ヨシマサ56th生誕祭2022「独りじゃないのよ今夜は」

BAJにAKB案件で来るとは…

よすすライブに初めて来てみたのでした。

なーみんが不定期に出演していることもあり、配信では何回か拝見しています。今回は生バンド入りということで、歌以外のアンサンブルも楽しめる構成。序盤はワウを効かせたギターを呼び水にヨシマサさんがソウルフルに歌い、賑やかなブラスも飛び交うファンキーなパート。リズムもバラエティに富んで、4ビートでもハネた三拍子でもノっていける。ゲストパートを挟んで終盤はヨシマサさんがギターに持ち替えてザ・オヤジバンドな趣に。分厚いギター、ストレートなビートがひたすらかっこいい。各曲でリードギター泣きの長尺ソロもフィーチャー。言うことなしだぜ。

中盤にゲストパートがあって、えりなーみん登場。なーみんは「制服が邪魔をする」をソロで歌唱。ボトムを効かせながら、いつもよりいくぶん艶っぽい歌声がめちゃくちゃにハマっています。アレンジはボッサ調で、なーみんの歌とフルートの音色との絡みが美しい。ピアノ含めたリズムがパーカッシブに畳み掛けるサビ後半のアレンジもかっこいい!フルートソロを経ての大サビ、なーみんの歌の真に迫る憂いに思わず息を飲んでしまう。復帰間もなくて少し心配してたけどいつもと違う攻め方でよかったなー。この曲といえばの「Ah!」も聞けたし(笑)

えりちゃんはこれまたボッサ、ヨシマサ公演からの定番「Everyday、カチューシャ」。明るいんだけどハスキーで少しピリッとしている彼女のヴォーカルがとても合っています。そのヴォーカルと並んで、テナーが楽曲を通してとてもスウィートな存在感を放っていて、さながらGetz/Gilbertoのようです。なーみんのサックスも聴きたかったなーとも思いつつでしたがこれは組み合わせが素晴らしい。躍動的なBメロのベースラインも印象的で、位置的に近かったのもあって手元をガン見しちゃってた。ラストにデュエットで「真夏のSounds good!」。生ペットとサックスによる間奏のフレーズが聴けた時点で優勝です。かっこよぎる。

アンコールでは「誰かのために」も聴けたり。思い出深い曲なので嬉しい。最後はいつものように「やすすのダメだし電話」で締めるんですけど、コーダ部で一体になってボリュームもテンションも高まっていく様がまさしくバンド音楽!完璧に決まりました。音楽聴いて身体動かして推しメンの歌も聴けて楽しかったー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA