2020 J2リーグ 第1節 FC琉球戦

2020シーズンの開幕戦なんですが、タグを見ると前に記事を書いたのが2016年の京都戦なのにビビってます。色んな意味で楽しませてくれたエスナイデル時代がなかったことに()調べてみたら案の定スタメンが全員入れ替わっている。いちおう2017シーズンは5試合ぐらい観ているのですが、物を書く余裕がなかったのでしょう。それでも2018年の山形戦以来に来たので1年以上ぶり。第2江尻時代は本当になかったことに。

試合は開始1分で先制という、このチームにはなかなかない滑り出し。キックオフ後、左サイドに渡ったボールから、ほぼノーステップの質の高い堀米のクロスボールが上がる。エリア内では川又がマークを引きつけて米倉がフリーに。うまく飛び出してゴール。幸先は良いのだけれど、ここからは89分間耐久戦。完全に崩されることこそないものの攻められっぱなし。なんとかボールを奪取してはただただ前にボールを蹴り出すことの繰り返しという、ビルドアップすることを放棄するかの如き引きこもりスタイルです。基本4-4-2で、終盤の選手交代後は5-4-1になって更にガチガチに。結果としては89分間しのぎにしのいでウノゼロ勝利。これぞ尹晶煥サッカー!

最低限フォーメーションを崩さず守備できていたことと、新GKの新井の安定感もあり、決定機は作らせなかったのですが、ひたすらフラストレーションが溜まる89分ではありました。ただこれを耐えて勝ち切ったというのは、今までこのチームがどうしても出来ていなかったことで。2017〜2018とエンタメに振り切ったサッカーを指向した結果がアレだったので、もうリアリスティック路線で行くしか道はないわけです。この10年で似たようなスタイルで行くことを模索してた時期はあった気もしますが、その度に頓挫していたので、このあたりはユン監督の手にかかっていると言えましょう。結果が出ていれば全て良し!

岡部チームA 「目撃者」公演 篠崎彩奈 生誕祭 2020/2/18

中1日でほぼ同じメンバーの公演。

この日もビンゴは銅メダルくらいでセンター上手寄り。2日前よりは視界はだいぶマシ。あやなん生誕祭ということもあり、熱気の漲る現場。この位置で正面よく来てくれたのは怜ちゃん、ゆいはん、そらちゃん、彩佳ちゃん。。。あまり前々日と変わらない(笑)この日の主役のあやなん見ようと思って上手に来たのに、ちょうど柱の死角にいることが多くてポジション読み間違い。でも「腕を組んで」ではよく見えました。影のあるお姫様イメージがぴったりはまっています。基本ふわふわしてるんだけど、ここぞでキッと強い視線を放つところが芯を感じさせて好き。「アイヲクレ」のサビの投げキスがいいんですよね…。あとアンコールの制服を着ているときのイケてるJK感(笑)

ゆいはんゼンソーのダンスをじっくり見るのも初めてなんでした。すごく振りが軽快なんだけど、それでいて動作の一つ一つにちゃんと迫力を持たせている。言うなれば俊龍さんのトラックに入っているギターみたいな感じ(伝わらない)。年季を感じさせてなんぼな目撃者公演なので、一味違う存在感があります。MCでは相変わらず不思議お姉ちゃんで楽しすぎる(笑)中盤後のMCの入りが唐突すぎて笑ってしまった。総監督つながりで言えばみーおんもたまに正面に来たのですが、歌詞のストーリーを感じさせる表情の作り方をしているのだなーと。楽曲の理解度という意味ではやっぱりこの人の右に出る者はいないのかも。

ところで、この公演で一番好きな曲「アイヲクレ」の1サビで彩佳ちゃんが正面に来たのですが、とんでもなく色っぽい顔をしていて思わず腰を抜かしそうになってしまいました()細めた目と唇の形で何か訴えかけられてるようで…まさしく「アイヲクレ」かもしれないけれど。この日はメイクがえらくナチュラルで髪もツインにしてますます童顔に見えたので、なんか変な想像が捗る()彩佳ちゃんといえば、「Pioneer」でパフォーマンスしていないことに今更気付きました。この公演見るの7回目なんですけど…。いいものを見せてもらったので、お見送りで初めて話しかけてみた。

そういえば生誕祭ということで色々企画があったのですが、今まで参加した生誕祭の中でもかなり凝ってました。最近流行りのアクリルライトも配っていたし。「目撃者」が手拍子だけなのはいい。あやなんが言うように、めちゃくちゃ熱い人たちが集まっていましたね。楽しかった〜。

なんはなんでもかわいいなんポーズ

岡部チームA 「目撃者」公演 2020/2/16

日曜の午前中から目撃者公演。推しメンはいないけれど…

もはや当たり前のようにビンゴは優勝し、もう面倒くさいのでいつもの下手側の後ろに行ったのですが、過去最高に視界が悪くて失敗。

下手の柱傍の4番ポジ正面なのですが、怜ちゃんが意外と下手に来ることがわかりました。観るの6回目なのに今更気付く。今まで大して見れてなかったけど、この公演だと思っている以上に華やかに踊っていたのが見ていて楽しかった。「前人未踏」「いびつな真珠」での装飾的な振りがいいです。単に派手めなのではなく、オーラを感じさせる派手さです。僕夏公演での等身大の青春感とは違う方向の良さがあります。でも気高さも感じさせつつ、明るい曲ではたくさんキラキラしています。いいなあ。明るい曲といえば、ずんちゃんが推しメンポジなので下手によく来てくれて、「憧れのポップスター」「ずっと ずっと」で振りコピしてたら指差し頂きました。目合わせてるときのずんちゃんの愛らしい表情が好き。そらちゃんもよく目合ったかな。そらちゃんのパフォーマンスがとても素晴らしくて…。公演数をこなしているので楽曲の理解度が高いし、それでいて自分のフレッシュな色も出しているなーと感じました。いつまで研究生で留め置くつもりなのか…。

あと、これは先月見た時も感じたことだけれど、16期の子たちがみんな順調に美しくなっているなと。さきぽんとか髪型色々やるようになってから急にね…。くるるんも去年見た僕夏あたりからビジュアルが覚醒し始めた気がします。あとこの日はですね…彩佳ちゃんの髪の巻き具合が推しメンと似てて、激しい振りのときに髪が顔にかかっているとちょっと見紛いそうになってた()いつもながらにMCで自分から顔がイケてると言ってたけど、実際可愛いんだよなあ。ちょっと一段抜けた美しさだったので、お見送りで若干緊張してしまった()

スマイルのポーズ

この日はこの日で楽しかったのですが、4日のほぼフルメン目撃者入れなかったので、今月は劇場で推しメンに会えずに終わりそう…。