LIVE GRACE 2019 -OPUS III-

6年ぶりのLIVE GRACE。6年前と同じ1月20日に同じ会場で。違うのはオーケストラとスタジアムモードじゃなくてアリーナモードというぐらいじゃあなかろうか。席はアニメロで取ったので400LV。前回は前回で2日ともアリーナの前の方だったからあんまりスタジアムモード感がなかったのだけど。 オープニングは白鳥の湖。前回に続いて謎のチャイコフスキー推し。くるみ割り人形よりだいぶ厳かな始まり、を受けての例のイントロ。これはかっこよかったなあ。というわけで1曲目からGlorious Break。奈々ちゃんはのっけから宙に浮いています。ただでさえヘヴィな存在感のある曲だけれど、テンポをやや落としてどっしりと構えた、非常に分厚い演奏です。それでいてこの曲のもつ、空間を押し拡げるかのような壮大さも活きている。これはこの編成でやらないわけはない。とはいえ1曲目というイメージはなかったので新鮮だったかな。続いてはVIRGIN CODEで、同系統の曲だけどこっちのが激しめ。ななちゃんもいつものように煽ってくる。この日唯一の跳び曲だったかもしれない。この曲は未だに去年聴いたのが頭から離れないですね。 SC NANA NET会員の藤野さんのMC。いつもの平常運転。何年経っても快調ですなあ。でもopus IIのときよりは際どくなかったかな?(笑)円盤でカットされてたもんな。MC明けはLove Trippin’。意外だったけど、改めて聴いてみるとストリングスがよく動いてたりする。木管の響きも合うしね。聴くのは8年ぶりで、振り付けはさすがに忘れてた。夢幻はLIVE CASTLE以来聴いてない気がしてたが、MTV Unpluugedで聴いていたようだ。オケの厚みとドラムスの軽快さの対比がいい。そうそう、オケ側のドラムが則竹裕之さんでした。こんなところでお目にかかるとは。 DRAGONIAは前のツアーの時期に「やってほしい!」って人を同時多発的に見て不思議だったのですが、このタイミングで来た。何しろライブで歌ったのが2010年のLIVE GAMES1回こっきりだったので、そういう人がいるのはわかる。原曲のアレンジは藤間さんなので、オーケストラアレンジは当然合いますね。 ブリッジムービーは謎のバレエバトルがエタブレに乗って繰り広げられる映像。ちょっと前にクラシックバレエを始めたと言っていたので、どうにか披露したかったようです。エタブレのオーケストラアレンジはかっこよかった。Never Let Goはオーケストラの前に張られた幕を使ってのプロジェクションマッピングとともに。これをオーケストラライブの演出でやるとは。。。アコースティックコーナーは懐かしい曲、意外な曲織り交ぜつつ。アコースティックのラストシーンは奈々ちゃんが泣いちゃったのとか思い出す。あの頃より説得力を増して。Dancing in the velvet moonは7年ぶりに聴くのだけど、「久しぶりに歌う曲です!」と言われてやる曲にしては久しぶりに感じないな(?) オーケストラによる威風堂々を挟んで、新曲のWHAT YOU WANT。オーケストラでやるとは全く思ってなかった。でもコーラスがHEY!ってやってたり、これはこれでありかも。ここでの奈々ちゃんの歌の迫力は凄かったですね。身体を突き抜ける最後の高音が爽快。ただ、この曲でかなり限界ギリギリのところまで来ていた感じがあって、アパッショナート以降の3曲はキツいところを潜り抜けつつ乗り切る形に。んでも、UNLIMITED BEATではいつものように走り回ってるから凄いんだけど。2日目だし仕方ないかと思っていたんだけど、ラストナンバーの愛の星は今まで聴いた中で最高の愛の星でした。声の伸び、ボリューム、ピッチ・・・どれを取っても素晴らしい。これだけステージに人がいても、やっぱり最後はこの人の歌で締める。そういうライブだよなあ、水樹奈々のライブは。 アンコールのNEVER SURRENDERも全く予想してなかったけど、まぁLIVE THEATERでもエデンとかやっていたし。諸々発表もありつつ、聴けて良かったのは次のSTORIES。この曲とともに駆け抜けた2011年の夏があって、その頃からちょっとした心残りがあったので、それがようやく晴れたかなあと。150人分の大きな歩み。ダブルアンコールは門脇さんとのデュオ、絶対的幸福論。とても流麗なボイスとヴァイオリンの音色とメロディでいて、2人の演者が互いに交感しながら激しさを表出させていく。デュオだからこそ、その様がむき出しのままそこに在って、そのプロセスが聴者にも手に取るように伝わってくる。迫真のデュオでLIVE GRACEの締め。 基本線としてはOPUS IIを踏襲していて、いつものライブwithオーケストラではあった。今回は完全に被り無しの全曲新アレンジ。6年の間に新しく生まれてオーケストラで演奏されるのを待っていた曲もあるし、以前からある曲でも意外な使われ方をしたものもあった。ただし、オーケストラライブとしては(無印から後退したと書いたOPUS IIからも)さらに後退したという印象を持ったのも事実で、特に終盤の流れはオーケストラの影が薄かった。新曲もあるし、やっておくのは間違いではないとはいえ、あの人数でやる必要をあまり感じなかった。今思えば、OPUS IIではアヴァロンの王冠や星屑シンフォニー、Lovely Fruitsといった、半ばあのライブを想定して作られたであろう当時の新曲たちが、あの大編成によって期待通り映えていたという面白さがあった。その違いかな。WHAT YOU WANTが演奏自体はとてもいい完成度だったのもまた難しいのだけど。愛の星やSTORIESには、そういう意味でも救われたのね。でもまあ、なんだかんだ言ってライブとしては楽しめるからNANA MIZUKI LIVEが好きなんだなあと思う()以上は1日しか行ってない人の話なのであてにしないでね。 次は座長公演にツアーに、その前にナナラボもあってといつにも増して忙しい。ツアーは今年もホール公演に行ければという感じですが、千秋楽は久しぶりにマリンスタジアムでのライブなので地元民としては良い終わりにしたい。前回のマリンは散々な思い出しかないので…。初日の神戸も行けるとは思うし、ぼちぼち回れる範囲で。その前にナナラボはどうなる・・・

SETLIST

  1. Glorious Break
  2. VIRGIN CODE
  3. Love Trippin’
  4. Nocturne -revision-
  5. 夢幻
  6. DRAGONIA
  7. 嘆きの華
  8. Never Let Go
  9. Brilliant Star
  10. あしたgraffiti
  11. ラストシーン
  12. Dancing in the velvet moon
  13. WHAT YOU WANT
  14. アパッショナート
  15. GET BACK
  16. UNLIMITED BEAT
  17. 愛の星

(Encore)

  1. NEVER SURRENDER
  2. STORIES

(Encore2)

  1. 絶対的幸福論

Animelo Summer Live 2018

はい、今年も。気になったところを。参加したのは初日だけです。 最初は例によってコラボですが、三森さんと内田さんによる、某いつも聴いてるやつ。奈々系はそんなに来てないと思われたので、代わりにめいっぱい跳んでおきました。奈々系的には何気に2人とも原曲通りの振りが入っていたのがポイント高い。でもどういう意図での選曲なのかはまーったくわかんないですね!その昔、ご本人と平野綾さんのコラボで同じ曲をやったのが懐かしいけれど。 GARNiDELiAとい〇みさんコラボするかと思ったけど無かった() 楠木ともりさんの歌。最近なかなか出演しなくなっちゃったけど、マルゼノンライブは毎回なんでかタイミング合わないんですよ。去年某イベントで見たときはガチガチだったけど、今日はそのときの10倍くらいの観客を前に一人でステージに立っている。でもこの子は歌さえあれば、音楽さえあればなんだって怖くなくて無敵なのかも。と思った1曲でした。 みっくのShocking Blueって曲、ブラスがキメキメで入って僕の好き系の曲だった。生なのがでかい・・・
亜咲花さん歌うますぎ問題。まじでうまい。この間NAOMIの部屋出てたの見てひっくり返ってたけどこの日も聞き惚れてしまった。前半でやった今年のアニソンで唯一知ってたのがSHINY DAYS。 ポピパちゃんがやーばかった。ヤバすぎた。初っ端のティアドロップスから真っ向勝負の爆音でガツーンと殴りかかってきた。全然飾ってないのがいいのである。緻密なアニサマバンドの演奏と比べると粗削りにも程があって、隙間だらけかもしれない。それでも、ここで爪痕残してやろうという野望を込めた一発を、ガールズバンドのキラキラ爽快弾けるパワーを、ありのままで放ったポピパちゃん。ホントに最初の一音だけでストレートにそれを感じたよ。ティアドロップスからキラキラだとか夢だとか、と飛ばしたところで、間髪容れずにGod Knows。正しくアニサマ的な方法で目的を果たす。これ以上に何が必要か。ポピパちゃんは演奏を観るのはこれで3回目なんだけど、ここまで強烈な印象を感じたのは初めて。これだけでもアニサマ来た甲斐あった。 WUGちゃん。極上スマイルはいつ聴いても楽しい。というか、WUGちゃんのライブは楽しい思い出しかないよ。前WUGフェス行ったときワンマンも行くよとか言って2年ぐらい経ってしまって、もう解散までカウントダウンになっている。勿体ないよね。Polarisはサウンドは爽やかオシャレで最高の田中秀和だけど歌詞が暖かくて・・・なんだか最初のアニメをやっていた頃を思い出す。あの頃と比べればあらゆるパフォーマンスに磨きがかかって、脂の乗り切ったグループになっている。昔WUGちゃんを見て「成長していくアイドルって最高」と書いたけれど、それを地で行くグループになってくれた。彼女たちをずっと見てきた人は幸せだ。 Do As Infinity「深い森 」。我々の時代の曲やないかい。 Aqoursちゃん。このタイミングでのアニサマでどれだけ会場を一つにできるのかは楽しみだったところで。というのも4年前のアニサマでのμ’sが頭にあったから。アニサマという場であんな極上の体験をすることはもう無いだろうと思いつつ、その再現を期待するとすれば、Aqoursしかいないのだ。それで実際どうだったかというと、再現とまではいかないけれど、思っていたよりは会場みんなAqoursが好きだった。セトリがなんとやらと後から言われていたけど、そんな気にしなくてもいいと思うぐらいには会場を味方につけていたと思うよ。まあ、4年前みたいな奇跡的な空間をつくるには曲の力も必要なのだけど。ともあれ去年と少し違う空気感の中で。3rdツアーをなぞるようにみら僕から君の瞳へ繋げていく。振りを思い出しつつ見てた。WONDERFUL STORIESは予想外。こんなところで聴けると思ってなかった。自分にとって本当に特別な曲。あまり周りが見えなくなるぐらいには。そのあとは勇君(何気に初めて聴くバージョン)で、去年と同じ構成に着地したわけだけど。このステージで4年前の自分と今の自分の視点の違い、μ’sとAqoursの自分の中での位置づけの違いが見えてきたような気がします。いずれどこかで書くと思いますが。 OLDCODEXがトリ。最近ロックフェスで名前を見かけるほうが多くて、アニサマは4年ぶり。僕もこの人たちを見るのは4年ぶり。スタイルは全然変わらない。でもMCとか聞いていると、彼らの中での音楽とかアニメに対するアティチュードがより強固に厚みを増したことがわかる。MCで言ったことを、その次に歌う曲で全部表現して理解させちゃうのがカッコいい。ペンライト全消灯の中でのHeading to Overは、彼らのワンマンライブでは当たり前の光景だけど、アニサマの舞台ではとてもチャレンジング。でもTa_2の声に全員が応じて、会場が一つになって、完全にSSAがOCDのホームになった瞬間だった。言葉でパフォーマンスで、全てで魅せた2人。トリに相応しいステージだった。 てな感じだけど、最後のStand by…MUSIC!!!ではアニサマT姿の伊波杏樹さんばっか見ていて、終わった後「いなみさんが可愛かった」しか考えてなかったわね…

S.C. NANA NETファンクラブイベントVII

2年半ぶりのFCイベント。このファンクラブの場合、2年半空いてももはや普通な感じがするからあれだ。三嶋さんいわく、通算ではまだ2年に1回ぐらいやっている計算ではある模様。IIからIVあたりまでは1年半ぐらいのスパンだったもんなー。まあ、今回に関しては発表からが長かったので、2年ぐらいと言ってもいい気はしますが。
UntitledSSAは今年6回目。その前は2年間来てなかったのだけど。奈々ちゃんは3月のツアーから数えて今年奈々回目らしい。どのくらい人が入るのか予想付かなかったけど、入場してみたら500LV以外は普通に使っていた。三嶋さん情報で両日とも17000人前後入っていたらしいので、FCだけでLIVE FORMULAの埼玉(もう10年前)と同じくらい入っているということになります。1日目がアリーナB、2日目が400LV。1日目はセンターステージが今までにないくらい近かった。

開幕は7枚目のアルバムULTIMATE DIAMONDの7曲目に入っているBrand New Tops。ダンサーいないけどタオル曲!?5年ぶりに聴くからもうタオルの振り付け忘れちゃったよ(変わったんだっけ?)。でもとりあえずサビでペンライトを回しとく。続いて新曲のACROSS。これはかっこいい曲ですね。まぁ似たような曲はあるんだけど、王道だからメロディと歌詞にすぐ入っていける。三嶋さん登場でいつもの流れ。お客さんのデータとか。会員番号4番の人は毎回来てるよね。いま会員番号は70000越えてるみたい。

今回は7つコーナーやるということで、最初は質問コーナー。答えられるか答えられないかスレスレの質問ばかりを募集。初キス、年収は答えられないそうです。小6で初ブラという話にどよめきが起きて笑ってしまった。ラブ〇イブサン〇ャインに大人の女性役で出ていますが、最近の声優ユニットの子たちについてどう思いますか?という質問には「みんな太ももが細くてうらやましい」。でも昔の奈々ちゃんだって細かったよ。えひめ国体で天皇皇后両陛下の御前で歌ったときの感想を教えてくださいという別にスレスレでもない質問もあり。

2つ目のコーナーは会場アンケートで衣装と髪型とシチュエーションを決めてその場でカメラマンを呼んでシューティングする奈々コレコーナー。カメラマンの方は愛媛出身らしいです。1日目がパジャマでポニテで監獄、2日目が彼シャツでストレートで可愛い部屋。1日目が意味分からんが。たまにアルバムのメイキングとかで見るけど、1枚1枚の表情の変え方がプロだなー。スピーディ。当然横に置いてあるMacにテザーしてるので、撮って出しのがパシャパシャ流れていくのをスクリーン越しに見てるという。なかなか面白いコーナーでした。撮れたのはあとでプレゼントしてくれるらしい。撮影が終わって、その衣装のまま1曲歌う。1日目Open Your Heart!!!いやーこれを待っていたよ。前のFCイベントで抽選当たったらこの曲挙げようと思ってたもん。歌うのは9年ぶりですね。衣装はパジャマなんだけど、歌いだしが「おはようと 君の声」なので普通にマッチしてるという。しかもセンターステージで歌ってくれたので、もー手が届きそう。ただダンサーはいないので振り付けがありません。うーむ、この曲でこの距離で振りコピしたかった。奈々ちゃんが作詞した7つ目の曲ということで選曲。むかしは恋してる・・・とか「好き!」とか、少女漫画みたいな詞を書いていた時期もありました。ところで、この曲が7つ目の作詞になってるということは、ななチャンネルの曲もいちおうカウントしてるんですね。まあ別にぜんぜん黒歴史じゃないしね。2日目は奈々ちゃん作曲の7つ目、STAR ROAD。奈々ちゃんの曲が謎にエスノじみてきたぐらいの曲ですね。

3つ目のコーナーは奈々の部屋。要するにゲスト呼んでトークです。初日は若本規夫さん。めっちゃスマートで、ソファに座っている姿だけでかっこいい。ヨガとかやっているらしいです、奈々ちゃんがお題を7つ出すんだけど、若本さんが語りまくるので2つぐらいで終わってしまった。声優になったきっかけの話からナレーションの仕事のときの姿勢とか。2日目は水木一郎さんが来てダブルMIZUKIになる。奈々ちゃんが10代の頃にもう会っていたらしい。この日は一応7つお題が出ました。スーパーロボット魂とか1000曲ライブの話が面白かったな。せっかくダブルMIZUKIなので、この日はマジンガーZをデュエットするというおまけつき。

4つ目、セットリストハンター。次のLIVE GATE2018でやる曲を客が決めるという、前回のFCイベントでもちょっとやっていたコーナー。携帯でQRコードにアクセスしてクイズで決める予定だったのが、現地の回線が混み合いすぎて全然使えないので、結局半券でクジになる。両日合わせて当たるのは7人。2日目は21人クジ引いてステージに上がってもらって、当初やる予定だったクイズをやるという。奈々ちゃんが嫁にしたい声優はすみぺとのことです。そんで7曲が挙がったわけだけど、うーん。TRY AGAINとかは10年ぶりぐらいにはなるのかな。光は好きな曲だし、3年前聴けなかったので歓迎。まぁ7DAYSの各日に1曲組み込まれることになると思うので、どの曲選んでも今んとこどれが聴けるともわかんないわけだけど。ほっといても2、3年周期ぐらいまでで聴けるような曲を選ぶのもあれだし、ほとんどやってない曲というだけで選ぶのも違うし。正解はないな。

5つ目は前々々回のFCイベントでもやったギネスチャレンジ。8年前に3つチャレンジして一つだけダメだった「最も騒々しい観客」に再チャレンジしましょうというやつ。あの時はビッグサイトで、ちゅーるちゅーるちゅるとか叫んでたものです。今回はSSAだから、人はいるけどあの時より天井が高い。8年前に来てた認定員の方がまた来てくれるという。初日はただ叫ぶ部門、2日目は意味のある言葉(奈々ー!)部門。結果としては2日ともチャレンジ失敗。記録は130dBとかなんだけど、117dB前後をうろうろしてて、初日の最後に118dB出たのがやっとだったかな。8年前からずっと思ってんだけど、喉強くしたい・・・

6つ目、障害物競争。アリーナの外周がいつの間にかトラックになっており、障害物が次々登場。チェリボ参加。準備の間に三嶋さんがやたらと足ツボマット踏まされてた。初日はクジで走る人決めて、奈々ちゃん、坂竜、豊さん、福長さんの4人。体育会系メンバーばかりだけど、なんだかんだで奈々ちゃんが1位になってた、2日目は4チームに分かれて2周走るということに。ピンポン玉運びだけ大平さんに任せて実質2周走る福長さん。しかもそれで1位になるという。

7つ目はライブパート。1日目はDestiny’s Preludeから。予習不足というか、例によって新曲が頭に入ってないのでした。いつものというか、劇場版以降のなのは曲の流れで、今のところあんまし書くことがない。まあLIVE GATEで何回も聴けるでしょ()続いて、オルゴールとピアノと-holy style-。去年のMTV含めてアコースティックでは何回か聴いているのだけど、通常アレンジ(holy styleのね)で聴くのが実は初めて。ちょっと感動してしまいました。選曲としては、通算7公演目のライブ(2002年11月30日 東京国際フォーラムホールC)の7曲目に歌った曲というところから。というか、このアレンジでやるのがたぶんそのツアー以来だよね?(笑) からの、MC挟んでTESTAMENT。全然テンションが違う。この曲、相変わらずややこしいことやってるなあって感じで、こんなプログレ展開もういいよぐらいに思ってたんですけど、CDだとちょっとまとまった印象なのが生バンドサウンドで聴くとけっこう弾けててかっこいい。んで、奈々ちゃんがセンターステージに来てくれたので、完全にバカになって跳びまくってた()こんな跳んだのは久しぶり。映像にはならなそうなので安心。ラストは7枚目のシングル、New Sensation。これまた全然テンションが違い過ぎる。ラストなので、アウトロはギターとサックスで長ーく回すアレンジです。

2日目のライブパートは障害物競争で奈々ちゃんが酸欠になってしまい、気道の弁が塞がって呼吸ができない状態になったので、障害物競争の終了から1時間以上待機。その間にやることがないので、三嶋さんが出てきてイベントで使った小道具の大抽選会が急遽始まるという。三嶋さんもいっつも大変ですね。ある意味自分で招いているんだけど()いやー今回携帯が使えない以外はグダらなかったのにここでどうしてこうなるんだ。まぁ待つわけですけど、抽選するものもなくなってあまりにも暇なのでSSAのコンコースをひたすら周回とかしてた。奈々ちゃんいわく、喉自体は別にまったく問題がないので、必ず歌えるようになるはずだからということで少々引っ張ることになったと。本当にダメだったら三嶋さんが3年前のように止めるはずなので、ホッとはするんだけど、まー心配ではありました。結局20時前ぐらいにライブパート開始。この日は最初がストロボシネマ。77公演目のライブ(2011年6月4日 本多の森ホール)の7曲目ってことで、あのツアーの前半の流れとか思い出してた。この後にDestiny’s Preludeが来た以外は初日と同じセットリスト。この日は400LVなので大人しくしてたよ。何はともあれ最後まで終わってよかった。20時25分終演。結局6時間以上やってるじゃねえか!!!

てな感じで、呪われてるんじゃないかというレベルでグダるのがお家芸となりつつあるこのイベント。でもイベントの内容自体は今までに増してバラエティに富んでて飽きさせないものになっててよかったなと。こういうイベントを年一ぐらいでやってください。次はもう1月にライブ。さすがにライブが久しぶりなのでワクワクしてるところはある。また武道館でライブが見れるとはってところもそうだしね。日程は色々険しいものはあるがなんとかできる範囲でなんとかしていきましょう。