稽古総見2016

_4291207
行ってた。じつに1年半ぶりの両国。本場所じゃないけどね。今年も両国にぎわい祭りと日程が被ってないので行こうか行くまいか迷ってたんだけど、クリリン先生からお誘い受けたので久しぶりに早起き。クリリン先生と総見に来るのは4年ぶりらしい。ひえー。
_4291205
7時すぎに到着すると、列が江戸東京博物館への道あたりまで伸びている。しかも南門を開けて列を迂回させたうえでここまで伸びているという。2011年頃に来たときは同じ時間だとせいぜい幟のあるあたりまでじゃなかったかな。とにかくすごい人出。マス席は前に同じ時間に来たときより5, 6列は後ろ。とりあえずマス座れて良かった。最終的には正面のイス席はほぼ埋まってたんじゃないかな。

幕下の稽古は阿武咲、竜電、旭大星、琴恵光なんていう元関取がひしめく中で富栄がアピールしまくって土俵上がり続けてて歓声が飛ぶ。特に強さを感じるわけじゃないけど、押し一貫で見てて気持ちの良い相撲だしあれだけ稽古熱心だと爽やかでいいですね。勝誠は好調っぽかったので今場所もしかするとやるかもしれない。先場所はもったいない場所になった照強は可もなく不可もなく。もうちょい時間かかるのだろうか。そういえば15枚目付出の坂元を正直なところ初めて見たんだけど、どうもちょっと差したがりすぎるきらいがあるように感じます。体格もかなりあるのに二本差しに行ったりもするし。左四つになれば(遠藤のように)腰も低いしなかなかいいのだが、差せないとその後の対応が遅れ気味。果たしてすんなり十両上がれるだろうか。十両の稽古はなんといっても宇良が最注目。出てきた瞬間だけでも大歓声なのに、同じ軽量力士の石浦も上がってきてまた歓声。宇良が土俵上がるたびに石浦も出てきてたような気がします。あくまで稽古だけどここでは石浦に分があった印象。だいたい頭四つで膠着する流れになるんだけど、ここから崩して先手を取るのがだいたい石浦だった。宇良は旭日松なんかにも手を焼いてたし、あまり大きくない力士、あるいは押し相撲の相手への対応が課題になるのかな。

幕内の稽古は全体的に大人しい感じだったけど、新三役の魁聖がたびたび土俵に上がって気を吐いてました。あとは嘉風や栃ノ心なんかも。ただ、魁聖と並んで今場所の目玉であろう新関脇・琴勇輝と勢の2人が結局土俵に上がらず、ここは期待外れ。琴勇輝は咳に悩まされてるとかで、今年に入ってからの勢いが止まらないといいんですが。ラストに横綱大関。最初は日馬富士が土俵に上がって平幕陣相手に申し合い。時間がかかるときもあるものの、おおむね余裕のある内容。体が良く動いて前にも出られるし、攻められても投げが冴えてたので危ないとは感じない。途中から肘のサポーターを外してたあたり具合は良さそう。その後は鶴竜、稀勢の里、琴奨菊、照ノ富士と土俵に上がって申し合い。ここで好調だったのが稀勢の里で、左のおっつけが効いて鶴竜を吹っ飛ばすし左四つになっても膝をよく曲げて琴奨菊の寄りを許さず。先場所何番か見た守りの相撲がここでも(ただこの次の連合稽古で足痛めたらしいけど…)。逆に心配だったのが照ノ富士で、この3人相手にほとんど何もできないまま後退する場面が多すぎた。膝に爆弾抱える中で先場所も喘ぎ喘ぎで角番脱出だったけど、まだまだ厳しい時期が続きそう。白鵬は土俵下で準備運動と股割りをずっとしていて結局相撲は取らず。膝が悪いと聞いてたけど、一門連合稽古では相撲取ったらしいので出場はするのかな。まあしかし、白鵬も最近色々あるとはいえ、今まで見てきた稽古総見はだいたい白鵬が期待の力士と三番稽古したりぶつかりで可愛がったりと色々引っ張ってた感じがあるので、土俵に上がらないとなると寂しいですね。んな感じで11時頃に終了。佐田の海や正代といった熊本県出身力士が熊本の地震のための募金活動をやっていた関係で、エントランスが人でごったがえしていた。にぎわい祭りは次の日からだし、クリリン先生は昼から用事があるということだったのでここで解散。いやー、早起きは辛いけど来てみるとやっぱり楽しい稽古総見。2年ぶりに来てよかった。

_4291227日馬富士に隠岐の海

_4291245稀勢の里に琴奨菊

_4291197
_4291265
_4291300秋葉原に行くつもりが、魔が差して六本木に来てしまい、結果アレなことに。

2016開幕徳島戦

去年はホーム開幕戦は行ったけど、序盤の昇り調子だったときはいろいろ予定が重なって来れず、シーズンが進むにつれ目も当てられないクソサッカーになっていったので後半はだいたい家で観てたという2015シーズン。最終節の戦いぶりは失望感が大きかったねえ・・・。今思えば序盤のホーム大宮戦とかセレッソ戦とか見とけばよかった。

_2280243というわけで1年ぶりのフクアリ。さんざん言われているように入れ替わるにも限度があるだろうというレベルで選手が入れ替わり、去年の開幕戦で出てた選手は井出遥也だけ。ベンチ含めてもあと佐藤勇人がいるだけかな?それでも代わって入ってきた選手も能力・実績のある選手ばかりで、その選手たちが集められてどういう化学反応が起きるのか、なんだかフシギな期待感がある。ケルンから長澤とか来たのにはさすがにぶったまげました。ケルンからジェフに来た選手はリトバルスキー以来らしいよ。

_2280252前半は渋めの展開でチャンスらしいチャンスもなし。相手が中盤から前線にかけて積極的にプレッシャーかけてくるので、前線のエウトン、船山と二列目以降の連携が十分に取れてなかったなと。セカンドボールもだいたい取られてた。どちらかといえば押し込まれ気味だったが、守備は最後方から声を上げる佐藤優也と経験豊富な近藤が冷静に対処し続けていて、期待通りにディフェンスリーダーの役割を果たしてくれていた。後半FKからのこぼれ球をシュートされたのがDFに当たって失点したが、これは事故みたいなもんで決定的な場面は未然に防げていた。けども、後半入っても攻撃がちぐはぐ。超万能サイドバック阿部翔平と井出の左サイドが少ないチャンス源ってところ。交代で長澤、吉田眞紀人、山本真希を入れてギアチェンジ。徳島はもう守りに入っていたので、守備力のある富澤に代わってパスセンスに優れる山本が入ったのは効果的で明らかに攻め手が増えた。いつものジェフなら明らかに敗色濃厚の後半ATも目安4分のうち3分に入ろうというところ、まずはその山本からドンピシャのアーリークロス。これを眞紀人が合わせて同点。これだけでもものすごい熱狂だったが、なんとなんとここで終わらなかった。ラストプレーで阿部が放り込んだクロスから生じたゴール前大混戦を長澤が押し込んで逆転!ジェフサポーターの十八番 WIN BY ALL!!コールが地鳴りのようにスタジアムに響く。今まで現地観戦してきてこんなん初めて見たというか・・・(いつもはやられるほう)。本当にこんなことあるんだなっていうのと同時に、フットボールの熱みたいなのを強烈に感じたよね。あの瞬間世界で一番熱い場所にいたことは間違いない。こういうことがあるから人生は楽しい。

_2280253MOMはもちろん得点した2人なんだけど、影のMVPは阿部翔平じゃないでしょうか。本当になんでもできる。守備に奔走しボールを奪っては前線に上がり、すばらしい精度の左足のクロスボールを放つ。磐田に行ってしまった中村太亮もクロスがうまかったのだが、守備が軽いという欠点があった。そこを補って余りあるパーフェクトな選手。よくこんな選手取れましたね。というか、今日出てた選手はだいたいよく取れたなという感じ。長澤や山本もそうだし、パラグアイ代表のアランダも湘南に行ったパウリーニョを補って余りあるという能力を持つ選手。的確なポジショニングと職人技のようなボール奪取と前線へのボール供給、そして冷静(ここ重要)。これぞボランチと言うべき選手ですよこれは。今日の2点目もアランダのインターセプトから。コパ・アメリカ行ってしまうのが今から恐い・・・。千葉のレオ・シルバになりそう。吉田眞紀人にしても、1点目を決めたプレーももちろん素晴らしいんだけど、それ以上に熱い気持ちが全面に出てるのが本当に頼もしい。シャレじゃないけどかつてジェフを引っ張った巻誠一郎のような存在感がある。いやほんといい選手取ったなあ・・・

谷澤や大岩、キムにパウロ・・・出て行った選手のことを思うと、寂しさはないと言えば嘘になる。でも新しい選手たちも同じくらいかそれ以上に魅力ある選手ばかり。その新戦力たちがまず開幕戦で我々の心をがっちり掴んでしまったというところ。ただ、今日は勝っただけなので内容はまだまだ課題が山積み。これからの41試合でこれまでのチームとの違いをしっかり見せてほしい。今季昇格してこそこの日のゲームが伝説になる。

_2280231
_2280238
_2280251

千葉ロッテ×俺ガイルコラボデー

千葉ロッテマリーンズの俺ガイルコラボデー3日間のの最終日にキャストもご来場ということで、久方ぶりに野球を見にQVCマリンフィールドへ。

せっかくなのでこれ乗って行きました。
P6110137
P6110128
P6110134
車掌コス結衣、クソカワ。

P6110142
前にここで野球を見たのは2004年のことです。相手は今は亡き近鉄でした。まったく野球育ちではないので生涯における野球観戦回数は両手で数えられるほどですが、たぶんマリーンズの試合以外は観てないんじゃないかな、という程度のゆるーいファン。

試合開始前にスタジアム正面のステージで15分ぐらいのちょっとしたトークショー。ギリギリに来た割に大移動の流れに任せたら最前に潜り込めて運が良かった。最前といってもステージからなぜか距離があり、本当の最前は子連れシートになっているので大して近くはない。しかしながら、もうロッテユニ姿のなおぼうが出てきた瞬間オタク逝去(享年26)。さいこうかよ。。。可愛すぎる。。。想像以上にユニが似合いすぎていてですね。最前だけど双眼鏡でずっとなおぼうの顔見てた…。宇宙一可愛い声優が地元球団のユニフォームを着ることにより世界の恒久平和は成し遂げられる。トークは千葉来てみてどうですか的な話。なおぼうはマックスコーヒー買って飲んだらしいです。なんかもうこのステージだけで満足できる感あったけど今日は野球を見に来たんだ俺は。
P6110151
P6110148
スタジアムに入るとコンコースにスタンディ置いてありました。席は三塁側のマリンシートというやつ。中日のファンが結構いる。選手紹介は1~4番がえぐー、5~7番はやみん、8~9番とピッチャーをなおぼうがコール。8番!って言うの忘れるなおぼう。カメラ抜かれても台本で顔が見えない。

コラボ宣伝タイムで普通にマウンド出てきたのでバックネット裏の席取ればよかった…ってなる。

背番号80000、えぐーの始球式は見事ノーバン。茶渡さんと練習してたらしい。

試合の方はマリーンズの先発植松が初回から早速打たれまくり、満塁ホームランも飛び出して2回6失点KO。とはいえこのコラボデーに中日の和田が史上最年長での通算2000本安打を達成し、なんとも言えず祝福ムードでした。3回以降はマリーンズも安定するものの、攻撃時はほとんどヒットも打てずイニングだけ過ぎていって結局そのままゲームセット。特に見どころらしい見どころも少なく。2000本安打がかかった試合で猛打賞の和田はすごかった。

試合があまり面白くなかったので双眼鏡でスタジアム見回してたら1塁側のバルコニーにはやみんがいるじゃないですか?遠いけど髪のゆるふわな感じでわかった。しばらくして背の高いメガネ男子も現れたのでたぶん確定。窓枠で顔が見えないけど横になおぼうもいました。あと途中で茶渡さんも来た。マリーンズ攻撃時に見てみると、ファンの応援歌に合わせてはやみんとなおぼうが手拍子してるわけですよ・・・千葉に生まれてよかった(※生まれてない)。んな感じで、コラボデーとしては充実してたと思います。最近この手のアニメコラボ見てていいなーと思っていたし、なおぼう来るし、地元だし、最高でしかなかった。

P6110173
バタバタしながらかなり適当に長時間露光したのだが、三脚を一脚代わりにして撮っていたため微妙に手ブレしてて光跡がヒョロヒョロになっている(笑)

望遠レンズを持っていないので今回のためにレンタルでもしようかなと思ったんですけど、送料高かったのでやめ。場所もあまり良くなかったし、結局キャスト陣の良い写真は撮れてません。次こんな機会あんのか。今日の席なら換算600mmまであるの使えば足りないってことはないと思われる。ただ望遠端が相当暗くなるのでボディ側が高感度強くないとという感じ。予算あればF2.8通しの40-150mmズームに1.4倍テレコンが最安定だが、費用対効果ならパナソニックのFZ1000的な明るくてそこそこ(50倍とか行かない)高倍率のレンズ固定式カメラとかが良さげか。4K動画も撮れるし。とか言ってたらこの日隣の席に座ってた人がFZ1000使っててビビったって話。いいカメラだ…

P6110181

次なおぼうにいつ会えるんだ…