舞台「マジムリ学園 -LOUDNESS-」

アイドルはなぜ舞台をやるのか?という問いに対して今ひとつ答えが出せないでいますが、今AKB48が持てるリソースの7割方を注ぎ込んでいるのがこの舞台なので見るしか。ここまでのメンバーを揃えてあるとさすがに豪華絢爛というものです。

相変わらず殺伐とした抗争が繰り広げられているのですが、今回は善玉らしい善玉がいないため殺伐成分が2倍増しになっています。ストーリーとしては、社会的階層の再生産に抗う闘争に向かうも、それは支配階層に仕組まれた闘争で、抗えば抗うだけ再生産に向かっていくという逆説…みたいな話。リリィ―と生徒会の話がめっちゃカジュアルなケンカに見えてくるな()荒地のメンバーのそれぞれが闘う理由は明確で分かりやすいものですし、前々作からのバックグラウンドと2年間の変化が窺えて、キャラクターにスムーズに感情移入できます。それに比べてただの悪みたいな生徒会のメンバーもまた、人数が増えて少年マンガっぽい中二感がさらに魅力的です。そんな様々の要素を伴って、メンバーそれぞれのいつもとは180度異なった顔が見つけられるのがこの舞台の楽しみですね。

印象に残っているメンバーでいうと、個人的にはシュナーベルを演じるみうちゃんがまず挙がってくるような気がします。えりちゃん演じるタウゼントの相棒役ということになっていますが、タウゼント以上に一本気なシュナーベルを演じるにふさわしい、素直で真っ直ぐな、嘘のない演技という感じがして、役柄も相まって見ていて清々しい。それからまた、しっかりと背筋の伸びた立ち姿がとても様になっていて、生徒会のカッコよさを引き立てています。相棒役のえりちゃんも前作同様、無骨な演技が決まっている。そのうえで、ヌルとのやり取りの中では人間らしい部分も見せてくれます。生徒会の新しいメンバーでは、妙に圧を感じる不思議な演技をしていたえりいも面白かった。全然そんなイメージなかったけど、生来のSっ気を感じる(笑)それから、セリフはそれほど多くないものの、さっきーの演技はやはりレベルが一段違います。緻密な役作りとそれらのしっかりとした落とし込みに裏打ちされた非常に自然な表現を難なくやってのけています。それがあのセリフ数でわかることも素晴らしいし、役に生きるとはこのことと感じますね。代役であるのがもったいないくらいで、次にAKBで舞台をやることがあるなら絶対いてほしい人材です。

荒地のメンバーで好きだったのは、何を置いてもまずみーおん。だって、可愛すぎるでしょ(笑)ただただ振り回されてただただ可愛いという、アイドルのお手本みたいなことをやっています。アイドルとして正しいということはやはり代え難いものです。そのうえで語り部としての役割もしっかり果たしています。主人公っぽい感じもしますがそういうわけでもないようで…。それから、実質ダブルキャストとなり途中参加になった十夢ちゃんも一際存在感を放っていました。事あるごとに人にナイフを突きつけていますが、オーラと語り口、立ち居振る舞いそのものからすでに切れ味鋭いものを感じます。これまた衣装が本当に似合っているんですよね。とにかく美しい。対称的に鬱屈としてるのに憎めないユーモアのある聖ちゃんとのコンビもいいです。さっほーゆかるんのインパクトも相変わらず強烈だし、逆に茂木さんのチームK仕込みのオラオラ感と勢いはイメージぴったり。アンサンブルで出ていたきぃちゃんの演技も代役と思えないものがあり、忘れてはいけません。12〜15期のベテランメンバーが自分のイメージを活かして、または脱ぎ去って新しいチャレンジをしているのが素晴らしい。

今回の作品がいいのは、主演の3人がそれぞれに孤高の力強さを持っているということでしょう。ヌルの狂気と根底に潜む復讐心を、やりすぎなほどに感情をアップダウンさせながらこちら側へぶつけてくる麟ちゃんの姿には度肝を抜かれます。前作よりも遥かに大きな、ちょっと心配になるぐらいのエネルギーを毎公演燃やしている。前に「リリィーはもうすでにゆいゆいの一部みたいなもの」と書きましたが、麟ちゃんにとってのヌルもすでに同じレベルにあるように感じます。麟ちゃん的には嬉しくないかもですが(笑)新キャラクターのケーニッヒを演じるゆいりーが、初舞台と思えない鮮烈な印象を残してくれたのは大きなサプライズでした。セリフの発声がクリアで淀みなく、上へ上へと渇望する感情もよく乗って観衆にとって受け取りやすい。持ち前の身体の柔らかさを十分に活かした殺陣も自在な動きで魅せてくれます。彼女の舞台出演自体がサプライズでもありましたが、この舞台に対するグループとしての本気度を示すことにもつながり、結果としても大成功だったのではないでしょうか。そしてこれら全てをまとめ上げきっちりと締めてくれるのは座長のなぁちゃん。そこに居れば目を離すことは難しいというほどのスター性と、いかなる状況でも前を向き続けるポジティブさの具現化と。おなじみのパワフルな歌声も随所で聴かれます。この人に出来ないことがあるのか…と思わずにいられない、座長にふさわしい活躍でした。

そうそう、今回は劇伴や殺陣とシンクロした生ドラムの演奏が付いていたのですけど、殺陣の迫力が音圧を通してリズミカルに伝わって、相当いい演出だと感じました。演劇全体のテンポ感も保たれて、笑いを取るシーンとかの直後であってもすぐに場面が締まります。最初と最後のドラムソロもカッコいい。LOUDNESSというタイトルを象徴する仕掛けでしたね。

8/20と8/25ソワレの2回観劇したのですが、ミニライブはどちらも同じセットリストだったかな。ゆうなぁずっきーがいるので「考える人」とかチーム4感が強い。「百合を咲かせるか?」は麟ちゃんがセンターで、なんとリリィ―のセリフがブレイクになっていました。初日にきょんちゃんのバースデーセレモニーがあって、なんとあの「ひまわりのない世界」が聴けたのは相当レアな出来事でした。じゃんけんで決めたというユニットの相手が怜ちゃんなのもよかったです。ゲストパートは芹佳ちゃん回と、さとなーずんのボブ3姉妹回でした。なーみんがニッパーで矯正のワイヤーを切っている話は2週間ぐらい前の配信で言ってて、これの伏線だった!?ってなった(たぶん違う)。香織ちゃんがことあるごとにオチ要員に使われてるのが面白すぎたなー。撮影タイムは初日だけ舞台練り歩きがなかったのはうーむという感じですが、前回よりは撮れたのでまあ。25日は席が下手でなーみんはずっと上手にいたので、最前だったのにほとんどチャンスが無くてまじで泣いた…

いま大千穐楽公演の配信見ながらこれ書いてますが、どうやら公演は無事に完走ということになりそうで、かなり厳しいことになっていたこの8月のグループの状況を考えるとまさに奇跡です。ゆうなぁを始め中心メンバーを数多く投入したこともあり、しっかりとAKB48の総力を集めた舞台として楽しめたように思います。やっぱりこの人たちがいるAKB48が好きですねえ。チームを超えたメンバーの絡みも楽しかったです。メンバーの拘束期間が長いのは考え物ですが、またこのぐらいの規模で舞台をやるならもっと回数見てもいいかもしれません。これからしばらくはシングルのキャンペーンになるのかなー

というわけで写真いくつか。

ミュージカル「オープニングナイト」〜桜咲高校ミュージカル部~

なーみんと愛佳ちゃんが出るということで。AUDISHOWは舞台と見せかけた謎イベントだったので、これが本命の初舞台です。

2人ともアンサンブルキャストとしての出演ではあるものの、ミュージカルならアンサンブルが前に出る部分あるだろうし、とは思っていたところ、想像以上に出番も多く前にも出るのでびっくり。初日は2列目のほぼ真ん中から見ていて、オープニングからなーみんが真っ正面で歌ってくれるので、この時点で見に来て良かった…と涙。セリフも複数の場面であるし、ソロパートがある曲まで。ミュージカルナンバーを歌うなーみんはいつも以上に表情豊かで、キラキラしていました。いつものように朗らかとしていますが、でもアイドルのなーみんとは違った彩りをもった、その先に確かな世界観がみえる歌声と表情をしていて…それだけでもう幸せな気持ちになれる。ベージュの制服衣装がまた似合ってるんですよね…。愛佳ちゃんも見ておきたかったのだけど、結局なーみんが出ている場面は9割方なーみんを見ていた気がする…。座席的には下手の席の日が色々見れたかなーという感じ。

6回も行くと楽曲も耳になじんできて、未だに頭の中で鳴っているくらいです。重厚なハーモニーを肌で感じられて、メロディもキャッチーでアレンジも様々あって楽しかったなぁと。ミュージカルの魅力をシンプルに詰め込んであります。ストーリーとしては「ミュージカルをやるミュージカル」という感じで、わたしとしては非常に刺さるものでした。ミュージカルに自分の夢を乗せた主人公が、周りを動かして巻き込んで、音楽の力でみんなを一つにしていく物語。音楽に彩られた青春の煌めきが眩しくて、憧れすら感じます。今回はプリンシパルキャストが男性のBLUEチームと女性のREDチームが公演によって分かれていたのですけど、そういう意味ではより感情移入できたのはBLUEチームだったかも。本当に、いちど見るだけで登場人物全員のことが好きになれるお話でした。

今回はちょっともう、千穐楽が来るのが寂しくて寂しくて。舞台見ててこんな気持ちになったのなかなかないです。本当はもっといろいろ書くべきことがあるのだけど、ネタバレNGらしいのと、もう某所でけっこう書いてしまったのでこんなところで。なーみんと愛佳ちゃんのおかげで心に残る作品に出会えたなーと思います。今年の中でも印象的な10日間になりそう。なーみんはすごくミュージカルに向いていると今回感じたので、また機会が巡ってくるのを期待したいですね。こんな感じで、なーみんのことをどんどん好きになる。

舞台「フラガール – dance for smile -」

2年ぐらい舞台演劇を見てなかったと思ったら3週続けて見に行っています。山内瑞葵ちゃんが出るので見に行ってみようかなあと。シアターコクーンという会場は初めて来たのですが、想像以上に舞台が大きく天井も高く、座席が前方だったのもあってだいぶ圧倒されるかんじ。奥行きもあって、演劇にはお誂え向き。 会場もそうなんですが、今回メインの出演者をぱっと見ただけだったので、まあいわゆるアイドル舞台なのかなと思いきや、出演者が老若男女非常にバラエティ豊かで人数も多い。ふだん小劇場が多いので、この規模の演劇を見るのはひさしぶり。

フラガールという作品は映画も舞台もこれまで見ていないので完全に初見でした。こんなにシンプルに泣けるお話とは思わず。座長の樋口日奈さんの演技がとにかく明るくてさわやかで、家庭の事情みたいなバックグラウンドはある役柄なのだけど、常に前向きな力を感じさせて、見ていて心が洗われます。それでいてとても表情豊かで、グラデーションに富んだ舞台向きの演技が楽しい。田舎で暮らす少女役でいわき弁もバリバリなのだけど、ルックスから醸し出される華を隠し切れないものはあります(笑)本当に美しい。その意味でいうと、ずっきーの素朴さもまたこの物語にはぴったりです。ずっきーの演技は初めて見たのですが、とても自然な演技でした。髪型とか服装とかもあいまっての、舞台上でのなじみ方がすごくいい。三つ編みヘアーがめっちゃ似合ってます。特に前半はずっきーが主人公みたいな役回りなので釘付けで見てました。笑ったり驚いたり泣いたり……とにかくかわいい。この2人(というか登場人物のほとんど)とは対称的な、矢島舞美さんのパキッと芯のある女性像も魅力的。かつ、やはりダンスに経験を感じさせる迫力があり、先生役はこれ以上ない適役と感じました。

ほかにも武田義晴さんのコミカルなピエロぶりや、有森也実さんの微妙なニュアンスを潜ませながらの含みと重みのある言葉と演技とか、印象的な俳優さんが多く出演していて、そういった人たちが作品を形作っていることを直に感じられた舞台。ラストのフラダンスシーンにも表れているように、カンパニーの規模が大きいからこその一体感がわかりました。舞台観て泣けるっていいな…

シアターコクーンは初めてだったのだけど、Bunkamuraに来たのがキース・ジャレットのコンサートをオーチャードで見たぶりでした。10年前とは…