平成23年初場所中日

DSC01519

さて、初日に続いてクリリン氏と中日の観戦。この日も13時過ぎに着いたのだけど、駅では合流せずに館内で落ち合う。合流する前に時間がしばしあったので、地下の広間でやってる放駒部屋特製ちゃんこを食べたり、相撲博物館をチラ見したりなど。相撲博物館はほんとにチラ見だったんで場所後にまた来ようかな。とりあえず無類力士雷電の着てたらしい着物はでかすぎた。

IMG_0709

放駒部屋特製ちゃんこはこの日はコンソメ味。確か9月食ったときは伊勢ノ海部屋のだったかなぁ。このコンソメちゃんこ、スープの味はほとんどフレンチという感じ。具もベーコン、ウィンナー、キャベツと来ているので、ほとんどポトフのようなもの。やっぱり毎日食べるもんだから、飽きないように工夫してるんでしょうなぁ。ちゃんこを食べた気はあんましなかったけど美味しかった。相変わらずこれで25o円はコストパフォーマンス高い。というわけで簡単にお昼は済ませた。

DSC01520

この日は正面と東の間ぐらいの席。席に着いて見始めたのは幕下の中盤ぐらい。幕下の取組で印象に残ったのはこの日も隆の山だった。見事な打っ棄り!まだ観客がまばらだった館内も一気に湧いた。なんか今場所は良い相撲ばっかりなので今年中には関取上がるんじゃないかなあ。この人も上がれば鳴戸部屋は面白いことになりそう。

DSC01524

それにしてもこの日は立合い待ったが多かった。進行も滞って十両土俵入りの時点で15時前とかそのぐらいだったような。そのおかげと言っちゃなんだけど、十両上位ぐらいまでは制限時間が短くなってスムーズに取組が見られた。十両の注目は1敗の舛ノ山だったのだけど、前日も痛そうにしていた足の怪我が響いて敗れる。投げられた後結局立てずに車椅子で花道の奥へ。6連勝して頑張っていただけに残念。再出場するらしいのでなんとか勝ち越しを!

DSC01530

さて、幕内。前半の注目はやはり全勝の栃乃洋。中日勝ち越しをかけるも、翔天狼に一気に押されて逆転する暇もなく土俵を割ってしまう。うーん実に残念。それでも栃乃洋への声援は暖かかった。前半といえば、いつもは北太樹にかかっている高須クリニックの懸賞が高見盛にかかっていて、永谷園x5→高須クリニックx3というアナウンスに爆笑した。

後半。小結同士の対決は栃煌山があっけなく落ちて終了。今場所のこの2人の期待外れっぷりを象徴してしまった感じ。豊ノ島はどうしてしまったのか。相手の琴奨菊が元気とはいえそれにしても力無い。把瑠都を倒した初日はこの人らしかったんだけどなぁ。

稀勢の里-琴欧州。頭抱えました。寛さん・・・。

個人的にこの日一番よかったのは魁皇が右の上手を取って勝ったこと。力の強い阿覧でも、左四つになってしまえばまだまだお手の物。もう上手を取った瞬間歓声。寄り切った瞬間大歓声。満員御礼だったのもあって鳥肌が立ってしまった。初日に続いて勝ってくれたのでうれしい限り。

結びはこの日も短かった。玉鷲は初顔だと思ってたら昨年春に1回当たっていたらしい。それにしても速い。今場所の横綱は余裕が無いようにも思ってしまう速攻ばかりだけども、やはり強い。

打ち出し後は先週予約したちゃんこ霧島にて2週続けてのちゃんこを食す。予想以上にいいとこだったみたいで財布が痛かったけどおいしかった。

初日、中日と続けて観にいって。勝負を見る目がない上に生観戦だと若干遠いってのもあって、やはり詳しい人と一緒に行くと助かるなぁというのがありました。中継の解説の親方が隣にいる感じ。あとやっぱ満員御礼はいいもんだなと。ここ最近は平日ばかりだったので・・・。今度は桝席でも見たいなぁ。お金ないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA