2021終わり

今年やってたことはほぼその都度書いてたので何を書けばいいのかという感じになっていますが、まぁ今年は本当におたくしかしてないです。本当におたくしかしてないです(大事なことなので)。我ながら色々なことを投げうっておたくしているなぁと思います。問題は、わたしはおたくすることで他の何かを頑張れるとかそういうタイプではないことです。多くの場合当面の渇きが癒されるぐらいで、次の日にはもう元の状態に戻っている。これを繰り返してたら1年経ってた。これだけ聞くとやばい奴みたいですが、誰かのことが好きっていうのはそういうことじゃないでしょうか。という開き直り。

ここ数年はAKBのおたくをやっているわけですが、多少のもどかしさはありつつも、今年はかなり楽しめた1年でした。わたしはAKBおたくを始めた時から箱推しみたいなところも一部分としてあったのですけど、グループ全体としてそういう方向性になってきたこともあって、グループに望むことと現実がだいぶ一致してきたところがあります。最近メンバーがよくいう「今のAKB」は、わたしがAKBに求めていたそのものですし。

そういう中で、今年は浅井七海ちゃんをずっと追っていました。追ってたというか、助けられてたなー。推している中で彼女の優しさが身に沁みる時間がとても多くて、心穏やかにおたくできました。なーみん推しを始めたのは去年からですが、去年と比べても何倍もなーみんが好きです。最初になーみんいいな、と思ったのはソロライブをやったり僕夏公演の初日メンバーに決まったあたり。その頃から考えると自分の中でこんなに存在感が大きくなるとは想像できなかったな…。今年は生誕祭行けたりミュージカルにも通えたり、「抱きつこうか?」が劇場で聴けたり、思い出がたくさん。大きかったのは、5月のIDOL CONTENT EXPOからの僕夏公演、単独コン、AUDISHOWっていう流れ。お話し会はあったけれど、4月まで公演が当たらず全く現場で会えてなかったので、そこでやっとこんなになーみんのこと好きだったのかと気付けたというか。まぁ3月4月もっと公演入りたかったですが。それでも1年通じて楽しかったー。

そんな感じで、たぶん来年もAKBのおたくしてると思います。では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA