ロボガ舞台挨拶

IMG_2742
AnimeJapanから早2ヶ月、劇場版ロボットガールズZ公開。
関東の舞台挨拶4公演のうち横浜を除く3公演に参加。練馬イベントは盛大に外した分全部行きたかったけど体力が持たなかったと思われる。

映画本編はレギュラー版の9回分と新作パートで90分ぐらいに収まっていてすっきりした構成でした。基本お笑いフルボッコバトルアニメですが、お色気要素も多しで唸れる。というか、ダブラスちゃんが可愛すぎてですね・・・。ダブラスちゃんといえば、レギュラー版にはなかった話と話の繋ぎのパートでダブラスちゃんがフィーチャーされていて、これもまたよかった。とにかく色んな声優が出演しているので、声ヲタの皆も納得だ!寿美菜ちゃんのAチャンネルぶりの関西弁も聞ける!

舞台挨拶はそれぞれお題があって新宿1回目は映画の中の個人的見どころ。東山奈央ちゃんは上述の繋ぎパートのひとつを挙げてました。記者の人に文字にされといけないので皆まで言ってはいけないやつ。荒浪さんは親が来てるのに何回もおまたチョップとか言ってた。

2回目はロボガを通して自分が変わったこと、的なお題。奈央ちゃんの回答は「お友達が増えたこと」でした。なんか3月は色んなところでお誕生会をやっていた気がしますが、当日はそういえばロボガチームだったんですね。つーか、奈央ちゃんは並び的に、水瀬いのりちゃんとアニメでもペアの森下由樹子ちゃんに挟まれてるわけですけど、この3人の絡みが可愛すぎたよね。地下帝国組はなんというかこう、アニメそのままな雰囲気でいちゃいちゃしてた。二人羽織熱い。いのりんは存在自体がエンジェリックなのだと悟る2014夏よ。俺には羽が見える。

そういえば新宿は劇中に出ているいまいち萌えない娘とコレジャナイロボが来ていましたが、コレジャナイロボは移動に相当苦労してました。コレジャナイロボの中に誰が入ってるのかと思えば、舞台挨拶の出演予定は全くなかったはずの畑中さんでした。ポロっと荒浪さんが「こんな髪の毛になってる声優初めて見た…」とか言ってた。いま萌えさんは美菜ちゃんではなく神戸新聞から派遣された人のようで、寿さんじゃなくて申し訳ございませんと真っ先にお詫びしてて面白かった。

大泉は4月の練馬イベで約束されたすき焼き打ち上げのグレードをかけてのミニクイズ大会。魔法使いサリーの初回放送年度、大泉のご当地ヒーローの名前、マジンガーZの連載雑誌など。ググるの禁止、オーディエンス禁止でしたが、なんかもう普通に客の方からオーディエンスしてた。それが聞こえたかどうかはいざ知らず、なんと全問正解で高級すき焼きゲット。ステージ前のプロデューサーにすき焼きコール。移動が慌ただしかったけど3公演楽しかった。

なおぼうといえばあれです。2月のかのコンのBD出ました。舞台挨拶のあとに鑑賞会もあって、この日は充実してたんですけど、本編を見てライナーノーツなんかも読んで、あのとき感じたことはそこまで間違ってもなかったなと、確信じゃないですけどそんな所感。2月以来もやもやがあってBD見るのにも勇気がいりましたけど、ひとまずここで一区切りできてすっきりですね。推してよかった。とか言いつつまだコメンタリーは聞いてない。なんつーか、映像で見ると自分がその場にいたとは思えないような空間に感じますね。考えたらチケット取れたのもちょっとした奇跡だったし、心から行けてよかったと思えるライブです。

…と、この記事を富士急で書いてるというアレ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA