An seule étoile ~Rythme d’été~

行ってきました。
神戸文化ホール。ごく一般的なコンサートホールです。思いのほかアクセスがよく、梅田から電車1本で行けた。列番号が後ろから振られていて真顔になったけれど… アコースティックギターとパーカッションの導入からの杏樹ちゃんの「亜麻色の髪の乙女」の歌い出しは爽やかでした。とてもリラックスした歌声で、彼女の声質本来の柔らかさがよく活かされています。かと思えば、「夏祭り」はすぱぼあでも聴いたパワフルさ。「ラムのラブソング」みたいな曲もいけるのは声優としての面目躍如と言えます。アケカスなので、「フライングゲット」はひっくり返りました()ただでさえ歌声のボリューム感があるので「未来予想図II」のような大バラードでも十分な余裕を感じますね。 休憩を挟んでの「丸の内サディスティック」ではアルトサックスを持って登場。イントロで簡単なフレーズを繰り返し吹くだけではあるのですが、音があまりブレていなかったので、さすが歌を歌っている人はしっかり基礎ができています。なんだか自分が初めてステージ上で演奏したときを思い出しました。「ジッパ・ディ・ドゥーダ」のようなディズニーナンバーも挟みつつ、「Bi-Li-Li Emotion」「シャングリラ」のようなロックチューンへ。彼女の歌は直球のパワーボーカルなのがいいのですが、ロックっぽい外連味も出せるという点は一つの特徴と言えるでしょう。これがまた、杏樹ちゃんのバックグラウンドも感じさせる歌でいいわけです。MCで新しい大きな夢について語る杏樹ちゃん。彼女らしい素直じゃない応援歌「死ぬこと以外はかすり傷」、「たった一つの星になりたい」というメッセージにも通じる「ラフ・メイカー」で本編は終了。 アンコールは拍手だけのカーテンコールのような時間でした。ピアノとともに、初めてのオリジナル曲の一つ「もし叶うなら」。暖かく生きた息遣いとともに、語らうように歌う杏樹ちゃん。なんとなく、1年前に聴いた「心の瞳」を聴いたときの感覚が蘇るようです。新イベントも無事決まってからの「またあえる日まで」が12月に続いてオーラス。実は、12月のライブでは早めに抜ける必要があってこの曲が聴けていませんでした。また歌ってくれたことが嬉しかったですね。 というわけで昼公演は終わり。今回はドラムスとパーカッションも入っていて、アコースティックよりエレクトリックの比率も高く、前回より演奏がだいぶ賑やかな印象でした。かなりオーソドックスなJ-POPのライブに来たような。でもほかの演出などは一切なくて、演奏に集中できるスタイルなのは前回通り。12月に続いて良質なライブになっていたように感じます。ひとつ思ったのが、SMAさんにはどうか杏樹ちゃんを、よくあるような声優アーティストの型に嵌めずに、これからもうまく舵取りをしてあげてほしいということです。彼女にしかないアーティストイメージというのが必ずあるはずで、それはすでに2回のソロイベント、2回のライブで顔を出してきていて、今回出たシングルも大きなヒントになっています。これまで少しずつ積み上げたことを最大限に活かしたものが出来上がれば、今回彼女の掲げた新しい夢の実現も近いはず。来年あたりは勝負の年になりそうでますます楽しみ。

SETLIST

  1. 亜麻色の髪の乙女
  2. 君に届け
  3. 夏祭り
  4. ラムのラブソング
  5. フライングゲット
  6. ひまわりの約束
  7. 未来予想図II
  8. 丸の内サディステイック
  9. ジッパ・ディ・ドゥーダ
  10. Bi-Li-Li Emotion
  11. シャングリラ
  12. 死ぬこと以外はかすり傷
  13. ラフ・メイカー

(Encore)

  1. もし叶うなら
  2. またあえる日まで

チーム8 全国ツアー 大阪府公演はエイトの日! グランキューブ祭り! 2019

エイトの日朝昼公演に参加しました。チーム8単独は山梨以来なのですが、その間にメンバーの顔と名前は全員一致したと思ったら、今度はOGメンバーも参加ということで、もうさすがに誰が誰だかわかりません。 朝公演は14列目通路席だったので、どちらかといえば前。前座の「抱きしめちゃいけない」よかったのに前座だから大して聴いてる人がいなかったのがもったいない。頭の3曲でいろんな人が客席に来てくれたけど、「会いたかった」でマイ推しメンがすぐそばに来たので、あと誰が来たか忘れてしまった()ライブだと今までで一番近くで見れたかも。クソみたいな物販並んで団扇買った甲斐があった。OGメンバーもいるので全員集合するとステージに50人以上いて、さすがにそこそこの規模のコンサートホールとはいえ狭く見えます。今年入ってからやめたメンバー多いなあ()2019年新規なので、くれにゃんまではわかるけどそれより前はちらほらという感じ。 まず2代目のガッツフレッシュがユニットやって、それから各地域のほぼオリジナルメンバーのユニットパートが続くという構成。関東メンバーの「Seventeen」が(ついこの間まで今日出たメンバーは揃ってたのに)えもかったなあ。歌詞がなんだかしおりんっぽくて。ほぼオリジナルメンバーの「汚れている真実」はいつ見ても風格と迫力がある。「思春期のアドレナリン」と「星空を君に」が撮影タイムなのはもったいなくない?と思いつつも、いい位置なので結構目線もらえました。iPhone5sが限界すぎてあれですが。最後は怒涛の8持ち曲。 昼公演は2階のサイド席みたいなとこ。これまた通路だけど、朝では大してメンバーが来なかったとかいうので、まあ期待せずにいたのですが、結局アンコールによこちゃんが来ただけだったような。昼公演は現役のみでエリアごとのユニット。いいなと思ったのは中部かな。さやりんが特に。「制服が邪魔をする」でいい表情してるなと思いました。はっつとかもこういう曲のほうが似合ってるかもしれない。年齢的にも。九州メンの「ラッキーセブン」これもなるちゃんがカラオケで歌ってなかったっけ?笑 関東の「2人乗りの自転車」はマイ推しメンセンターでした。大サビで一人だけ前に出るところのアイドル感やーばかったな〜。キレイすぎ。そのあと関西メンがコントし始めたんですけど、何度も同じMCを繰り返すエンドレスエイトリスペクトで、分かる人いるのかなと思いました()関東メンバーも付き合わされてて笑っちゃったけど。てか、山田が朝公演からMCにたびたび登場するので実は卒業してないのでは?ってなる。撮影タイムはなぜか練り歩きなしだったうえに、そのまま本編終了。段取りが謎。でも最後の芹佳の言葉から「夢へのルート」は泣けたな〜。まあ、昼公演はお見送りが一番勝ってたかな(
暑い

SETLIST

朝公演 前座

  1. 夢へのプロセス
  2. プライオリティー
  3. 抱きしめちゃいけない

朝公演

  1. ラブラドール・レトリバー
  2. 会いたかった
  3. 恋する充電プリウス
  4. 初恋泥棒
  5. ガラスのI LOVE YOU
  6. 制服のバンビ
  7. アボガドじゃね〜し…
  8. ずっと ずっと
  9. 心の羽根
  10. バラの儀式
  11. 結晶
  12. 桜、みんなで食べた
  13. Seventeen
  14. 汚れている真実
  15. 思春期のアドレナリン
  16. 星空を君に
  17. 挨拶から始めよう
  18. 蜂の巣ダンス
  19. 制服の羽根
  20. 夢へのルート
  21. 好きだ 好きだ 好きだ

(Encore)

  1. 47の素敵な街へ
  2. 一生の間に何人と出逢えるのだろう

昼公演 前座

  1. おはようから始まる世界

昼公演

  1. 47の素敵な街へ
  2. 生きることに熱狂を!
  3. 挨拶から始めよう
  4. すべては途中経過
  5. ペダルと車輪と来た道と
  6. 遠距離ポスター
  7. 制服が邪魔をする
  8. オーマイガー!
  9. しぇからしか!
  10. ラッキーセブン
  11. ウインクは3回
  12. 清純タイアド
  13. 昨日よりもっと好き
  14. 君は僕の風
  15. 空腹で恋愛をするな
  16. High school days
  17. 飛べないアゲハチョウ
  18. 2人乗りの自転車
  19. イビサガール
  20. 何度も狙え!
  21. 虹の作り方
  22. 蜂の巣ダンス
  23. 好きだ 好きだ 好きだ

(Encore)

  1. 月の仮面
  2. 一生の間に何人と出逢えるのだろう
  3. 僕らのユリイカ
  4. 夢へのルート

湯浅順司「その雫は、未来へと繋がる虹になる。」公演 吉川七瀬 生誕祭 2019/8/3

ほぼ生誕祭か卒業発表か卒業公演しかしていないという曰く付きの公演。今回は七瀬生誕祭。いつもSRも見てるし千葉県民としてはね。。。 8巡目だったので久々に座ってみたけどセンター最後列だったのでいつもと大して眺めが変わらない。でも「蕾たち」の最初で七瀬が正面だったのでドキッとしてしまいました。この公演は前回見たときは初見の曲が多かったんですけど、勉強したおかげで概ね曲がわかるようになってきました。いいとこ取りのセットなので、通常公演より明るくてキャッチーな曲が多い気もしますね。湯浅さんの好みなのかな。七瀬がセンターやる「言い訳Maybe」は最近しょっちゅう聴いてるけど全然飽きない。フルが劇場で聴けるのがいいですね。 この日はなんか生誕委員の盛り上げがすごくて全員のコールの声量が凄かった。「10クローネとパン」の七瀬コールは耳がキーンとなりそうなレベルだった(笑) 彩音ちゃんソロの「純情ソーダ水」のシュワシュワコールも前見た時より全然大きかった。彩音ちゃんは髪がこの間より短くなっていた。かわいい。 今日見てていいなあと思ったのは4月の山梨以来に会ったぴょんちゃんです。山梨でも爆レスでしたが劇場でも爆レスだ…。ポジション的にしょっちゅう正面に来てくれたので、何回も目が合った(気がする)。「キャンディー」のマイクも正面。もうちょい前だったらなあ。小動物系なイメージはあったけど、こんなに小さかったっけ?ってぐらいコロコロしてるのがカワイイ。「ビバ!ハリケーン」の手振りとステップとか好きですね。なんか前の日のSR見てたらとあることで少し荒んでいたので楽しそうでよかった。もっと公演に出てほしいなあ。 生誕祭スピーチ聞いてると七瀬はファンとの一体感が好きなんだなあという感じがします。彼女らしい言葉でよかった。何か新しいことも始めたいみたいなので楽しみ。
七ポーズ
終わった後はお台場に移動してTIFの2029ラジオフレッシュ選抜のところだけ無銭で見てたんですけど、「少女たちよ」がエモかった。高めツインの彩佳ちゃんがえらい可愛かった。デコ出しのはーちゃんもフォトジェニだったなー。