2021終わり

今年やってたことはほぼその都度書いてたので何を書けばいいのかという感じになっていますが、まぁ今年は本当におたくしかしてないです。本当におたくしかしてないです(大事なことなので)。我ながら色々なことを投げうっておたくしているなぁと思います。問題は、わたしはおたくすることで他の何かを頑張れるとかそういうタイプではないことです。多くの場合当面の渇きが癒されるぐらいで、次の日にはもう元の状態に戻っている。これを繰り返してたら1年経ってた。これだけ聞くとやばい奴みたいですが、誰かのことが好きっていうのはそういうことじゃないでしょうか。という開き直り。

ここ数年はAKBのおたくをやっているわけですが、多少のもどかしさはありつつも、今年はかなり楽しめた1年でした。わたしはAKBおたくを始めた時から箱推しみたいなところも一部分としてあったのですけど、グループ全体としてそういう方向性になってきたこともあって、グループに望むことと現実がだいぶ一致してきたところがあります。最近メンバーがよくいう「今のAKB」は、わたしがAKBに求めていたそのものですし。

そういう中で、今年は浅井七海ちゃんをずっと追っていました。追ってたというか、助けられてたなー。推している中で彼女の優しさが身に沁みる時間がとても多くて、心穏やかにおたくできました。なーみん推しを始めたのは去年からですが、去年と比べても何倍もなーみんが好きです。最初になーみんいいな、と思ったのはソロライブをやったり僕夏公演の初日メンバーに決まったあたり。その頃から考えると自分の中でこんなに存在感が大きくなるとは想像できなかったな…。今年は生誕祭行けたりミュージカルにも通えたり、「抱きつこうか?」が劇場で聴けたり、思い出がたくさん。大きかったのは、5月のIDOL CONTENT EXPOからの僕夏公演、単独コン、AUDISHOWっていう流れ。お話し会はあったけれど、4月まで公演が当たらず全く現場で会えてなかったので、そこでやっとこんなになーみんのこと好きだったのかと気付けたというか。まぁ3月4月もっと公演入りたかったですが。それでも1年通じて楽しかったー。

そんな感じで、たぶん来年もAKBのおたくしてると思います。では!

2020終わり

何もしていなかった1年が終わり。というのは簡単ですが、何もないなりに楽しく過ごせてはいたような気はします。イベントやコンサートがないことにフラストレーションは溜まっていたのは確かですが、無くても生きていけてしまうし日々は過ぎていくんですよね。その中で日々を充実させるために、この数年できていなかったこともいくつかしたり、それすらもできない時期はせめて楽しいと自分を勘違いさせていました。

それとは別に、今年30歳になったこともあり、自分の人生の終わり方について考えるようになった1年でもありました。以前、「週の5/7は死んでる」みたいなことを書いたと思いますが、はっきり言って20代のほとんどはムダな時間でした。その結果として、たとえ明日人生が終わったとしてもそれはそれで、と思えてしまう程度の人生になっていると感じます。過去は過去でやり直せるわけでもないので、これからの10年で少しでも終わり方の見通しぐらいはつけられるようにはしたいというのを目標にしようと思います。上の「この数年できていなかったこと」のいくつかは、そのための行動の手始めです。

おたく的な話をすると、推しメンに実際に会えた機会は半分以下になりましたが、SHOWROOMとかお話し会を通じてではありますが、去年より推しメンと確実に仲良くなれたことが嬉しかった1年です。SHOWROOMの個人配信とかは、手軽に勘違いするにはちょうど良いツールで。そうそう、この1年の中でAKB48の活動は自分にとっては「ちょうど良い」ものでした。3月以降、多くのメジャーアイドルの活動の先行きが見えなくなる中で、YouTube配信をバラエティ豊かな企画とともに積極的に行っていましたし、他方、多くの地下アイドルがやっていたような先着のオンライン特典会のような地獄を見ることもありませんでした。そのうちに劇場公演やお話し会、SWTのトークイベントも始まり、以前ほどではないけれども近い水準にはアイドルを楽しめているとは思います。せめてこのレベルは続けてほしいけれども。

というわけで2020年ありがとうございました。来年もここに何かしら書いていきます。

2019終わり

2019年あまりにも早かった。クレイジーすぎた去年の12月からもう1年経ってしまっているとは。今年は生活環境を80%ぐらい変えたりしていて、色々しているうちにいつのまにか過ぎ去ってしまった感じ。6月ぐらいまでは先が見えてなかったけれど、最終的には悪くない結果は得られたので、良い年だったんじゃないでしょうか。

今年の大きな出来事はアイドルのファンを始めたことでした。それもAKB48。このサイトを見るとわかるんですけど、7月以降はほぼAKB48のイベントにしか行ってません。声優界隈から坂道シリーズのファンとか、地下アイドルのファンになる人はいくつも観てきた中で、48グループに行く人はほとんどいなかったイメージなので、意外といえば意外に見えるのだけど、自分の中ではそれなりに自然ではある流れでここまで来ています。その結果として、いま毎日がとても楽しい(そしてつらい)。

ただ、なぜ岡部麟ちゃんなのかというと、それが全く説明できない話で、今年の2月2日(特に何もない日)に突然そういう感情が降って湧いて、それから麟ちゃんのことが気になって仕方なくなってしまいました。個人的にはそれでいいと思っていて、もう人を好きであることに理由をつけるのをやめたようなところがあります。パフォーマンスがいいとかパーソナリティがいいとか、理由をつけても全部後付けのように感じられて、本質的にもはやそういうレベルで説明ができない。なので、今年書いた記事は基本的に「好き」とか「可愛い」しか言っていないと思います。薄っぺらいようですが、アイドルを観てそう思うことは、人をただ幸せにしかしないことにおいて絶対的な善であって、それだけが伝わればいいのではないかと。

無理やり内省するなら、去年の11月18日から、皆で共有する「大きな物語」に深く感情移入してエモいことを書くというのがもうあまり出来ないなあと思ってたこともあって、(物語に依ることのない)ただの「好き」というか、もっと自分の生活に一部分になり得るような、自分と推しだけのシンプルでクロースな関係がよかったのかも。あくまでもっともらしい説明というだけですが。

1年振り返ると、麟ちゃんには今年51回会っているのですが、個人的に大きかったイベントは4月13日のチーム8 5周年コンサートのように思います。コンサートの内容もよかったのですが、当選してコンサートに行けたことで、本気で追いかけていこうという気持ちが固まりました。1月にあったソロコンにも間に合わず、この前の週にあった全国ツアーの静岡公演は諸事情でどうしても外せなかった台湾に行く予定と被っていて、ついてないなあと思っていたところ、さらに5周年コンサートも2日とも別のイベントと被っていて、何もかもタイミングが悪かった。色々考えて、13日のチケットが当たったら予定をキャンセルしてこのコンサートに行くことに決めたのですが、その頃には先行販売が終わっていて、姉妹グループ枠と一般枠だけでチケットを確保しないといけなかった。姉妹グループ枠で麟ちゃんが出ない昼公演(結果的には少し出た)だけが当たったときは、どうしようかという迷いがまだあったけれど、最後の最後に一般枠で夜公演が当たったときにとうとう腹が決まった感じです。その少し前からほぼ麟ちゃんとAKB48で生活が回るようになっていたけれど、わかりやすい転機としてはそこかな。

グループとしてはこの数年とは方向性を変化させていく時期にあって新規としては入り込みやすかったし、そのおかげでとても楽しめた1年だった。麟ちゃん個人でいえば、ファンを始めたタイミングが本当に最悪だなと自分でも思っていたのですが、楽しいイベント、嬉しい出来事はそれ以上に多いし、メールや755、SHOWROOMでのちょっとしたコミュニケーションが日常の隙間を埋めてくれる。もう自分にとって無くてはならない存在になっています。来年は今年よりはたくさん会えるといいな。

完全に推しメンのことしか書いてないですが、今年は本当にそれしか書くことがなかった。サイト17年目もよろしくね。