AKB48 THE AUDISHOW

お久しぶりなTDCホール

アイドルはなぜ舞台をやるのか?という問いに対して今ひとつ答えが出せないでいますが、今回に関しては会場のキャパシティをフルに使うための方便という面はあるようです。ともあれ何をやるのかよくわからなかったこのイベントですが、全7公演参加しました。(いちおう)舞台公演の全通は人生2度目ですかね…

イベント的には演劇要素はゆいゆいとなぁちゃん、ずっきー以外は思った以上にあっさりめで、その中で3つのオーディション、歌、ゲストパートが要になるので、演劇はむしろ幕間みたいな感じです。オーディションパートが想像以上に見てて面白かった。EKB, UKB, KKBとそれぞれ違うジャンルの中で、出演メンバー全員に必ずスポットライトが当たる見せ場があるのが大所帯アイドルイベントとして本当に素晴らしい。もちろんチームは回替わりなので、全公演見ても全く飽きが来ずに楽しめました。各メンバーの魅力がひとりひとり発揮されて、あの単独コンのあとのイベントとしてはとてもよかったのではないかと。レギュラーキャストの7人は毎回参加なので、ネタ作りがかなりプレッシャーになっていたようですが…。なぁちゃんとか毎回ネタ切れって言っていたし(笑)まぁこの企画は拍手の多寡はともかく、どうにかこうにか観ている人を楽しませようというがんばりがそれぞれに感じられるのがよくて。アイドルファンとしてはそういう部分を見つけてあげたいです。そういえば、千秋楽後に麟ちゃんが「個人的にあまり成長できなかった」みたいなことを言っていたのですけど、器用すぎるがゆえに元からある自分の引き出しの中でこなせてしまったということなのかなあとわたしは思いました。それを見せてくれるのもファン的には嬉しかったですよということは伝えたいなと。

それから、マネージャー役で出ていたバッドボーイズは当たってました。勝手を知っているベテランの扱いが長年の関係を感じさせて面白いし、バッドボーイズ時代のAKBINGOを知らない若手の扱いもツンケンしながらも暖かいのがこの人たちらしくて。またどこかで絡んでほしいですねえ。ゲストパートは最初は長い!って思ったけど、普通に話が面白いので段々楽しみになってた。おかずクラブのコントでめっちゃ笑ってた(笑)

ライブパートは1月のTDCのコンセプトを引き継いでという形で30分程度に縮小という形ではあったものの各チーム特色が出てこれも毎日楽しみでした。特に楽しかったのはSecond Generation公演。メンバーが強いのは言わずもがな、セトリは2018年以降の楽曲ということで、全てわたしがAKBおたくになってからの曲なんですよ。これは1月のおうちリクアワでも感じていたのですけど、自分も新曲として現場で聴いたりTVで聴いたりしていた曲を、多くのオリメンを含んで聴けるというのが体験として強すぎます。例えばこの公演で言うとチームBがやっていた2010-2012年ぐらいの楽曲もそういう記憶はないではないですけど、より自分に近く内面化されているものとしては2018年以降の楽曲とメンバーに勝るものはほかにありません。何せフォーメーションで次やる曲がだいたいわかる(笑)怜ちゃんセンターの「Generation Change」に始まり、ダンスパートやユニット、ようやく初披露となったまほぴょんセンター「想い出マイフレンド」などを挟んで愛佳ちゃんセンターの「センチメンタルトレイン」に至る構成も完璧です。個人的に「センチメンタルトレイン」はめちゃめちゃ思い出深い楽曲ですし、何よりセンターの愛佳ちゃんの表現力が頭抜けていました。これだけのメンバーの先頭に立つ意志の力強さと抱きしめてあげたくなるほどの繊細さと。なんという主人公感でしょうか。愛佳ちゃん、AKBにいてくれてありがとう…

セカジェネは内容はもちろん7公演で一番席が良かった(なお1バル6列目…)ので満足度が高すぎました。そのうえでフレッシュコンの発表もあり…まさに今のわたしが求めていたコンサート!!!外人4コマばりに拳を握ってしまった。世代的な区切りで唯一コンサートに出ないひななが皆に話を振っていたのが切なかったですが…。セカジェネのセットリストはここで披露されたもの以外はお蔵入りにはなるのでしょうけど、それに通じるものが見れればいいですね。まあチケット当てないとどうしようもないんですが、今のD2、16期、D3のメンバーでフレッシュコンが観れるのがとりあえずありがたくて仕方ないです。

そんで、最後に書いておきたいですが、今回この舞台イベントを全通しようと思ったのはレギュラーキャストになーみんがいたからです。去年2月のTinTlipの渋谷ストリームライブでやっていた「だらしない愛し方」のなーみんのセリフがめちゃめちゃ頭から離れなくて。だからなーみんの初お芝居は絶対見たいと思っていました。結果としてお芝居要素は1割2割ぐらいではあったのですが、心に残るミニソロライブもあり、毎日考え抜いて見せてくれたオーディションパートもあり、抽選の読み上げとかそれ以外の部分も含めて本当になーみんと駆け抜けた7公演だったという感じです。なーみんはこの1年ぐらいかけて自分にとってすごく大事な存在になっていて…それを自分で改めて認識したという意味で大事なイベントになりました。ミュージカルも行くし絶対フレッシュコン入るぞ。

アイコレ!まけんグミフェス☆2021 AKB48 フレッシュ選抜

また来た

AKBから2チーム出るのでめっちゃ楽しみだったやつ。フレッシュ選抜というのも久しぶりだしね…。おととしTIFで見たときも楽しかったけど、あの時期とあまり変わらないメンバー構成でまだフレッシュ選抜で出てくれるというのが個人的にはありがたすぎんのよね。今のドラ2、16期、ドラ3がいるAKBがまじで好きすぎるんじゃ…

AKB48 フレッシュ選抜 TeamCOOL

16D3だけのTeamCOOLはずっきーがいるということで否が応でもそこに注目してしまうところです。ずっきーの風格というかオーラというか、そういうスター性みたいなものが初っ端の「Begginer」から溢れんばかりでしたねー。これとか「風は吹いている」みたいなダンス曲から「真夏のSounds good!」みたいな爽やか曲まで全部似合う。ちゃんとリボン衣装があてがわれていてめちゃかわでした…

もちろん見所はずっきーだけではなくて。最近こういう場ではなかなか会えてなかった小麟ちゃんが可愛かったなー。楽しんでるのがこっちに伝わってくる全力ダンスはフェスの場だとさらに映えます。小麟ちゃんもめいっぱい気持ちよく踊りながら常にこっちのほうを向いてダンスしてくれるのが本当に嬉しいです。これまた会いたかったかなぶんとか蘭ちゃんみたいにバキバキに踊るのもいいですし、久しぶりに見たおかりなちゃんのアイドル感増し増しの雰囲気にも改めてびっくりです。おかりなちゃんは最近僕夏とかに出てるのオンデマで見て良いなあと思ってて。ツンツンしてた頃のおかりなちゃんしか知らなかったのでギャップにやられました。MCも面白いしね。そういう意味では分かりやすくチームKメンが目立っていたので、「最終ベルが鳴る」は熱かった!かなぶんが8人バージョンを作ったらしい。

熱いといえば3曲目に「摩天楼の距離」が来て例によって会場にどよめきが起きたわけですが、なんとこれがフルバージョンでした。前日A公演から2日連続でこの名曲のフルが聴ける僥倖…。いつもは赤いドレスだけど、ブルーのデニムのパッチワーク衣装だとそのままチーム名の通りクールな印象があって新鮮だったなー。

SETLIST

  1. Beginner
  2. 大声ダイヤモンド
  3. 摩天楼の距離
  4. 風は吹いている
  5. 最終ベルが鳴る
  6. 真夏のSounds good!
  7. 永遠より続くように

AKB48 フレッシュ選抜 TeamCUTE

またしばらく他のアイドルも見つつ待ってから、16D3+D2も含むTeamCUTEがフェスのトリ。メディア選抜3人いるので普通につよい。CUTE側のほうがセトリはフェス仕様という感じで、COOLに続いて「チャイムはLOVE SONG」がフルで爆沸きに次ぐ爆沸き。「希望的リフレイン」が久しぶりに聴けたのも嬉しかったなー。

それにしても、こういう場で見るとやはりドラ2メンバー2人のアイドル性は高いなあと思います。さとぴはいつ見ても華があって、可愛さだけでも場が持っちゃうタイプ。「呼び捨てファンタジー」とかで聴かれた調子外れな生歌まで全部が可愛い(笑)えりいなんてけろっと涼しい表情して踊ってるかと思えば事あるごとにウィンクを飛ばしまくっていて、それも毎回こっちが唸っちゃうタイミングなわけです。2人ともまた「希望的リフレイン」の丈の長いチェック衣装がよく似合うんですよね。選抜という感じがあります。

そういう中で、この日自分的に惹きつけられたのは美波ちゃんでした。美波ちゃんが「上手にいるよ!」みたいなことを755で言ってたのは見てはいたんですけど、たまたま上手側の2列目ぐらいまで来てて、「希望的リフレイン」からまじで正面に来まくるので完全に美波ちゃん指差しマシーンと化していた。「言い訳Maybe」は歌い出しで沸いた。いやこのあいだ僕夏公演見たときも思ったけど美波ちゃん可愛すぎん…?ツインテールに赤リボン強すぎるやろ。「呼び捨てファンタジー」とか「君のことが好きだから」みたいなTHEアイドルな可愛い振りがそのまま似合うし、美波ちゃんが踊ることによって可愛さが増幅されるという、キュートという言葉を具現化したアイドルでした…。そんで、美波ちゃんの迸るキラキラ感が見れるのはやはり終盤のこの曲「ずっと ずっと」。もう何も言うことはありません。ラスサビでちょっと迷子になってたところまでしっかり可愛かった()これだから美波ちゃん出てる目撃者がもっと見たいんじゃと500億年前から言ってる。

SETLIST

  1. 希望的リフレイン
  2. 言い訳Maybe
  3. チャイムはLOVE SONG
  4. Everyday、カチューシャ
  5. 呼び捨てファンタジー
  6. ずっと ずっと
  7. 君のことが好きだから

てなわけでフェス→劇場公演→フェスな3日間おわり。推しと会ってるとかじゃないけど現場がないと生きていけん。

岡部チームA「目撃者」公演 2021/6/19

また1ヶ月ぶりに。本当はもう少し幅広く抽選投げていることは投げているんですけどタイミングが…ということで通算10回目の目撃者公演です。

席は珍しくセンブロ3列目上手1正面。着席がこの1年半で3回目なんですが()このへんだと正面来る人を見てるっていう感じですが、このポジションでだいたい正面にいるのはくるちゃんなので、この日はくるちゃんばっかり見てました。

くるちゃんはわたしの今まで見た劇場公演の半分以上に出演していて、劇場で会っている回数が1番多いメンバーですが、改めてめちゃめちゃ可愛いなあと。もう高2のわりに童顔で子どもなイメージがありますが(年下が入ってこないのもある)、この公演だと子どもなりの色っぽさとか艶やかさとかが見えてきます。前田彩佳ちゃんも似たようなものがあって好きでしたが、一生懸命背伸びしている風な彩佳ちゃんと比べるともっと無邪気な感じです。こんなに近いと「前人未踏」とか「アイヲクレ」とか、あんまり見てはいけないものを見ているような気がしてくる…。「美しき者」の子ども女王感もイメージぴったりすぎて、個人的にはゆいゆいバージョンより好きになってます。あと、「I’m crying」のサビ終わりの手で顔を隠す振りで、顔をよく見ると目を上に向けていて、それがアンダーグラウンドに差す遠い光を見上げるようなイメージを思い起こさせて、細かい表情も作れるんだなあと思いながら。何回も見てるのに今更気付くことが多すぎる!(笑)「ずっと ずっと」では1サビで正面に来たので振りコピがとても捗ったのでした。

基本そんなところですがあともう一つ、ついに古川夏凪ちゃんが目撃者公演本編に出演しているのを観れたことがまじで嬉しかったです。やっとでした。MCでも話題になってたんですけど、歌声が意外と大人っぽいことにびっくり。「I’m crying」「美しき者」ではいいアクセントになっていましたねえ。これからMCでももっとわちゃわちゃ喋ってほしい!(くるちゃんぐらい笑)

あとはまあ、怜ちゃんは例によって100点満点です。可愛すぎます。「いびつな真珠」のサビ前~サビとかで見てて思いましたが、脚の形で動きを作るのも上手で惚れ惚れ。それからこの日はキャプテンも総監督もいないこともあって、MCは怜ちゃんがめちゃめちゃ引っ張っていました。最初の「みなさん、こんにちは!」がいいです。前回見たA公演で愛佳ちゃんに対しても思いましたが03line頼もしくて仕方ないですね。この2人がいたらもう安泰です。

最後にファイト1曲AKB。「Reborn」はこの企画で初めて聴いたんですけど、なんなんすかこの良い曲は…と衝撃を受けた1曲。メロディ自体の良さはもちろん、サビの後半で両隣のメンと向かい合う振りのときのメンバーの笑顔がどのチームのを見ても最高で…。青春感が溢れすぎて毎回感動してしまう。なんとか今回も期間内に聴けてよかった。あとこの曲書いたのが俊龍さんなのにも別の意味で衝撃を受けた(笑)良い曲ありすぎんか…

LOVEのポーズ(?)