上尾ゥフからのフクアリ

9-10日は上尾ゥファイナルでした。今回も総勢8人参加の中なぜかわたくしが居座っている謎の状況。明らかにクソゲー臭しかしていなかったはずのペプシマンが神ゲーすぎ、6時間かけてクリア。絶望の最終ステージクリア後の拍手喝采が半端なかったのでした。ピザもうまかったし深夜というか早朝にやったFIFA14も楽しかった。Beijing2008は辛かった。参加者の皆様お疲れ様でした。

感動の上尾ゥフからの帰りがてらフクアリへ。台風で武蔵野線が遅れていてかなり焦った。
P8101672
今回はアウェイ側ホーム自由席から。夏休みだからか子どもが多かったけど、入場者数は台風の影響で8000人弱といまいち伸びてなかった。相手も横浜FCで近場ではあるんですが。そういえばフリエ戦は去年も観ましたね。

ジェフは森本がスタメンに入って4-4-2の布陣だったので、先月の天皇杯と同じですね。メンバーとしては両SHが田中、大塚から井出、谷澤に変わっている。前節の湘南戦では最初から4-3-3っぽいフォーメーションで驚きでしたが、基本はこの4-4-2で行くのかな。

試合のほうは最後まで気の抜けない緊迫したゲームでした。ジェフは今までと比べて目に見えて縦に速い攻撃を志向するようになっていて、シンプルに前線のケンペスと森本までボールを運ぶ形が多かったんですが、それとともにこれまでの細かく繋ぎつつサイドを使うというスタイルも継続していて、これらの使い分け、切り替えがこれから重要になっていくのかなと。

ジェフペースで進んではいたものの、ボールのもったいない奪われ方が多く、ゲーム展開以上に横浜FC側のチャンスは多し。中盤でボールは取れるんですが、結局シュートまで行けずにロストというのが目立った。後半に井出が負傷交代して相手も交代で中盤の枚数を増やしてからはうまく形が作れず苦労していました。それと、やはりフィニッシュの精度の問題。特に森本は大丈夫なんだろうか…。まあこの日は相手GKの南も好調ですごいセーブをしていたし、後半ATの谷澤のクロスバー直撃シュートに象徴されるように運にも見放された感じでしたね。そういうわけでスコアレスドロー。

負け無しで来てはいるけども、ドローが多いのでそろそろもどかしいところ。なんとかプレーオフ圏内しているとはいっても6位以下は勝ち点詰まっているので1ずつの積み上げだとすぐにでも二桁順位まで行きそうでハラハラです。レンタルで来た幸野は関塚さんの希望に近い選手なのではということなのでうまくフィットするといいですね。
P8101668

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA