リズと青い鳥

新宿ピカデリー初日舞台挨拶へ。2回分。本当は試写会も行きたかったのだけど。
_4214577前作の響け!のほうの劇場版ではライトが当たっていなかった2年生組(劇中では3年になっている)のお話。みぞれと希美。

明確に全国大会が物語の最終地点としてあった響けと異なり、ストーリー自体はほとんど何のイベントもなく、日々の学校生活の中における2人の心の機微だけを慎重に浮かび上がらせながら淡々と進行していく。作品の冒頭からすぐに、あらゆるもののバランスの危うさを感じ取ることができて、その淡さを含む緊張感は持続したまま、クライマックスを越えてもなお何にも昇華されることはない。平行線でこそないかもしれない、しかし完全に交わることはなく過ごされる高校3年生の日常、あるいはオーボエとフルートの音色。その生々しさ。何のことはなくて、言ってしまえば一つの女子高生あるあるの物語でもあるのだけど、山田尚子の世界観を通して、全てのキャラクターの表情、仕草、言葉は複雑で豊かな意味を醸し出す。行間の情報量の豊饒。繊細なタッチになったキャラクターデザインや、ミニマリズムやミュジーク・コンクレート的要素を用いた劇伴もそれらの表現を読み取るために最適化されたものだ。ワンカットごとに揺らめく感情、その積み重ねの集合体が(一旦)着地するところに、表題曲「リズと青い鳥」の演奏もある。

尚子信者としてはたまこまーけっと的見方ができるのがとっても嬉しい映画です。ラブストーリーみたいに何度も観ちゃうかもね。制作発表されてから1年弱ぐらい、期待以上の作品です。素晴らしい!

舞台挨拶は主演の種崎あっちゃん、とーやまさん、リズと青い鳥役の本田望結ちゃん、尚子監督の4人が登壇。司会は松澤千晶さん。あっちゃんはイベントで初めて見たんだけど、想像以上にトークが不思議系なので、なおぼうがちょくちょくまとめて代弁していたのが面白かった。とはいえそんななおぼうも、上映後だから色々話せるとは言うものの、見た直後でうまく言葉がまとまらない感じ。「言葉にすると壊れてしまいそう」というのはまさにその通りで。そんな中であっちゃんが言ってた「顕微鏡を覗いて凝視する感覚」というのは言い得て妙な表現で、なおぼうが感心していた。本田望結ちゃんは自分の声の演技が映画の邪魔をしていないかをしきりに気にしていた。あなたがいるのには理由があって、その役目は果たしてるのだから心配することないと思うなー。監督は望結ちゃんにメロメロだった(笑)2回目の上映前舞台挨拶では監督が制作時に凝ったところをちょいちょい語ってくれたけど、もしかするともうちょいしばらく経ってからのほうが面白い話が聞けるかもね。

_4214576このキャラデザの久美子好き

_4214584

AnimeJapan 2018

2日目行ってたのでとりあえず動きの記録。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
11時からのフリューブースのゆるキャンのステージは朝きっついし、12時からの22/7のチラシ配布会ぐらいまでには会場着ぐらいなつもりだったのに、家出たのが12時半だった。着いたら14時前。

とりあえずBS11ブースでゆるキャンステージ見る。なんか整理券配布で事故りかけてたらしいけど。この日はとーやまさんが編み込みサイドテールにしていてステキだった。ベレー帽被ってる声優は信じられる。メタル賽銭箱組み立て実演やってみるんだけど結局一人でできなくてゆみりちゃんとの共同作業で完成。ロゴ入り、受注生産らしいです。なんかゆみりちゃんが知らんうちにめちゃ成長していたよ。元からしっかり喋る子ではあったけど、話し方がぐっと大人っぽくなっていた。髪型がベリーショート風だから余計にそう感じる。前ぽにきゃんのブースでロリガのステージ見たなあ、でももうぽにきゃん関係ないのか、とか思ったり。ゆみり「チーズフォンデュを楽しんでほしい!」 そり!!!

15時からkLabブースでスクフェスステージ。AJでラブライブ関連のステージをやるのは2014年以来じゃないですか?今思えば2016年とかやってもいい気がしてたけど。今回はでかスクフェスを虹ヶ咲1年生組と一緒にプレイできるというイベント。整理券もらっても良かったけどまあそこは。虹ヶ咲は生放送毎回応募してたけど結局当たらなかったので、田中ちえ美さん以外は初見。お披露目の頃と比べると、みんなルックスをキャラに寄せてきつつあって〇。制服も可愛いし。相良さんがボブヘアーになってたのはびっくりしたもんね。でかスクフェスといえば感謝祭でAqoursちゃんたちがやるんだけど、とにかくコンボが繋がらないやつ。判定がよくわかんない感じ。この日も6曲やって最大で10コンボぐらいだったかも。曲はNo brand girls, Wonderful Rush, SUNNY DAY SONG, 未来の僕らは知ってるよ, 君のこころは輝いてるかい?, HAPPY PARTY TRAINでHARD譜面。μ’sの曲のコールが懐かしかったな。みら僕のHARDの譜面やったことなかったから初めて見たんだけど、けっこうきつい階段とかあるのね。μ’sの初期曲と比べると同じHARDでもだいぶ差がある。どうにかスコアは全曲Cランクは行って、1ポイントずつ加算で計6ポイントだったのでスクフェスで何個か石がもらえるようです。新情報としては4月に5thアニバーサリーキャンペーンガール3人で番組やるよという。感謝祭にあの人たち来るんじゃないのこの流れは。。。

スクフェスステージが思いのほか早めに終わったので、KADOKAWAブースのBEATLESSのラジオ公録を途中から。着いたらとーやまさんが箱に手を入れて手についた匂いを嗅いでいた()中に入ってたのはドーナツの形したおもちゃみたいなやつ。そんな匂いするのか。とーやまさんは小野早稀ちゃんとペアで、若井友希ちゃんと佐武宇綺ちゃんのペアは動くイタチのぬいぐるみみたいなのを触っていた。佐武宇綺ちゃんってすっかり忘れてたけど9nineの人だった。スペダンに出てたのは覚えてますよ。とーやまさんと並んでたらスタドラつながりやないかい。

もう帰ってもよかったけどまだ体力あるし、ラスト博報堂ブースでりゅうおうのおしごとステージ。SHIROBAKOのアニメに出ていた(違う)轟豊太さんが司会だった。登壇キャストは里菜ちゃんとひーちゃん。寿子~。 後ろのブースがやたらとやかましかったけど里菜ちゃんの声はよく通る。こんな将棋ブームだけど、将棋指す人はぽつぽつぐらいだった。2人のお気に入りのシーンとか。里菜ちゃん印の幼女アニメだなって感じだけど、わりとシビアな話もある。

って感じでなんだかんだで14時から4ステージ回していた。RGBステージ(なんか色が増えていた)も立ち見できるようになったし、席にこだわらなければさっと来て声優のトーク聴けるのはいいかなって感じ。朝からだとつらいけど。気楽に行きましょう気楽に。

ほし×こえ -星見ヶ原で会いましょうー

今年2回目のプラネタリウムイベント。今回はほし×こえ。

_B124184多摩六都科学館。映る星の数が世界一らしい。

ほし×こえはプラネタリウムで星を見ながら声優さんの朗読を聞くイベント。男性声優があちこちでやっているイメージがあるのですが、なおぼうみたいな若手の女性声優が出るのはたぶん初めて。相方は超ベテランの井上和彦さん。

いつもそうなのかは知らないんだけど、脚本はオリジナル。あらすじとしては、なかなか芽が出ない絵本作家(なおぼう)が、行先のない列車に迷い込むのだけど、そこで謎のおじさん(井上さん)と出会い、星座を通して「誰のために絵を描くのか」を見つめ直すお話。お話になってるんだけど、ちゃんとプラネタリウムの解説にもなっているので、真面目な話けっこう勉強になったり。 北斗七星と北極星の話とか。むかし天体望遠鏡とか持っていたので、わりと星座はわかった。とか言いつつ、今回は席がだいぶ前のほうで、第1部は2列目若干サイドの席だったんで星も結構見るようにしてたけど、第2部はさいまえなおぼう側で5メートルぐらいの距離で、ほぼなおぼうばっか見てたという。朗読劇ではあるんだけど、意外と身振り手振りがあったりするのが見てて面白い。それに、この距離だと表情も全部わかって、演技の中の微妙な息遣いもリアルに感じられる。生アフレコという形ではアニメイベントでたびたび見るけれど、椅子に腰を据えての朗読劇というのはやっぱり初めてだったみたい。いやーこの席で見られたのは僥倖だった。1時間ちょい。集中してたからか眠くならなかった(笑)中途半端にしか参加してないんで書いてなかったけど、前の週の月がきれいのイベントも朗読劇の要素が入ったイベントだったし、2週連続でなおぼうの役者な部分を見られるイベントが続いて嬉しかったなー。