音楽朗読劇「シラノ」

これまたしばらく経ってしまいましたが行ってました。伊波杏樹さんの出演した4公演について。
使用年数のわりに内装が古めかしい
海外文学(岩波文庫でいうと赤帯)をもとに田尾下哲さんが脚本・演出、音楽とともに声優さんが朗読を聞かせるという企画の第2弾で、今回は戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」が題材。 登場人物は中心の3人のみに絞られていて、3人のセリフだけで芝居が回るように脚本されているのだけど、それだけでもうまいことエッセンスが浮かび上がるようになっている、出典を知らない人にとっても分かりやすい構成。思っていたよりステージがショーアップされていた。照明やセット、衣装がとっても華やか。シラノとクリスチャンによる前説後のロクサーヌの登場シーンは(下手側で目の前だったので)あまりの美しさに思わず息を飲んでしまいましたね。杏樹ちゃんのいつもと違うヘアメイクが大変素敵でした。こういうステージづくりのおかげで、物語の中へスムーズに移行できた。 今回のロクサーヌ役は杏樹ちゃんとしては珍しいヒロイン役。才知と気品に溢れた高貴なる美女だが、盲目的な愛の信奉者であり、その無邪気さが物語を突き動かし、やがて残酷なものへと転換する。この二面性がシラノとクリスチャンとの三角関係にそのままハマっているのがとてもシンプルで面白いお話です。杏樹ちゃんは言葉は明晰、実に表情豊か。瞳を輝かせて可憐に愛への憧憬を語る姿あり、取り憑かれたように愛を求めて行動する姿あり。紙一重の感情表現を繊細に演じている。中盤の声だけの逢瀬の場面(前説によれば三大バルコニーシーンの一つらしい)では、美麗な修辞を三島由紀夫並に重ねに重ねた愛の言葉がシラノとロクサーヌの間で飛び交うのだけど、ロクサーヌの言葉の熱の帯び方にはちょっとドキッとしてしまいます。元より、こういうシーンがあるから朗読劇というやり方はとても合っていたんだなあ。 今回は4度観劇して3パターンのキャストを観て、当然ながらそれぞれカラーの違いがあった。文章から伺えるシラノの気高さをもっとも引き出していた岸尾さん。より舞台に近い発声と立ち回りで凄みと迫力を感じさせた武内さん。アイディアとアドリブをふんだんに盛り込んで独自のシラノを作り出していた諏訪部さん。どれをとっても面白いのだが、武内さんと杏樹ちゃんのやり取りは舞台っぽくて好きだったかな。クリスチャン役の小松さんと村田さんも複雑な胸中がありつつ出てくる言葉が軽薄という難しい役どころを、時に実直に、時にコミカルに演じていたと思う。演技の違いだけでなく、細かい演出も座長ごとに変わっていたのが面白くて、大きなところだと岸尾さん・武内さんの回はヘッドマイクでの朗読だったのが、諏訪部さんの回はスタンドマイクでアフレコのようなスタイルでの朗読だった。小道具の使い方やそれぞれの掛け合いのリズムなども三者三様で、毎回発見があった。古典が題材とされているからか、演技に関しては演出家の影響は最小限に、むしろ個々人の解釈に拠るところが大きく感じられて、4度の公演を通してちょうどクラシック音楽のような楽しみ方ができていた気がする。ロクサーヌに関してもほかに気になるキャストはいたし、観たら観たで絶対面白かったとは思うのだが、僕の中では杏樹ちゃんのロクサーヌだけを頭の中にとどめておくのが正解かな。

いやホンマ…

爆走おとな小学生『初等教育ロイヤル』

4/8の大千穐楽を観劇。

新宿シアターサンモールは少し前にこのへん歩いてて気になっていたりしたのだった。なのに行きも帰りも急いでたので写真がない。300席ぐらい。

神聖な場所「校長室」を目指して小学生たちが殺し合いをするディストピアな話で、はじめは小学生のお戯れと見せかけておきながら普通にバイオレントだった。学年ごとにチームになっていて、カラーも団結力も違うし、初っ端6年生が1年生にボコボコにのされる面白さもあり。全体的にセリフがものすごい早口で、音は聞き取れないけど頭では何言ってるか理解できないこともないぎりぎりのところ。かと思えば回想シーンなんかも多くてようわからんテンポ感だなと思うわけだけど(でも回想シーンに切り替わるところの演出はおお!となる)。唐突な結末も匂わせぶりだけど、主役の佐川大樹さんによればバッドエンドということでいいらしい。

前田佳織里さんがとても良かった。ただ一人しか生き残らないこのストーリーにあってとりわけ悲劇的な最後を遂げてしまうのだけど、真ん中に立ち一点を見つめながら2年生を引っ張る小さな姿が目に焼き付く。エ〇ァのパロディみたいな役柄で、セリフが基本お堅いのだが(そして早口)、その中での感情の滲み出し方にとても迫力があった。いつも見ていた役柄と全然違うから余計にそう感じる。他には1年生役で出ていた足立英昭さんが面白かった。戦闘力の高すぎる1年生の役で、この舞台の上ではいるだけで面白いコミカルな役なんだけど、アクションもばりばりやるし、もっとスマートな役もきっとできるんだろうなと。調べてみたら、役者としてはまだデビューしてから2年と少しのキャリアのようだ。ナニモンだよ・・・。佐藤日向さんは全体の中で今ひとつ役どころが目立っていなくてどうも。でも見せ場はあって、それを見るとやっぱり色々場数踏んでいい役者さんになっている。ダンスパートはさすが!

ブルマに興味ないマンだけどやられてしまった。

天才劇団バカバッカ Vol.19 BADASS PSY-KICKS!

天才劇団バカバッカ本公演「BADASS PSY-KICKS!」大千穐楽公演。
Untitledバカバッカという劇団はけっこう前から気になっていて、なぜかというと座長の木村昴さんがドイツ出身で自分と同い年だからである。ドラえもんに出始めたときから彼に親近感があって、近年ピングドラムやピンポン、ダンデビなどオタク向けのアニメに出ているのもひそかにうれしいのである。で、今回観に行った理由は木戸衣吹ちゃんがTwitterで宣伝していたからです()

六行会ホールは250席ぐらいの小劇場。4列目上手側の通路席だったから、たまに舞台から降りたキャストが通路を歩いたりするときは間近だった。ストーリーとしては何の変哲もない生活をしていた5人の若者が突然に拉致され超能力者に改造、悪の組織と戦うことになるという超能力戦隊もの。超能力者にされた段階で5人に担当カラーがついているというわかりやすさ(笑)たぶんこの劇団ではお約束であろうドラえもんネタはじめ、出演者それぞれが演じた色んな役柄のパロディや、なかなか辛口の時事ネタも盛り込んであって、エンタメ感が満載。戦闘シーンのアクションもけっこう激しめでこの距離で見るとなおさら大迫力。赤間直哉さんのジャニーズ事務所直伝のバク転が凄かった。木戸ちゃんは3人組アイドルの1人で、一見いてもいなくてもいい見えない妖精みたいな役なのだが、ストーリーと関わってないようで関わってていつの間にか一緒に歌って踊ってるというミュージカル感もたーのしい。基村樹利さんがかわいかった。そういう中で、やっぱり座長である昴さんの舞台上での存在感は濃かった。最初の登場シーンは仕事中にPCのキーボード叩きながら寝ているというものなんだけど、それだけでぐっと空気が変わって引き込まれる感じ。台詞回しもそうだけど、一つ一つの動きが見逃せないからついつい目で追っているという。最近ラッパーとしても活躍してるし、改めてまたこういうのも見てしまうと、多才な人だなあと。

そんで、毎回公演で違うゲストが来ることになっているのだけど、千穐楽では昴さんの師匠であるところの関智一さんで、いちおう今回の話のラスボス役なんだけど、そういう割とクライマックスな場面での智一さんのブチ壊し具合が異常だった(笑)台詞が半分以上アドリブでほぼ下ネタなのが裏切らない。最終的に舞台袖から昴さんのリュックを持ってきて中に入ってた劇場版ドラえもん舞台挨拶の台本を公開するに及び、昴さんが「台本に戻らせて下さい!」と懇願していた(笑)でもそんなことをやりつつ、最後の挨拶を聞くにこの10数年の信頼関係がひしひしと。まーじでなんでもありのエンタメ舞台。たくさん笑って楽しかった。