「何回だって恋をする」公演 2021/10/30

10月ラストに最後の一押しということではるかおりペア2回目!でしたが、11月からはチーム公演に切り替わるということで結構人も多くて、キャン待ちで対外入場だったのでした。対内で繰り上がった人たちは1巡と2巡だったので完全にキャン待ちドリームだった…。

というわけで上手の立ち3列目柱4あたりから。視界が微妙すぎるので限られた情報でという感じですが、この日は香織ちゃんの印象が強かったなー。この日が彼女の23歳ラストの公演ということもあるのか、すごく力が入っていたような気がしていました。めっちゃ動く(笑)「投げキッスで撃ち落せ!」のサビ終わりで跳びはねるの可愛い。そんな中でもいつでもニコニコで客席のほう見てくれるので心が洗われます。「君は僕だ」は曲自体がそういうコミュニケーションの場になっているような感じがあるなあ。「虫のバラード」も前聴いたときより低音が効いてきていて、かつ生々しい感じも変わらず活きていてすごく良かった。はーちゃんを満足に見れる場面があんまりなかったですが、なんとか見れた「投げキッスで撃ち落せ!」の細かい身体の使い方は彼女らしくてよかった。一つの振りに対する情報量が多い。2日前の公演で書いた「夢を死なせるわけにいかない」への転換はたぶんはーちゃんも迫力あると思うのだけど、結局前方席で見れなかったな…。「月と水鏡」なんかも表情は窺えなかったですけど、歌声はとても鮮やか。音から音への移行がとても滑らかなレガートになっていて、穏やかな川の水面を感じさせます。ついつい目を閉じて聴いてました。

この公演中にひとつ思ったのは、普段はタイプは違えどほんわかおっとりしている2人ですが、パフォーマンスにおいては正反対の見せ方をしているということ。前にも書いたように、はーちゃんはあたかも自分が曲の主人公であるかのように振る舞う大胆さがあり、それゆえ曲によって見せるキャラクターが全然違って、その振り幅が魅力かなと。対して、香織ちゃんはある程度どの曲でも普通の女の子が曲の物語に迷い込んだような、そんな設定(笑)を想起させるのですね。歌詞に対してすごく等身大の反応をしていることもあるし、香織ちゃんのセンスオブワンダーが発揮されて、オズの魔法使いか不思議の国のアリスでも見ているかのような感覚になることもあります。だからこの公演で言えば、上手と下手で見ているとはーちゃんが前にいる時と香織ちゃんがいる時で視える世界がくっきり違っていて、それがこのペアのカラーになっているのが面白かったですね。もっと見たかったなー。

終業式のときに撮る写真のポーズ

この日はいちおう一区切りということで「となりのバナナ」でも終業式のネタをやっていたのでした。何恋公演は2か月間で9回入れて、だいぶ楽しんだなという感じ。人数も少ないし時間も短いけれど、一人一人の個性に深く接することができたことは収穫でした。最初から狙っていたわけじゃないですが、何恋に出演してる16期生は全員見れていて、もっと入ろうと思えば入れたかもですけど、結果的に16期に絞って見れたのは自分の中では良かったんじゃないでしょうか。なんだかんだ言って一番楽しかったのはなーみんのいた初日公演かなと思います。推しがこの公演に出てるという人には結構幸せな期間だった。とはいえそれも1ヶ月以上前でそろそろまた会いたいというところなので、あとはチーム公演で。予定わかんなすぎて入れるのか全然わかんねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA