ごっさんリリイベ

最近やたらと秋葉原に行っている気がしますが、今回はアソビットシティへ。昔一緒にUTをよくやっていたGodspeed先生のCDリリース記念ミニライブに行ってきました。

ここ数年同人音楽もすっかりご無沙汰になってしまったんですが、ごっさんは最近独立をしたということで、彼の自主レーベルになっているViViXは今までになく大きな展開を見せてます。それこそ同人の枠にとどまらないような。今やギターマガジンやヤングギターでもGodspeedの名前を見かけますしね。serenadeやG5の1stの頃が懐かしい。G5にしても、最初から今までオーガナイズしているのは彼ですし、ギターとか音楽を通じて何か面白いアクションを起こしていこうという、そういう野心みたいなものが変わらずあるように感じます。

ViViX名義のベストアルバムとG5のカバーアルバムが2枚同時リリースということで、イベントは前半がGod先生のソロパート、後半はG5パートでした。ベストのオープニングトラックにしてタイトルトラックになっている新曲NEXTの演奏のあと、トークも交えつつさらに2曲。考えたら彼の生演奏を聴くのはこれが初めてですね。ここ数年いくつかライブらしいものはあったんですが。 3月のG5のファンミーティングは行っておきたかった。ごっさんの一人舞台なので、もう手元の動きが見える見える。そんな中でも完成度の高い演奏。音だけでなく、立ち姿、表情もまさにテクニカルギタリストの風格。トークはまあうむ。

G5パートではゲストでG5メンバーの大和さんとニケさんも登場してトーク。ドラムがヴィニー・カリウタなのは確かにビビる。アルバムから大和さんが1曲、ごっさんが1曲弾いて1時間ちょいのステージでした。結局50人くらい集まってましたかね。そのあとはサイン会。新UTでもkossoriしましょうという話を少し。最後に会ったのが2008年の冬コミだと思うので、さすがに久しぶりだった。

ソロのほうの新譜『NEXT』はコンポーザー・ギタリストGodspeedとしての作品集という趣。ここ数年はG5をはじめとしてオムニバスアルバムに作品が収録されることが多かったので、その集大成としてのアルバムはわたくしみたいな最近離れてたファンにはありがたい。というわけでベストではあるものの、G5の2曲とエイプリルフールのあの曲、今日のライブでやったSquall以外は初聴。この中で一番古いG5 2007に入っていたSpiritsという曲は、同じ年に出たserenadeの3rdとともにコンポーザーGodspeedのクオリティの高さを見せつけられ、本当の意味でごっさんファンになったきっかけの曲なので、入っているのが嬉しい限りでした。今でもよくCD引っ張り出して聴く名曲ですが、改めて他の新しい曲と並べて聴くと、ライナーノーツにもあるように若さゆえの勢いを感じますね。これと比べると、この日最後にプレイしたG5のカバー曲I Will Be There With Youは抑制の効いた繊細さであったり、タイトルトラックであるNEXTならオーケストラのダイナミクスと融け合うようなギターの深みであったりというものが生まれてきているのかなと。実に良質なギターインストアルバムになってますので、ぜひ一つどうぞ。

にしても、会場のアソビットシティが今現在どの店舗が残ってるのか分からなくてしばし秋葉原を彷徨いましたよね。今残ってるのは昔のホビー館?隣のラジオ会館もやっと新しくなって、駅前のあたりがまた賑やかになった感じです。
image
image
ごっさんに倣って特に何の前触れもなく飯の写真を入れる。

Setlist

01.NEXT
02.Squall
03.Reflection
04.君をのせて (played by 大和)
05.I Will Be There With You

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA