「僕の太陽」公演 黒須遥香 壮行会 2024/5/31

前回の公演に入ってから約2ヶ月間全く劇場公演が当選せず過去最高に不安でしたが当選しました。生誕祭と卒業公演しか当選しない説がある。ビンゴは11巡でセンブロ立ち2列目上手柱1だったけど半端な立ち回りになってしまった感。まあ彼方を立てれば此方が立たずなのがAKB48劇場なので。

前も書いたけど僕の中では僕太といえばはーちゃんみたいなとこがあるので、ラスト僕太で見られるのはほんとよかった。この日のポニーテールの髪型もこの公演の衣装にぴったり。あらためて見ていても、始まりから終わりまで公演のストーリーに寄り添った立ち居振る舞いがあまりにも好き。序盤で明るく爽やかな風が吹き抜けて、中盤で熱情を迸らせて、アンコールは100点満点のアイドル。以前、はーちゃんを「ごく自然にその曲の主人公として振る舞う大胆さがある」みたいに書いたのですが、これは本当にはーちゃんが持っている最高の能力。最初にパジャドラを見た時も手つなを見た時もそうだったし、オンデマで夢死なを見た時もそう思ったし、このラストの僕太でもそうだった。この日いた位置は完全に「僕の太陽」狙いで、そこにもはーちゃんとの思い出があるし、絶対指差しもらいたいと思っていたので、2サビで来て嬉しかったな。。。

この日は16期6人いたので、というか最近見る公演はだいたいそんな感じはしますが、やっぱり雰囲気は好きだなあという感じ。くるみちゃんがめちゃくちゃ可愛い髪型をしてて「竹内先輩」でレスくれたので幸となってました。あとはやっぱ、今の彩海ちゃんは今までにないくらい華があるなあと。ルックスは昔から華やかなんだけどステージ上でのアイドルオーラがめちゃくちゃあるなという感じ。高嶺の花っぽさもあるんだけど、彩海ちゃんの場合向こうからぐいぐい来てくれるのがいいよね。

そんな壮行会ではありつつ、やっぱいま自分の中で美波ちゃんの存在が大きくて、いつも美波ちゃんがどこにいるか気にしてる自分がいましたね。もっと近くで見たいけどもうチャンスが少ない……

壮行会はずきちゃんとなるたお、それから急遽ゲストで彩音ちゃんが登場したんだけど、はーちゃんが配信で「気づいたらもう彩音ちゃんと出る公演がない!」と言ってたので本当によかった。自分的にもこの半年ちょっとはこの2人にずいぶん楽しませてもらったことだし。1曲目ははーちゃんのソロで「サヨナラで終わるわけじゃない」。はーちゃんが麻友さん!というのは結構聞いてきたし、ぐっとくる選曲。何よりやっぱはーちゃんのソロの歌ってめちゃくちゃ良い。音の高さにそれぞれ色があって、それが混ざり合ってはーちゃんの歌声になっている感じがする。2曲目はずんちゃんも登場しての「抱きつこうか?」。人数は少なくなってしまったけど、やっぱこれだよね。この曲は今は間奏のダンスがはーちゃんがソロになるし、大サビの集合もはーちゃんがセンターに来るので、それもめちゃくちゃ今日のこの日にぴったりだった。大サビは何ヶ月か前は一番近くで聴いてたなあとか思いながら16期コール。

はーちゃんのメッセージもよかったなー。本人は「ファンの方に可愛いことも言ったりもできなかったですけど…」とは言ってたけど、いつも自然体なのがはーちゃんの魅力だと思う。だから受験挑戦も浪人も大学の両立もがんばるし今のこの選択もあるだろうなと思える。それでいてファンともちゃんと向き合えるしね。僕も最初の受験から大学卒業まで見てきて、単にアイドルの数年を見てきた以上のものを見せてもらってた感覚がする。

はーちゃんが「”あなた”を自分に置き換えて聴いてください」と言って始まった最後の曲は「アリガトウ」。これは……思い出がありすぎる曲。美波ちゃんとくるみちゃんの姿を見てても。この劇場で何度も聴いていたときとシチュエーションは違うかもしれないけれど、伝えたいメッセージは通底しているなと。そう感じた瞬間から涙が止まらんかった。間奏で「大好きです!」とだけ告げたのもはーちゃんらしかった。

何度も書いていますが、はーちゃんは劇場でのパフォーマンスがとにかく好きでした。好きだと言うわりに劇場ではーちゃんと会ったのはこの日で21回。その時その時の判断はありはしたけれど、正直もっと会いたかった。

何より初めて劇場で会ったのが忘れもしない2019年5月13日のパジャマドライブ公演で、この日のステージ上で彼女は正規メンバーへの昇格を言い渡されたのでした。この日からもう彼女のパフォーマンスはずば抜けて印象的で、途中からはーちゃんしか見ていなかったほど。そこから昇格発表だったので、いまだにAKBおたくをやってきた中で忘れられない瞬間の一つです。そのあと再販で8月の握手会の券を取ったんだけど個人的な事情で行けなくて、これ行けてたらはーちゃんを推してた未来もあったのかもしれない。

それから手をつなぎながら公演や僕の夏が始まる公演、香織ちゃんとやっていた何回だって恋をする公演でも楽しませてくれて、サムネイル公演が一度も見られなかったことは唯一悔いが残るところなのですが、チーム公演が終わってからは僕の太陽公演でめちゃくちゃ楽しませてもらって、その中で顔も名前も覚えてもらったのも嬉しかったですね。名前を覚えてもらったのはMVPを使ったときのことがあったとしても、それを1ヶ月ぐらい後の握手会で向こうから言ってくれるのにびっくりして。はーちゃんはそういうことができる子なんだよね。すごく衝撃的で鮮烈な最初の出会いから時間はかかったけど、最終的にそんな関係性になれたことがとてもよかった。最終的にと言ったってまだアイドル人生は続くわけで、クアラルンプールにはどこかのタイミングで赴きたいと思っています。はーちゃんのKLP48での活躍を祈るばかりです。

握手会の休日

5/25と26の日記。久しぶりにAKB握手会に2日間参加でした。劇場は2ヶ月ぐらい入れてないままシングルのラスト握手会まで来てるわけですが、前の日にオンデマでずんちゃんの壮行会見ててAKB最高!!となってしまってたのでめちゃくちゃ楽しかった(限界アケカス)。てことで1日目はだいたい誰恋公演の話してた。入れてないのにね。

この日のメインは2日目で、美波ちゃんとラスト握手。枚数は少なかったけど、おたく人生の中でめちゃくちゃ印象に残る握手だった……。まあ僕はもう誰か一人を推すとかそういうのはいいなと思ってて、だから枚数も少ないんですが、予想通りというか予想以上にこの4ヶ月間は美波ちゃんのことを気持ち的にめちゃくちゃ近く感じてたんよね。なんとも表現しにくいけど、これはもう推しだよねっていう。

なのでそれを伝えたんですけど、そうしたら急に美波ちゃんに関するいろんな記憶が溢れ出てきて、初めてアイドルと握手してる間に泣いた(笑)たくさん思い出あるけど、そのわりに応援してあげられた時間が少なかったけど、それでも今までAKBにいてくれてありがとうしかないなと思い。美波ちゃんがティッシュ用意してくれてたから普通にお世話になってしまった。なーみんと話してる時間は安心感とか落ち着けるものがいつもあって、それは最後までなかったんだけど。

最後に券出したときに美波ちゃんが「みなみのところに来てくれると思ってなかった。なーみんと180度違うのに…」と言ってて、それに自分が答えたら、自分がこれまで人に直接言われたことないような言葉で僕のことを「ほんとうに◯◯な人」って言ってくれたんすよね。別の第三者に言うか文章で書くならまだしも、ふつう面と向かって言わないような綺麗な言葉をすっと言ってくれて。自然にそう言える美波ちゃんにこそその言葉を返したい気持ち。ありがとうとしか言えなかったけれど、その言葉を思い出してセレモニー待ってる間ひとりでほろ泣きしてた。

セレモニーはしばらく待ってたらいつの間にか最前に見てた。セレモニーのあともチュロスのキッチンカーのとこ来てくれたり。一日美波ちゃんと同じ空間にはいれて良い一日だった。

ちなみにセレモニーはずんちゃんのとはーちゃんのも参加しました。セレモニーのたびに16期最高の気持ちになってた。そう考えると、美波ちゃんとはーちゃんがいなくなったらもう名前で覚えてくれてるメンバーはAKBにはいなくなることに。寂しいけどそれもいいかなと。2人が頭の片隅ででも自分のことを覚えててくれたら。

岡部麟 卒業公演 2024/4/4

2週間ぶりのAKB48劇場。麟ちゃんとは最後に劇場で会いたかった。17巡で立ち見センブロ3列目上手柱3なのですがまあまあ視界は確保。考えたらAKB48劇場の公演105回目にして初めて特別公演に入場した。序盤は「会いたかった」とか「大声ダイヤモンド」とかシングル曲って感じで、なおるたおが結構0ズレだった気がする。麟ちゃんはセンターなので、彩音ちゃん近くに来てくれと思ってたけどほぼほぼ反対側だったわよ。

中盤以降のセトリがまじで自分の好きになったAKBって感じ。「百合を咲かせるか?」「ごめんね、好きになっちゃって…」という2018年。この時期のAKBじゃなかったら好きになってなかったよね。ごめ好きのエイトポーズしてる麟ちゃんに昔の残像を見た。これの振りコピも楽しー。

そしたらMC明けに「Pioneer」始まって完全に感覚が5年ぐらい前に戻ったよね。この位置でこの曲聴いてて振りやってるというのがそのまますぎて千秋楽から2年経ってるとか思えんかった。からの「ロマンティック準備中」は実際に聴いた思い出よりも公演の客入れのBGMとして聴いてワクワクしてたなっていう記憶。初めて目撃者公演入った光景も覚えてるなあ。MCで美波ちゃんが昇格したチームで、、って言ってたのもほんとよかった。円陣がガチ失敗してたのはおもろかった。ラスト「言い訳Maybe」まで来ると、やっぱなんか自分の好きになったころのAKBが全部詰まってるなーと思える。発売当時じゃなくて麟ちゃんがこの曲をやってたころのっていう意味で、それはなんか自分のオリジナルの思い出なんだよね。

アンコールの卒業ドレスはピンクピンクで肩も出てて麟ちゃんらしかった。カチューシャがかわいかったなー。スピーチで「根も葉もRumor」のころの話をしていたのがめちゃくちゃ新鮮だった。聴いていて、そういえば当時麟ちゃんと「今のAKBって同級生感とか青春感あるよねー」みたいな話をしたなと。今思えばみんな一丸となっていた。麟ちゃんの中でもそういう実感があったのが今さら嬉しかったよね。最後の曲は「11月のアンクレット」だった。アンコールのメンバーの衣装でわかってたんだけど、これはもう麟ちゃんは卒業公演で絶対やると思ってた。僕がこの曲を初めて聴いたのは水戸でやってたエイトのイベントで、その時にこの曲をめちゃくちゃ大事にしてるのがすごい伝わってたのね。だからこの曲を卒業公演でやるのはずっと想像していた。その光景がこの日ちゃんと見られてほんとうによかった。全部納まった卒業公演だった!

僕が麟ちゃんを好きになったのはなんか降りてきた?からで、ふっと好きだなーとなったんですよね。バッチこーい!とかAKBINGO!にも毎回出てて、声も可愛くて萌え台詞もうまいし、それから自分的に気になったのは絶対音感があると言ってたことだったり。最初にシングルのリリイベで会って、最初に劇場で見たのは彼女の生誕祭でした。その何日かあとに握手会もあったっけ。それから1年はとにかく楽しくて本当に濃くて、これまでAKBおたくやってきた時間のベースになっている。

ここで初めて言うんですが彼女を積極的に追わなくなったのは、普通にいつも通り話をして終わったオンラインお話し会で当たっていたサインに「私より好きな子できたでしょ?」と書かれていたからで。完全に見透かされていて、参りましたというほかなかった。それで嫌いになったとか醒めたとかじゃなくて、自分に2人推し3人推し、DDは無理だなと悟ったんよね。そういうとこも含めて麟ちゃんは自分の中で女性らしい女性だった。その後も公演で会ったらMCでイジってもくれたし、最近握手会に行っても優しい言葉をかけてくれたり、まあ大半転がされているんですが、彼女と接している時間は全部が暖かかったなと。麟ちゃんじゃなかったら経験できないことばかりだった。全部にありがとうの気持ちです。