続技量審査

IMG_0879
結局技量審査場所は7日間(2,3,4,6,9,10,13日目)見ました。

まあ我ながらよく通いましたが、特に13日目は面白かった。幕下以下で面白い取組ありまくり。2chで実況とかやってましたよ。北勝国、濱錦、里山、松谷、千代鳳。。。極めつけは十両昇進を決めた隆の山で、1月で見たときと同じく鮮やかなうっちゃり。去年の秋場所も13日目でかなり面白かった記憶あるし、狙い目なのだろうか。

この日はなんといっても結びの一番です。白鵬が負けた!日馬富士もまあ内容がよくなってはきていたんですが、前日の琴奨菊戦の注文相撲の印象が悪すぎてどうにも期待できない。それにいくらあの鋭い立合いでももう白鵬には通用しないんじゃないかと思ってましたし。1月みたいにつきひ     ざでもしてくれとか完全にネタ方向の期待が高まっていたわけですが、まさか勝ってしまうとは。相撲観戦20回目ぐらいにして、はじめて座布団が飛んだ!いやあ、白鵬が衰えないうちには見られないのかと思っていたのでついつい感動。思わず立ち上がりましたよ。直前に地震があったのと興奮で取組を全く覚えてなかったんで後からニコ生のタイムシフトで見ましたが、あれこそ日馬富士の相撲ですね。鋭い当たりからの速い攻め。とったりでもやったように見えたんですが、出し投げでした。白鵬ついに土!ということで今場所の観戦は終わったのでした。14日目と千秋楽はgoo大相撲のお世話に。

相撲内容は良い方向に向いてるとこないだ書きましたが、後半は若干物足りなかったかな。なぜか変化がそこそこあったような印象があるんだけど気のせいだろうか・・・。優勝争いは1月より面白かったとは思うけど、特別盛り上がった・・・とまではいかないか。それでも千秋楽まで決定戦の可能性を残した栃ノ心や、新入幕9連勝の魁聖、それに把瑠都も終盤まで2敗で踏ん張っていたし。そういえば大関陣は、星こそ10勝止まりながら内容は良かったのでは。日馬富士は上にも書いたけど立合いがよくなっていたし、魁皇は廻しを取らずに前に出る相撲。把瑠都もあの一件以降冷静な相撲が多かった気がします。なんと言っても千秋楽の魁皇の横綱戦は素晴らしかったですよ。まさに完璧。あれほど鋭く右の上手取ったのなんてかなり久々なのでは。しかも横綱相手に。白鵬も必死に低い体勢になって体重をかけながら上手を求めますが、魁皇が寄ってからの下手投げが精一杯。魁皇の右まだまだ健在。39歳、1045勝を前にしての会心の相撲にPC前で大拍手。これを無気力というのは内容を見てない人でしょう。白鵬の必死さはあの苦し紛れの下手投げ見れば分かる。

あーなんかもう一人大関いた気がするけど・・・思い出せない(何

というわけで、今年の5月もなんとか終わりました。まあ1月以来遠ざかってたということもあり、相撲の面白さを再確認。7月は通常開催でTV中継もあるといいね。

食べた物

IMG_0870
10日目に食べた国技館の名物YAKITORI。確か1月も食べたかな。CP低めだけどおいしいですよ。やっぱりそれなりに良い鷄なのかなあ。

IMG_0873
両国の「まる玉」というお店。鶏白湯ラーメンのパイオニアらしい。玉子入れて750円。これはうまい。意外と濃厚なスープに細麺がからむ。あおさがいいアクセント。チャーシューと味玉もよく味がしみてる。国技館来るときはここ通ってしまいそう。店内には番付が貼ってあったけどまだ初場所のやつでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA