「僕の太陽」公演 2021/11/25

また劇場入る間隔がバグってる気がしないでもないですが、ここ最近見ていた公演とはガラリと違うメンバーの公演。この数日前に始まった僕太公演です。

僕太公演といえばAKBでも何度もリバイバルしているし、あちこちのグループでも上演されていて、かなりポピュラーなセットリストという印象。メンバーとしてはドラフト3期生が4人いて、ドラ3メンをまとまって観るのはパジャドラぶりな気がします。パジャドラはもっと観に行けばよかったという想いがずっとあったのでこういう機会がありがたい。

なんとビンゴが過去最速の2巡で呼ばれ、初めて見る公演なのでとりあえず2列目ドセンに。開演してみると、しばらく劇場で会っていなかったメンバーが目の前を交錯しながら「Dreamin’ girls」「RUN RUN RUN」「未来の果実」と初めて劇場で聴く曲が続いて、とても新鮮な、身体が軽く浮き上がるような気持ちの昂りがすごかった。3日前とは別の場所に来たような感覚がして、でもこれもAKBなんだよなーと思い、改めてこのグループの懐の深さを思い知った次第。「未来の果実」とか劇場で聴けたの嬉しすぎて思わず涙ですよ。

チームAをウォッチしている者とするとこの日で一番観たかったのはなづなん。彼女はアイドル修業中や僕夏には出ていなかったので、この僕太公演に出ると聞いただけで嬉しい気持ちになりました。序盤はちょっと緊張してるかな?という感じの表情もしていましたけど、気持ちも次第にほぐれて、同期や先輩に囲まれて楽しそうに躍動しているなづなんが可愛くて尊かった…。この日を通して思ったのは、なづなんの歌声が公演のカラーに合っているということ。風が吹き抜けるような清々しさ、清涼感があって、「夕陽を見ているか?」なんてすばらしかった。途中のMCのひななとの掛け合いも最高だったし、この公演にもどんどん出て行ってほしいなーと。

それから、本当にパジャドラぶりに公演で見た蘭ちゃんがめちゃめちゃに大人になっていてびっくり。蘭ちゃんの配信はたまに見るのですけど、配信だと身長伸びてるのはわからん(笑)ダンスが上手いのは前からわかっていたのですけど、改めてこの近さで見ると振りの早さと迫力、止めるところをスパッと止めるシャープさ、そこから生まれる表情に貫禄すら感じて、さすがだなあと。当然のことながら「根も葉もRumor」は一見の価値あり。それでいて歌声もいいんですよね。一番年下なのにこの公演を引っ張っていくという気概に溢れていて頼もしい。蘭ちゃんを筆頭にせなたんゆずっちも含めこの日はドラ3の4人がとにかく頼もしく見えたのが嬉しかったなー。

香織ちゃんのことも書いておかないと。もーほんと表情の喜怒哀楽がコロコロ変わるのが楽しくて見てて飽きなくて。「アイドルなんて呼ばないで」は見てて幸せ感がすごい。香織ちゃんはよく配信で話の途中で急に(笑)AKBの曲を一節歌うことがありますけど、歌詞をめちゃめちゃ読み込んで理解しているんだろうなあと。それをステージ上のパフォーマンスで出せるのが良いです。あと、中盤のノースリーブの衣装を着てるのを見て、こんなに手脚長くてスタイル良かったのか…と思ってしまい、それでいて「そんなこんなわけで」とか「デジャビュ」で驚くほど艶めかしい雰囲気を醸し出すのでめちゃめちゃドキドキしてしまった()後のMCで「今日はセクシーな人になりましたー!」って言っててやはり!となってしまいました。このメンバーの中にいてもMCの破壊力やばすぎてずっと笑ってた。

私のものポーズ

「BINGO!」からの「僕の太陽」というこの公演を象徴するクライマックスの流れは、実際目の当りにすると改めて感動してしまう。「僕の太陽」という曲あまりにも強すぎんのよね。曲の良さもそうだし、いろんなメンバーの魅力が発見できてとても良い公演になっていきそうな予感もあります。オーガナイズしたひななPにはただただ拍手。MCでもそんな話題あったけどやっぱ今のAKBの太陽はひななですよ。これからも16期ドラ3がたくさん出る日は見に行きたいなー。推しメンにも出て欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA