New gear

年末年始はオーストラリアにいたんですけど、今回は旅行用の装備をいくつか変えてみました。一昨年からやたらと遠出することが多かったのに、毎回有りもので間に合わせていて、できることが限られたり持っていっても有効活用しなかったりという場面が多くなりすぎたので、色々まとめて変えてみることに。

iPad Pro 12.9inch (2018) + Smart Keyboard Folio

いちばんでかいのはこれ。今まで使っていたのは2012年のいわゆるThe New iPad。PCタブレットモバイルとハードウェア関連が一斉に限界を迎えていて、どこから手をつけていいのかわからん状態だったわけですが、この際タブレットをほぼメインデバイスにすることにしました。前世代の12.9インチはさすがにでかいなーと思ってましたが、2018モデルはベゼルレスになってすっきり。仕様を見ると今使っているiPad3と重量が同程度だったりして、これは・・・というところから始まって、PCでやっている「作業」系の役割、ライティングや写真管理がスムーズにできるかどうか、あるいはTwitterやDiscord、音楽、動画サービスへのアクセスの容易さ、USB-Cの拡張性だとかを一つ一つ検討した結果、もう使ってみるしかないのでは?となる。

しばらく使ってみて、利用する全ての面において現PCよりアクセスも早いし動作も軽快なのでひとまずはリプレース成功。出先でもブラウジングからメディアの閲覧、写真の調整が過不足なくできました。写真系は今まで家に帰ってから作業しててタイムラグというレベルではなかったのでスピード感が素晴らしい。写真編集がしやすいインターフェースでもあるし。ブラウジング中にマウスとかトラックパッドが使いたくなる場面もあるにはあるけれど、キーボードショートカットのおかげでそこまでストレスにはなっていない感じ。iPad3ではエレコムのBluetoothキーボード(嵩張ること以外は文句のない意外な優れもの)を使っていて、これがけっこうショートカットキーが豊富にあったので、どう代用できるかどうかは実際触ってみて色々試してました。

あとは自宅での環境をUSB-Cハブでどれだけ拡げられるかが課題かな。買ったハブでイーサネット接続やHDMI出力、SDカード読み込みとか色々できるんだけど、ついてるUSB-Cポートが電源供給用なのでUSB-C to3.5mmミニプラグの変換が使えないのがアレ。USB-Aからの出力用にDACは欲しいところです。あとは手によろしそうなMacキーボードもあれば。

使ってるApp

  • TweetDeck(4カラムぐらい一覧できる画面サイズ)
  • Adobe Lightroom CC(自分がPCで使ってる機能はだいたい使える)
  • Spotify, YouTube, Prime Video, Kindle(人をダメにする)
  • Amazon Photos(フォトストレージ。とりあえずこれ)
  • Bear, Ulysses(使いやすいブログエディタ。課金するかどうかはわかんない)
  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(必須)

Powershot G9 X Mark II

実は買ったのは一昨年だったりして、台北とかには持っていってたんだけど、初期不良があって全然使えなかったのでした。従来使っていたのはレンズ交換式のオリンパスPEN Lite E-PL3。このカメラは6年ぐらいむちゃくちゃ使い倒しているんですけど、ここ最近露出がやたらとオーバーに出るようになってしまって、たぶんシャッターユニットがおかしいんだと思いますが、だいぶ使いにくくなってしまいました。というわけで修理してしばらく放ってたG9Xをようやく本格運用。

ズームレンズがついた1型センサーのカメラとしてはたぶん最軽量のこれ。昔使っていた1/1.7型センサーのソニーDSC-N2より軽い!ポケットに入るのがじつにありがたいです。E-PL3と比べてフォーマットが一回り小さいのですが、センサーの世代が全然違うのでノイズとかDRはあまり変わらないように見えます。それでいて広角F2レンズと手ブレ補正もそこそこ効いてくれるので、トータルで見れば撮れる場面がけっこう増えた感じがしますね。機能的なところでいうと、タッチAFがすこぶる使いやすいです。今まで十字キーでちまちまやっていたのはなんだったのか…。Wi-FiとかBluetoothなんていう文明の利器もある。いまiPhoneSEのカメラが完全に死んでるので、すぐに移して共有できるのは出先ではありがたかった。AE系の機能性がまだよくわかってないですが、そのうち慣れるでしょう。

個人的には実用カメラに求める要素としては、色々ある中で手ブレ補正にタッチパネルに、あとチルトモニターがあれば文句なしなので、G7X買うのが幸せなのかもしれない(RX100系はタッチ機能がよわい)。E-PL3はチルトついてるマイクロフォーサーズのカメラの中では2年か3年ぐらい最軽量だったのが良かったんだよねー。レンズ交換式カメラも色々考えてはいる。

で、このカメラのRAWをiPad ProのLightroomで現像してたんですけど、どうにも自分の調整の色に自分で飽きてきちゃって、撮って出しのほうが全然見映えがいいし(コンパクトカメラなのでそういう傾向)、Lrサブスクリプション契約したのはいいものの色表現で特別な着想がない限りRAW使わなそう。。。でもクラウド機能はけっこう便利だしなあ。

Nintendo Switch

どうにも買うタイミングが見つからず発売から2年近く経っていた。iPad ProがあるとはいえiOSでゲームする気にあんまりならないので、飛行機の中とかはずっとやってましたね。 ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド、スーパーマリオ オデッセイをとりあえず買って、後からスマブラも一応買ったけど、ゼルダのボリュームがありすぎてそれしかできてません。前作のスカイウォードソードも濃密ゼルダと言っていてなかなかやり応えがあったのですが、それを軽くしのぐものがあります。横にも広いし、縦にも分厚い。

このハードの何がいいかというと、いろんな時と場所とスタイルでゲームができるということに尽きると思います。腰を据えてもいいし、空いた時間にちょいちょい進めてやるのもあり。まじでパッと鞄から出して始められる。家でもドックに置くだけですぐ繋がる(これまたUSB-Cなので充電もしやすい)。スリープへの移行と復帰が非常に容易なインターフェースもこれに寄与していると思います。で、問題はゲームにまったくやめ時が見つからないということです(

最近家に帰ってもやることがなさすぎたので、ゲームは何かやりたいなあと思っていたところで。それだけでなくいろんな隙間を埋めてくれるゲームハード。岩田聡さんが晩年に「QOLの向上」ということを会社として掲げていて、それが直接形になったのがSwitchというわけではないと思うんですけど、岩田さんの言う通りだったなあと今更ながら思う次第。

ハクバ プラスシェル スウィフト03 バックパック

今まできつかったのがバッグとかリュックで、最近はうっすいPCリュックみたいなやつをパンパンにさせてあちこち行ってました。昔はトートバッグだけで一泊ぐらいしてたっけ。

そいで2, 3泊ぐらいまで使えてPCとカメラ入れるスペースがあって手頃な値段のバックパックということで、HAKUBAのカメラバッグ。これは本当にカメラバッグで、大型の一眼レフと300mm〜級の大砲を入れられるように間仕切りが用意してある仕様。この間仕切りを着脱させて自由にスペースを作れるという仕様。底部もパカっと開けられて、レンズとか小物が入るようなスペースが3つほど。僕の場合は一眼レフを持ち歩くことも望遠レンズを持って行くこともないので、間仕切りは取っ払って衣類とかを入れて空いたスペースにカメラとかを入れる感じ。PC用のポケットにiPad Pro入れて、前面のポケットにタブレット用のポケットがあるので、そっちはSwtich入れてました。A4ぐらいまでの紙とかクリアファイルを入れるスペースがないのが難点かな。腰とか胸のベルトもあって、背負ってもそれなりに負担が分散されている気はします。まぁ重いもんは重いんですが。

とりあえず向こう何ヶ月でいくつか遠出する予定がすでに入ってるので(白目)、これで窮屈な思いをせずに動きたいところです。

An seule étoile コットンリュック

出発する日に買ったというか、イベントから空港に直行したんですけど、即活躍しました ()カメラはポケットに入れて、モバイルバッテリーと文庫本1冊ぐらい入れて歩くのにちょうどいい。メルボヤのトートもそこそこ持ち歩いてるけど、これまた非常に実用的なグッズです。

こんな感じで。まだ色々足りないけどひとまずこんなもんでしばらく行ってみようかなと。

書くことも溜まってるけどどうしたらいいのかわかんねえ・・・

Logicool G100s

在庫処分でセールになっていたので勢いでポチる。使ってるマウス壊れてないのにマウス買ったのなんて初めてだ。
_3070474MX518死んでから1年ちょい使ってるG402、第一印象は悪くなかったのが、数か月使っていくうちにどうも自分のフィーリングに合わなくなってきた。なんか照準がカチっと止まらない感じというか、常にブレブレな感じがして仕方ない。それなりに重量あるんだけど。あとマウスホイールの回り方が緩すぎてホイールにバインドしてる武器が誤って出るというのがもう頻発していて、プレイしながら白目になってた次第。G-5Tでも同じようなことになってたけど、あれはホイールが左右にチルトできたのでそっちに回してたんだよね。G502にしとけば良かったか。かといってわざわざ買い替えと言うほどFPSやってないので、ホントこういうセールでもないと買わない。

箱から出したら予想以上に小さくて驚き。G402と比べるととにかく軽い。小さく軽い代わりに材質とカラーリングはチープだしケーブルもちょっと弱っちい。何よりボタンがサイドに一つもない。まあ潔いデザインではあります。以前MX310使ってたので左右対称なのはそんなに気にならないかな。マウスの形状にこだわりがないとも言う。MX510より小さくて持ちやすそうだったので310にしたんだけど、そのMX310よりも一回りは小さい。ボタンの押し心地はG402より重くしっかりしている。ホイールも緩すぎず安心。センサーがどうとかはよくわかるません。

んで野鯖でテストしたりもせず、いきなりTDMとCTFで実戦投入。すると、当たる当たるLGが当たる。これはG-5Tを使い始めたときと同じ感覚ですよ。照準が敵と合ったときに押せば当たる。G402だとこれがズレるんだよねえ。応答速度とかあまり変わらないとは思うんだけど。ただし当たるのはLGだけで、SRはあまり変わらない感じ。照準が敵と合ったと言うものの、マウスが軽すぎて普通の感覚だと振り回しすぎになってしまうので、自分で照準を合わせるのが難しい。即着を当てる場合はだいたい移動で照準を動かしてる感じ。まぁ元からフリックショットが得意というわけではないんですけど。接近武器の場合はもうぐるんぐるん回転してます。

その後2週間ぐらい、TDM/CTFのほかにもRA、TAMとやってみたものの、相変わらず自分の手足になる感じがない。いつまで経ってもドタバタしながら戦闘してて自分でブチ切れそうになってるので、結局G402に戻しましたとさ。するとやっぱりホールド感はいい。さすがにMX518からずっと手に馴染んでる形状ではある。もう少しだけ軽くてもいい気はするけど、G100sぐらい軽くてもアレなのでやっぱ軽ければいいってもんじゃないなあ。。。まぁG100sはスペアってことにしときます。G402の良さは再確認できた。

これまでゲーム用のマウスはMX310からDiamondback、G-5T、MX518、G402、G100sと使ってきたけど、自分の手足になった感じがあったのはMX310、Diamondback、MX518かな。カチっと止まる感じでいえばMX310が一番あったような気が今思えばします。Diamondbackはちょっと軽かったし。MX518は第一印象は可もなく不可もなくだったけど、(惰性で)5年近く使い続けて自分の中のスタンダードになった。MX518とそこまで変わらないG402は1年使ってまだ迷走してる感じ。これからまだ良くなる見込みが果たしてあるのか・・・

そういえば、去年UT4の記事を書いたあたりの頃は集まっても3on3がせいぜいだった2k4なんですが、年末ぐらいからなぜか4on5onと集まる機会が多く、CTFなんかは最近色々なマップがプレイできてて楽しくて仕方ない。それだけでなくTSもほぼ全員入ってチームを分けてという、クラン戦以外ではこれまで数回ぐらいしかやった覚えのない完全な形でのCTFを毎回やるようになって、一戦一戦の濃さが今までとは段違い。いやーこれぞCTF、これぞUT2k4ですよ。2016年もやっぱ2k4だな・・・

2-21-2016-(03-41)-Citadel-D-man3
Shot08258
s-11-8-2015-(04-30)-Archanastre-D-man3

Logicool G402

MX518が断線したので3年ぶりにマウスを代えた。
PC192822
例によってLogicoolで、G402。ただでさえゲーミングデバイスにほとんど頓着してないので、MX518とかそのへんの価格帯の安くて無難で安定なやつで別にいい。と思っていたら、今のロジのマウスのラインナップ見たらゲーミングマウスってほとんど5000円ぐらいしてんのね。MX510とか310の頃からゲーミング用途に合わせて作っていたとは思うけど、元からゲーミングマウスと銘打つようになったおかげで値段が吊り上がっているような気がします。ま、RazerとかSteelSeriesよりは全然安いので許す。

つうわけで、MX518の後継の後継の後継らしいG402をポチる。MX510直系のあのスタンダードな形状でよかったのに、今年出たGx02シリーズからなんだかゲーミングマウスっぽい厨二デザインになってしまっておりウゲー。だったのが、実際に店頭で触ってみると意外と518に近いフィット感と重量だったので、もうこれに決定。なんか光ってんだけど…

実際に2週間ほどUT2004で使ってみた感じですが、応答速度は昔使ったG5-Tと同じくらい速いですね。一瞬打つのが速い…気がする。かつ、518と同じ持ち方ができるし、重さも変わらないのでベストな選択だった気はします。マウスの持ち方としては摘み持ちと被せ持ちの中間ぐらいの持ち方なので、G5はでかすぎて辛かったんですよね。照準が敵と合ったときにポチッと打つのはすごく楽なんだけど、自分で照準を速く合わせるということが厳しい。今のところマウスのDPIを上げてUT2004のセンシ下げたり微調整しながらなのでG402でも難しいっちゃ難しいんですが、まあそのうち慣れるのでは。

にしても10年使ってるDKTPADが汚すぎてなあ。もうそこまでローセンシではないので、実際もうちょい小さいやつでもいいんだけど、もはや滑りとか気にして使ってないので代える理由が見た目以外に特にない。

そいや、マウスについて調べているとUTプレイヤーのrafaさんのブログがえらくヒットして驚き。どうやらゲーミングデバイス界隈ではかなり有名なブログらしい。中身の基盤の写真とかもうゲームやってるだけの人間には何をやってるのか全くわかりませんが、とにかく情熱がすごい!今回マウスを選ぶにあたっても参考にさせてもらいました。