六本木アイドルフェスティバル2020

半年ぶりの現場。チーム8が出るので行ってきました。RIFは去年渋谷でやってたやつに推しメン出てたけどイベント被って行けなかったんですよねえ。入場時にCOCOAインストール確認、手指消毒、検温。座席は1席ぶん間隔を空けて、かつコールは禁止と、諸々の対策はしてあって、なんとしても開催するという強い意志を感じる…。席は2階最前の上手寄り。なので強制着席。

AKB48 Team8

チーム8は最終回Vol.3の初っぱなのステージでした。メンバーは「ジタバタ」の選抜の上から6人で、なぎちゃんだけいないのかな。Overture始まってもMIXは聞こえないのでいつもの現場の高揚感がなくて、直前も直前になるまでホントに始まるの?みたいな気持ちではあった。

でも始まったらいつも通り推しメンばっかり観てたなー。この感覚ですら懐かしい。。。最初はいつもより少し緊張感が窺えたけれど、中盤の「大声ダイヤモンド」とか「希望的リフレイン」のあたりは凄くキラキラしてて去年のツアーを思い出す流れ。「好きだ 好きだ 好きだ」も、ちょっと前だけどすでに懐かしい。自分的にアイドルのライブで楽しいと感じる部分って、アイドルの名前を叫ぶのが結構大きなところ占めているので、コールできないのはキツイなーと最初は思ったのですが、このあたりの曲は振りコピしてたらめっちゃ楽しくなってきた。

思った以上によかったのが「離れていても」で、曲としてはフェスっぽくはないんだけど、あの場だからこそTVや配信で聴くより何倍も言いたいことが伝わってくる。そこまで完全に振りコピの流れだったけど、これはちゃんと聴きたい気がして、ただじっくり見てた。口上のない静かーな47街はレア。この日はポジション的にはゆいゆいとかなるちゃんとかが目立ってたと思うけど、やっぱり麟ちゃんを目で追うのが一番楽しいっすね。特にレスもらったとかはないけれど。大人のパフォーマンスでした。

まあしかし、久しぶりに会えたのは当然嬉しくて、ぽっかり穴の開いていたところがちゃんと満たされたのは良かったのですが、それだけにこの半年が壮大な時間の浪費だったように思えてしんどいわけです。23歳の岡部麟の半年間をまるまる会えてなかったと考えると、今更ながらこの現状に対して難しい感情にもなります。そうでなくても岡部推し的にはアップダウンが激しい期間もあったし。どうしたらいいのかわからないまま、また推しメンと会う予定のない日々が始まる。。。

SETLIST

  1. ジタバタ
  2. 蜂の巣ダンス
  3. 好きだ 好きだ 好きだ
  4. 大声ダイヤモンド
  5. 希望的リフレイン
  6. 恋するフォーチュンクッキー
  7. 離れていても
  8. 47の素敵な街へ

RIF所感

その後は他のアイドルちゃん見てお勉強。コールとかMIXとかがないのがなおさら惜しい。グループによっていろんなコンセプト、アプローチがあるけれど、個人的には夢アドが一番オーソドックスに王道なアイドルをやっていて、自分の中で楽しめる(幸せな気持ちになれる)なと感じた。今はグループとしては難しい時期なのだろうけれど…。アプガはCDデビューの頃に若干かじったことがあったぐらいなのですが、今やハロプロ現場でも禁止されたと聞くマサイ、推しジャンというものを数億年ぶりに見ました。振りコピも激しいので、おたく見てるだけでも面白い(笑)10年くらい前だったら自分もこういう現場が楽しかったろうなーと。神宿は少しサブカル寄りだけどじゅうぶん王道と言える趣で、かつ驚くのはメンバー全員のアイドル力の高さ。メジャーでやっているのは必然です。

フィロソフィーのダンスは難しいなあ。全曲コテコテのファンク、R&Bで、あまりにもトラックのクオリティが高いです。ただ、音楽的には大好物だけど、逆にここまで来るとアイドルのライブじゃなくてもいいというか。 ステージを見なくても楽しい、楽しめてしまうんですよね。振りコピとかじゃなくて、グルーヴに任せて 好きに身体を動かしたい。メンバーのパフォーマンスもハイレベルなだけに、そういう葛藤がある。そんなことを思っていたら、MCでメンバーが「好きなように踊ってみてください!」と言っていて、救われるものがあったというか、音楽ってこうだよねというか。アイドルフェス来てるというメンタリティだから難しく感じてるだけで、別の場所ではまた違う見方になるのかも。1曲目「ライブ・ライフ」を歌い切ったあとにメンバーの誰かが「楽しい〜!」と叫んだのは、音楽に生きているという感じがとてもして、煌めく汗と一緒に心が洗われた瞬間でした。

てな感じで最後までいたら21時すぎ。お疲れ様でした。

昼間たべたボンゴレ

Ryzenマシンを組む

給付金ビッグウェーブ等々いろいろとタイミングも重なったので、後回しにし続けていたメインPCの新調をついに決行しました。

現行のPCはもともとその前のシステムが動かなくなったのを応急処置的に中身をとっかえひっかえして動くようにしたというもの (12000円しかかかってない) だったので、長く使うつもりはさらさらなかったのですが、結局6年も使っていました。まあ組んだときにそんな予感はしてた。今やiPad Proがあるので、諸々の作業はそっちでやってしまっていて、 PCが無くても生活できる状態ではあるのですが、パフォーマンスの劣化がさすがに限界なのと、前の前のPCから14年間システムディスクとして流用し続けているHDDなど、さすがに使い続けるのも危険な域に達していたので、このタイミングで新規にPCを組むことになった感じです。買うの決めて2, 3時間で一式ポチってた。6年前はケースとかHDDは流用していたので、新規で組むのは12年ぶりらしい。次は絶対BTOで買おうと思ってたけれど、結局PCの買い方をこれしか知らないんだよね…

今回は流行に乗ってRyzen7 3700Xにしたので、個人的には初めてAMDのシステムでPCを組むことになりました。AMDマシンを使うのすら、大昔に父親が組んでくれて家族で使っていたK6-2マシン以来な気がします。ソケットにカバーがなくて、固定されてるのか不安になりながら作業していたわけですが、案の定しっかり固定できてなくて電源が入らず、 だいたい組み上げたのをバラして取り付けし直したり。原因わかるまで8時間ぐらい使った()それ以外は2.5インチSSDの取付とか、光らせる系のLEDのコネクタに戸惑いつつではあったものの、概ねスムーズにいきました。今回はケースをLANCOOL IIというあちこちパカパカ開閉できるものにしたので、作業自体はとてもやりやすかったです。OSもAmazonでコードだけ買って起動ディスク使ってインストールという感じ。20年近く自作やっているけれど、時代が変わったと感じる部分が今まで一番多かった。。。

諸々インストールも終わって、データもだいたいクラウドにあって移行にも時間がかからず、金曜の夜に組み始めて土曜の夜には使えるようになってましたかね。パフォーマンスは当然ながら良いです。今まで起動に10分以上かかっていたのはなんだったのか…。元はといえばOSをWindows7にしたあたりからPCの動作にストレスを感じない日がなかったので、ほぼ10年ぶりの「PCを普通に使っている」感()そういうのを抜きにしても、今までコストパフォーマンス重視で中の中ぐらいのグレードでPCを組んでいたのが、まあまあ上の下ぐらいにはなったので、比べ物にならないくらい色々なことができるのにも感動してます。今時のゲームもすぐ起動して動作も楽だし、わりかし高画質で配信しててもプレイに影響ないぐらい。

というわけで早速、かなーり久しぶりにUT2004を配信プレイしてみたりしてました。昔UstreamでFME経由でやってたときは面倒くさい設定を色々してた気がするけれど、OBSだとTwitchログインしたら一瞬で設定終わってあまりにも楽すぎた。そんな感じで、EUサーバーでTAMしたりNAサーバーでFreonしたり、自分でサーバー建ててnoozooさんとRAしたり。配信しながらでもほぼ問題ないんですが、マップも軽くてラグもないはずの自鯖RAがなぜか一番重く感じたので原因を調査中。。。そんなこんなして試してたら2k4が面白くなっちゃって、とりあえず人いるサーバー入っては配信してるという。本当はApexとかValorantとかやる予定だったのに()国内でチーム戦やりたいわねえ。

そういえばですが、この間のUT記事は意外とUTプレイヤー以外の人たちに見てもらえてありがたかったです。書いてよかった。

Category: PC

ロンドンナショナルギャラリー展に行った

だいぶ久しぶりに国立西洋美術館へ。

まいど美術展には行こうと思いつつ結局行けてないことが多いのですが、今回は読売中高生新聞の企画でマイ推しメンがこの展覧会を取材していて、自分の配信でも相当お勧めしていたのが一つ。それだけではなくて、今回の展示の目玉のファン・ゴッホの《ひまわり》を見たかったというのがもう一つ。

というのも、20年ぐらい前にアムステルダムのファン・ゴッホ・ミュージアムで《ひまわり》を見たことがあるんですよ。その記憶があったので、今回ロンドンのナショナルギャラリーから来るというのを聞いて「あの時に見たのは???」となった。調べたら全部で7点あるというのを20年越しに知った次第です(美術史に明るくなさすぎる)。そんな感じでがぜん興味が湧いてきたのもあって、勢いでチケット取っちゃった。

構成としてはルネサンス期から印象主義までのヨーロッパ各地での西洋絵画の潮流を追っていくというもので、イギリスからの視点を軸に、というのが一つのテーマ。入場してさっそく、推しメンが何度も「描き込みがすごい!」と言っていたクリヴェッリの《聖エミディウスを伴う受胎告知》がある。初っ端からこの美術展の中ではもっとも巨大な作品で、目の前にすると強烈なパースペクティブが感じられます。さらに近づいてみると、推しメンの言うとおり、細かな装飾のディテールがみるみる浮かび上がってくる。この時期の宗教画らしい、リアリティとアンリアリティの狭間の別世界。

それにしても、去年上野の森美術館でフェルメール展を見た(これまた記事にしてない)ときも思ったけれど、17世紀のオランダ絵画の厳然としたスタティックさは毎回目を瞠ってしまいます。静物画でも風景画でも肖像画でも、空間を標本にしたかのような世界が、カンバスを通して音を立てずに、しかしくっきりと立ち現れる。こういう感覚は美術館に来たなぁ、という感じがする笑 それに対して、同時期のスペイン絵画の表情の豊かさよ。今にも動き出しそうな、活き活きとした躍動感にとても親しみが持てます。時代の人々の生活、そこにある時間の流れを巧みに切り取った作品群。

ラストは19世紀印象主義ーポスト印象主義絵画なんですけど、この美術展で一番印象に残ったのがセザンヌの《プロヴァンスの丘》です。後期のセザンヌがここまで画風を変化させていたというのを知らなかっただけなのですが、それを置いておいたとしてもとても面白い。遠くに伸びる丘の風景やそれを彩る木々、岩肌が絶妙にディフォルメされることで、かえって目に見える情報は整然と(展示内の言葉を借りれば「幾何学的に」)なり、代わって光や温度、匂いといった要素が手に取るように感じられる…。19世紀絵画とキュビズムを繋ぐ、クラシック音楽で言ったらエリック・サティみたいな立ち位置が好きですね。もちろん、ルノワールやモネのザ・印象主義な作品群も素晴らしい。

その奥に待っているのがファン・ゴッホの《ひまわり》。昔は子どもながらに変哲もない静物画としか思っていなかったけれど…目の前にして受ける印象は、(厳密には異なる作品としても)20年前に見たときとはだいぶ違っている。セザンヌの作品でも感じた南フランスのからっとした眩しい陽光を想起させるような黄色の世界がとにかく美しい。間近で見ると、ファン・ゴッホによる重厚な塗りの筆致が迫力を感じさせます。何時間でも見ていられそうな、非常に複雑なニュアンスを含んだ黄色です。全然見飽きないのだけど、入場回が一番最後だったので、残念ながら閉館時間で退出。

《ひまわり》以外は小粒な作品が多いのかな、とも思ったのですが、そういう作品にも想像力を掻き立てられたり、西洋絵画のイギリスにおける受容史という面でも、時代を追いながら分かりやすく理解していける構成で、興味の尽きない美術展でした。久しぶりに家から出て楽しかった!()