虹ヶ咲 ODAIBA TOKIMEKI ステージ

行ってきました。

フリーのイベントってことで、このときとかに気持ちとしてはなんだか似てるのかもね。場所はダイバーシティのガンダム広場(正式名称忘れた)。優先観覧券とかは当然ないので2時間前くらいから立ちっぱ。そしたら、30分ぐらいでリハ。優先組入れる前でええんかい。9人は制服。もうシーズン的には冬服なのだけど、直射日光でめちゃくちゃ暑そう。位置はセンター寄りで一通り見渡せてたけど、下手側にいたちゅんるんとかあかりんがみえづらい。タイトルコールからTOKIMEKI Runnersリハ。制服で踊っているのはSTART:DASH!!以来なのかもしれない。マイクチェックとかだけじゃなくて、ちゃんとバミリとか振り付けチェックも入るしっかりしたリハでした。本番は15時から。衣装変わるかなと思ったけどそのまま制服。一人一人いつもの自己紹介から。コーレスないからあっさりだ。CDはいちおう予約してますよ。ニジガクはお台場にあるといいつつモチーフは思い切りビッグサイトなのですが、スクスタのオープニングをよくみるとダイバーシティのこの階段もちゃんと舞台になっています。トークというか告知もほどほどに曲へ。リハと同じように、あぐぽんのタイトルコールからTOKIMEKI Runners。いまのところ唯一の全員曲、フォーメーションとしては前列後列があって、たまに入れ替わるぐらい。あまり難しいことはやってない。その場でコピれそうだがいかんせんスペースがない。1番はまるまる全員で歌うけど、初お披露目の2番以降はパート割。声優さんっぽい声の人が多いなあ。飛びぬけて歌唱力あるなって子はいないけど、ソロ歌唱を聴いたら変わるかな。僕はといえば8割方なっちゃん見てて、声かわいいな~脚ほそいな~という小学生並の頭になっていましたが、前の週に観たしおらしいなっちゃんとまた別の顔なのがよい。んで、そんな感じでセルフ推しカメラしていても目を惹くのが楠木ともりさん。なんというキラキラオーラを持った人なのでしょうか。自然にこっちの笑顔を引き出してくれる。やはり特別な才能をお持ちのようです。1曲だけだったのに終わったら30分ぐらいにはなっていた。けっこう喋ってたな。複数人との接近はハードル高いって500年前から言ってる。

虹ちゃんは今までのラブライブ!と色々違う流れのところは多いのだが、イベントの流れとかライブパフォーマンスとか見ていると、やっぱりラブライブはいいなあと思えてくる。安心感とか信頼感。ラブライブにそういうものを感じているからこのイベントにも来たのだし。通底したものが感じられるということ、繋がり、そのものに感動してしまった横浜アリーナがあった。ステラボールのイベントとか、いつか来る1stライブもそういうふうに思えたら幸せだろうし、そのうえで虹ちゃんにしかできないライブになってほしいものだ。実際のところ、ソロ曲が中心なのは好みじゃないんだけど、まぁ観てみないと始まんないしね。このタイミングで観れてよかった。

https://twitter.com/LoveLive_staff/status/1061164915509981184

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA