ミュージカル「オープニングナイト」〜桜咲高校ミュージカル部~

夏になーみんと愛佳ちゃんが出ていたミュージカルの再演で、しかも今度はなーみんがプリンシパルで出るということで、今回も観に行ってみたのでした。いつかメインキャストで出たい!と言ってた矢先で、しかもこんなに短いスパンでの再演は非常に珍しいので青天の霹靂。とはいえ夏公演は観ていてすごく楽しくて自分的にかなり好きになれた舞台だったので、願ったり叶ったりという感じです。そういうわけでなーみんが出るチームRED(女性キャスト)6公演観劇。まあ昔も似たようなことがありましたけど、そういうときに全公演観に行く以外の応え方を相変わらず知りません。

夏も6公演観たのでさすがに物語や楽曲はほとんど覚えていて、オーバーチュアが鳴ったときから(もっと言うと横山だいすけさんの影アナから)帰ってきたなーという気持ちになってきます。という中で、続く最初のナンバーに早速なーみんのソロがあって、そこで真っ先に圧倒されてしまいました。なーみんにはやや高めと思える高音域の歌声が、雲のあわいから差す一筋の光のようで!今でもその優しい残響が耳に残ってリフレインしているぐらいに強い印象を与えてくれます。当然セリフも多くて、なーみんのセリフ回しに惹かれて舞台を見たいと思っていた者としてはそこも嬉しかったですね。なーみんの演じる山城奈央ちゃんは喜怒哀楽のレンジが広いキャラなんですけど、なーみんの笑顔の爛漫とした感じとか、物事を冷静に見ているときの目、少し突き放したようなセリフのニュアンス等々、なーみんの個性が十分感じられました。動きもちょこちょことしていてアニメキャラみたいにユニークで。パーカーのフードを揺らしながらスキップする姿が可愛かったですね。クライマックスにもなーみんのソロがあって、めちゃくちゃしっかり八分音符に歌詞を乗せているのが凄い。そこからのハモりパートも、切なさと悩ましさを湛えた美しさがあり。メインキャストなのでソロパートも前回より格段に多い中で、そこになーみんのしなやかな歌声がよく響くフレーズや譜割が充てられていて、なーみんがこの役になった意味がちゃんとここにあるということが素晴らしかった。やっぱり歌ってるなーみんの笑顔が大好きだなあと思えました。

作品全体を通しても、夏に続いてとても楽しめました。このミュージカルは全てがポジティブな輝きを放っています。ミュージカルというフォーマットを最大限活かした勢いもとにかく爽快。観たあとの感情がとても明るく気持ちが良くて、それを自分自身で全面的に肯定したくなる。作品全体を通して浮かび上がり最後にはっきりと提示されるメッセージも、何度でも受け取りたくなる説得力があります。自分が思い出すのは、子どもの頃に触れた音楽体験です。ディズニー映画「ファンタジア」に始まって、地元のオペラハウスで観た「フィガロの結婚」やバレエ「くるみ割り人形」、さらにこの作品に近いところで言えば、ウェスト・エンドで観たミュージカル「スターライト・エクスプレス」…そんな煌びやかで驚きに満ち溢れた記憶の衝動に、この物語もまた突き動かされています。恵まれた体験をしていながら、この物語の主人公のようには自分はなれませんでした。しかしそんな人ほど、この作品が訴えるメッセージが胸に刺さるのではないかと思います。素敵な作品に出会わせてくれたなーみんに感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA