富岡八幡宮行った

ちょっと前ですが(11/19)、錦糸町からちょっと運動がてら徒歩で富岡八幡宮まで行ったときの写真。なぜ富岡八幡宮なのかというと、白鵬の連勝が15日に止まったので、一回超五十連勝力士碑を見とくかと。

錦糸町で降りてまずは駅のベンチで飯。東京は座るとこもないよ。

錦糸町といえば秋葉原とか御茶ノ水に行くのにだいぶお世話になってるけど、今までトリフォニーホール行ったぐらいで、あまり降りたことはなし。あとは両国から歩いたぐらいかな。昔ながらの地域だと思うんだけど、駅前はさすが副都心、立派に栄えている。

ちょっと外れれば静かな道に出る。どうせ歩くなら静かな道のほうがいいんだけど、大通りのほうが道は分かりやすいジレンマ。

で、細めの道を歩いてる道中でいくつも橋を渡った。古い橋もある新しそうな橋もある。細い川だか水路だかがたくさん。どこの川から流れてるんだろうなあとか思いつつ、地図を見ても入り組んでてややこしい。後から考えたらこのへんはもう埋立地なわけで、道理で堀みたいに綺麗に流れてるわけだと。

せっかくなので橋の名前を撮っておいた。どんなに小さい橋にも名前がある。隅田川とか神田川とかの橋もそうなんだけど、東京のこの地域の一つの風景って感じがして好きなんですよね。

小さいけどこれも橋。

この八幡橋を渡れば神社の裏の入口。この裏の入口から入ってすぐの参道に横綱力士碑・出羽一門友愛之碑・超五十連勝力士碑がある。



横綱力士碑は3つの大石碑に別れていて、現在は中央と右側の石碑に歴代の横綱力士の名が刻まれている。中央の石碑の裏に初代明石から45代若乃花と無類力士雷電、右の石碑の表に46代朝潮から66代若乃花、その裏に未だ記憶に新しい67代武蔵丸、68代朝青龍、69代白鵬の3人の名がある。12代陣幕が建てたこの石碑群で最も古い中央の石碑はだいぶ年季が入っているようで、刻まれた文字が目を凝らしてやっと見えるぐらい。左右の石碑は後から建てられたのか、側面に中曽根康弘なんて名前が刻んであったりする。
出羽一門友愛之碑は昭和の後半に建てられたらしく、石碑には天龍三郎の文字。はてと思ったら、やはり春秋園事件を起こした天竜が書いたものらしい。達筆で知られていたそうな。

超五十連勝力士碑は昭和の末期に建てられたもので、江戸の谷風63連勝から千代の富士の53連勝まで5人の名がある。11角形になっていて、これも新しい碑のせいか、某スポンサーのマークが下のほうに刻まれてたりする。白鵬を含めると空きはあと4人なわけですが、自分の生きてる間には埋まらないのは確か。白鵬の連勝がストップしたので、間もなく白鵬の名が刻まれるものと思っていたら、その力士の最高の記録を刻むことになるそうで、どうやら刻まれるのは引退後ということになるらしい。少なくとも5年は後でしょうか。

さて目当てのものもじっくり見たし、ひっそりお参りして帰るか、とか考えて本殿のほうに出てみたら、思いの外賑わっている。とりあえずお参りはして、表参道のほうを見てみると出店も出ていて良いにおい。ちょうど酉の市の日だったみたい。全然知らんかった。

出店の並ぶ表参道を歩いていると、もう一つの目当てが。大関力士碑。歴代の最高位大関力士の名が時代別に刻まれているが、どういうわけか平成以降は96年引退の霧島で打ち止めになっていて、貴ノ浪・千代大海・出島・武双山・栃東・琴光喜なんかの名前はない。刻むスペースが足りないのかな。

すぐ傍には強豪関脇力士碑というのがあって、こちらはだいぶ前に打ち止めになってるみたい。最近で言うと若の里とかでしょうか。なぜか力道山の名前が白くなっている。もう片方には巨人力士碑。2m超の巨人の名がその手形とともに刻まれている。曙の名前が入るという話があったとかなかったとか。琴欧洲はひょろいからダメだな。

神社を出たあとはもうちょい歩いて月島のあたりまで行きたかったんですが、もう暗くなりそうだったので断念。越中島までまた1kmぐらい歩いて京葉線で帰りました。墨田区~江東区で計5kmぐらい歩いたかな。たまに京葉線乗ると景色が総武線と違って良くて実に清々しい。

それにしても、九州場所2日目の白鵬-稀勢の里はリアルタイムで見てて、もうぶったまげたという他ない。まさか寛さんが。まあ名古屋・秋とかなり善戦していたのは事実なんですが、先場所の横綱戦以外の情けなさといったらもう。おかげで今まで寛さんにだいぶ御執心だった某貴親方まで連勝ストッパーは安美錦とか言い出していたので、寛さんは24にしてもう落ち目に入ったのかと思っていましたよ。でも単純に横綱戦の内容を見るとすれば、連勝をストップに一番近かったのはやはり寛さんだったわけで、ストップしてから納得。まぁ何が言いたいかと言うと寛さんは大横綱になるフラグしか立ってないんだから頑張って上行ってねということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA