ってるわりに超元気一杯なパフォーマンスをしているのがずっと見ていたくなる。スピーチも明るくて希望に溢れてて、前回の生誕祭からもぐっと前に進んでいる感じがあって、聞いてて嬉しい気持ちしかなかったよね。いくつになってもキラキラしていてほしいなあ。

そうそう、ラストにチームの新曲「ヤラカソウ」初披露ありました。レッスンとかしてる話聞かなかったので意外だった。これもなーみんリクアワで先に聴いてたので伏線だったのかとなった(違う)。めっちゃ踊って照明も煌びやかな盛り上げ曲。サビは振りコピしやすかったので早速やってみたり。サビでBポーズがちゃんと入ってたり脚はパカパカやってたり色々とキャッチーです。これから浅井Bで何度も聴いていきたい!

COLORZ powered by SHEIN OCEANS with AKB48

なーみんが出るのでだいぶ前にチケット取ってたイベント。去年何人かのメンバーがコラボしてたクレイ勇輝さん絡みのイベントなのはチケット取った後に知りました。

久々にZeppとかで完全にオルスタ。真ん中にランウェイがあって上下で完全にエリアが分かれているという。ステージにはバンドセットとオシャレそうなインテリアが並べてある。整理番号がわりに早かったので、下手側の2列目で見やすかった。

曲によってメンバーが入れ替わり立ち替わりで歌を披露していくのだけど、なーみんはわりかし見せ場多め。「花は誰のもの?」とか「secret base」とか4人ぐらいで歌う曲もあり、メドレーで「SOS」をソロで歌っていたり。ソロで歌、しかも生バンドつきで聴けるのは嬉しいですねえ。「SOS」はアップテンポでメロディも忙しくて、こういう曲をソロで歌うイメージはあまりなかったけど、バンドの勢いにもうまく乗って、サウンドの中で歌声が際立っていたなー。0番で歌う立ち姿はかっこよかった。やっぱりできるだけこういう場面を見ていきたいと思える。「secret base」は昔アイカブでやっていたソロライブで歌っていたのは記憶にあったので、そういう意味でも聴けて嬉しかった。この曲とか、ラストの「この手。」ではなーみんがハーモニーもつける場面もあってそれも印象的だった。全員で歌っていてもすぐ分かる彼女の特徴的な高音域が心地いい。こういうのも聴ける機会をどんどん増やしたいなあ。歌ってない曲でも可愛いダンス踊ってて楽しめたり。ピンクのジャケットとライブTシャツを合わせつつ赤チェックのスカートでAKBっぽさも出てた衣装も可愛かった。撮影タイムだけはポジが逆でランウェイも撮りにくい位置だったけど、基本近かったので結構目線くれたしお見送りでも見つけてくれて嬉しー。

バンドアンサンブルも終始グルーヴィーでずっと体が動いてた。タップダンスがドラムスとともにリズムを支える構成もいいし、ヴァイオリンの存在感も忘れてはいけない。この編成がしっかり活きるオリジナルアレンジであることも大きい。めちゃくちゃ分離が良くて各人の歌声がしっかり聴きとれる音響だったのも素晴らしかったですね。気付いたらたっぷり2時間半やってた。歌を聴くという点でいえばとても濃いイベントで、定期的にやってくれんかなと思います。

SETLIST

  1. Summer in COLORZ
  2. ヘビーローテーション
  3. LIFE
  4. 会いたかった
  5. 恋するフォーチュンクッキー
  6. 花は誰のもの?
  7. 不器用太陽
  8. メドレー
  9. 365日の紙飛行機
  10. secret base〜君がくれたもの〜
  11. 世界から音が消えた日
  12. ポニーテールとシュシュ
  13. フライングゲット
  14. この手。