2022終わり

今年は言葉からほどよく離れるということを意識するようになった一年でした。僕のことを知っている人はわかると思うのですが、7月以降Twitterで「好き」とか「かわいい」とかしか言っていません。 ボキャ貧のようですが、要は(少なくともTwitterにおいて)100%信じられる嘘のない言葉がこれしかない。自分の書いてきた言葉を省みたとき、自分のために書いている文章があまりにも多すぎました。 知識をひけらかし自己陶酔的な言葉を並べ立てて悦に浸っているだけの言葉が。ということで、それらをできる限り排除した結果そうなっているというわけです。体よく言えば、カント的な意味での道徳の実践、というより道徳的であろうとすることの実践、みたいな感じです。そういうことにしましょう。

それによって、誰かが好きという気持ちだけで生きているということにする、ということができるようになりました。ということにする、というのはまだ余地があるかもしれないからです。自分が誰かが好きということに対して、またそれによる行動に対して斜に構えることもやめ、他者と比べることもやめ、純粋に誰かを好きと言って行動できる。これが最高善です(たぶん違う)。

で、誰が好きなのかというと、それは浅井七海ちゃんでした。自分にとって推しメン以上の存在で、いつのまにかそうなっていました。彼女のことが大事すぎます。出会ってからはそろそろ4年、好きになって3年で、彼女に出会うためにこれまでおたくをやってきたとさえ今思える。今年は74回なーみんに会っていて、全部が全部楽しかった。できることできないことはあっても、できる限りやれたと胸を張って言える後悔のない一年でした。

上の話とは完全に別なんですが、今年はピアノを弾き続けていて、その結果としてある程度は曲を弾けるようになりました。楽譜に書いてある音と同じ音が出る鍵盤が押さえられるというだけなので、ピアノが弾けるということはとても言えませんが、生活に小さな彩りが加わった気分にはなれているので、そこは今年よかった点。

って感じです。来年もこのまま続けていくよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA