2017終わり

今年も何もせずに終わってしまいます。毎年毎年早かったと書いているんだけど、今年は特に早くて、これからの人生はこういう風に時間が過ぎていくのだなと思ったりもする。そう感じる理由はそこそこ分かっていて、今の生活は週末の土日しか自分の人生を生きている実感がないわけです。それ以外は別の人が生きているようなもので、実質的に生きている時間が七分の二しかないのが今の状態。でもそうしないと頭がおかしくなりそうなんで仕方ない。休みの日に趣味とか充実していれば楽しくやっていけるでしょと、3~4年前は思ってて、それで実際今年は色々と奔走したわけだけど、そういうわけでもありませんでしたということで。来年は人生の回復に目途をつけることを目標にします。

そういうわけで、今年はオタクイベントしか行ってなくてそれしか書くことがない。今年のテーマといえば、21歳の伊波杏樹さんを出来る限り見届けるということでした。2月のAqours 1stライブの後、今年1年後悔がないように身を振ろうということを決めて、実際どうだったかというと、出来たこと出来なかったことはあった。それでも本当に楽しくて、杏樹ちゃんのことがもっともっと好きになった1年だった。Aqours 1stライブは本当に大きな出来事で、あの時の杏樹ちゃんの言葉が何度もリフレインしたままここまで来たという感じ。ああいう感覚をまた味わいたくて、主演舞台だった「ブラックダイス」とか、記事にしてなかったけれど「MONSTER LIVE」というコントライブを観たことも大きかった。そういう意味で、今年の方向性としては今そこにあるリアルタイムの表現ということに拘った1年でもあった。とりわけ舞台上で芝居を演じるという面に注目したのは、どうしても音楽に寄ってしまいがちな僕にとっては新しい発見と気付きがあった。これまたなんで記事にしていないのか分からないんだけど、奈々ちゃんの主演ミュージカルだった帝国劇場での「ビューティフル」や、なおぼうの朗読をほしxこえをはじめとして色んなイベントで聞いたり、そういう体験ができる場に多く参加できたことは自分の中で財産になったかな。

それにしても、今年は書いていないイベントが多すぎてイベンターノートとか見ないと振り返りもままならない。1月から土日がイベントで埋まっている生活で、最初から書くスピードが追いついていなかった。上に挙げたものを除くと書いてなかったイベントの中では、ワルキューレの2ndライブ、終末のイゼッタの春と秋のイベント、トリニティセブンのイベント、途中までしか観れなかったけど月がきれいのイベント、はやみんの池袋のリリイベが楽しかったかな。ラブライブ!関係は全部書いたかと思ったらブシロードライブとスクフェス感謝祭は書いてなかった。この時期は色んな意味で険しかった。ラブライブ!もなあ。元々大好きな作品だけど、この2年でとうとう本格的に取っ捕まってしまいました。今までなかった必死になれるものがその中でできたっていうのは一つあるとして、それだけじゃなくて、結局3年前のアニサマやμ’sの5thライブから続いているものがあって、それはライブに参加することで常に最大限の多幸感を得られるという体験の尊さだ。この点でこの作品に裏切られたことは一度もない。それを今年の2月に本当に確信したから今がある。いつまで続くかわかんないけど、来年もできる限りやっていくよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA