新春!AKB48フレッシュコンサート2022 〜冬もやっぱりAKB!〜

夏から色々あってなーんとか辿り着けたフレコン。AUDISHOWから考えるとホント長かった…。やっぱりこのドラ2・16期・ドラ3のメンバーたちが今のAKBを好きな理由なので行くしかなかったです。フレッシュと名前の付いたものは色々見てきたけど、集大成的なイベント。前も同じようなこと書きましたが、わたし自身はだいぶ乗り遅れた組なのでこのタイミングでこの枠組みのコンサートをやってくれるのが本当にありがたい。

席は前方ブロックの上手側ではあるもののかなり端…。ステージ中央が見切れる席は使っていなかったので、人が少なくてわりと快適ではある。ということでほとんど横から見てたような感じ。でもさっそく歌唱力組の前座「泣ける場所」でなーみんが出てきて、立ち位置が上手側だったので気付いてもらえました。歌唱力組は昨日の今日だったのでなんだか不思議だったなー。なーみんの歌い出しはやっぱり空気が変わります。あと、まほぴょんの歌はハロプロっぽいけどAKBの曲にもめっちゃ合いますね。1曲ガッツリ歌ってみてほしいなあと思ったり。

前半のつかみからセトリが最高で…17歳組センターでやるはずだったけどめぐみん以外18歳になっちゃった「Seventeen」なんて逆に切なすぎるじゃないですか。特にやっぱり、出演が土壇場で決まった怜ちゃんがこの曲を踊るのを見れたのが本当に良かった。この曲から始まったようなとこあります。まじで我が軍の03lineは最強。赤のフレッシュイチゴ色新衣装もめちゃかわで。なーみん的には赤白衣装は珍しくて新鮮な印象(という意味でもフレッシュ)。「大騒ぎ天国」はやっと全員オリポジで、やっぱこれは大箱がいい。みんな振りコピするようになったらもっと楽しい。

中盤のユニット〜期別〜ユニットの流れも楽しかったなー。ユニットが続くと長く感じてしまうことはあるのでね。目を引いたのは「抱きしめられたら」のさとぴ。ちょっともう…変な情を喚起しすぎて危険なレベルでした。いやそんな露出とかしてるわけじゃないけど、踊りと表情からそういうものが醸し出されてるのですよー。さとぴにガーター引っかけちゃダメだって。セリフ入りの「ツンデレ!」はまぁえりいだよな、と思いつつ、きょんちゃんがメンバーに入ってるの好きでした。結構イメージにあるなーと思ったら修業中公演で1回やってたみたいです。「愛よ 動かないで」は前どこで聴いたんだっけ…と思いながら、またもや歌い出しがなーみん。歌い出しのしっとり感がよかった。デュオのアレンジがしてあって、主メロとカウンターメロがなーみんとちゃけで入れ替わる形。サビのドラマチックな展開を歌い上げる2人にかなりのエネルギーを感じました。キーも違ったっぽいし、もう1回じっくり聴いてみたいなー。ユニット後半は歩夢ちゃん蘭ちゃんかなぶん「Mystery Line」が濃かった。濃密なダンスという感じでした。歩夢ちゃんはかなり踊れるというのはどこかで聞いてたけどこれはすごかった。「純情主義」の愛佳ちゃん怜ちゃんずっきーのつよつよユニットもオーラが飛び抜けてた。

期別はまずドラ3の「水夫は嵐に夢を見る」がまじでエモすぎました。パジャドラ最高。自分が初めて入ったパジャドラはこの曲が復活した2, 3回目ぐらいの公演だったので印象深いのよね。現ドラ3ではきょんちゃんだけ当時は見れてなかったので、数年越しに回収できたという気持ち。16期は「次のSeason」から「抱きつこうか?」の流れだったんですけど、衣装がむっちゃ可愛かったなー。「次のSeason」のキビキビした振りが16期らしい!ドラ2は僕太出演はよってなったし、「Generation Change」とか聴いたの全握ぶりです。これが最後にならないとよいけれど…

タイプ別(?)パートは「Position」でなーみんがオリポジの3列目だったので、次の曲で前めの曲来るーって思ったら「青春 ダ・カーポ」。いやーこれは!リクアワで聴けてなかったので、これまたサステナブル全握ぶりなのよ。ただただ嬉しいなあと。この曲の詞はこの場でやるとまた刺さりますね…。全員の「法定速度と優越感」も含めてなーみんオリメンの曲が聴けて良きでした。最後の曲はずっきー「大きな会場で披露するのは初めてです」とっても嬉しそうなずっきーを見て泣けてきた。「失恋、ありがとう」最高!

アンコール明けは「根も葉もRumor」だったんですけど、9月からコンサート系は干され続けてきたので18人バージョン見るのそういえば初めてでした。ずっきーセンターは納得だし脇を固めるのが蘭ちゃんとかなぶんというのもいいですね。撮影タイムも程々にラストへ。なーみんが書き初めに「スピーチ力」と書いてたんですけど、頭からアンコールまでMCでめっちゃスピーチするとこあるやんって思ってたら「少女たちよ」で声出し担当でした。いやすごいなホントなーみんは。

例によって着席コールなしではあったものの、普通に今年最初にして最高のコンサートでした。セトリも新旧取り揃えてセンターの人選も興味をひくものばかり。本当にこの28人が大好きだし、自分の好きなAKBはこれだと自信をもって言えます。17期も募集中という中で、このタイミングでしかできないコンサートをなんとか実現してくれて感謝。舞台も行くわよ。

SETLIST

前座

  1. ハイテンション
  2. すべては途中経過
  3. 泣ける場所

本編

  1. Baby! Baby! Baby!
  2. Seventeen
  3. そばかすのキス
  4. 大騒ぎ天国
  5. 青空カフェ
  6. MARIA
  7. 抱きしめられたら
  8. ツンデレ!
  9. 愛よ 動かないで
  10. 清純フィロソフィー
  11. 水夫は嵐に夢を見る
  12. 次のSeason
  13. 抱きつこうか?
  14. 未来の果実
  15. Generation Change
  16. 初恋の鍵
  17. Mystery Line
  18. 口移しのチョコレート
  19. Bye Bye Bye
  20. 純情主義
  21. 黄金センター
  22. 昨日よりもっと好き
  23. Position
  24. 青春 ダ・カーポ
  25. 法定速度と優越感
  26. 失恋、ありがとう

(Encore)

  1. 根も葉もRumor
  2. 恋人いない選手権
  3. ファースト・ラビット
  4. 少女たちよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA