AKB48チーム8 全国ツアー 47の素敵な街へ 大阪府公演はエイトの日! グランキューブ祭り! 2019

エイトの日朝昼公演に参加しました。チーム8単独は山梨以来なのですが、その間にメンバーの顔と名前は全員一致したと思ったら、今度はOGメンバーも参加ということで、もうさすがに誰が誰だかわかりません。 朝公演は14列目通路席だったので、どちらかといえば前。前座の「抱きしめちゃいけない」よかったのに前座だから大して聴いてる人がいなかったのがもったいない。頭の3曲でいろんな人が客席に来てくれたけど、「会いたかった」でマイ推しメンがすぐそばに来たので、あと誰が来たか忘れてしまった()ライブだと今までで一番近くで見れたかも。クソみたいな物販並んで団扇買った甲斐があった。OGメンバーもいるので全員集合するとステージに50人以上いて、さすがにそこそこの規模のコンサートホールとはいえ狭く見えます。今年入ってからやめたメンバー多いなあ()2019年新規なので、くれにゃんまではわかるけどそれより前はちらほらという感じ。 まず2代目のガッツフレッシュがユニットやって、それから各地域のほぼオリジナルメンバーのユニットパートが続くという構成。関東メンバーの「Seventeen」が(ついこの間まで今日出たメンバーは揃ってたのに)えもかったなあ。歌詞がなんだかしおりんっぽくて。ほぼオリジナルメンバーの「汚れている真実」はいつ見ても風格と迫力がある。「思春期のアドレナリン」と「星空を君に」が撮影タイムなのはもったいなくない?と思いつつも、いい位置なので結構目線もらえました。iPhone5sが限界すぎてあれですが。最後は怒涛の8持ち曲。 昼公演は2階のサイド席みたいなとこ。これまた通路だけど、朝では大してメンバーが来なかったとかいうので、まあ期待せずにいたのですが、結局アンコールによこちゃんが来ただけだったような。昼公演は現役のみでエリアごとのユニット。いいなと思ったのは中部かな。さやりんが特に。「制服が邪魔をする」でいい表情してるなと思いました。はっつとかもこういう曲のほうが似合ってるかもしれない。年齢的にも。九州メンの「ラッキーセブン」これもなるちゃんがカラオケで歌ってなかったっけ?笑 関東の「2人乗りの自転車」はマイ推しメンセンターでした。大サビで一人だけ前に出るところのアイドル感やーばかったな〜。キレイすぎ。そのあと関西メンがコントし始めたんですけど、何度も同じMCを繰り返すエンドレスエイトリスペクトで、分かる人いるのかなと思いました()関東メンバーも付き合わされてて笑っちゃったけど。てか、山田が朝公演からMCにたびたび登場するので実は卒業してないのでは?ってなる。撮影タイムはなぜか練り歩きなしだったうえに、そのまま本編終了。段取りが謎。でも最後の芹佳の言葉から「夢へのルート」は泣けたな〜。まあ、昼公演はお見送りが一番勝ってたかな(
暑い

SETLIST

朝公演 前座

  1. 夢へのプロセス
  2. プライオリティー
  3. 抱きしめちゃいけない

朝公演

  1. ラブラドール・レトリバー
  2. 会いたかった
  3. 恋する充電プリウス
  4. 初恋泥棒
  5. ガラスのI LOVE YOU
  6. 制服のバンビ
  7. アボガドじゃね〜し…
  8. ずっと ずっと
  9. 心の羽根
  10. バラの儀式
  11. 結晶
  12. 桜、みんなで食べた
  13. Seventeen
  14. 汚れている真実
  15. 思春期のアドレナリン
  16. 星空を君に
  17. 挨拶から始めよう
  18. 蜂の巣ダンス
  19. 制服の羽根
  20. 夢へのルート
  21. 好きだ 好きだ 好きだ

(Encore)

  1. 47の素敵な街へ
  2. 一生の間に何人と出逢えるのだろう

昼公演 前座

  1. おはようから始まる世界

昼公演

  1. 47の素敵な街へ
  2. 生きることに熱狂を!
  3. 挨拶から始めよう
  4. すべては途中経過
  5. ペダルと車輪と来た道と
  6. 遠距離ポスター
  7. 制服が邪魔をする
  8. オーマイガー!
  9. しぇからしか!
  10. ラッキーセブン
  11. ウインクは3回
  12. 清純タイアド
  13. 昨日よりもっと好き
  14. 君は僕の風
  15. 空腹で恋愛をするな
  16. High school days
  17. 飛べないアゲハチョウ
  18. 2人乗りの自転車
  19. イビサガール
  20. 何度も狙え!
  21. 虹の作り方
  22. 蜂の巣ダンス
  23. 好きだ 好きだ 好きだ

(Encore)

  1. 月の仮面
  2. 一生の間に何人と出逢えるのだろう
  3. 僕らのユリイカ
  4. 夢へのルート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA