浅井チームB「アイドルの夜明け」公演 浅井七海 生誕祭 2022/8/17

2週間ぶりのアイドルの夜明け公演にしてチームBでの初めてのなーみん生誕祭。誕生日からは3ヶ月経ってるのだけど去年よりは全然早い。でもタイミング的には一番良かったなあ。同期も4公演連続で全員いてうれしー。数日前から復活したセリも去年の3月ぶりに動くのを見るようです。

ビンゴは9巡でいつものレーン立ち最。いつものレーンにいてほしいと3日前のお話し会で言われてたのでもうだいたいミッションクリアしたようなもん。

なーみんはハーフアップなんだけどよく見るとかなり凝ったかわいい髪型。この日はめちゃくちゃ熱さを感じたなー。熱っぽいではなく熱い。「好きと言えばよかった」は鬼気迫るような。「横須賀カーブ」「愛しきナターシャ」も滾る。この日はそんな七海ちゃんをただただ見つめていたという感じです。めっちゃ視線感じた!とか言ってたのでそれで正解だったのかもしれない(?)でも「片想いの対角線」はクールだったなあ。密かな思慕に横たわる諦念みたいなものを感じさせる。ラジオで歌詞解釈を聴いてからの公演だったからかなー。そうそう、「みなさんもご一緒に」の口上は過去一完ぺきでした。

過去のドル明け公演もまともに見ていないのでセリ演出ありのドル明けは実質初見だったのだけど、「アイドルの夜明け」から煌びやかさが違います。セリがあるだけでこれぞアイドルのステージという雰囲気が増す。「拳の正義」の2サビのぐっと立ち上がる迫力も良し。そして何より「タンポポの決心」はこれ含めて完成する楽曲と言っていいほど。去年ファイト1曲でこれ聴いたときは壊れた直後だったんだよねえ。。

そんなふうに公演通してなんやかんやあってからの「アリガトウ」がこの日も沁みた。自分もここにいいのかもと思える、みたいなことを前に書いたけど、この日はなーみん推しばかりだったので一層そう感じたよね。この日はレスもらうとかそういうのよりは、目と目で会話するみたいなことをしてたんじゃないでしょうか。目が合う時間が長かった。

スピーチは毎回纏められてないとは本人は言うものの、まあ今回も全くそんなことはなくて。普段のSHOWROOMとかで断片的には話してたような事柄がしっかりと集約して話してくれるので、毎回答え合わせみたいな感覚がします。なんかこう、彼女にこういうことを言ってほしいと自分が望んでることは全然ないんだけど、いざ聞いてみると彼女が話す言葉が示す方向に自分も同じように向いているように感じられて、それが嬉しいのよね。前の生誕で選抜に入ると宣言して本当に入って、でも次の生誕では落ちてしまっているというスピード感。これがAKBだなあということを改めてひしひしと感じる今日この頃だけれど、そういうタイミングでまたここからもう一度という言葉が聞けてよかった。なーみん推してる期間は楽しさが常に更新されて常に今が最高に楽しいし次の期間も100%そうなっていくので。これからも楽しくなーみん推ししていきます。

もっと書くことはありそうだけど、あんまり言葉しすぎてもなという。加速度的に好きが増してる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA