NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO

行ってきました。1年ぶりのNHKホール。去年もNHKホールでAqoursちゃんを見たんでした。イベント自体はあれだったけど今考えたらあの時観れてよかったなぁとは。
Untitled席は2階の上手側。Aqoursのファンが結局一番多かったようにも感じるが、とにかく色んな層の人たちが集まってて見てるだけで面白かった。1階の7~8列目ぐらいまでは別枠で募集されてた留学生とかがいたけど、2階にも外国人はちらほらいた。

先にAqoursパートについて書いておくと、順番は2番手。最初はいつものオープニングムービーから、ファンミと同じ形式で順番にメンバーが出てくる。衣装は例によってみらぼく。というわけでフォーメーション見るまでもなく、未来の僕らは知ってるよからスタート。この衣装ももう見慣れたもんですが、ラブライブ!史上最高の衣装だから全然飽きないな!とりあえずワンコーラス歌って、続けてHAPPY PARTY TRAINというのはファンミと同じ流れ。今年のAqoursの看板みたいな曲だけど、TVでの収録はそいや今までなかったですね(アニサマの放送はあったが)バックが全面スクリーンになっていて、それを3つぐらいに分けて映像を流してた。流れてる映像は全部同じPVなんだけど。ここでMCなんだけど、杏ちゃんは番組名噛むし、りきゃこが英語であいさつするんだけど、ド緊張していて言い間違いも自分でわからんレベルだったという。まぁ今までのAqoursの現場の中では一番アウェイなイベントだったし仕方ないのかな。そんで最後の曲は、なんとなんとMIRAI TICKET。2ndライブと同じタイトルコールを聴いて思わずやったー!とか言ってしまった。あにゅパもLAも行ってないので、円形フォーメーションじゃないバージョンは初めて見るわけです。この名曲がTV放映されるのは嬉しいねえ・・・。いったん捌けて、司会の有働さんと村上さんとのトーク、with西川貴教。Aqoursちゃんが戻ってくる間に西川さんがラブライブ!サンシャイン!!の宣伝してた。西川さんが何か言うたびに横で笑ってた杏ちゃんがかわいかった。トークはやっぱりワールドワイドな話なので、直近の韓国ファンミとかその前からの海外イベントとかでの話。杏ちゃんとりきゃこだけじゃなくて5人ぐらいに話振ってたのはこういうのでは貴重。まぁせっかく9人いるのでね。きんちゃんが村上さんからタカツキング公認。あと会場にいた推しを選べないペルー人のオタクがインタビュー受けてた。AqoursのあとのT.M.Rは全曲ガンダムでサンライズリレーが完成していて笑ってしまった。

あとの出演者に関しては、正直どれもわからんなと思っていたんだけど、楽曲派だからコーネリアスとかSEKAI NO OWARIは腕組みながら聴いてました。コーネリアスはCD何枚か持っているのだけどどれも90年代のものなので、なかなかの轟音ギターミュージックと化しているのには驚き。SEKAI NO OWARIはバンド名が日本語表記だった頃に、某ジャズ批評家がレコメンドしていたなあとか思い出していたのだけど、それだけのことはあった。じつにカラフルなおもちゃ箱サウンド。ボーカルの透明度変幻自在。あと最後に出てきたNEWSの、特に手越祐也のパフォーマンスが半端なさすぎた。動きのキレから表情、細かい仕草まですべてがTHE アイドルという動きをしていたよ。これがプロフェッショナル。それぞれのファンを見てるのも面白かったし、普段見ない人たちを見聴きするのはそれなりに意義あるよね。充実していた。これ無銭とは・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA