2020 J2リーグ 第1節 FC琉球戦

2020シーズンの開幕戦なんですが、タグを見ると前に記事を書いたのが2016年の京都戦なのにビビってます。色んな意味で楽しませてくれたエスナイデル時代がなかったことに()調べてみたら案の定スタメンが全員入れ替わっている。いちおう2017シーズンは5試合ぐらい観ているのですが、物を書く余裕がなかったのでしょう。それでも2018年の山形戦以来に来たので1年以上ぶり。第2江尻時代は本当になかったことに。

試合は開始1分で先制という、このチームにはなかなかない滑り出し。キックオフ後、左サイドに渡ったボールから、ほぼノーステップの質の高い堀米のクロスボールが上がる。エリア内では川又がマークを引きつけて米倉がフリーに。うまく飛び出してゴール。幸先は良いのだけれど、ここからは89分間耐久戦。完全に崩されることこそないものの攻められっぱなし。なんとかボールを奪取してはただただ前にボールを蹴り出すことの繰り返しという、ビルドアップすることを放棄するかの如き引きこもりスタイルです。基本4-4-2で、終盤の選手交代後は5-4-1になって更にガチガチに。結果としては89分間しのぎにしのいでウノゼロ勝利。これぞ尹晶煥サッカー!

最低限フォーメーションを崩さず守備できていたことと、新GKの新井の安定感もあり、決定機は作らせなかったのですが、ひたすらフラストレーションが溜まる89分ではありました。ただこれを耐えて勝ち切ったというのは、今までこのチームがどうしても出来ていなかったことで。2017〜2018とエンタメに振り切ったサッカーを指向した結果がアレだったので、もうリアリスティック路線で行くしか道はないわけです。この10年で似たようなスタイルで行くことを模索してた時期はあった気もしますが、その度に頓挫していたので、このあたりはユン監督の手にかかっていると言えましょう。結果が出ていれば全て良し!

京都戦

別に時間ないわけじゃないんだけど1週間寝かせないと書く気にならない。ってことで先週のフクアリ。
_A082940試合後の修羅場しか話題になってなかった試合だけれども、まーそういうことが起きる予感しかしない試合ではありました。開始1分で先制点ぶち込まれてからというものの、ミスから2点3点とあんまりにもゴール前が脆い。ボールはそこそこ持ってんだけど、大して崩せてないのにとりあえずシュート打ってはボール奪われエスクデロあたりにゴリゴリ前に持っていかれてピンチになる。町田也真人がなぜか欠場してたので前線中央でボールがコントロールできず、エウトンと船山の突破頼みみたいなところもあったし、サイド攻撃のクオリティも低い。阿部翔平のクロスボールがびっくりするぐらいまともに上がらなかったんだけど何かあったんすかね。てな感じでとにかくひどい90分でありました。せめて今季突然覚醒した町田が見たかったす。何か起こる予感してたから試合終わってさっさと出ちゃって、試合後の選手とゴール裏のみっともないやり合いは結局見てない。某コアサポの発言にブチ切れてた岡本本人が言ってたけど、もっとちゃんとコミュニケーションしましょうよ。プレーオフ圏内6位の相手に負けて今季は実質的に終戦したことだし、あとは来季の準備かな。

今日の話。ルヴァン決勝浦和対ガンバ見てて、試合自体も緊張感あって外野としては楽しめたんだけど、最終盤のPK戦で、大ブーイングとWe are REDSの大合唱を向こうに回しながら涼しく右隅に入れちゃう遠藤保仁に震えたし、13年ぶりの優勝が懸かる局面で全てを背負ってPKを沈めてみせた23歳の遠藤航に思わず脱帽した。その後にレッズのサポーターが涙を流してるのをみて、決勝戦で負け続けてきた中で積もり積もったものの大きさを実感。レベルは違うにしても、積もってるものでいえばうちのクラブだって相当あるわけで。2年前、4年前にチャンスがあった頃とはだいぶ遠いところに流されてしまってるのが現状だけど、いつかはあんなうれし涙を流してみたいよね。

_A082944
_A082947
_A082926
_A082924
_A082932

夏場所13日目

_5201503稽古総見も見たことだしってことで、2年ぶりに本場所観戦。若冲展行くのを渋ってた理由の一つにそんな早起きするなら相撲観に行きたいというのがあり、結局同じ日に両方行くというウルトラC。つうわけで若冲並ぶ前に両国で朝7時から並んで買ってた自由席当日券で入場。上野から移動してきて入ったらちょうど十両土俵入り終わって幕下上位あたりだった。


取組表を見てびっくりしたのが懸賞の数。1本少なく数えてたけど、どっちにしろ異常な本数。勝てば手取り174万円。そもそも去年の1月までは50本が上限だったわけで。平成16~18年あたりも懸賞本数がうなぎ上りになった時期があって、それまでは懸賞旗を持つ呼出が土俵を2周するだけでもすげーって感じだったのが、2周は当たり前になり、この日は3周。まあ好景気なのはいいけど、さすがに読み上げが長すぎて仕切りに集中できない感じもある。

Ryogoku Kokugikan (Grand Sumo Arena)しかし席に着いたのはいいものの、この日は十両の取組の内容がまるでなくさっぱり面白くない。しかも1回両者立って軍配も上がった勝負が手着き不十分でやり直しになった輝-千代丸みたいな取組もあり、これまた興醒め。2階最後列からでは何があったのか全く分かりません。良かったのは佐藤が石浦を突き出した相撲とかかな。この佐藤、石浦や宇良を起こして押していけるぐらい下から突き押しできているし、自分が攻めているときの腰の位置、足の運びもいい。のにも関わらず、いったん当たり負けて攻め込まれると左に回って去なすか叩くしかできないのが非常に気になる。しかもその回り方が横っ飛びのような形で、腰は伸びて足も揃って最悪。千代の国、輝、旭日松のような押し相撲相手に真っ向勝負が全くできなかった。19歳で若いのにもう癖になっている感じなので、これからどう修正していけるのか。

幕内は打って変わっていい相撲が多し。どこからでも攻めてくださいと言わんばかりの体勢の正代が妙義龍の攻めを受け流して受け流して最後は二本差してしまうという柔軟な守りと攻めは見ていて面白い。とにかく動きの激しい琴勇輝と嘉風の熱戦も盛り上がった。千代大龍が異様に粘って蒼国来があの手この手を繰り出したり。とはいえこの日のメインイベントはやはり結び。白鵬と稀勢の里がほぼ同時に入場しただけで大歓声。土俵に上がって懸賞が読み上げられる時間、会場の熱気がじわじわと伝わってくる。この熱気は2年前の白鵬-逸ノ城を超えるもの。

白鵬がかなり早く立ったものの、左四つの勝負。白鵬は左をおっつけてくる稀勢の里相手には左四つのほうがむしろ良いイメージがあるはずなので、これは予想できたこと。最初の出足を止めた稀勢の里が右は抱えたまま出て、白鵬残すがここで稀勢の里上手。ここで上手が遠いと見ると右足を下げて自分から左半身になる白鵬。稀勢の里が出るところを下手投げで振る。ここから右を差すか上手を取りたい白鵬だったがどちらも果たせず、逆に投げを残した稀勢の里が両廻し。このかなり厳しい体勢になっても活きる白鵬の左下手。かなり腰を入れて稀勢の里の体勢を跳ね上げるように下手投げを打ち、稀勢の下手を切り、さらに回り込んで連続して下手投げで振ってついに稀勢の里横転。上手を取られても自分でペースを握ってしまう白鵬の上手さ。左半身で下手を活かす相撲を選択したところで勝負の流れが決まった。稀勢の里はというと、右の上手が深すぎて白鵬の左を殺せなかったことは直接の敗因と言えるが、白鵬と比べて常に腰が高いことは言うまでもなく、白鵬の下手も切りにも行けず、白鵬が半身になっているので差し手はまともに使えず(その前に腕の返しもなく)、左下手も取っている時間は短く、深い上手で寄るだけといういつもの稀勢の里。こうなると把瑠都や照ノ富士にやられていたように差し手から振られてひたすら残されて寄り切れないという流れ。加えて白鵬には技術がある。確かに圧力のある稀勢の里の左四つの寄りだが、白鵬との間にある四つ相撲の展開力の大きな隔たりを改めて感じさせられた一番だった。

本音を言わせてもらえば、この結びの一番がここまでまともな熱戦になるとは思わず。この数年のこの2人の取組といえばとにかくしょっぱい相撲が多く、それだけでなく一時期は仕切りでやたらと睨み合ったり、まるで合わせる気のない立合いを繰り返したりしていて、まともな相撲が期待できないレベルまで落ちていた印象が、今日の相撲でやや改まった。懸賞の数に相応しい取組だったと思う。

んな感じで、千秋楽には白鵬が全勝を果たして終わった夏場所。白鵬は稀勢の里を退けたこの13日目以降人が変わったような相撲になり、14日目は頭を着けた日馬富士をこれまた右下手を使えるだけ使って起こしてみせたり、千秋楽は土俵際うっちゃりで昨年見せた櫓投げよろしく腰の強さを改めて示してみせた。これほど充実した白鵬の相撲を見るのは久しぶり。これを15日間続ける体力がもはや残ってないのがこの数年の白鵬で、数年前は序盤をよろよろとした悪い意味で力の抜けた相撲で乗り切っていたのが最近は張り手かち上げに頼るようになったという話。土俵態度は悪化の一途。まあ場所前に膝を痛めて、場所中には足の指も痛めていたことを考えるとここで全勝というのは上々なのでは。2場所連続で優勝を争った稀勢の里は序盤は春場所ほど冷静に取ってない、さらに言えば腰を落ち着けてもいない印象だったのが、日増しに左四つでの安定感が出てきた。この安定の鍵になるのは右上手というよりは左の下手のような気がします。それから逸ノ城戦のように押しで攻め込まれても腰を決めて下からおっつけたり、琴奨菊の寄りにも土俵際で耐えたり、守りも悪くない。終盤の2日間は技術力の差。下手が取れないときの左の使い方というのは一つ課題。嘉風戦のように割り出すように攻めたりする形なんかは白鵬戦でバリエーションとして欲しかった。関脇以下では負け越しはしたものの琴勇輝、正代(いくつかの勝ち相撲だけ)、下のほうで御嶽海、遠藤なんかは印象深い。相変わらず統一見解のない立合い正常化はほとんど効果を成してなくて混乱だけが残っていたような気がするけど、優勝争いも様になって相撲内容もけっこう楽しめた本場所だった。

名古屋場所は白鵬の通算1000勝・幕内900勝・横綱700勝、それからまたもや伸びている連勝記録も懸かる。と同時に稀勢の里は綱取り。正直なところ白鵬戦の内容を見る限り横綱になるイメージは遠のいた気もするが、連続の13勝はまぐれではない強豪の証。存分に取ればこのくらいはできるというところを次も見せてほしい。

_5201584
_5201570久々に食べたまる玉らーめん。両国はやっぱこれ。