舞台「マジムリ学園 蕾-RAI-」

久しぶりに来た銀河劇場

アイドルはなぜ舞台をやるのか?という問いに対して今ひとつ答えが出せないでいますが、ともあれ1年半ぶりのチーム8の舞台公演に行ってきました。

マジムリ学園のドラマは当時ちょろーっと見ていたのにあんまりストーリーが頭に入っていませんが、そんな人も分かりやすいほとんど新規のお話。華組、生徒会、百鬼夜行の三つ巴の抗争を描く、男塾だか北斗の拳的なかんじです。正直言ってバトルものがニガテすぎるので、アイドルの殴り合いを観るのは気持ちのいいものではないですが、とはいえ色々メンバーのいつもと違う一面とか、この日に向けて準備してきたものとかが伺えるのは楽しいですね。

そういう意味だとほとんど戦わない優莉奈ちゃん演じるハレンチ先生とかは好きでした。基本いつでも明るいのですが、時には妙に含蓄のある言葉を投げかけたりと、場に与えるポジティブさの種類が豊富だなと。あと、この物語に対して皆が疑問に思っているところをズバズバ言ってくれるところ(笑)優莉奈ちゃんの甲高い声がまたいいんですよね。あんまりハレンチな場面はありませんが()戦わない方の人たちでいうと、彩音ちゃんのツバキとかも好き。彩音ちゃんの本人のキャラも生かした、かつアニメとかでいそうなキャラ!可愛すぎました。こんなクラスメイトが欲しい。それから、アンサンブルで出演しているひだあやが名前のある役を演じる場面があるのですが、そこでの演技が暖かくて自然でいいんですよね。一瞬なんですけど毎回楽しみでした。

戦う人でめちゃくちゃ印象的だったのは横ちゃんで、圧倒的に演技がうまいです。初登場したシーンは誰が演じてるのか一瞬わからないほどでした。声色の豊かさと感情のダイナミクスがすごいのですが、しかしうまく力が抜けている感じがこの人ならではと思います。演出家のひとたちが横ちゃんを推す理由がわかりました。えりちゃんも素晴らしくて、ちゃんと発声が舞台仕様なのがいいです。この舞台はマイクを通していますけど、なくても十分いけるなという感じです。経験豊富な感じがします。それから決して忘れてはならないのは坂川陽香ちゃんです。めちゃくちゃ等身大のリアルな演技ができています。あの若さにして、あの若さにしかできない演技をしていることに驚嘆するほかありません。舞台の合間に出ていたスカパーのアイドルフェス番組でもあまりにも素晴らしかったし、恐ろしい子!とはこのこと。14歳にしてスペックがちょっと高すぎます。

メインの3人でいうと、麟ちゃんの演技が予想以上にパワーアップしていました。舞台らしい叫びの発声がスカッと出ていて、迫力があるなあと。ふだんのセリフにおいても声の厚みの使い分けがとてもいいです。声優とかやってみてくれないかしら?ダンスを踊る場面で表情を崩さないのもかっこいいですね。ゆいゆいは、なんかもはやリリィーがゆいゆいの一部という感じがしすぎて(バッチこいとかでよくやっているし笑)、どこまでもゆいゆいだなぁって感じですが、こういう素直な演技はそれはそれで嬉しいんですよね。最後の挨拶をリリィーでやるのとかは、そうじゃないとできないと感じます。すらっと長い手脚から繰り出されるパンチとキックも映えます。なるちゃんは殺陣でドコドコかましていく躍動感が好き(笑)ここでしか見れない、感情を解放させてるなるちゃんがいいなと。

推しメンも言っていましたが、この3人の役柄に言えるのは、演じる3人の関係性とも通じる部分があるということでしょう。切磋琢磨し互いを意識し続けながら高め合う関係…だからこそ感じられる凄みが物語のクライマックスにはあります。これはおそらく、外の舞台に個人で出ているときにはないもので、アイドルが一緒になって舞台公演をやる醍醐味のようにも感じられました。

ライブパートは久しぶりに聴くチーム8楽曲が懐かしい。セットリストはいくつかパターンがあったようですが、「夢へのルート」をやってるときが楽しかったですね。個人的にはこれ聴くとエイトコン来た感があります(47街はどんなイベントでもやっているので)。振りコピも楽しいし。

という感じで色々発見もあったし、推しメンに3ヶ月ぶりに会えて楽しかった舞台マジムリ。最後に写真をいくつか。なんか推しメンのいい写真が全然撮れなくて泣いた…。

ミュージカル「INTERVIEW 〜お願い、誰か僕を助けて〜」

3月24日の初日を観劇。伊波杏樹さんが出るということ以外に事前情報を入れないで観に行ったんですけど、いやしかし大変な舞台でした。

円形ステージを客席が取り囲む形で、舞台転換が2時間超まったくありません。そんな中での3人芝居というだけで普通じゃないのですけど、物語の展開と個々の演技もまた異様です。物語の導入部では、音のない空間に薄暗いムードだけが漂うなかで、ユジン・キムによるシンクレア・ゴードンに対する「インタビュー」が始まるのだけど、シンクレア=マット・シニアの中に存在する狂気と錯乱、混沌が、徐々に、次々と、あらぬ方向から顔を出しはじめて、たちまち重量感をともなう闇が場を支配するかのような感覚を覚えます。マットを演じる糸川耀士郎さんが(ただの一度も退場しないまま)2時間超のあいだ繰り広げ続けるサイコパシックな在りようは、しばらく脳裏から離れそうにないほど衝撃的。観る者に息もつかせない壮絶さがありました。それに翻弄されながらもなんとか食らいつくように、しかし視線は真っ直ぐにマットと向き合い「インタビュー」を続けるユジン=松本利夫さんの演技も光ります。ジョアンを演じる杏樹ちゃんは物語の鍵を握る存在として、さまざまな場面で舞台上にミステリアスな彩りを加えています。ミステリアスとは言うものの、ある意味でジョアンはただの少女ー子どもであるところが肝心で、その中に潜むイノセントな狂気の含ませ方はとても巧みなものでした。

事前情報なしで観たからか、頭をガツンと殴られたような感覚が持続していて、ただならぬ後味があります。ひとつの密室で展開される物語にもかかわらず、ひとしきり長く忙しい旅行にでも出て帰ってきたかのような。ステージが近い円形ステージであったことも、現実感と時間の流れを曖昧にさせる没入感に寄与していたと思います。去年のあいだはあまり気が乗らずとても久しぶりの観劇だったけれど、それを差し引いたとしても記憶に残る作品です。また観たいなあ。

チーム8単独公演 Bee School

なんかめっちゃブレてる
推しメンちゃんがゲストで出るので2日目の公演に行ってきました。品川クラブeXは円形の多目的スペースになっていて、最後列でも距離感は近いです。まあ最後列だったんですが。最後列はソファーになっててテーブル付き。かなりリラックスして見れました。 お話はハチの学校の落ちこぼれクラスにハチが1匹と他の虫が入れられて一緒に成長していくというかんじ。ここでのメインキャストのみんなの役柄というのが、キャスト本人をそのまま投影しているような向きがあって、すごーく感情移入がしやすかったように思います。ゆいゆいとか濱ちゃんとかほぼそのままだしね(笑)なぎちゃんなんかは極端な自分カワイイキャラだけれど(実際可愛いので似合ってる)、内面に抱えてるものがなぎちゃんっぽくて、自然と重ね合わせたくなります。まりあとか奈緒ちゃんはさすがに舞台経験豊富で演技が俳優然としています。この間公開されたドキュメンタリーでもあったけど、まりあのお母さん感好きですね。。。ゲストの推しメンちゃんはヤンキー役がヤバイくらい板についていて笑っちゃいました。デレて「好きだー!」って叫ぶ推しメンちゃん可愛い。場面場面でチーム8の曲を中心にAKB48の曲がミュージカルふうに歌われるのですが、どれもいい感じにアレンジされていてかっこいい。振り付けも全部変わっているのがスゴイ。最後のストーリー的には、大人にはグサッと来るようなお話ではありました。みんな頑張ってね。。。 最後にミニライブがあって、「へなちょこサポート」が撮影可能だったのですが、ソファー席の前は通路なのでメンバーもすぐそこを通るものの、ソファ席のみ天井が低いためいかんせん暗すぎ、ステージ側に露出を合わせているとメンバーが真っ暗で何も見えないという。携帯のカメラのDRではどうしようもありません。しかも推しメンだけ目の前に来なくて凹んだ…。でもなんかこの日から「へなちょこサポート」が頭でずっと鳴っている。その後、3つ隣の人が2sの抽選当たって二重で凹みました😞 お見送りも負けた感じだし、なんだかな〜。