乃木坂46 7TH YEAR BIRTHDAY LIVE DAY3

乃木坂ちゃんのライブにきました。
乃木坂ちゃんは曲はシングルぐらいしか知らないニワカなんですけど、旬のアイドルのライブは見ておきたかったので来てみました。ニワカだけどメンバーはだいたいわかるぜ! このライブは乃木坂ちゃんの楽曲を4日間かけて全部やるという恒例のイベントなんですけど、行ったのは4デイズあるうちの3日目で、概ね2016年以降の曲。その2016年にデビューした3期生の初楽曲(たぶん)、「三番目の風」から始まり。さっそくセンター大園桃子さんの笑顔がはじけて「来てよかった・・・」という感じです。大園桃子さんはふだん一人称が「桃子は〜」なのが好きなのですが、パフォーマンスになるとなかなかいい表情するのがまたよいです。 アイドルのライブは少なくとも4年か5年ぶりくらいに来たので緊張していたのですが、あまり特殊なコールもなく、概ね名前をコールしてオーハイするぐらいで非常に平和です。京セラドームはジャンピング禁止なのでマサイ推しジャンみたいなのも一切なし(そもそもソロパートが大してありません)。曲が静かなところでパンケチャというかクラップが聞こえるぐらいですね。いい歳してジャージャーとか言うのは勇気がいるので助かりました。 それにしても、何しろこの日も45曲もあるので、曲は2番なしのショートバージョンでサクサク進んでいきます。MCも全然ないので本当にサクサク。とにかく曲を回す進行です。誰が一番出てるとかは数えてないけど、ドームなので移動とか大変そうだ・・・。次々とかわいい女の子が出てくるし、それもみんな衣装がオシャレなので、花道を歩いて歌ってるのを見るとファッションショーでも見てるかのようです。15曲目の大園桃子さんと与田祐希さんのセンター曲、「逃げ水」を歌ってようやくMC。この曲はラスサビで渦になるフォーメーションが好き。なんだけど、センターステージでやっていたので省略されてしまっていたのが残念。なーちゃんのポジションは衛藤美彩さんだったかな? MCは桜井キャップが基本的に回してたんですけど、生田絵梨花さんがTVで喋るのと同じようにとぼけたことを言っていたのが印象的です。そういえば、TVに出てるような人たちをライブで見るのもずいぶん久しぶりです。 3期生に続いてフィーチャーされていたのが2期生メンバーで、堀未央奈さんと新内眞衣さんを中心としてメンバー紹介もあり。2期生でよかったのが、先ごろ初めて選抜にもなった鈴木絢音さんです。この日は髪をポニテにしていたのがまず超似合っていたのですが、それとともにどんな衣装も似合っていたし、なによりパフォーマンスのキレが素晴らしいわけです。「新しい世界」のようなセンター曲はもちろん、どのポジションにいても目が離せないものがあります。とくに中盤はアンダーアルバムからの曲も多かったのでずっと見てました。 それから新加入の4期生の自己紹介と歌唱もあったのですが、とにかくルックスの偏差値が異常なレベルです。ステージ上の受け答えはまだ子どもみたいですが、そこに居るだけで選ばれし子どもたち感があります。4期生といえば、お見立て会のチケット取っていたのに行けなかったんですよね。制服のマネキン観たかったなあ。 終盤に入って、生駒里奈さんのセンター曲「Against」はセンターを開けてのフォーメーションになっていて、僕はけっこう生駒さんのファンなので胸熱でした。そこからのシングル曲「ジコチューで行こう!」で盛り上がりが最高潮。ここで驚いたのが、センターの齋藤飛鳥さんがいつぞや見た3Dフライトで西へ東へ縦横無尽に空中を飛んでいたことです。髪をなびかせながら歌い飛ぶ飛鳥さん、ふつくしい・・・とてもふつくしい・・・・女神・・・・。この曲はほとんど唯一のフルバージョンでの披露でした。その齋藤飛鳥さんのこの日もうひとつのセンター曲、「キャラバンは眠らない」までやって本編45曲が終わりです。 アンコールは全曲縛りは傍に置いてヒットパレード。初っ端から「制服のマネキン」です。生駒さんの後のセンターはこれまた齋藤飛鳥さんがやっているようです。4期生含む総勢47人が集まって踊っているとなかなか壮観。続いては「ガールズルール」。これはアイドルソングの名曲なので聴けてよかった。コールがたくさん入っています。みんな花道に散っているのですが、こっち側に来た山下美月さんがその由緒正しいアイドル感を見せつけてくれておじさんは無事死亡。この曲もフル。最後はいつもの乃木坂の詩。この曲は唯一振りコピがあります。スタンドから見るとみんなで振りコピしてるのはいい眺めだったなあ。 シングル曲は少ないうえに選曲の縛りもあったので、初めて来たライブにしてはセットリストが辛口な感じだし、客もおとなしいので自分の楽しみ方ができるかっていうとそうでもないんですが、上にも書いたように、出てくるメンバーたちを眺めているだけでなんとも言えず多幸感が味わえました。大園桃子さんの笑顔のおかげで僕は生きられる。正直曲が多すぎて個々のパフォーマンスとか演出が印象に残りにくくはあったので、ふつうのツアーも見ないとダメかなあとは思います。なーちゃんの卒コンも見たかったけど、一見さん来てもしょうがないしね。いい経験をしたな〜というバスラ 3日目でした。
初めて来た京セラドーム
2週連続の大阪

SETLIST

  1. 三番目の風
  2. 風船は生きている
  3. 人生を考えたくなる
  4. 当たり障りのない話
  5. 意外BREAK
  6. ごめんね、スムージー
  7. 君が扇いでくれた
  8. 満月が消えた
  9. 硬い殻のように抱きしめたい
  10. 流星ディスコティック
  11. 忘却と美学
  12. 醜い私
  13. ワタボコリ
  14. 思い出ファースト
  15. 逃げ水
  16. 女は一人じゃ眠れない
  17. 泣いたっていいじゃないか?
  18. ひと夏の長さより…
  19. アンダー
  20. ライブ神
  21. 未来の答え
  22. 不眠症
  23. 新しい花粉
  24. まあいいか?
  25. 僕の衝動
  26. 釣り堀
  27. 自惚れビーチ
  28. その女
  29. 誰よりそばにいたい
  30. 自分のこと
  31. シンクロニシティ
  32. 新しい世界
  33. 言霊砲
  34. 雲になればいい
  35. スカウトマン
  36. Against
  37. ジコチューで行こう!
  38. 地球が丸いなら
  39. 三角の空き地
  40. あんなに好きだったのに…
  41. 空扉
  42. 日常
  43. 知りたいこと
  44. 告白の順番
  45. キャラバンは眠らない

(Encore)

  1. 制服のマネキン
  2. ガールズルール
  3. 乃木坂の詩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA