SMALL WORLDS TOKYO 小さな国ちゃんねる 2020/12/6

前の日に行ったライブの会場の隣の隣ぐらいのイベント()12月から基本要予約でトークと歌のコーナーまでありのディナーショー形式になっています。平日とかに気軽に来れないじゃん…と思ってましたが、ディナーで出てきたローストビーフがうますぎてまあいっかとなる。もう一品ぐらいあったらなあとは思いますが。

この日は歌唱力コラボということになっていますが、なんでここでやるのかは先月から謎ではあります。先月は行けなかったので、今回こそはなーみんの歌聴きたいなあと思いまして。愛佳ちゃんとぴなこという組み合わせも珍しい。一説によると荒野行動トリオ。トークは愛佳ちゃんが基本回していて、もう完全にそういう役割になってるんだなーと。ぴなこはトークでは相変わらず無邪気に暴れています。ぴなこと愛佳ちゃんの全く噛み合ってないトークの応酬が面白すぎました。なーみんはちょっとタジタジしていた(笑)愛佳ちゃんのリベンジということで3人でスノードーム作りになってましたが、結局愛佳ちゃんが一番手こずっていた。今更ながら愛佳ちゃんってめちゃくちゃ可愛いなあと(何回も劇場で会ってるのに)。なーみんも前回は時間かかってたけど今回はスムーズでした。

歌は三者三様という感じ。愛佳ちゃんは正統派のオールラウンダーな向きがあります。歌の中のどの要素も全体的にうまくて聴きやすい。面白さでいえばぴなこ。高音域の独特の伸びがとても癖になります。低音もわりかし出る。伸び代があるなー。なーみんは、ご飯が出てくる前のリハで聴いた時に驚いたのですが、曲がTRUEさんの「Sincerery」でした。ヴァイオレット・エヴァーガーデンという作品も特別だし、この曲は去年TRUEさんの生歌で聴いているのもあり、おおお!となった。TRUEさんはこちらが仰天してしまうほど歌唱力が高いタイプのシンガーなので、単純にうまく聴かせるカバーというのは難しいとは思いましたが、想像以上になーみんはこの曲を歌い込んでいる感じを受けました。難しい跳躍がいくつもありますが、破綻なくこなしているのがすごい。サビの歌声のボリューム感も壮大な広がりがありとてもいいです。まあ、オリジナルと比べてどうこうではなく、こういう場でなーみんの歌で聴けたことがよかったですね。

リハ含めれば1時間半くらい楽しめたのかなー。歌聴けてディナー込みで5,000円なら十分という感じ。次はたぶん24日。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA