iPad Pro (2018)が完全体になった(?)

2018年の年末に第3世代の12.9インチ iPad Proを買ってからもう2年経っているのですが、アクセサリとしては本体と同時にSmart Keyboard Folioを買ったぐらいのまま使っていたのを、なぜかこのタイミングでApple PencilとAir Pods Proを買ったのでした。たしかAppleの公式サイトでiPad Proをカートに入れるとApple PencilとAirPodsをレコメンドされるので、2年越しでiPad Proが完全体になったというところ。

ただ、Apple Pencilはまだ大したことに使っていなくて、Lightroom CCの細かいところの操作とか、PDFの注釈・赤入れぐらいでしょうか。書き味は非常に良好で、よく言われることですが、紙に書いている感覚とほとんど変わりません。この1、2年ぐらいほとんど手書きで字を書いていなかったせいであまりにも字が汚いのがわかり、暗い気持ちになるほどに()字が汚いのもそうですが、字を日常的に書かないので、何かアイディアが浮かんだ時に手が動かなくなっていますね。ここが繋がるようになればApple Pencilも良い感じに使えるんだろうなと思ったりします。

AirPods Proは安物のBluetoothイヤフォンからの置き換えなので、使用感がまったく違います。もっとも気になっていたのはiPhoneとの切り替えで、普通のBluetoothイヤフォンだとうまくいかないことが多すぎたのですが、AirPodsの場合は同じApple IDであればデバイスを何かしら操作するだけで切り替わります。接続も解除もとてもスムーズ、ノイズキャンセリングも良い具合に効くのでストレスを感じません。外部音取り込みも便利。まあ、それなりに値段は張りますが、Appleデバイスとの親和性という意味では唯一無二であって、そのためだけに買っても損はしないものになっていると思います。

iPad Proでやっていること

iPad Pro使って2年ということで、iPadを使ってやっていること、みたいなものをまとめておこうかと思います。まとめておく、とは言うものの、PCを新しく組んだ今でさえメインの作業デバイスとして使っているので、ほぼ全てと言って差し支えありません。

ブログライティングについては、ほぼ全ての記事のライティングと構成、アップロードまでを、iPad Proを導入してからこれ一台で完結させています。2019年以降はPCで書いた記事は数えるくらいというレベルですらないほど少ない(1つか2つ)と思います。

フローとしてはBearで書いたものをWordPressに送ってブロックエディタで体裁を調整、といった具合です。このブログを見てもわかると思うのですが、記事を書くうえで僕はあまりMarkdownを使いません。ではなぜBearを使っているかというと、1. フリーで利用できて、2. UIが美しく動作が軽快で、3. 他アプリへエクスポートしやすく、4. 今みたいに珍しく下線でもつけたい時に、テキストエディタ上に直接プレビューされるのがわかりやすいという点が主な理由です。

特に2は大きいかもしれません。モバイル環境でのライティングについてはiPad 3を使っていた頃から試行錯誤はしていて、古くはDraftPadから始まり、EvernoteやDropbox Paper, OneNote等々試していましたが、どれも変なタイミングで同期が行われたり、日本語入力に難があったり、帯に短し襷に長しという状況でした。Bearの場合、純正メモアプリと変わらない立ち上がりとUI・動作のシンプルさのおかげで、気軽にライティングに移行することができています。

写真の調整と管理はLightroomです。機能はPC/Mac版と多少違うのでしょうが、自分が使う限りでは不足を感じたことはありません。ストレージ系はAmazon PhotosとGoogleフォトを両方同期させていますが、使用頻度が高いのはGoogleフォトです。何がよいかというと、Amazonと比較して動作やダウンロードが軽快であることもあるのですが、AppがSlide OverおよびSplit Viewに対応していて、その状態で画像をSafari上のWordPressやTwitterにドラッグ&ドロップすることで画像をアップロードという、標準写真Appと同じことができる点でしょう。

動画LumaFusionで編集・エンコードを行っています。iPhone11 Proで撮影した4K60Pの動画が扱えて、4K60Pで出力可能。自分が使う分には十分多機能です。DAWはCubasisで、MIDIキーボードと接続できるようにはしていますが、いかんせんストレージが64GBで少ないので活用できていない…。

オフィススイートはiPad Proが弱い部分で、なんだかんだMicrosoft Officeにはなるのですが、iOS版は機能が削減されていて今ひとつ。ということで、TeamViewerで自宅PCに繋いで作業することが多いです。本格的に使うにはマウスなりトラックパッドなりが欲しいところですが…。Google Docsを利用する場合も同様。メールクライアントはSpark、PDFの編集はGoodNotesを使っています。

あとは音楽や動画の視聴はSpotifyなりNetflixなり、皆使っているようなAppですが、iPad Proの場合、上部と下部に4基搭載しているスピーカーがかなり活きてきます。ちょっとしたBluetoothスピーカーならば不要になるほどで、ついつい音楽を流しておきたくなります。

2年間利用して

2年間使ってきて、iPadというデバイス、またはiPadOSが得意なこと・不得意なことはそれぞれはっきりしつつありますが、個人的にはここまで直感的に使えるインタラクションデザインは他になく、それだけで使う理由になっています。細かいことを言えば仕様的に改善してほしい部分は多々あるものの、それを補って余りあるものがあります。iPadを使い始めてからは7年ほど経ちそうなのですが、その当時考えていたことはほぼ実現できているのかなと。さらに言えばiPhoneを使い始めたときに考えていたことも。

実は昨年からApple Watch 3も使っている(ほぼiPhoneの通知確認用)ので、側から見たら完全にAppleファンみたいになってきました。macOSを(日常的に触れていた時期はありましたが)未だに自分のマシンとしては使っていないのでまだまだとは思いますが、Apple Silicon Macが出てきてiPadとの線引きも新しくなっていく流れがあれば使っていくこともあるかも?まー今のところもうしばらくはこのiPad Proで戦っていく予定。

沼津2020冬

遠出もほとんどしなかった2020年でしたが、この年の瀬で沼津に行ってきたのでした。2019年2月にあったユニット対抗全国ツアーで来て以来なのでほぼ2年ぶりなのですが、そこまで久しぶりな感じはしないなーと。

やば珈琲で待ち合わせ後、散歩がてら沼津港まで。お昼はにし与さんのまぐろ丼。漬けの具合がよいです。アジフライは衣がサクサクジューシー、身はふわっと。

また駅方面に戻りつつ、ブルーウォーターで文化的な生活。沼津来るときはほぼ一人なので、一人じゃ来にくいなーとか思っていたんですが、実際入ってみてもグループで来た方が楽しそうな雰囲気です。人と会うのも久しぶりなので、積もる話など。アップルパイは大きさがどんなものかなと思っていたら、アイスの方が圧倒的にでかかった。キャラメルソースが香ばしい。カクテルのブルーウォーターも爽快な口当たりです。

そんなこんなしていたらあっという間に夕方。今回の目的というか口実は当然ながらAqoursちゃんの展示会「Pieces of Aqours」です。そういえば、沼津で2度あったスクフェス感謝祭は来ていなかったので、キラメッセぬまづは初めて入るんですよ。プラサヴェルデにこんなでかい空間が広がっていたのか。

TVアニメやアニメPVにまつわる設定資料と原画が展示の中心。2015年から始まって現在へ。一部撮影可。自分がコンテンツを追う中で実際に見てきたもの…ライブのキービジュアルや衣装も、その瞬間瞬間が思い出されて感慨深いのですが、それらより少し前、「君ここ」からTVアニメ1期に向けての、何もなかった場所から物語が生まれようとする過程が胸を打ちます。これからここで起こることの胎動を緻密に、克明に、ダイナミックに伝えています。

思い出していたのは、TVアニメの中の千歌のこういうセリフです。

何もないはずなのに、いつも心に灯る光。この9人でしか出来ない事が必ずあるって信じさせてくれる光。私たちAqoursはそこから生まれたんだ。

この言葉は作品の制作においても言えることだったのだと気付かされます。設定資料の中のまだ誰もいない校舎にも、この街に流れる穏やかな空気や、陽の光を受けた海原の煌めき、岬を駆け抜ける潮風の音と香りが、細やかに写し取られ表現されていました。それらは元からここにあったけれども、多くの人が気付かず通り過ぎていたものです。この街でしか生まれ得ない物語を創るために、この街が舞台として選ばれたことの奇跡を改めて感じるとともに、この物語を通じて様々な景色に立ち会ってきたあとで、この街でその始まりの過程を見ていることもまた、奇跡のように思えました。

最近はニジガクのアニメも相当に楽しませてもらっていますが、やはり自分のホームはここですね。これほどまでに熱をもって真剣に関わりをもった作品は後にも先にもこれだけだと思います。

展示会見た後は平町の眞鯛でコース頂きました。すぐに酒が回ってまともな写真が撮れていない。

出汁がうますぎて煮えている出汁しか撮っていない

お造りはもちもちかつ上品な味わい、柔らかな身によく味が染み込んだ塩釜焼きも頂きつつ鯛しゃぶになだれ込み、最後は昆布の香り高い出汁をかけての鯛茶漬けでシメ。流れが完璧すぎました。

次の日はぼちぼちな時間に出かけてバス乗って内浦へ。とりあえずいけすやでテイクアウト鯛めし弁当。また鯛!ごはんにも良い味がついています。湾を隔てた長井崎を望みつつ。

おなじみの松月さんでいつものみかんタルト。

あとは淡島でマリンパーク見てから、島の裏で黄昏時の海と空を眺めているだけで時間が経ちました。

こんなふうな「何もしない」ができる場所ってなかなかないのよね…今年はずっとこんな時間を求めていたのかもしれない…

2日間ラストは上土商店街まで戻って浜忠で上天丼。うんまかった。

というわけで珍しくおひとりさまじゃない沼津行き、歩いて食べて充実、良い感じに2020年が納まりました。また期間置かずに来たい所存。

2020終わり

何もしていなかった1年が終わり。というのは簡単ですが、何もないなりに楽しく過ごせてはいたような気はします。イベントやコンサートがないことにフラストレーションは溜まっていたのは確かですが、無くても生きていけてしまうし日々は過ぎていくんですよね。その中で日々を充実させるために、この数年できていなかったこともいくつかしたり、それすらもできない時期はせめて楽しいと自分を勘違いさせていました。

それとは別に、今年30歳になったこともあり、自分の人生の終わり方について考えるようになった1年でもありました。以前、「週の5/7は死んでる」みたいなことを書いたと思いますが、はっきり言って20代のほとんどはムダな時間でした。その結果として、たとえ明日人生が終わったとしてもそれはそれで、と思えてしまう程度の人生になっていると感じます。過去は過去でやり直せるわけでもないので、これからの10年で少しでも終わり方の見通しぐらいはつけられるようにはしたいというのを目標にしようと思います。上の「この数年できていなかったこと」のいくつかは、そのための行動の手始めです。

おたく的な話をすると、推しメンに実際に会えた機会は半分以下になりましたが、SHOWROOMとかお話し会を通じてではありますが、去年より推しメンと確実に仲良くなれたことが嬉しかった1年です。SHOWROOMの個人配信とかは、手軽に勘違いするにはちょうど良いツールで。そうそう、この1年の中でAKB48の活動は自分にとっては「ちょうど良い」ものでした。3月以降、多くのメジャーアイドルの活動の先行きが見えなくなる中で、YouTube配信をバラエティ豊かな企画とともに積極的に行っていましたし、他方、多くの地下アイドルがやっていたような先着のオンライン特典会のような地獄を見ることもありませんでした。そのうちに劇場公演やお話し会、SWTのトークイベントも始まり、以前ほどではないけれども近い水準にはアイドルを楽しめているとは思います。せめてこのレベルは続けてほしいけれども。

というわけで2020年ありがとうございました。来年もここに何かしら書いていきます。