AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~ 茨城県公演

入口はこっちじゃない

このタイトルももはや懐かしい。というわけで、1年以上ぶりにチーム8のツアーに参加しました。推しメンのご当地ということで心持ちも違うのかなと思いながらも、そもそもコンサート自体が久しぶりで、どういうふうに楽しめるのか想像しにくかったですが、まあそこは杞憂でしたね。距離は遠いぶん、人数が多くてステージが華やかです。今回はその中心に立っているのが推しメンで……グループで一番可愛い子(推し補正多分なので許せ)がゼロポジションにいるだけで全体が輝きを増して見えて、収まるところに収まっているという感じがして、それを見ているだけで幸せでした。この時をずっと待っていたよ。

嬉しかったのはそれだけでなくて、麟ちゃんの脇を固める関東メンバーの存在も大きかったです。7人揃っているのを見るのはTV以外だと本当に久しぶり。「フライングゲット」での登場から関東メン7人ユニットの「バラの儀式」があって、以降ほとんどの曲でフロントを関東メンが占めていましたが、7人それぞれがそれぞれの方法で存在感を放っていて、ある種風格さえ感じてしまいました。ほんとキャラが濃くて、ひとりとして被ってもいなくて楽しいんですよね。やっぱり、自分をAKB48の世界に直接引き入れてくれたのはこの7人と、ここにはいない2人のメンバーたちだったわけで。「11月のアンクレット」は、ちょうどそのころを思い出して感極まってしまいました。終盤「生きるって素晴らしい」のアウトロ、麟ちゃんと麻璃亜ちゃんがシンメで見合うところがあって、そこの2人の表情が色んな含みをもった笑みで、とても印象的でした。2人に限らずこの7人は、同じ青春を駆け抜けてきた感が強くあるのが良くて。今あるAKBのほかの同期グループと比べてもそれを特に感じています。だからこそ、関東メンがフィーチャーされた昼公演の「夕陽を見ているか?」は本当に感動的でした。七瀬にもらい泣きしちゃった。

そういう思い入れの部分を抜きにしても、この日はセットリストがあまりにも完ぺきでした。今まで行ったAKBのコンサート(少ない)の中でも最上級に自分好み。曲の好みは推しに似るらしい。まぁ今まで好みが似てると思ったことはないんですが()、麟ちゃんが前に好きって言っててここで歌うのを想像していた曲とかはあって、その中で言うと「JJに借りたもの」とかはそうで。ギラギラした歌詞が麟ちゃんっぽくて(語弊がある)、故郷に帰ってきたというシチュエーションも含めてグッと来るものがありました。この曲はラスサビから同じ進行でアウトロに繋ぐのが好きで、パフォーマンスによってさらにその勢いが増幅されていました。上に書いた「11月のアンクレット」は自分のAKBファンになるきっかけの曲の一つでしたし、雫公演もずいぶん行われていないので「スコールの間に」も聴きたかった。「わるりん」とか完全に、麟ちゃんわかってるなあ…(色々な意味で)ですよね。夜公演アンコールの「LOVE修行」「ショーは終わらない」の流れまで、本当に言うことなしでした。「ショーは終わらない」のBメロの振りをやる麟ちゃんが好きなんですよね。夢を見ているように甘く感動的な曲…

というわけで、岡部推しとしてえもい部分もあり単純にコンサートとして楽しかったのもありで無事成仏。佐賀公演のときも書きましたが、わたしはチーム8のファンとしては後追いも後追いなので、推しメンの地元公演がまだ残っていたことが奇跡のようなもので。麟ちゃんのソロコンにも行けていないので、推しメンが主役のコンサートがこんなにも楽しいものということをやっと知ることができました。このコンサートの開催が発表された去年の1月から考えると本当に長い期間で、そのあいだに色々な変化もありましたが、ようやくホッとしてます。

先に書いたように最近チーム8は劇場で公演していないので、一部のメンバー以外はまとまったパフォーマンスを久方ぶりに見たわけですが、やっぱり楽しいチームです。それから、推しメンをはじめとする関東メンバーのみんなが自分が思っている以上に特別な存在であることにも今更気付かされました。わたしにとってはこの7人が最強のアイドルグループです。千秋楽となる神奈川で何が起こるのかはまだわかりませんが、この公演と通じるものが見られるといいなと思います。はよ23日来て。

SETLIST

前座(昼公演)

  1. 情熱大陸
  2. 君のc/w

昼公演

  1. フライングゲット
  2. バラの儀式
  3. ハート・エレキ
  4. 愛の喪明け
  5. 11月のアンクレット
  6. Jane Doe
  7. 背中から抱きしめて
  8. キスの流星
  9. JJに借りたもの
  10. ウィンクの銃弾
  11. ナットウエンジェル
  12. 汚れている真実
  13. オネストマン
  14. ヤンキーマシンガン
  15. ヘビーローテーション
  16. Mosh & Dive
  17. 蜂の巣ダンス
  18. 星空を君に
  19. 挨拶から始めよう
  20. スコールの間に
  21. 生きるって素晴らしい
  22. 少女たちよ

Encore(昼公演)

  1. ゼロサム太陽
  2. 君はメロディー
  3. 夕陽を見ているか?
  4. 47の素敵な街へ

前座(夜公演)

  1. 恋愛禁止条例

夜公演

  1. フライングゲット
  2. バラの儀式
  3. ハート・エレキ
  4. 愛の喪明け
  5. 11月のアンクレット
  6. わるりん
  7. 1994年の雷鳴
  8. TWO ROSES
  9. 誕生日TANGO
  10. 投げキッスで撃ち落とせ!
  11. ナットウエンジェル
  12. Party is over
  13. Escape
  14. UZA
  15. 大声ダイヤモンド
  16. チャイムはLOVE SONG
  17. 蜂の巣ダンス
  18. 星空を君に
  19. 挨拶から始めよう
  20. スコールの間に
  21. 生きるって素晴らしい
  22. 少女たちよ

Encore(夜公演)

  1. ジタバタ
  2. LOVE修行
  3. ショーは終わらない
  4. 夕陽を見ているか?
  5. 47の素敵な街へ

IDOL CONTENT EXPO @ 品川インターシティホール AKB48 16期生

めちゃくちゃ久しぶりに来た

最初IxRとドラフト3期の出演だけ発表されててどうしようかと思ってたら16期が後から発表されて、自分が行くならここだよなあと思い。下手の4列目ぐらいから見てたのですが、もうありえん楽しすぎました。フェスという類のものでここまで楽しめたの初めてというレベルで。セトリと衣装がこれ以上ないくらい今日この日に求めてたものだったんですよね。「大声ダイヤモンド」とか「彼女になれますか?」が楽しいのはもちろんのこと、最近オンデマでレッツゴー研究生公演も見たりしてた中で「チーム坂」とか「家出の夜」が聴けてえもえものえも。言うことなしでした。しかも16えんぴchu!衣装…これ見たの2年前の春フェス以来なのですが、あの時は16えんぴchu!ステージのあいだ、わたしはすぐ裏のコンコースで映像だけ見ながら弁当を食べていたんですよ()去年のリクアワも初日行けなかったので、もう見れないかもなあと半ば思っていました…。実際見るとみんな色鮮やかでステージ映えします。担当カラーがあるというのも今時のアイドルらしくフェス映えするし。極め付けに、ここまで来てやらないわけがない「抱きつこうか?」が聴けて、もう何も悔いはないという感じ。全力でエア16期コール。

自分はというと、まあほぼなみんちゃん見ていたような…。ショートカットにしたのが衣装とあいまってますます似合っててめっかわでした。今着ると多少は子供っぽいのかな?と思ってたけど案外そうでもないのがまた良くて。青色が爽やかで、シルエットも軽やかで、なんだかずっと見ていたくなります。「抱きつこうか?」みたいな曲が今こそ似合うという感じ。ポジション的には全員満遍なく上下に来るようになっていた感じですが、「彼女になれますか?」のサビで0ズレいただきましたー。振りコピ振りコピ。というかなーみん見てたら振りコピしやすいのもあって、最初の「AKBフェスティバル」から振りコピが捗りすぎてた。「家出の夜」の振りをこんなに全力でできる現場この先あんのか。サビのリフレインの勢いがすこすこアンドすこ。あと書いておきたいのは、美波ちゃんがいつにも増して可愛い声で歌っていて、とくに「ずっと ずっと」の歌い出しはめちゃめちゃ癖になりそうなテイストだったのでまたどっかでやって()

とにかく16期のみんなが可愛くて楽しめた濃い30分間でした。いまさら16期に夢中になってどうすんのと言われそうで、実際少なくとも3年は遅いのは自分でも思うのでしんどいんですが、みんな可愛いし今が楽しいんだからしょうがない…

フォント逍遥

このウェブサイトを定期的に見ている人はお気付きかもしれませんが……否、そんな人はもはやいないと思うので、わたしだけしか気付いていないと思うのですが、去年からフォントをはじめタイポグラフィ周りがちょくちょく変わっています。今年に入ってからまた調整し直している中で、フォントの選定がまー難しくもあり楽しくもありで、ここ数日でようやく落ち着いてきたというところです。

今のテンプレートにしてから行間とか文字詰めは何度か調整していたのですが、1年前ぐらいからほかのブログとかnoteの記事なんかを読むにつけ、自分とこの(ただでさえ量が多い)文章が読みにくく感じることが多かったということと、最近PowerPoint/Keynoteスライドとか動画なんかを作成するときにフォントについて考えることもあったりして、このタイミングで見直し。

もともとこのサイトではフォントにはほとんど頓着していなくて、この17年間でマジメに検討したのも1、2回ぐらいの話です。まあ、ちゃんと自分でデザインしてサイトを作っていた10数年前はフォントの選択肢なんて大してなかったので、そこから認識がアップデートされてなかったということですね。MS ゴシックは好きでなかったので、メイリオが使えるようになったときはさすがに飛びつきましたが、その後はとりあえずメイリオが表示されていればいいや、ぐらいのもので。

とりあえず、とは言いつつ、個人的にはメイリオをけっこう評価していたので、メイリオでもいいっちゃいいのですが、iOSで見たときに表示されるヒラギノ角ゴとの印象の差があるのはちょっと感じていたのと、親しみやすいフォントゆえの、いかにもブログ!という雰囲気を変えてみようかなと思い。

ちなみに下に書く設定はWindows環境を念頭に置いたもので、iOSやmacOS環境についてはそれこそ基本的にヒラギノフォントで表示されればいいや、です。空気とか水みたいなフォントで、言ってしまえば無難な選択肢ですが、Webで表示されるフォントに必要なのは結局そこですよね。無難は普遍です。

本文: 游ゴシック / Open Sans

和文フォントは去年の夏から游ゴシックになっています。比較したのはBIZ UDゴシックとかNoto Sansですが、10年以上前から自分が思っていることとして、モダンな和文フォントは線がしっかりして可読性が高い反面、ブログ記事で見ると文字そのものの主張がやや強くなりがちというのがあって、わたしがいつも書いてる記事は段落ひとつにつき300-400文字はあるので、文字が羅列されていればされているだけなんだかコントラストが強くてギラギラして見えてしまうわけですね。

まあ、特にNoto Sansあたりは綺麗に見せているウェブサイトは非常に多いので、このサイトの内容が悪いだけなのですが、その点で言えば游ゴシックは、読みやすさと美しさを両立しつつ線がシャープで字面はコンパクトという、上記のような懸念を解消できる選択肢でした。これがWindows標準で使えるというのはありがたい話です。ただ、ウェイトがRegularだと逆に細すぎるので、font-weightを500に指定してMediumを表示させています。

そういうわけで、しばらくWindows向けには游ゴシックのみを指定していたのですが、英数字がやや縦に長いのが気になっていて、いくつか欧文フォントを試した結果、Open Sansになりました。もともとこのテンプレートでは見出しに使っていたのですが、曲線にモダンな可愛げがあって、かつ全体的にシャープなので、游ゴシックと雰囲気は通じていると感じます。iOS環境で見た場合のヒラギノとの相性も悪くなかったので、今年の初めぐらいからはこの組み合わせになっています。わたしが飽きるかWindowsのフォント事情がまた変わるまではこれでいくということで。

見出し・ナビゲーション: BIZ UDPゴシック / Open Sans

記事タイトルとか、たまーに使う章見出しにはBIZ UDPゴシックを使うことにしました。これも今年の初めから。ぱっと見モリサワっぽくすっきりしていて、非常に読みやすいUDフォントです(実際はタイプバンクフォントが元になっているようですが)。ただ、英数字の字面がかなり大きいので、これもOpen Sansと組み合わせる形にしています。

それから、下部のタグクラウドとかのナビゲーション欄にもBIZ UDPゴシックを使っています。これこそUDフォントの本来の使い方のような気もしますが、小さいフォントサイズでも可読性が全然落ちません。ちなみにタグクラウドとカテゴリー欄だけ英数字もBIZ UDPゴシックを使っています。

引用文: 游明朝

たまーに、というか稀に使う引用文は、本文からの流れとして游明朝。こういう具合です。

AKB48 Team8茨城県代表 TeamA兼任キャプテンの岡部 麟です。

そもそも游ゴシックが游明朝と組み合わせて使うことを念頭に置いて作られているらしいので、使わない手がない。個人的に游明朝という書体はけっこう好きで、実を言えばこっちを本文に使いたいというのもあったりしたのですが、さすがに文章の雰囲気が違いすぎました。

あと、この部分に関しては付属する従属欧文フォント以上にマッチするセリフフォントがまったく見つけられず、混植せずそのまま使用しています。完成度が高いなあと。ヒラギノ明朝も同様。

サイトタイトル: Montserrat

左上のサイトタイトルは今までOpen Sansだったのですが、Montserratの細いウェイトのものを使っています。Open Sans以上にチャーミングなフォントなので、もっとうまく使いたいところではあります。


というふうに、去年の夏ぐらいから断続的に色んなフォントを試しに試し続けてきた結果、そろそろ今の時点での納得できる設定が出来上がってきたというところです。奥が深すぎて沼にも程がありましたが、だいぶ検討はしたので、よほどのことがない限りこれで戦っていくんじゃないでしょうか。自分でAdobe Fontsとか、FONTPLUSとか使い始めない限りは(ない)。あとはmacOSでの見え方が自分で確認できてないので、どこかで見ておきたいとは思っています。

昔話

昔はフォントに頓着していなかったと上に書いてますが、ごく初期はむしろまあまあ拘っていたんですよね。というのも、互換性とか何も考えていなかったからなわけですが。

覚えているのが、ごくごく初期の数ヶ月間、サイトタイトルのフォントにSmall Fontsというドットフォントを使っていたこと。当時はゲームの記事とかが置いてあったので、ゲームっぽいポップさを出したかったのでしょう。ちなみに、この時はスタイルシートを使っていないのでfont要素で直指定。その後何ヶ月かは、当時IE6だけで使えた(!)filter: Alphaプロパティでタイトルに半透明グラデをかけたり(笑)、なぜかスラヴセリフ体っぽくしたり(たぶんCourier New)、まあ遊んでいました。

ここまではサイト開設半年ぐらいの話で、Photoshop Elementsを買ったことをきっかけに妙なフォントをHTMLで指定して使うのをやめて、画像にアンチエイリアスをかけた文字を埋め込んで表示させることを覚えるわけです。これも今思えばそんなことやってたなあという感じ。とはいえ、ほかに書体を持っていたわけでもないので、最初は基本Arialだったような気がしますが、当時のバナーとか確認すると、後になるにつれVerdanaとかTahomaも使っていたみたい。

これはVerdanaかな

ちなみに本文は2009年頃までずっとMS UI Gothicでした。縦に長くて文字が詰まっている感じがよかったんですかねえ。サイズは当時の流行に漏れず、8ptとかそのくらい。ビットマップフォントは中途半端なサイズにするとドットの粗が目立ってしまうので、文字をあえて小さくして綺麗なふうに見せていたという。どうにかこうにかはしていましたけど、当時のWindowsのフォント事情はこんなものでした。

2010年にWordPressに移行してからは本文フォントをメイリオにしたぐらいだと思います。もうこのあたりでウェブデザインということをやめてしまったわけですね。ただ、まとまった文章を書くようになるのと同時に全体の可読性を意識するようになって、ちょっと読みにくいなと思ったら文字サイズと行間、文字詰めを調整したりはしていました。このあたりの調整は10年ちょっとの間にそれなりの回数やりつつ、この記事冒頭に続く。

全然覚えてなかったけどGeo Sans Lightだった

じつはWPサイトになる少し前にサイトデザインを新しくしようとしたことがあって、このハイフンがないサイトタイトルの画像を作ったのですが、結局お蔵入りにしてしまったんですよね。今回変えたサイトタイトルの表記はここから来ています。12年越しの実現(小ネタですらない)。

Category: Web