Aqours World LoveLive! ASIA TOUR 2019

アジアツアーは3公演参加でした。ライブビューイングも観ていないので、台北2公演と東京1公演を見ての話。もう次のライブが始まるのでちょっと書いておきます。
ライブとしては半分くらいは1stライブの再演的なところがあったのだけど、フィルムコンサートと銘打っている通り、1stライブや3rdライブよりもさらにアニメーションオリエンテッドな構成。何しろMCがほとんど挟まらないし、ユニット曲もない。ほぼアニメの流れだけで進行していくので、普通のアニメイベントのようでもあります。 久しくアニメ1期も観ていなかったので懐かしさが先に立つけれど、 だんだんとアニメの中の世界に没入させてくれる。これは今までのラブライブ!のライブにもあった感覚です。 最初は1曲2曲ごとに座ったり立ったりするのでテンポが悪くも感じるのですが、 全体を歌唱パートとブリッジとに分けずに、シームレスなものとして捉えればあまり気にならないかもしれません。おかげで未熟DREAMERなんて今まで何回も聴いてるのに普通に涙してしまいました。MCがほぼないというのもここまで来れば納得のいく話で、要は物語の中のAqoursがすべて語ってくれるということです。そういう面でファンミーティングと対極にあるイベントと言っていいでしょう。追体験を通して高揚する臨場感の先に、色々な感情が詰まったMIRAI TICKETの文字通りの再演もある。たぶん、人それぞれに思い出されるものがあったのかなと。 このライブで忘れてはいけないのがThank You, FRIENDS!!という曲の存在です。 各地のファンがAqoursへの想いを様々に形にしたアジアツアーにあって、 毎回があの東京ドームの再現でもあり、メンバーそれぞれとのその場その時間を慈しむようなコミュニケーションにもなっていたように思います。彼女たちやファンにとって、さらに特別な1曲になったと言えるでしょう。 台北は両日ともVIPシートだったので、比較的細部は観られたかなあと思うのですが、例によって伊波杏樹ちゃんしか見ていなくはあった。3列目ぐらいだと目線の高さが合うんですよ。去年天空席から観たのとはえらい違いです。チケットも完売していて、なかなかの熱気だった。上記の通り、Thank You, FRIENDS!でだいぶ感動してしまったので、1日目はお見送りで∞を作って杏樹ちゃんに返してもらったりしていたのですが、2日目に逢田梨香子さんが大変慎ましやかな微笑みをされたのがなかなか頭を離れないですね…
1年ぶりの台北だったのだけど、今回はくらくさんと帰りの飛行機まで同じだったので色々楽しかった。雑多な匂いと蒸し暑さを掻き分けながら歩く4月の台北。

茨城総合物産音楽フェス

チーム8が出るので行ってきました。
常磐線乗って福島は行ったことあったけど茨城で降りたことがなかった。水戸けっこう都会だけど、15分ぐらい歩くと千波湖があってのどか。 着いたの14時くらいだけどけっこう高さのあるちゃんとしたステージだし女性率が高いので見やすい。最終的にはそこそこ前行けました。着いた時は岸洋佑さんが歌ってて、爽やかーなアコギポップ。特撮出てる俳優さんらしい。次の掌幻と昴のステージで初めてラップやってる木村昴さんを見た。声優という感じはなくて完全にヒップホッパー。普通にノれてしまった。舞台見た時も思ったけどユーモアセンスが飛び抜けてるよね。ここでも「関智一で〜す」。次にオーイシマサヨシさん。この人は「どうも〜櫻井孝宏で〜す」。ジャパリパークのコール全然覚えられない。たぶんライブでしか聴いてないけど。やっぱり「君じゃなきゃダメみたい」 だなあ。 ここまででもだいぶ楽しかったけどその次がチーム8。いつもの関東メンバーで、ゆいゆいがいないぐらい。前の日の公演はいないと思ってたらいて、この日はいると思ってたらいなかった()みんな可愛い!セトリはシングル中心だけど麟ちゃんが好きそうな「重力シンパシー」とかもあった。「ファースト・ラビット」のオルゴール始まりはいいですね。聴けるだろうな〜と思ってたのが「11月のアンクレット」。MVが好きで発売当時よく見てた。麟ちゃんセンターで見れてよかったー。「大声ダイヤモンド」とかはやっぱ盛り上がっていいです。 チーム8のステージだけ撮可だったので、それなりに前にいることだしちょいちょい撮ってみた。まだなんとか明るかったので撮りやすかった。コンパクトカメラなのでぼちぼちです。七瀬とまりあの写真が全然なかった。。。
デコだしの彩音ちゃん(21)が可愛すぎた
次の日地元で全握だしつらいなあと思いつつ推しへの忠誠で行ったけど超正解だった。

岡部チームA 目撃者公演 2019/5/24

当たったので行ってきました。目撃者は2、3ヶ月応募し続けてようやく当たりました。

みゃおが体調不良でいなかったので、ポジ空けて15人公演。前の日のSR配信でだいたい下手側いるよ~と麟ちゃんが言っていたので、立ち見下手の2列目ぐらい。19巡だった。。。公演始まってみると確かにその通りで、推しメンが正面に来る来る来る。なんて振りコピが捗るんだ。。。「摩天楼の距離」以外ではだいたい下手が中心だったかな?指差しけっこうあるのがいいな〜。「目撃者」からいきなり真正面なのでついつい麟ちゃんばかり見入ってしまって、MCぐらいまでみーおん総監督とかいるの気が付かなかった()この日はゆいゆいもみーおんもいたのにあんまり見てなくて勿体なかったなー。ずんちゃんがいつもニコニコしててレスくれそうな感じだったのと、研究生のそらちゃんが結構頑張っていたように感じます。SRイベントで配信しまくっているあやなんもよく公演出られるな〜。あとえりいスタイルよくて目立つなあっていうのと、下尾はやっぱりかわいいな、という印象()でもまあ、推しメン見て幸せなのが一番だな…

目撃者というセットは昔から重くてシリアスなイメージがあって、初演当時は大して応募してなかったなぁという記憶があります(高橋チームAのメンバーがあまりにも豪華なので揃っている公演がほぼなかったような)。今回公演見るにあたって高橋チームA版のDVDも見たんですけど、前田敦子の影のある表情とペシミスティックな語り口がとても合っています。今の岡部チームAのゆいゆいとかD2とか16期の若い子にあの雰囲気はまだ求めにくいですけど、誰が近いものを持っているかというと22歳のマイ推しメンはその一人だと思います。「美しき者」「アイヲクレ」「I’m crying」などでの表現はここ最近の彼女だから出せるものではないでしょうか。見てるだけで惚れ惚れしてしまいました。昔は苦手だったセットが推しメンのおかげで超楽しいのが嬉しいですね。キャプテンの麟ちゃんが観れてよかったー。今度はゼンソーとみゃおも見たい。

暑いけど笑顔ポーズ