虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 校内シャッフルフェスティバル

およそ2年半ぶりにニジガクのイベントに来ました。なんかもうそれだけで嬉しいですよね。

席は上手側の3階。天空席かなーと思いきや、思いのほかステージが近い。1stライブも行ってないので、まだこのぐらいの距離で見られるのはありがたい話ですね。

シャッフルフェスティバルということで、イベントとしてどういう構成になるのか想像がついていませんでしたが、オープニングが終わるとメンバーがみんな出てきて、久々に「このフォーメーションは!?」となる。予想外に虹色Passions!からのスタート。しかもフル。ニジガクはフォーメーションダンス要素が薄めという初期のイメージがありましたが、気が付けばふつうにがっつり9人10人でパフォーマンスをしています。3人ずつの歌割とポジションの組み合わせを見てあれこれ考えながら見るのが楽しいんですよね。これこれという感覚。先に配信イベントでは披露してはいるものの、アニメでは描かれていない部分も含めてしっかり堪能できた。フォーメーションの前に「この衣装は!?」というわけで、続けて未来ハーモニー。MVとリンクする上下から中心へ向かい、やがて交差していくモチーフが見ていて美しい。衣装もシンプルだけどラブライブシリーズにあまりなかったような色使いが好き。全員ベレー帽がいい!地震後の安全確認の中断を挟んでのNEO SKY, NEO MAP!はなんといっても傘を持っての振り付けが可愛らしくて、曲はけっこう勇壮な感じなのにずっと見てたい癒し感。未来ハーモニーの衣装がまた雰囲気に合ってる。

全員曲はこのへんにして、MCを挟んでから本題のシャッフルフェスティバル。特に予想していたわけではないのだけど、どれをとってもめちゃくちゃイメージがしやすくて、納得の組み合わせになってました。メンバーの側も各々、原曲のカラーに対してキャラだったらこうする、自分だったらこうしたい、というような思考を膨らませる過程とか、それぞれの要素をどう配分するかのバランス感覚の違いがパフォーマンスの中に見えて、とても面白かった。ふんわりとした雰囲気になるのかと思いきやハイトーンで圧倒してくる夢への一歩とか、キュートなアイドルに全振りした愛さんが見られたダイアモンド、単純にともりる(お前が一番!)が歌うのを見たかった決意の光、洒脱な感じが隠しきれてないのが逆にいいめっちゃGoing!!とか、面白い組み合わせが続くのだけど、この日いちばん印象に残ったのがあなたの理想のヒロイン。あぐぽんの手振りの繊細な動きがとにかく美しくて完全に見惚れていたら、サビで後ろを向いてから振り向くところでちょっとびっくり。なんちゅう表情してんすか…。思わず息を呑んでしまう切実さがある。極め付けにラストの「好きだよ」の口の動きと表情まで完璧でした。さすがに大西亜玖璃ちゃんにガチ恋(おたくはすぐガチ恋する)。彼女だから表現できるヒロイン感、アイドル感を前にして、なんだか嬉しくなってしまいました。こういう瞬間のためにアイドルのライブに来ているな…。そんな感じだったので、最後のCHASE!のサビぐらいまで頭の切り替えに時間がかかった()これもつい癖になる中須後輩の歌。

ここでやっと10人揃ったので自己紹介がが入るんですけど、コーレスは初めて現場で聞くので拍手しかできないのが残念なような難易度が低くて助かるような。10人揃ったということで、スクスタ17章バージョンのTOKIMEKI Runnersが本編のラスト。一番盛り上がるやつ。最初にこの曲を聴いたときに想像した景色が現実のものになっているな……。

アンコールは2ndでもあったアンコールメーターの演出。振りコピはもうやめたいしそもそも立ち禁だしなーとか思ってましたが、Love U my friendsはさすがに振りコピせざるを得ませんでした。オーラスはJust Believe!!!。なんとアニメ新規にありがたい選曲!と思ったけど、これはそういえば配信以外でやるのは初めてなんですよね。いやー楽しかった!公演時間は2時間ちょっと。

いやー、1stに行っていなくて、オリジナルの組み合わせを現場で聴いてないのに楽しめるのだろうかとか考えてましたが、全然心配なかったです。シリーズを通してもこういう企画ってなかったので、とても新鮮な体験でした。アニメのOP/EDとアルバム表題曲を全部やってくれたのも当然大きくて。1stや2ndライブを通過していない人でもニジガクの代表曲がきちんとさらえるというのは嬉しい話で、見に来てよかったと思える。

わたしがニジガクをちゃんとフォローしていたのは電撃とかファミ通とかやっていたころで、それから無敵級ビリーバーぐらいまで開いているので、ほぼアニメ新規と言ってもよいと思いますが、アニメもどハマりしてからのこのライブで、ニジガクのライブの空気感がしっかり出来上がっていることがわかり、お台場で見たニジガクとはひと味もふた味も違うなあとしみじみ。これでまた3rdライブが楽しみになっちゃうやつ。やっぱりラブライブ!シリーズのライブは人生の処方箋ですね。

SETLIST

  1. 虹色Passions!
  2. 未来ハーモニー
  3. NEO SKY, NEO MAP!
  4. 夢への一歩(エマ・ヴェルデ)
  5. ドキピポ☆エモーション(桜坂しずく)
  6. Evergreen(近江彼方)
  7. Starlight(三船栞子)
  8. ダイアモンド(宮下愛)
  9. 眠れる森に行きたいな(天王寺璃奈)
  10. 決意の光(優木せつ菜)
  11. めっちゃGoing!!(朝香果林)
  12. あなたの理想のヒロイン(上原歩夢)
  13. CHASE!(中須かすみ)
  14. TOKIMEKI Runners

Encore

  1. Love U my friends
  2. Just Believe!!!

虹ヶ咲 ODAIBA TOKIMEKI ステージ

行ってきました。

フリーのイベントってことで、このときとかに気持ちとしてはなんだか似てるのかもね。場所はダイバーシティのガンダム広場(正式名称忘れた)。優先観覧券とかは当然ないので2時間前くらいから立ちっぱ。そしたら、30分ぐらいでリハ。優先組入れる前でええんかい。9人は制服。もうシーズン的には冬服なのだけど、直射日光でめちゃくちゃ暑そう。位置はセンター寄りで一通り見渡せてたけど、下手側にいたちゅんるんとかあかりんがみえづらい。タイトルコールからTOKIMEKI Runnersリハ。制服で踊っているのはSTART:DASH!!以来なのかもしれない。マイクチェックとかだけじゃなくて、ちゃんとバミリとか振り付けチェックも入るしっかりしたリハでした。本番は15時から。衣装変わるかなと思ったけどそのまま制服。一人一人いつもの自己紹介から。コーレスないからあっさりだ。CDはいちおう予約してますよ。ニジガクはお台場にあるといいつつモチーフは思い切りビッグサイトなのですが、スクスタのオープニングをよくみるとダイバーシティのこの階段もちゃんと舞台になっています。トークというか告知もほどほどに曲へ。リハと同じように、あぐぽんのタイトルコールからTOKIMEKI Runners。いまのところ唯一の全員曲、フォーメーションとしては前列後列があって、たまに入れ替わるぐらい。あまり難しいことはやってない。その場でコピれそうだがいかんせんスペースがない。1番はまるまる全員で歌うけど、初お披露目の2番以降はパート割。声優さんっぽい声の人が多いなあ。飛びぬけて歌唱力あるなって子はいないけど、ソロ歌唱を聴いたら変わるかな。僕はといえば8割方なっちゃん見てて、声かわいいな~脚ほそいな~という小学生並の頭になっていましたが、前の週に観たしおらしいなっちゃんとまた別の顔なのがよい。んで、そんな感じでセルフ推しカメラしていても目を惹くのが楠木ともりさん。なんというキラキラオーラを持った人なのでしょうか。自然にこっちの笑顔を引き出してくれる。やはり特別な才能をお持ちのようです。1曲だけだったのに終わったら30分ぐらいにはなっていた。けっこう喋ってたな。複数人との接近はハードル高いって500年前から言ってる。

虹ちゃんは今までのラブライブ!と色々違う流れのところは多いのだが、イベントの流れとかライブパフォーマンスとか見ていると、やっぱりラブライブはいいなあと思えてくる。安心感とか信頼感。ラブライブにそういうものを感じているからこのイベントにも来たのだし。通底したものが感じられるということ、繋がり、そのものに感動してしまった横浜アリーナがあった。ステラボールのイベントとか、いつか来る1stライブもそういうふうに思えたら幸せだろうし、そのうえで虹ちゃんにしかできないライブになってほしいものだ。実際のところ、ソロ曲が中心なのは好みじゃないんだけど、まぁ観てみないと始まんないしね。このタイミングで観れてよかった。

AnimeJapan 2018

2日目行ってたのでとりあえず動きの記録。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
11時からのフリューブースのゆるキャンのステージは朝きっついし、12時からの22/7のチラシ配布会ぐらいまでには会場着ぐらいなつもりだったのに、家出たのが12時半だった。着いたら14時前。

とりあえずBS11ブースでゆるキャンステージ見る。なんか整理券配布で事故りかけてたらしいけど。この日はとーやまさんが編み込みサイドテールにしていてステキだった。ベレー帽被ってる声優は信じられる。メタル賽銭箱組み立て実演やってみるんだけど結局一人でできなくてゆみりちゃんとの共同作業で完成。ロゴ入り、受注生産らしいです。なんかゆみりちゃんが知らんうちにめちゃ成長していたよ。元からしっかり喋る子ではあったけど、話し方がぐっと大人っぽくなっていた。髪型がベリーショート風だから余計にそう感じる。前ぽにきゃんのブースでロリガのステージ見たなあ、でももうぽにきゃん関係ないのか、とか思ったり。ゆみり「チーズフォンデュを楽しんでほしい!」 そり!!!

15時からkLabブースでスクフェスステージ。AJでラブライブ関連のステージをやるのは2014年以来じゃないですか?今思えば2016年とかやってもいい気がしてたけど。今回はでかスクフェスを虹ヶ咲1年生組と一緒にプレイできるというイベント。整理券もらっても良かったけどまあそこは。虹ヶ咲は生放送毎回応募してたけど結局当たらなかったので、田中ちえ美さん以外は初見。お披露目の頃と比べると、みんなルックスをキャラに寄せてきつつあって〇。制服も可愛いし。相良さんがボブヘアーになってたのはびっくりしたもんね。でかスクフェスといえば感謝祭でAqoursちゃんたちがやるんだけど、とにかくコンボが繋がらないやつ。判定がよくわかんない感じ。この日も6曲やって最大で10コンボぐらいだったかも。曲はNo brand girls, Wonderful Rush, SUNNY DAY SONG, 未来の僕らは知ってるよ, 君のこころは輝いてるかい?, HAPPY PARTY TRAINでHARD譜面。μ’sの曲のコールが懐かしかったな。みら僕のHARDの譜面やったことなかったから初めて見たんだけど、けっこうきつい階段とかあるのね。μ’sの初期曲と比べると同じHARDでもだいぶ差がある。どうにかスコアは全曲Cランクは行って、1ポイントずつ加算で計6ポイントだったのでスクフェスで何個か石がもらえるようです。新情報としては4月に5thアニバーサリーキャンペーンガール3人で番組やるよという。感謝祭にあの人たち来るんじゃないのこの流れは。。。

スクフェスステージが思いのほか早めに終わったので、KADOKAWAブースのBEATLESSのラジオ公録を途中から。着いたらとーやまさんが箱に手を入れて手についた匂いを嗅いでいた()中に入ってたのはドーナツの形したおもちゃみたいなやつ。そんな匂いするのか。とーやまさんは小野早稀ちゃんとペアで、若井友希ちゃんと佐武宇綺ちゃんのペアは動くイタチのぬいぐるみみたいなのを触っていた。佐武宇綺ちゃんってすっかり忘れてたけど9nineの人だった。スペダンに出てたのは覚えてますよ。とーやまさんと並んでたらスタドラつながりやないかい。

もう帰ってもよかったけどまだ体力あるし、ラスト博報堂ブースでりゅうおうのおしごとステージ。SHIROBAKOのアニメに出ていた(違う)轟豊太さんが司会だった。登壇キャストは里菜ちゃんとひーちゃん。寿子~。 後ろのブースがやたらとやかましかったけど里菜ちゃんの声はよく通る。こんな将棋ブームだけど、将棋指す人はぽつぽつぐらいだった。2人のお気に入りのシーンとか。里菜ちゃん印の幼女アニメだなって感じだけど、わりとシビアな話もある。

って感じでなんだかんだで14時から4ステージ回していた。RGBステージ(なんか色が増えていた)も立ち見できるようになったし、席にこだわらなければさっと来て声優のトーク聴けるのはいいかなって感じ。朝からだとつらいけど。気楽に行きましょう気楽に。