きららフェスタ2016

何気に初めて来るきららフェスタ。2年前はイベ被りしてて、去年はなんで行かなかったんだっけ・・・
_6261981昼公演でやたら入場が遅れていて、やっと入場したと思ったら割とすぐ影ナレが入る。影ナレの時点で照明が若干落ちるから実質3分ぐらい前が開演時刻。声優24人も並んでるとステージの端から端まで人で埋まってて壮観だ。TDCホールは収容人数のわりにステージの幅あるんでけっこうピッタリの会場かもね。自己紹介と作品ごとに七夕の願い事を。人数が多いから巻き巻きのはずが、やっぱ西ちゃんあたりからおかしくなってくるんだよなあ。きんモザチームの願い事は「諏訪召喚」。最初のゆゆ式の願い事が「津田召喚」だったからこの流れで行くかと思ったら次のごちうさは普通に「3期決定!」だった(笑

朗読パートは三者三葉から。アニメ録ってあるんだけどまだ見てないんだよね。ちょっと作品紹介も含めてって感じだった。ギブミーマヨネーズ連呼でそのまま終了したのはいやはやなんとも。でもステージでの朗読ほぼ初めての新人3人としてはなかなか。かなまいちゃんは喋ってるだけでおもしろいですね。続いて秋から始まるステラのまほうのキャスト発表があって、シークレット出演の2人が登場。いやあフレッシュだな。そのお次がきんモザ。やっぱここは安心感あるな。長いこと継続的にやってるだけある。イギリス旅行目指してデパートのくじ引きを5人で引くというストーリーだけど、いわく台本の半分アドリブらしかったので昼夜とも楽しめたという意味では一番。同じセリフでも微妙に違った表現になったり、そこからまた違うアドリブに派生したり。きんモザの後はすぐゆゆ式なので種ちゃんの喉が忙しい。あややからリゼならまだわかるけど、あややから縁はかなりトーン違うので傍から見てても大変そう。津田ちゃんがいないのでノリ的には足りない感じではあるが、とにかくおっぱいだ!それからさらにごちうさ。これまた種ちゃんが忙しい。魔法少女チノと怪盗ラパン実演はありがたい。いのりん「わたしお姉ちゃんのこと大好きなんだ・・・お姉ちゃんもわたしのこと・・・好き?」ファアアアーーーーーーーーーーー。今度はいのりんとかやのんが残ってがっこうぐらし。これはあんまぶっ込む感じじゃなくてアニメでもやりそうな正統派日常脚本。メインキャスト全員いるしね。にしても、いのりんもこのキャスト陣の中だとそこそこ先輩になってきましたな。イベントで見るようになってたった2年でもこんな感じなんだから女性声優界隈恐ろしい。

6作品終わったところで作品対抗ゲームコーナー。箱に手を入れて箱に入ってるマネキンの持ってるものとポーズを当てるゲーム。2作品一組だったんだけど、NEW GAME!チームとか三者三葉チームが先輩たちと絡んでるのは楽しそうでよかったな。きんモザチームと組んだステラのまほうチームも一緒にPERFECTなHUMANしながら登場してきてたし大丈夫か()ゲームのほうは昼夜ともみんな全員正解。けっこうすごいな。次に万歩計を手で振りまくるゲーム。きんモザチームがいつかも見た三代目J○Bやりながら振ってたりがっこうぐらし+あんハピチームも持ち曲の振り踊りながら振ってたり。このゲームはなぜかごちうさ+NEW GAME!チームが強くて昼夜とも1位。前のゲームは全員正解しているので自動的に優勝。

再び朗読でNEW GAME!。まだ放送前だけど作品紹介的な感じもなくこれも割と正統派。だったのは昼だけで、夜はかなり飛ばしてた印象。特にめぐさんが。やっぱ4人の中では経験がある感じっすね。脱線しまくったおかげであゆちゃんがちょっとテンパってたけどそれはそれで面白い。ラストにゆっきーが「今日も一日 がんばるぞい!」やって会場が「おおお・・・」となる。とラストはあんハピ。夏祭りがテーマ。けっこう尺が長かったのでこのイベントの中では今回の一推しってことなんすかね。ここは響さんの小平先生の声マネが似すぎてたってことに尽きる。最初はらみー来てんのかと思ったもん。ゆみりちゃんも声マネやっててそれはさすがに無理あるだろ・・・と思ったけどこれも意外と似ていた。声のバリエーションあるよねこの子。あと金髪の女の子が・・・って下りはきんモザじゃなくてハナヤマタだったっていう。まゆしぃの中の人ネタっすね。

ライブパートはまずクローバー♣かくめーしょんから。ベースの奏法はスラップが基本だと思ってたおじさんなのでまず耳が反応しちゃいます。朗読がいろんな意味で凄かったのでどうかと思ったら、思いのほか王道なアニソン。そこはかとなく2000年代感がある。ダンスもちょこまかとした動きが面白い。次はこの間も聴いたSAKURAスキップ。まだ板についてきた感じはしないけど、楽しそうでいいな。間奏で4人で位置を回転させるあたりはわかり手。そんで次が待ってましたのPUNCH☆MIND☆HAPPINESS。展開がとにかく忙しく田中秀和って感じだが、ちゃんとライブで歌ってるのがすごい。しかしまーこれは盛り上がるアニソンの必要項目を9割方押さえている曲でしょ。楽しすぎる。最近多いここでコールしてねって曲は普段あんまり感心しないが、この曲はそれがあるおかげで最後まで高すぎるテンションが維持可能。楽しすぎる。楽しすぎる(3回言いました)。トリはふ・れ・ん・ど・し・た・い。これまた生で聴きたかった曲だ。ザ・振りコピ捗り曲。いのりと同じ動作をしてるだけで俺は幸せだ。この曲、夜公演では後ろからウリャオイ聞こえてきたと思ったら前からMIXが聞こえてきてケイオスそのものでありました。この曲MIX打って楽しいかあ?ラストに巻き巻きで作品ごとにご挨拶して終わり。3時間。

なおぼう見に来たのになおぼうのこと一言も書いてない。ろーだんせのライブがなかったのは謎ではあるが、まぁ朗読とかゲームコーナー、それから他の人が自己紹介してる間もまなみんとやたら何か喋ってる西ちゃんとか見てると、妙に安心感というか自分にとってのホーム感はあったかな。今回はあんハピがベストだったんじゃないでしょうか。ゆみりちゃんのスマイル見てたらおじさんもハッピーになってきた。締めの挨拶とか聞いてて謎に唸っちゃったよ。ぽにきゃんの頃から相変わらず18歳と思えないっす。

そいや今回、昼はアリーナで夜は第2バルコニーだったんだけど、第2バルコニーの見やすさが異常だった。こういうイベントなら最前でもない限りバルコニーのほうがいいかもね。

_6261982
_6261985入学案内はもらい損ねました。

_6261987
_6261990

ファイアーエムブレム祭

_7250418
FEif(妹ゲー)もやれていないですし、いまやあまり濃いファンというわけでもないんですがチケット取れたので行ってきました。FEというと僕はGBAシリーズの世代で、あとからSFCのシリーズもやったりして、そのあたりの時期はけっこうプレイしてたと思います。同人の世界を最初に知ったのもFEだった。GCシリーズ以降は離れてしまってますね。3DSの覚醒は持ってるんだけどクリアできてないなぁ。

イベントはオーケストラのコンサートをメインにしつつ声優さんのミニドラマ、トークショーが挟まるという内容。開演前の影ナレがLynnちゃん演じるアクアだったんですけど、オタクライブだったらこういうキャラの影ナレって「フーーーーー」とか言ってオタク棒振りまくる流れなのにみんなシーンと聞いていてある意味ビビる。チューニング無しでいきなり幕が上がって、最初はFEのメインテーマ。オーケストラは一管の小編成。TDCホールって意外と舞台の奥行きがないなあと。さらにひじょーに残念だったのがPA通してたこと。しかも席が完全にスピーカーの正面だったからステージのほうから音が聞こえないわけですよ・・・うーんTDCホールでアンプ必要だっただろうか。確かに天井はちょっと高いのだが。TDCホールってけっこう音響に余裕あるけどオーケストラに合う響きかというとそうでもないというか、なんか乾いた音だ。

しかしあれですよ、そんな感じでなーんかなぁと思ってたら、2曲目からのアグストリアの動乱~獅子王エルトシャン~最後の聖戦というFE聖戦の系譜からの3曲の流れで一気に心を鷲掴みにされるわけです。アグストリアの動乱は感動で震えるしかなかった・・・。聖戦の曲は昔MIDIで色んな人のを聴いていたなあ。最近ゲーム音楽のコンサートもかなり開催されてますけど、久しぶりにこう「あの曲をオーケストラアレンジで!」的な感動を覚えた気がするよ。ほかの演奏では、ピアノが入ってピアノ五重奏形式で演奏されたFE覚醒の曲が耳に残ったかな。途中でヴァイオリンとヴィオラだけの掛け合いが入ったりして。ゲームは途中で止まってますが。。。逆に相当プレイした封印の剣とかのGBAシリーズの曲はどこで流れてたのか思い出せなかった(

演奏の合間に挟まっていたミニドラマは最新作のFEifを題材に、Lynnちゃんと取り巻きの男ども(何)のお話。半年前の某イベントだとなんかモノマネとかやってましたけど、清楚っ子のLynnちゃんいい・・・。トークショーはFCの1作目からやり込んでいるというまーくんこと桜井政博さんが司会。桜井さんといえば2006年のPRESS STARTで見て以来ですよ。これまたオーケストラコンサートで、あのときも司会だった。1作目からコンポーザーを務めてきた辻横由佳さんをはじめとするスタッフの方々の貴重なお話。GBAの烈火の剣ぐらいから辻横さん以外のコンポーザーも参加しているというのは全然イメージなかったので驚き。それに加えてGBAでかなりできることが増えたりもしたということで烈火の剣が印象に残っているとのこと。オープニングで女性の生コーラス入ってましたねえ。スタッフのインタビューがひと通り終わったあと、キャストゲストの子安武人&小林ゆう画伯登場。濃すぎる・・・。子安さんは20年前に出演したFEのドラマCDの話から長々と語り始めるし、画伯はFE覚醒でロンクーさんにいかにお世話になっていて、ロンクーさんを演じる子安さんがいかに偉大かというのをひたすら喋っていて何の収拾もついてないトークだった。突然客にロンクーコールをさせる画伯。子安「永遠に出演し続けるのでよろしく」。

ラストにファイアーエムブレムといえば・・・というあのCMの曲で締め。スクリーンに歌詞も出て観客も合唱する流れ。この曲はシュールな歌詞と勇壮な曲のマッチングがなんとも言えず趣深い。コーラスのソリストの人がちゃんとFEっぽい衣装着てたのも面白かった。予想よりちょい長いぐらい、2時間半ぐらいやってましたかね。上にも書いたけど、久々にこういうコンサート来て、思い出と直結してるゲームの音楽が目の前で壮大に立ち現れるっていう体験とその感覚・・・やっぱり熱くなるものがある。エリーゼちゃん(CV諏訪ちゃん)なでなでしたいし早くFEifやんなきゃ…

_7250423

_7250413

最後に忘れてはならないこと。大阪にいる間に岩田さんの訃報を聞いて、その日はずっとぽっかり胸に穴が空いた気持ちでした。あまりにも偉大だった山内さんの後を継いで会社を立て直しただけでなく、自分のキャラクターを存分に発揮して自らも山内さんに負けない名物社長として定着していったのは、見ていて幸せでした。岩田さんの時代をもっと見ていたかった。任天堂ファンとして感謝の言葉しかありません。

トライアングルステージ!!! ~JUMP~

TRYangle harmony 改めTrySailのTRYangle harmonyのイベント、トライアングルステージ!行ってきました。

わたしはトラハモを欠かさず聴いてる強いリスナーというわけでもないんですけど、なんで行こうと思ったかっていうと、トラハモの1回目と2回目のイベントは日本青年館でやっていて今回がTDCホールなんですけど、3人の事務所の先輩のスフィアのイベントに最初に行ったのもTDCホール(旧JCBホール)なんですよ。スフィアも結成して1回目が日本青年館で2回目がJCBホールだった。それがもう6年前の話ですが、こう、先輩がステップを踏んでいったのを見た場所で、今度はこの3人がどういう足あとを残してくれるのかっていうのをあの時と同じように見届けられる・・・と考えるとなんだか面白くなってくるじゃないですか?

っていうどうでもいい話は10%ぐらいで、残りの9割はもちょに会いたかったからだよ(ニッコリ

ちょい押しで開演、3人登場してからごあいさつ。3階席だけどTDCホールはそこまで遠くは感じないのがいい。もちょがワインセラーみたいとか言っててわけがわからなかった。。。ナンスが高校の卒業式に遅刻しそうになった話。高校卒業かーと思って、寿美菜ちゃんが「17歳最後のライブだから…」ってまさにこのステージで泣いてたの思い出すよ。

最初はトラハモの公録で、なんと完パケ録り。だから提供読みとかのときは静粛に。コーナーは名言めもちょだったので昼来て正解以外の何物でもない。勝海舟の名言とかソニー創業者の名言とかあったけど全部ナンスが持っていって天ちゃんがすねる。ソニー創業者の名言は資本関係的に(当てないと)いかんでしょ。最後らへんはかなり巻き巻き。次はバラエティパートという名のコント。コンビニ編取り調べ編催眠術編とあって、天ちゃんが謎の痛い女やったりもちょが刑事(デカ)やったりナンスが催眠術かかったふりをするやつ。朗読とか言わずに最初からコントと言ってあるのが清々しい。

ライブパートの前にもちょとナンスで年齢層トーク。年下相手のもちょのお姉ちゃんボイス聴いて死去。ライブパートは天ちゃんからで、ソロ1stのSkyreachとカバーの夢見る少女じゃいられないをマイクスタンドつきでロックにキメる!Skyreachってアニメでしか聴いてないんですけど意外とゴリゴリ来てる曲ですね。この子は歌ってる間にドヤ宮やってるのがいいので表情映すスクリーンが欲しかった。ミリオン1stはホント凄かったな…。ナンスはaikoのボーイフレンドとGO!GO!たまごっち。ボーイフレンドは曲あんまり知らなかったけどコード感でaikoってわかる。。。2曲とも振りがかわいくて、たまごっちは皆でサビの振りやってました。最後のもちょはきらレボの恋☆カナから。振り完コピだったし、なんつかこのぐらいの歳でアイドル好きっていう女の子みんなきらレボ好きだよね…。偉大なる久住小春よ。んなこと思ってたら次は松田聖子さんの歌とか言い出すので何かと思ったら夏の扉!!!!!!いやーーーーーーこんな熱いカバーあるのか。推し声優に聖子ちゃん歌ってもらうとえも言われぬ高揚感が地の底から沸き立つってことがわかった。Aメロでコール入れたかったけど、「もっちょー!」だとリズム合いにくいし「ももちゃん!」だともちょっぽくないのであれ。衣装が3人とも変わっていて、天ちゃんのスカートはちょっとレア。それにしても、最初から3人にイメージカラー決まってて衣装も演出もペンライトの色も揃ってるってあたりが今風っていうか、多色ペンライト時代のアイドル声優だよなって。今この用語作りました。

3人揃ってからはレッツ貢献。これはもう最初からコール入りまくりだ。こういう曲はやっぱライブで聴くと陶酔感あっていい。からの、ジブリの映画で何が好き?ってフリからカントリーロード。耳をすませばも好きだしこのフリでパヤオの映画ちゃうんかいってあたりが逆にいい。細かくパートわけされていて、サビは3声によるハーモニー。ラストの方では輪唱になるアレンジもあってとっても爽やかな空間でした。詞もすっと入ってきて泣ける。ラストにTrySailの1stシングルになるYouthful Dreamerを初披露。コールも入りやすいライブ向きな曲。なんかよくわかんないけどクソ楽しくなってきて自然にサビで振りコピしてたな・・・。でもけっこうコピってて楽しい振りでした。天ちゃん1stのSkyreachもそうだけど、TrySailは最初から割と王道アニソンで行ってるなあと。スフィアは先にデビューした戸松遥1stもスフィア1stもアニソン風じゃないのが新鮮というか意外だったので。で、終わってから物販でCD予約して限定ポスターゲット。完全にちょろいオタクだった・・・

ってわけで3人ともかわいかったし想像以上に楽しかった。1stライブあるらしいけど日程近いなあ。しかも会場がパシフィコとは。

TDCホールは来るたびに高確率で会場前の写真を取るのを忘れており、今回も例によって忘れたのでした。

SETLIST

01.Skyreach
02.夢見る少女じゃいられない
03.ボーイフレンド
04.GO! GO! たまごっち
05.恋☆カナ
06.夏の扉
07.Let’s貢献! ~恋の懲役は1,000,000年~
08.カントリーロード
09.Youthful Dreamer