雨の磐田戦

1日は2ヶ月ちょいぶりにフクアリへ。
PB012198
関塚監督になってからというものの負けはしなくなったが、ホーム京都戦をはじめとして勝ち切れもせず、引き分けが多かったのがもどかしかったのです。が、10月は謎の勝負強さを発揮し天皇杯も含めて全勝。特に追加タイム直前の失点を森本のスーパーゴールで帳消しにした大分戦と85分からの2得点で逆転した群馬戦はチームの勢いを感じる勝利で、「この時期のジェフらしくなさ」がすごかった。

その中で迎えるジュビロ磐田戦です。ただでさえ人は入るカードだけど、4連勝のおかげでここで勝てば39節にして初めて勝ち点で並べるところまで来ているというこの状況。結局15000人近くが入り、満員のアウェイ側ホーム自由席最後列でずっと立ち見してました。これがチームの勢いが人を呼ぶということかーと実感。この熱気は間違いなくJ1レベルだった。

試合は前半は磐田にボールを持たれる展開。元代表組も含めて、個の力では一歩上を行かれている。特に中盤のクオリティには差があった。勇人あたりがパスをカットしてカウンターということになっても、トップ下のヤマトをリンクしてボールを前に運ぶということがなかなか出来ないんですよね。もう少し個人での打開が必要。攻撃時はだいたいサイドからということになるのだけど、左サイド太亮からボールを受けた谷澤がやたらとコネてシュートまで行けないという形が多くてなあ。のらりくらりとDFを躱して長いことボールをキープするテクニックはまさにYAZAWAなのだが。それでも、この2列目はかなり左右に流動的に動いていて運動量もあった。ここのところ右MFに定着している幸野はとにかく走っていたし谷澤もあちこち顔を出していた。ボールは持たれてもラインが下がり気味になるということはなく、決定機は磐田と同じくらいありましたが、セットプレーで失点。なんと伊野波。コーナーからファーに蹴られてシュートされる形がこの数分前にもあったんですが、同じ形で守りきれず。

後半のジェフはやはり攻勢を強めて、対する磐田はやや引き気味になってカウンター狙いにシフト。すると後半の早い時間帯に同点ゴールが。左サイドからの組み立てで、谷澤からのパスを町田がダイレクトで森本に渡すと、受けた瞬間にすばやく前へ動き出して引き付けたDFを振り切り、その間にフリーになった幸野が右足で決める。パスワークからの綺麗な崩しでのゴール。ホーム側で観たかった!さらにすぐあとには太亮のミドルシュートを磐田GK八田がこぼし、そこに詰めた谷澤のシュートはポストに当たるも、さらに大岩が詰めて逆転。このへんは気持ちが入ってましたね。フクアリのあの雰囲気はおそらく今シーズン最高潮。押せ押せで3点目のチャンスもありましたが、その後のバックパスのミスからの失点はもったいなかった。高木も1回は止めたんですけどね…。再び同点になったあとは磐田のほうがチャンス多し。やはり駒野のいる相手左サイドは強力でヒヤヒヤさせられました。ジェフもケンペスに加えてジャイールまで投入し勝ちに行ったものの、ビッグチャンスといえば大岩からのドンピシャのクロスにケンペスが合わせたぐらいか。これはGK正面。ヤマトや幸野を外しているのでもう少し放り込みに行ってもよかったと思うんですけど、結局ジャイールなんかはほとんどボールを触れなかった。

結果としては2-2のドローになったものの、これぞフットボールという白熱したゲームでした。内容的にももちろん、スタジアムのボルテージという面でも最高。このぐらいの熱さをまだまだフクアリで創れるんだというのを再確認したというか。やっぱりJ1に上がらなくちゃ。もちろん勝てなくて悔しいですけど、収穫や課題も含めて実りあるゲームだったのでは。個人的なMOMは大岩ですかね。今シーズン慶の離脱中はゲームキャプテンも結構やって精神的にも成長を感じてきたし、SBとしても守備やクロスボールが板についてきてCBが本職なのを忘れるぐらいですが、この日は途中出場ながらとにかくガッツを見せて泥臭いゴールで結果も出してくれた。慶をわざわざSBで使うよりは大岩をスタメンにしたほうがいいと思うけどなー。
PB012200
PB012205

上尾ゥフからのフクアリ

9-10日は上尾ゥファイナルでした。今回も総勢8人参加の中なぜかわたくしが居座っている謎の状況。明らかにクソゲー臭しかしていなかったはずのペプシマンが神ゲーすぎ、6時間かけてクリア。絶望の最終ステージクリア後の拍手喝采が半端なかったのでした。ピザもうまかったし深夜というか早朝にやったFIFA14も楽しかった。Beijing2008は辛かった。参加者の皆様お疲れ様でした。

感動の上尾ゥフからの帰りがてらフクアリへ。台風で武蔵野線が遅れていてかなり焦った。
P8101672
今回はアウェイ側ホーム自由席から。夏休みだからか子どもが多かったけど、入場者数は台風の影響で8000人弱といまいち伸びてなかった。相手も横浜FCで近場ではあるんですが。そういえばフリエ戦は去年も観ましたね。

ジェフは森本がスタメンに入って4-4-2の布陣だったので、先月の天皇杯と同じですね。メンバーとしては両SHが田中、大塚から井出、谷澤に変わっている。前節の湘南戦では最初から4-3-3っぽいフォーメーションで驚きでしたが、基本はこの4-4-2で行くのかな。

試合のほうは最後まで気の抜けない緊迫したゲームでした。ジェフは今までと比べて目に見えて縦に速い攻撃を志向するようになっていて、シンプルに前線のケンペスと森本までボールを運ぶ形が多かったんですが、それとともにこれまでの細かく繋ぎつつサイドを使うというスタイルも継続していて、これらの使い分け、切り替えがこれから重要になっていくのかなと。

ジェフペースで進んではいたものの、ボールのもったいない奪われ方が多く、ゲーム展開以上に横浜FC側のチャンスは多し。中盤でボールは取れるんですが、結局シュートまで行けずにロストというのが目立った。後半に井出が負傷交代して相手も交代で中盤の枚数を増やしてからはうまく形が作れず苦労していました。それと、やはりフィニッシュの精度の問題。特に森本は大丈夫なんだろうか…。まあこの日は相手GKの南も好調ですごいセーブをしていたし、後半ATの谷澤のクロスバー直撃シュートに象徴されるように運にも見放された感じでしたね。そういうわけでスコアレスドロー。

負け無しで来てはいるけども、ドローが多いのでそろそろもどかしいところ。なんとかプレーオフ圏内しているとはいっても6位以下は勝ち点詰まっているので1ずつの積み上げだとすぐにでも二桁順位まで行きそうでハラハラです。レンタルで来た幸野は関塚さんの希望に近い選手なのではということなのでうまくフィットするといいですね。
P8101668

関塚ジェフ初陣

世間もワールドカップでしたし、わたくしももちろんワールドカップでしたが、日本が敗退したあたりからもうJリーグが恋しい。J2は変わらずやってるのでどっかで観に行きたかったんですがタイミングがなかなか無く、WC決勝の当日にようやく(Jリーグじゃありませんが)天皇杯2回戦を観にフクアリまで。
image
フクアリは来るたび曇っている気がする。観客は4000人弱ぐらい。2回戦だとこんなもんか。ジェフも色々あった末に監督が関塚さんに変わったということで、これが新体制ファーストゲーム。毎年監督変わっていた中で鈴木さん続投の流れには期待していたので結果的に残念ではあったものの。関塚さんは一昨年あたりも噂ありましたけど、フロントと意見が合わなかったとかいうのはなんだったのか。まあ、オシム以降では国内での実績は群を抜くものを持っている人なので、これ以上何を望もうか。相手のパルセイロはJ2経験のないチームの中ではほぼ最強と言える力があるので、ほぼ同格と言ってもいいぐらいで結構楽しみなところでした。昨年の天皇杯はすごかった。

ジェフは4-4-2の布陣で、ケンペスと森本の2トップ。序盤はジェフがボールを持って、勢いもよく先制。右サイド大岩からのクロスを森本のヘッド。意外とあっさりいけるのではと思ったらすぐさまミスから同点弾を許し、それからというもののボールは持たれるし、意外と縦にも早いしで、なんか長野はハイブリッドなチームに見えた。その後セットプレーであっさり逆転される。後半入って左サイド大塚からのケンペス。また頭。やっぱり今季のジェフは左サイドからのようで、後半になってからはいい崩しが続く。智と兵働が負傷交代するも、井出を中盤に入れて大岩をセンターバック、田中をサイドバックに移したりして対応。このへんは関塚さんっぽい感じではある。決勝点は森本のカットインから右足一閃のゴラッソ。その起点になったのがケンペスの前からの守備だったんですよね。この試合ケンペスは積極的に守備にいってて運動量あった。良い形のゴールだったなー。智とキムはじめ守備は相変わらず不安ですが、森本の復活傾向もこの上なく感じられたことだし、期待感のある初陣でした。

次は久しぶりに公式戦で対戦のレイソル。日立台かー。1ヶ月後なので、それまでにリーグ戦で少しずつ関塚ジェフのディテールが明らかになっていくと良い感じ。
image
それと、この次の朝にワールドカップも終わりました。感無量です。わたしが彼の地で初めて見ようと思って見たEURO2000でのドイツ代表はあまりにも弱く、優勝3回、しかも前回優勝の国でもこんなにパッとしないのかーと1998WCからサッカーを見始めたわたしは思ったものですが、さんざん言われているようにこのボロ負けからドイツサッカーの改革が始まり、2006ワールドカップ開催を経て、ここ数年のブンデスリーガの隆盛と、この2014年の4回目のワールドカップ優勝に結びついたというのは実に感慨深い。

正直、ロイスも離脱、ノイアーやラームもコンディションが良くないということで、今回は南米勢に譲ることになるのかなとは内心思っていました。考えたらワールドカップ前は毎回こんな感じな気はしますが、今回も蓋を開ければ直前の強化試合とは見違える試合運び。内容面でも文句無しの優勝というのがすごい。そのおかげか、決勝は今までになく冷静に観れていて、一昨年のUEFA CL決勝のときの絶望感が嘘のよう。さすがにゲッツェの決勝ゴールは熱くなったけども。クローゼとのやり取りがあったあとだったのも…

今大会はドイツ戦、日本戦はとりあえず見てという感じで、その他の試合はフルで見たのは数えるぐらいかな?さすがに時差がつらかったのはある。2022はカタールやめてオーストラリアにしましょう!何はともあれ、ゴールも多くスペクタクルだった今大会、あんまり観れてなくても楽しかった。本当にお疲れ様でした。このままJ後半戦、ブンデス2014-15へ。