AKB48チーム8 全国ツアー 47の素敵な街へ 佐賀県公演

2020年最初の現場。愛媛公演もう3ヶ月前なのか…

昼夜とも1階だったけど、昼は右ブロックの後方、夜は左ブロックのもうちょい前というぐらい。昼は通路席だったのに、中央ブロックとは段差で隔離されているので、練り歩き的にはたぶん2階より人権がなかった…。諸事情により昼公演は遅刻したので、席に着くのが楽だったぐらいかな?()

昼は入ったらなぎちゃんが自己紹介してた。推しメンは都道府県魅力度ランキング最下位をそろそろおいしいと思い始めているようです。いや前からか()というわけでユニットからなのですが、推しメンちゃんは昼夜でだいぶ毛色の違う2曲でした。「Relax!」はAKBのツアーで聴いたけど、曲も衣装もおしゃれです。チーム8で推しメンが明るめのユニットやるの珍しいけどこの曲ならぜんぜん合う。推しメンはいわゆるフラブラウスみたいなのを着ていてめちゃかわいかった。夜は「月の裏側」で推しメンが得意そうなやつだーと思っていたら、グループに入る前に踊ったことがあるらしいです。ダンサブルだけどバキバキというより、動と静をスタイリッシュに魅せていく感じがいい。パンツスタイルも似合ってるー。「純愛のクレッシェンド」が聴けたのが嬉しかったです。盛り上がるなー。あと、「MARIA」の彩音ちゃんの衣装がたまらんかったです。「しぇからしか!」はらんりーが新しく振りを付けたそうなのですがAKB以外知らなすぎて全然わからなかった。撮影タイムはまともに人が来なかった代わりに「桜、みんなで食べた」と「Seventeen」の振りコピが楽しすぎた()

この日はだいぶ豪華メンバーということもあって「思春期のアドレナリン」も「好きだ 好きだ 好きだ」もセンターがオリメンです。なので、序盤見てない昼公演なんかは主役のみっさーがなかなか前に出てこないなあとは思ったのですが、ラストの「夢へのルート」はよかったですね。アンコール明けの寸劇とか見ていても、不器用ながらも自分をできる限り出してなんとか伝えようとする姿は応援したくなります。

この日最大に感動してしまったのが、アンコールで「誰かのために」が聴けたことです。例によって9年前にTDCでNMB48チームNの誰かのために公演で聴いたことがあるのですが、時期が時期だったこともあって、当時聴いた曲で最も思い出深い曲でした。未だにあの時の席からの光景と追っかけコールが思い出せます。グループもメンバーも場所も違っても、確実にメッセージは受け継がれて伝わっていくのだなあと、このグループのエモい部分を見た気がしました。

ライブ前ドタバタして疲れてたわりに昼公演からけっこう推しメンのコール頑張ってたけど、夜の47街の口上は過去最高に力入ったかも?喉潰れても関係ない感じで言いたいこと言ってて、10代の頃を思い出してしまった…。なんてやってたら、次はツアー茨城公演でした。最後じゃなくてホッとしたしタイミング的にもいいのでは。まだ推しメンの地元公演が残っているというのはまさに運命に他ならないと感じているので、行く。チケット当たるかは関係なく行く。行かないと一生岡部推しになれない気がする。。。また自分にプレッシャーをかける日々が始まるのか…

何気に毎回近くに来てくれるなるちゃん
ノルマ

SETLIST

前座(昼)

  1. 彼女
  2. 夜風の仕業

昼公演

  1. UZA
  2. Birth
  3. ロックだよ、人生は…
  4. チーム8推し
  5. 完璧ぐ〜のね
  6. ツンデレ!
  7. 女神はどこで微笑む?
  8. “ダンシ”は恋愛対象
  9. Relax!
  10. 純愛のクレッシェンド
  11. MARIA
  12. 狼とプライド
  13. しぇからしか!
  14. 10年桜
  15. 桜、みんなで食べた
  16. 思春期のアドレナリン
  17. 挨拶から始めよう
  18. へなちょこサポート
  19. 制服の羽根
  20. 好きだ 好きだ 好きだ
  21. 夢へのルート

(ENCORE)

  1. 最高かよ
  2. 蜂の巣ダンス
  3. 一生の間に何人と出逢えるのだろう
  4. 恋する充電プリウス
  5. 掌が語ること
  6. 47の素敵な街へ

前座(夜)

  1. 初恋よ こんにちは
  2. ハート型ウイルス

夜公演

  1. Make Noise
  2. Birth
  3. ロックだよ、人生は…
  4. チーム8推し
  5. 完璧ぐ〜のね
  6. 悲しい歌を聴きたくなった
  7. “ダンシ”は恋愛対象
  8. 月の裏側
  9. 純愛のクレッシェンド
  10. 愛しさのDefence
  11. タブーの色
  12. しぇからしか!
  13. Seventeen
  14. Generation Change
  15. 思春期のアドレナリン
  16. 挨拶から始めよう
  17. へなちょこサポート
  18. 制服の羽根
  19. 好きだ 好きだ 好きだ
  20. 夢へのルート

(ENCORE)

  1. ドリアン少年
  2. 蜂の巣ダンス
  3. 一生の間に何人と出逢えるのだろう
  4. 恋する充電プリウス
  5. 誰かのために – What can I do for someone? –
  6. 47の素敵な街へ

2019終わり

2019年あまりにも早かった。クレイジーすぎた去年の12月からもう1年経ってしまっているとは。今年は生活環境を80%ぐらい変えたりしていて、色々しているうちにいつのまにか過ぎ去ってしまった感じ。6月ぐらいまでは先が見えてなかったけれど、最終的には悪くない結果は得られたので、良い年だったんじゃないでしょうか。

今年の大きな出来事はアイドルのファンを始めたことでした。それもAKB48。このサイトを見るとわかるんですけど、7月以降はほぼAKB48のイベントにしか行ってません。声優界隈から坂道シリーズのファンとか、地下アイドルのファンになる人はいくつも観てきた中で、48グループに行く人はほとんどいなかったイメージなので、意外といえば意外に見えるのだけど、自分の中ではそれなりに自然ではある流れでここまで来ています。その結果として、いま毎日がとても楽しい(そしてつらい)。

ただ、なぜ岡部麟ちゃんなのかというと、それが全く説明できない話で、今年の2月2日(特に何もない日)に突然そういう感情が降って湧いて、それから麟ちゃんのことが気になって仕方なくなってしまいました。個人的にはそれでいいと思っていて、もう人を好きであることに理由をつけるのをやめたようなところがあります。パフォーマンスがいいとかパーソナリティがいいとか、理由をつけても全部後付けのように感じられて、本質的にもはやそういうレベルで説明ができない。なので、今年書いた記事は基本的に「好き」とか「可愛い」しか言っていないと思います。薄っぺらいようですが、アイドルを観てそう思うことは、人をただ幸せにしかしないことにおいて絶対的な善であって、それだけが伝わればいいのではないかと。

無理やり内省するなら、去年の11月18日から、皆で共有する「大きな物語」に深く感情移入してエモいことを書くというのがもうあまり出来ないなあと思ってたこともあって、(物語に依ることのない)ただの「好き」というか、もっと自分の生活に一部分になり得るような、自分と推しだけのシンプルでクロースな関係がよかったのかも。あくまでもっともらしい説明というだけですが。

1年振り返ると、麟ちゃんには今年51回会っているのですが、個人的に大きかったイベントは4月13日のチーム8 5周年コンサートのように思います。コンサートの内容もよかったのですが、当選してコンサートに行けたことで、本気で追いかけていこうという気持ちが固まりました。1月にあったソロコンにも間に合わず、この前の週にあった全国ツアーの静岡公演は諸事情でどうしても外せなかった台湾に行く予定と被っていて、ついてないなあと思っていたところ、さらに5周年コンサートも2日とも別のイベントと被っていて、何もかもタイミングが悪かった。色々考えて、13日のチケットが当たったら予定をキャンセルしてこのコンサートに行くことに決めたのですが、その頃には先行販売が終わっていて、姉妹グループ枠と一般枠だけでチケットを確保しないといけなかった。姉妹グループ枠で麟ちゃんが出ない昼公演(結果的には少し出た)だけが当たったときは、どうしようかという迷いがまだあったけれど、最後の最後に一般枠で夜公演が当たったときにとうとう腹が決まった感じです。その少し前からほぼ麟ちゃんとAKB48で生活が回るようになっていたけれど、わかりやすい転機としてはそこかな。

グループとしてはこの数年とは方向性を変化させていく時期にあって新規としては入り込みやすかったし、そのおかげでとても楽しめた1年だった。麟ちゃん個人でいえば、ファンを始めたタイミングが本当に最悪だなと自分でも思っていたのですが、楽しいイベント、嬉しい出来事はそれ以上に多いし、メールや755、SHOWROOMでのちょっとしたコミュニケーションが日常の隙間を埋めてくれる。もう自分にとって無くてはならない存在になっています。来年は今年よりはたくさん会えるといいな。

完全に推しメンのことしか書いてないですが、今年は本当にそれしか書くことがなかった。サイト17年目もよろしくね。

書いてないイベント2019

今年は1月からイベントありすぎて全部記事起こすとか考えられなかった。というわけでここでまとめて補完。6月はけっこう声優イベント行ってたんだなあ…

ラブライブ!サンシャイン‼︎ The School Idol Movie Over the Rainbow初日舞台挨拶 (1/4)

当日朝5時に帰国してそのまま沼津に向かって参加した。行ったのは昼公演。上映前に映画泥棒のCMが入って笑いが起きた()一通りの舞台挨拶のあとに沼津市長が登壇して観光大使の委嘱式が始まったのは予想してなくて驚きでした。撮可タイムあったんだけどiPad Proだとさすがに無理があった。この日は連番したKGJJさんの車で朝からさわやか食べに行ったりイベントのあと内浦行ったりと充実してた。

限界

神の牙 -JINGA-転生 (1/8, 1/9, 1/10, 1/14)

杏樹ちゃんの出た全6公演観劇。アクションはもちろん、プロジェクションマッピングと生オケが絶妙に絡み合う、とにかくものすごい総合エンタメ舞台だった。チケットけっこうするなと思ってたけど納得。一見の価値あり。チーム8のえりちゃんが杏樹ちゃんのWキャストで出ていたので気になってたんだけど、結局1公演も追加できず勿体なかった。

ラブライブ!サンシャイン‼︎ The School Idol Movie Over The Rainbow 舞台挨拶 横浜 二子玉川 さいたま (1/13)

CYaRon!で回ってたやつ。監督が一緒に登壇してたので濃い話が聞けた。

ラブライブ!サンシャイン‼︎ The School Idol Movie Over The Rainbow 舞台挨拶 新宿 (2/4)

逢田さんが三つ編みツインにしててありえん可愛かった。

maruxenon live vol.29 (2/6)

一昨年ぐらいから行きたいと思ってたマルゼノンライブ。毎回絶妙に時間が合わなかったんですけど、年末の「アンチイズム」という舞台に出てた水野朔ちゃんが初出演ということでチケットを取った感じ。恵比寿でやってたようなアコースティックめなやつ想像してたら普通にロックスタイルだった。朔ちゃんはこっちのほうが好きそう。LiSAのカバーを歌ってたような…。喋りと進行はともかく、みんな歌がうまい。主宰の多田さんがシンセソロでミニモーグを弾いてて目から鱗でした。最後のほうに急遽出演の楠木ともりさん登場。お前が一番!()

ジワるDAYS リリイベ (3/13)

初めて推しメンに会った日。優先観覧エリアの中盤ぐらいで見てた。推しメンの踊ってる時のキラキラ感が確認できたのが嬉しかった。ハイタッチ会は前の日のSHOWROOM配信の感想をちょろっと話した気がする。その次にいたなぁちゃんとゆいゆいとハイタッチした印象がまるでない()あと、なぎちゃんの小ささにもびっくり。

AKB48 チーム8のKANTO白書 バッチこーい! 番組観覧 (3/14)

リリイベの次の日にあった。番組自体は去年の後半ぐらいからちょいちょい見てたけど、ちゃんと毎回見始めたのは今年入ってからだった。推しメンがいないのではという危惧があったけどこの日は全員出演だった。MCの鈴木拓さんがとにかく面白いのと同時に色んなフォローをしていて、芸人さんスゲーと思いながら見てた。カジサックをやたらとディスっていたのが笑えた()たくさん笑ったしけっこうな至近距離で2時間観れたのでかなーり幸せ感があった。推しメンの目元のラメが綺麗だった。ただ、携帯がぶっ壊れていてお見送りでまともな写真が撮れなかったのがマジで辛かった()

かわいい…

HEY! HEY! NEO 番組観覧 (3/25)

急に時間変更があって2時間ぐらい暇になったやつ。整理番号が後ろの方だったのであんまり期待してなかったけど、ステージサイドの2列目ぐらいの位置になってラッキー。しかもジワるの推しメンのポジションに近い下手だった。一番下手側にいる村山キャップがけっこう手を振ってくれて可愛かった。メールか何かで言ってたけど推しメンが芸能界入って会ってみたいと思ってたのがダウンタウンらしい。

銀河鉄道999 (4/23)

明治座の舞台。勉強してればいいのだろうけど、一見してストーリーが理解しきれないし、楽曲もいまひとつ印象に残らないので、作品としては長かったなあぐらいの感想。ただ、杏樹ちゃんのメーテルは今までにない役で新鮮だった。知的でクールな雰囲気を漂わせつつ、暖かみのある包容力も同時に覗かせるというイメージ通りのメーテルだった。中川晃教さんは前に「ビューティフル」というミュージカルでも観たのだけど、魅力的という言葉がとても似合う人で、観ていて楽しい気持ちになれる。

ミュージックステーション 観覧 (4/27)

雨で待機してる間寒かった。待機中いつの間にか隣になんか見たことある人いるな?と思ったら湯浅さんだった。湯浅さんとキングレコードのスタッフさんから「私だってアイドル!」のコールのレクチャーやってから収録。HKTメインだったけど、ちゃんと推しメンいたのでよかった。

ファイアーエムブレムEXPO (5/4)

推しメンの生誕祭終わってからFEおたくに付いて行ったんだけど、4年前のオーケストラライブを少しポップにした感じかと思いきや、予想に反して良質なフュージョンのライブだった(笑)久しぶりに宮崎隆睦さんのサックスを聴けたのがよかった。

NO WAY MAN個別握手会 (5/6)

再販で2枚取れたので行ったやつ。8年ぶりに個握に行ったらレーンの並び方が違っていて面食らった。今年からファンになったよ、SHOWROOM見てるよという話と、2日前の生誕祭行けて嬉しかった〜って話。

NO WAY MAN ジワるDAYS全国握手会 (5/26)

昔「桜の木になろう」のSSAの全握行こうとして結局やめたので、全握は初めてだった。ミニライブがあまりにも充実しているので驚いた。MCで司会やってたゆりなちゃんの仕切りがヤバかった。推しメンとなぎちゃんとえりちゃんの3人レーンで、並んでる人がみんなコスパいいコスパいいと言っていた。えりちゃんは配信だとテンション高いか闇かなのが面白いんだけど、話すと友達みたいな感じなので意外だった。推しメンとは目撃者公演とISOフェスと全握で3日連続で会ってたので、楽しかったよーという話。「私のこと好きすぎかよ〜」好きしか言えない機械になった。。。

Aqours 5th LoveLive! NEXT SPARKLING!! (6/8, 6/9)

「想像していたことがいくつも現実になった、魔法のような2日間」だった。楽曲、パフォーマンス、構成や演出、そしてそれを見ている自分たちまで、すべてが完璧な二夜だった。4thライブは自分の中のある部分を破壊していきながら過ぎ去ったけれど、今回はそこで観たこと、聴いたこと、そこにいることがただただ幸せに感じられた。そんな感情が好きで、会場にいる全員と握手して回りたいような気分だった。この作品と共にあったこの4年間の先に行き着いた景色として、自分の中でとても納得できたライブだった。1stライブを超えたと自信を持って言えると思う。

私の頭の中の消しゴム (6/12)

有名作品の朗読劇。杏樹ちゃんにしては珍しいラブストーリー。杏樹ちゃんがたびたび口にする「好き」という言葉がとにかく心に刺さる。物語の前半と後半で、その意味合いと重さは痛みを伴って少しずつ変わっていくのだけど、その一つ一つの表現に心打たれてしまう。感情のレンジが広くて、杏樹ちゃんにぴったりな役柄だったと思う。「アンチイズム」でもそうだったけど、働く女性役がけっこう似合うと勝手に思っている。これは観に行けてよかった作品。

水瀬いのり Catch the Rainbow 大阪 (6/17)

この規模のホールでいのりちゃんのライブ見るのは初めてだった。ベースがよく聴こえて音楽にノりやすかった。いのりちゃんはというと、前回のツアーからというものの洗練度が半端ではない。アイドルっぽさを出したり、パンツスタイルでキメてみたりと幅も広い。ふだんMCでサバサバしてるのに終わりの方で毎回ファン想いなことを言うのも嘘がなくて好きなんだよなあ。

ランティス祭り (6/23)

アニソンフェスは去年のアニサマで最後にしようと思ってたけど、いつの間にかチケット取っていたので。 1人1曲歌って引っ込むのはまあいいけど、進行がよくわからないところが多過ぎた。。。AIKATSU☆STARSとNOW ON AIRいいなーと。Aqoursちゃんは最後で、まだ5thライブから2週間足らずだったけど、劇場版の世界をまた感じられたのが嬉しかったな。

水瀬いのり Catch the Rainbow 東京 (6/28, 6/29)

Rainbowというタイトルのつく武道館ライブに来るのが3回目。初日は緊張感あったけど、2日目は去年のツアー幕張に匹敵するものが見られた気がする。