僕の夏が始まる公演 2020/1/27

このスパンで劇場来るのは久しぶり。と言ってもキャン待ち対外だけれど。気がつけば推しメンがいない公演も久しぶりだったので、正直楽しめるか不安だった…

先月入った僕夏公演からメンバーが半数入れ替わっています。前に七瀬が出てたのは見たいなーと思っていたのと、あとは劇場でまだ会ったことがなかったずっきーを見るのも目的。初日メンバー以外の僕夏は16期が多い印象でしたが、その後も何人か加わって半分チームB公演みたいな向きもあります。当初の目的通り、色んなメンバーが入るようになって楽しいな〜。

グループ新センターのずっきーはこの公演でもセンター。とにかくかわいい。MCでのおとぼけ感も相まって、パフォーマンスはピシッとしているのに妖精みたいにフワフワしたようなフシギな印象があります。スタイルもいいので「胡桃とダイアローグ」のようなスタイリッシュなダンスナンバーもとても映える。かと思えば「恋人いない選手権」でアイドルオーラを超爆発させたり。この曲のずっきーがめちゃくちゃ楽しそうで、我慢してた振りコピを解禁してしまった…。ソロコンの次の日なのに全然感じさせない。

ソロコンでいえばさとちゃんもいて、もちろん正統派アイドルぶりは言うまでもなく。「ウィンクの銃弾」で見せる背伸び感とか「キンモクセイ」での切なげな顔とか、ギャップが好き。全部ひっくるめて年相応の「少女」というイメージ。

そういえば、この日初日のさっきーが公演通してかなりハジけていて楽しそうでした。柏木さんとみぃちゃんのポジションではあるけれど、MCでも自分で言っていたように、まったく緊張せずにパフォーマンスを楽しんでるのが見て取れる躍動感。「女神はどこに微笑む?」でも村山キャプテンに引けを取りません。その村山キャプテンは通算1001回目の公演ですが、やはりハイレベルなパフォーマンスについつい目が行きます。どんな曲をやっていても発見がある…

この公演でのお目当ての七瀬は割と上手と下手を行ったり来たりすることが多くて、センターからだとちょっと見えにくい場面が多かったけれど、たまにセンターに来るとニコニコしてて明るい気持ちにさせてくれます。ダンスはどちらかといえばゆったりしている方ですが、それがむしろますます美しくなるビジュアルを引き立たせています。ユニットとか中盤の衣装を着るとその美脚がよく目立つ。腕をいっぱいに伸ばして振る「メロスの道」とかも映えますね。「最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?」での情感もいい。

個人的なこの公演のMVPは怜ちゃん。「Seventeen」のラスト一節「このまま ずっと 初恋の人」の表現があまりにも曲の物語に一致していて、この一瞬で怜ちゃんが卒業アルバムの右の端の初恋の人とぴったり重なった…感動しすぎてちょっと泣きそうになってしまいました。このおかげで公演中怜ちゃんから目が離せず。冷静でちょっと毒舌なキャラとは裏腹に、とても爽やかな青春の煌めき溢れるアイドルです。アルバムの中の過ぎ去った美しい青春そのものが目の前に現れたような…そんな存在感。「ポニーテールとシュシュ」まで全部良かった!

推しメンがいないので、前回と比べてかなり全体を見渡せたような気がします。これはこれで色々発見があって楽しい。ビンゴ優勝に続いて対外入場だったので、次はもう少し前で見たいかな…

LOVEのポーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA