秋葉原中央通り

10年前に撮った1枚の写真が今見たら面白かったので同じ地点から撮影してみる。

PICT0017
P9221958
上が2004年9月19日の秋葉原中央通りで、下が2014年9月22日。

秋葉原という街は昔も今もそんなに頻繁に行ってるわけでもないけれど(2009年の間だけはかなり足繁く通ってましたが)、長い間行かなかったということはないし、継続的に見てきてはいる。初めて来たのは1998年頃だったと思いますが、自分の足で(彼の地から…)来たのは2003年かな。11年の間で店舗が入れ替わったりビルが入れ替わったりと忙しく街が変わっているのは来たときにその都度わかるんだけど、ビルが取り壊されて建設期間があってようやく新しいビルが建ってみたりすると、もうすぐに記憶が書き換わってしまってその前のビルの面影なんてどこか行ってしまう。それが積み重なって、少し長いスパンで振り返ったとき街がどんなふうだったのか、ほとんど思い出すことができない。ただでさえ変化の激しい街だから、それを寂しく感じてきたんですよね。

それで、10年前に自分で撮った写真を見て自分で驚いたわけです。こんなに違っていたかと。と同時に、でも確かに昔はこうだったなあと。前にも書いたけど、さすがに10年は重い。2004年なので、まだUDXやダイビル、あとヨドバシなんかは建設中で、アソビットシティが入っていたミナミビルにちょうどドンキができたあたり。アキハバラデパートはまだ全然健在でした。写真で見える範囲でいうと、まず中央の日本通運のビルは住友不動産の高層ビルになったし、奥のヤマギワはもう当時ソフマップに譲渡されてましたが、今では看板もソフマップ。秋葉館は割と最近?に近くのリバティーのあるビルの上に移転して今はラムタラ系列のムーラン。サトームセン本店は閉店してしばらく放置されたあとクラブセガ。廣瀬無線ビルは上にあったneccaが潰れただけでメロブもHeyも未だにやっているし変化が少ないような。一番手前のソフマップも変わってないように見えるが、当時はマルチメディア館で、今はアミューズメント館になってゲームとか売っている。駅側の並びは、一番手前のロケットソフトセンターはビル自体が無くなってスターケバブとか出てる屋台村になった後、最近またいきなりビルが建ってアドアーズとかいうカラオケ店になりましたね。その一つ奥のラムタラは今も同じ場所にある。右上に「NA」と見えているのはナカウラ本店ビルで、取り壊されたあとは今はAOKIのビルが建っている。見えてないけどその一つ手前にあったアソビットシティは今はパセラリゾーツですね。これ以外にも、LAOXザコンは廃墟化したあと今はAKIBAカルチャーズZONEになったり、俺コンが入ってたビルはまんだらけコンプレックスのビルになったり、ラジオ会館も新しくなったり、裏通りなんて目まぐるしくパーツショップが変わってますね。むかし同じクランの人がいたBLESSって店もいいとこにあったのに潰れちゃった。

正直、自分が見てきた期間というのは大きな変化はそこまでない期間だと思っていて、例えば青果市場がバスケットコートになったり駐車場になったりみたいなそういうぱっとわかる変化はない(と感じてた)わけです。たかだか10年。でもそんなこと言っても、実際はUDXは建つしヨドバシは建つし、見ての通り色々変わっていた。これが忘れてた街のイメージだった。まだ思ったよりアニメの街じゃなかったなあ。そういえば、私が秋葉原に最初に来た用事って時計の電池の交換だったんでした(あとメディアランドでGBASPを衝動買いした)。その時計屋も今はもうない…


にしても、昔の写真見てると明らかにカメラの使い方を分かってないようなピンボケ写真が多くて憤死してます。昔使ってたミノルタのDiMAGE S304というコンデジは一部で人気のあったカメラのようで、当時としても分厚いボディからして機能は多いんだろうなとは思ってましたが、実際昔の写真(これとかこれ)見てると、なかなかシャープに撮れています。まあだいたいは私が撮った写真じゃないというのが問題であり、上の写真と同じ日に撮ったやつとかなんというかもう、ほとんどが携帯で撮ったのではないかと見紛う写真でして。構図とか考える能力がろくにないのは今もですが、昔からせめてもう少しカメラの使い方を知ってりゃなと思う昨今。とか言いつつ、今もそんな知らないけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA