サステナブル 劇場盤発売記念大握手会 横浜 2

先週の話。台風の次の次の日だったんですけど、地元から来ようとするとちょいちょい電車止まったりでギリギリ3部に間に合わず()着いたらチーム8の新メンバーの自己紹介と握手会やっててめちゃくちゃ混雑してました。10人以上でベルトコンベアするのは無理だな〜全握でさえ推しメン以外と話すのきついと思うのに。でも電車乗ってる間にプロフィール見た感じみんな可愛いので期待大。早いところ顔と名前は覚えたいので劇場とかイベント出てほしいです。

あとは5部と6部で何枚かしか持ってないので、薄い話しか出来なかった気がするけれど、5部で初めて抽選当たって生写真もらえました。うれしー。「ちゃんと当たるもんなんだって安心したでしょ」うん…。徳島と愛媛ツアーの話とか、あと自分の話とか。「これからもっと会えると思う〜」とか言ったけれど、嘘にならないようにしたいなあ。。。

サステナブル 劇場盤発売記念大握手会 横浜

握手会も行ってたよという報告。8月の券は取れてなかったので、5月のNWMの個握と全握ぶり。その間に出来る限り公演とかイベントは行ったけど、話せる場がないのはきつかったなあ…。

今回は岡部麟ちゃん1人で22日全部、23日3〜6部で20枚くらいでした。もっと取りたかったけど時期的なところで。。。1部に何人も買って回りきれないみたいな話をよく聞くんですけど、1人しか行かないとその点はひじょうに楽です。麟ちゃんは22日は暗めの花柄のワンピで、23日は白のブラウスにジレ、リボンで髪はポニテでした。23日のはSRでバーテンダーとか言われてました。詳しく握手レポするのは趣味じゃないんですけど、広島で目合わせられなかった話とかFortniteと同じディベロッパの某ゲームなら全一な話()とかはしました。ちなみにおまけの抽選は全ハズレでした。まあ話したくて来てるので会話のプランが崩れなくていいんですけど、2sとかもう撮れないのかもと思うとちょっと辛いかな…

東山奈央 1st Tour LIVE Infinity

ツアー大阪と横浜2公演に行ってきました。
ステージを見ると、バンドのセットがあるのは当然ですが、バックには「アパートのような」(byなおぼう)部屋のように区切られた正方形が横に5つ並んでおり、それが3段積み上がっています。某nmさんのライブのセットでこんなんあったなあと思って、最初は一番上のブロックから出てきてワイヤーで飛ぶのかな?と想像したのですが、1曲目「群青インフィニティ」は普通に下段中央の扉から出てきました。12月にも聴いたこの曲ですが、楽曲のもつパワーがとにかくものすごい。これぞライブのオープナーという勢いがあります。なおぼうの歌も煽りもいい。うぉーうぉーという会場全体の声が力強いです。この勢いそのままに「True Destiny」へと繋ぎます。奈央コールすごいな(笑)始まってわかるのが、ブロックは一つおきに空洞とLEDスクリーンが混じっていて、スクリーンは当然曲に合わせて映像が切り替わるようになっています。特に大阪はほぼセンター0ズレの位置に座ってたのでよく見えたんですけど、よくある巨大ワイドスクリーンと比較して派手さはなくともシンプルにスタイリッシュでかっこいい。 青空ダイアリーは振りコピ曲になりそうな感じで楽しいです。なおぼうのイメージにぴったりな可愛らしい振り付け。これまたスクリーンに晴れやかな青空が映っていてたいへん爽やか。灯火のまにまにはフルのライブで聴くのは初めてなのですが、披露する機会も多いのでかなり定着している感じがあります。さよならモラトリアムは曲の途中で大人チャレンジという謎のお題になおぼうが挑戦してました。ギター弾いたりわりとガチになっていた。 ダンス曲パートは毎回楽しみなところですが、今回のダンス系新曲は楽曲派も食いつきそうなトリップ系EDMになっていて一層期待がありました。やはりダンスパフォーマンスはハイクオリティ。今まで声優系で見た中では随一だと思います。ただうまいだけでなく、ちゃんと魅せるダンスになっているのがすばらしいですね。これほどダンスを見ることが楽しいと思えるのはなおぼうのライブだけです。加えてMode Styleではスクリーンの裏に隠れてスクリーン上でお着替えしてみたりする演出があって全然飽きさせない。なおぼうのファンじゃない人でもここだけは見てほしいですね。 バラードパートはいつもながらになおぼうがかなりの時間を取って歌に込める意味を語るのですが、まあ長いという意見もあるにはあるのでしょうが、この時間がなおぼうらしくて好きだなと毎回思うところです。フリフラの灯りも消えて、純粋になおぼうの歌だけを聴く時間が心地いい。 横浜初日公演ではここでキャラソンのパートがありました。何を歌うのかビクビクしていた部分はあったのですが「キミとボクのミライ」「Your Voice」「エブリデイワールド」「愛・おぼえていますか」「ここからはじまる物語」・・・どれもなおぼうと出会ってからのあの4年間の日々で聴いてきた曲たちです。久しぶりに聴く曲、初めてライブで聴く曲それぞれあります。「愛・おぼえていますか」はマクロスΔバージョンで始まったかと思えば、フリフラの色がピンクに変わるとともになおぼうの声色が変わり、神のみバージョンになるという演出までありました。神のみバージョンを聴いたのは、まさに5年半前のことです。ピアノから立ち上がって、せりから降りてこの曲を歌ったなおぼうが脳裏に浮かんで、あの日に感じた熱さが蘇ってくるような…。 終盤はいまや定番のイマココ、君と僕のシンフォニーから未来YELL!のコールアンドレスポンスと、声を出せる曲で盛り上げて締め。まだアルバム2枚なのに曲がバラエティ豊かなんですよね。楽しい。 横浜2日目のアンコールではAice5の「Love Power」をカバーするという、そういうのもあるのか…。前半のMCでAice5のパシフィコ横浜公演に来てたという話がフリだったのですが、まぁ我々の世代の曲と言いますか、なおぼうがアニクラの選曲したときも思いましたが、やっぱり同じ世代を生きてきたんだなあという感じがあります。最後は「君の笑顔に恋してる」で全員振りコピ締め。からの、横浜2日目ラストはダブルアンコールで「群青インフィニティ」!もう思い残すことはないですね。 フルライブが武道館以来で久しぶりだったので、どんな形になるのかあまり予想できないでいたのですが、想像以上にクオリティの高いライブで、特に初日の大阪公演では度胆を抜かれました。歌とダンス、バンドのパフォーマンスはもちろん、丁寧にライブの流れを作ってお客さんを入り込ませるセットリストと進行、スクリーンを使った演出や照明、フリフラも含めて、シンプルながらも非常に緻密に構築されたライブです。万人にオススメできるライブだと思います。と同時に、出会った頃から時間は経っても、いつまでも変わらない なおぼうがステージにいることに、とても安心を感じたツアーでもありました。「辛いときに私がいつでもここにいることを思い出してほしい」。昔から変わらない長い長いMCで語る言葉も、少し背負うものが大きくはなりましたが、本質的には不変のファンへの眼差しと愛情を示しているように思います。ほんと信頼の塊みたいな人だなあと改めて。また近いうちに会いたいな。