2020 J2リーグ 第1節 FC琉球戦

2020シーズンの開幕戦なんですが、タグを見ると前に記事を書いたのが2016年の京都戦なのにビビってます。色んな意味で楽しませてくれたエスナイデル時代がなかったことに()調べてみたら案の定スタメンが全員入れ替わっている。いちおう2017シーズンは5試合ぐらい観ているのですが、物を書く余裕がなかったのでしょう。それでも2018年の山形戦以来に来たので1年以上ぶり。第2江尻時代は本当になかったことに。

試合は開始1分で先制という、このチームにはなかなかない滑り出し。キックオフ後、左サイドに渡ったボールから、ほぼノーステップの質の高い堀米のクロスボールが上がる。エリア内では川又がマークを引きつけて米倉がフリーに。うまく飛び出してゴール。幸先は良いのだけれど、ここからは89分間耐久戦。完全に崩されることこそないものの攻められっぱなし。なんとかボールを奪取してはただただ前にボールを蹴り出すことの繰り返しという、ビルドアップすることを放棄するかの如き引きこもりスタイルです。基本4-4-2で、終盤の選手交代後は5-4-1になって更にガチガチに。結果としては89分間しのぎにしのいでウノゼロ勝利。これぞ尹晶煥サッカー!

最低限フォーメーションを崩さず守備できていたことと、新GKの新井の安定感もあり、決定機は作らせなかったのですが、ひたすらフラストレーションが溜まる89分ではありました。ただこれを耐えて勝ち切ったというのは、今までこのチームがどうしても出来ていなかったことで。2017〜2018とエンタメに振り切ったサッカーを指向した結果がアレだったので、もうリアリスティック路線で行くしか道はないわけです。この10年で似たようなスタイルで行くことを模索してた時期はあった気もしますが、その度に頓挫していたので、このあたりはユン監督の手にかかっていると言えましょう。結果が出ていれば全て良し!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA