僕の夏が始まる公演 2019/12/18

久しぶりの劇場公演。なんとか年内にまた劇場で推しメンに会えました。しかも初日メンバーでの僕夏公演です。7月の公演がキャン待ちで入れず、それから3ヶ月公演自体無かったり、Bチームの僕夏公演始まったりで、正直推しメンが出てる僕夏公演はもう見れなさそう…と思っていたのですが、滑り込みで夏始まった(12月)。 

始まったそばからビンゴは優勝したので、立ち見センターの下手寄り柱の近くから。割に視界はいい。推しメンはこの公演だと前半の曲は下手が中心、後半は上手が中心なのは前に定点で見て確認していたので、前半の「Seventeen」とか「やさしさに甘えられない」とかはよく正面来てくれました。あと自己紹介MCもずっと正面。「Seventeen」いい曲すぎてつい歌っちゃいそうになる。歌い出しのゆいゆいと怜ちゃんの並びがよかー。「ボーイフレンドの作り方」は岡部先生のセリフが見どころ。口調に推しメンみを感じた。推しメン的には先生じゃなくてクラスの優等生役らしいけれど、先生であって欲しい()

ユニットは、ゆいゆい、怜ちゃん、まほぴょんの「さっきまではアイスティー」からアイドルオーラ増し増し。14周年公演の「大声ダイヤモンド」も凄かったけど、5人中3人はこの公演でやってたんだなー。ゆいゆいとずっきーがこの公演では並び立たないのが惜しい。。。ゆうなぁの「女神はどこで微笑む?」はなんとも狙っている感がありありではありますが、やはりパフォーマンス力は信頼感がある2人です。歌の部分でゆいりーがなぁちゃんに全く引けを取っていないことに驚いた。踊っていても歌が安定しているのはあの腹筋があればこそ(?)。推しメン入りの「最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?」があまりにも良くて。。。数日前にカットしたショートヘアーと、シンプルな白のトップス&ロングスカートの衣装がとてつもなく似合ってます。単なる大人感ではなく、ノスタルジックとセンチメンタルをうまく醸し出す歌と振りと表情が最高。これ見るためだけに僕夏公演通えると思いました。

中盤の「胡桃とダイアローグ」も1度聴きたかった曲。めっちゃ暗い。ここでのタイトな衣装もショートカットだとシルエットがシュッと引き締まっていい感じです。「恋人いない選手権」はフルで聴くのは初めて。もはや定番と言ってもいい曲なので、この公演1番のハイライト。コールが盛り上がります(逆にいうとこの曲以外は手探り感)。「キンモクセイ」もいい曲。途中8メンでソロパートを歌うところがあってこれまた狙ったな?という感じ。やっぱりこの公演は推しメンの声がちゃんと聴けるのがいいですね…。これまた花柄の衣装が夏っぽくてこの公演らしい。アンコールの「水夫は嵐に夢を見る」なんて研究生のしか聞いたことなかったのにこのメンバーで聴くことになるとわー。最後に公演の表題曲「ポニーテールとシュシュ」。フルで聴くと特別感あった。盛り上がってとても爽やかに終わり。

しかしまあ、最初に書いたようにこの日は初日メンバーということで、今まで見たどの公演より豪華なメンバーだったのですが、今まで見たどの公演より推しメンしか見てなかったような気がします。この間なるちゃんのほう向いちゃうとか書いたけどそれすら無かった。この公演は衣装が全部良いのですが、推しメンがショートカットになったことでますます似合って輝いて見えました。この公演のために切ったのではと思うほどです。メンバー的にレア感があったのは嬉しくはありますが、結局のところ周りのメンバーはあまり関係なくて、推しがいるかいないかだなぁと思った次第。めぐちゃんの生誕祭の日も出ていたし、ゆきりんが初日前に言ってた通りに色んなメンバーが柔軟に入れ替わってやっていく感じになりそうなので、これからもコンスタントに出てくれることに期待したいです。雫公演もそうですが、この公演も入るたびにますます曲が好きになれそうな気がします。

サンタポーズ

この公演で麟ちゃんは2019年の劇場最終出演。今年は6回劇場で会えました。来年はもうちょっと行きたい。生誕祭いつなんだろう…。劇場公演は4月から通って14回。現行の公演で入ってないのはあと牧野アンナ公演とサムネイル公演なのですが、もうやらないのかな〜。パジャマドライブ公演が年内千秋楽らしいので、新公演始まるなら楽しみ。

湯浅順司「その雫は、未来へと繋がる虹になる。」公演 山本瑠香 生誕祭 2019/11/3

常滑全握から2日連続。2ヶ月半ぶりに推しメンの出演する公演を見ました。しかも1年弱で通算6回しか出演してない雫公演です。

席はセンターの椅子席の最後列の端なんですけど、前に雫公演観た席と同じだった(笑)でも岡部推し的にはまあまあ正解で、この公演では両方の柱の隣あたりを行ったり来たりしています。目撃者公演では花道まで来ないのですが、この公演では上下1回ずつ来る。

この日はメンバーが非常に豪華で、坂口渚沙、髙橋彩音、倉野尾成美という並びは公演初日と同じです。「アクシデント中」でこの3人がフロントに来ると、尋常でないアイドルオーラに鳥肌が立ってしまいます。3人ともここの制服の衣装が似合うわけですよ。。。彩音ちゃんのポジションにはゆいゆいも入れるので豪華さでいえばそちらもあるのですが、この日の組み合わせの良さは3人とも身長が揃っているということでしょう。逆三角の形になるととてもバランスが良く見えます。いやー見れてよかった。それからこの公演で初めてお目にかかったメンバーでいうと、みうちゃんのダンスはさすがです。そこそこバキバキ踊る「10クローネとパン」でも手捌き足捌きがとても軽やかでバキバキに感じません。同じポジションでいうと七瀬も捨てがたいけどな〜。

まあそんなことを思いつつ9割がた推しメンを見ているのですが、「スコールの間に」2サビ終わりや「ライダー」での表情はとても曲のストーリーを感じさせてくれるし、「細雪リグレット」でのソリッドな振りも軸がしっかりしていてとてもカッコいい。「言い訳Maybe」で真ん中にいないのがもはや違和感なのですが、上手の柱のあたりに来てくれたのでオーライ。MCでのひだあやとのコンビ感もいいな〜。

にしても、この日凄かったのは久しぶりに劇場で会った倉野尾成美さんです。推しメンが下手方向に行って見切れるときに正面に来ていたのですが、パフォーマンスのあまりの存在感とオーラを前にそちらを振り向かざるを得ません。もはやフォースの使い手…。今この瞬間を楽しんでるキラキラ感で溢れてて、ステージにいるアイドルとして100点満点な感じ。こういうパフォーマンス観れると幸せだよね。

この日は瑠香ちゃんの生誕祭でした。推しメンもメールに書いてたけど、生誕祭は盛り上がりやすくて楽しめます。ただ、この公演だと麟ちゃんと瑠香ちゃんがよく同じ歌割になることが多くて、コールに迷うところはあった(笑)

イルカのポーズ

今年中にもう1回ぐらいは劇場で推しメンちゃんと会えればなーと思ってますが、生誕祭は今年やるのか来年なのか。。。

岩立チームB シアターの女神公演 2019/10/11

3週間ぶりの劇場でチームB公演に入りました。AKB48劇場に半年ほど通っていますが、ようやく現行のチーム公演を全部見ることができました。

現チームBの公演を見るのは初めてなのですが、シアターの女神という公演を観るのは実は初めてではなくて、2011年6月のTDCホールコンサート「見逃した君たちへ」で柏木チームBのシアターの女神公演を見ています。劇場ではないのでステージとの距離はあったのですが、その代わり当時はほぼ揃うことがないフルメンバーでの公演で、柏木由紀、渡辺麻友、河西智美、北原里英というようなメンバーが勢揃いしていました。当時特に記事に起こしていなかったのが惜しいのですが、アイドルポップど真ん中な曲の良さを強く感じていたことと、一つ前の席にいた河西推しのおたくの声が大きかったことは覚えています。

そういうわけで8年ぶりに見るシア女公演だったのですが、前座の「ロマンスかくれんぼ」からもうエモくなってしまい、公演が始まって「勇気のハンマー」「隕石の確率」「愛のストリッパー」「シアターの女神」と続くうちに完全に涙目になりながら見ていました。「隕石の確率」よく聴いてたな〜。「シアターの女神」のアウトロで思わずスタンディングオベーションしそうになった。

この日目に留まったのは断トツで吉川七瀬。全てが良かった。七瀬がシアターの女神でした。席は上手の3列目で、「勇気のハンマー」から七瀬が正面に来てくれてテンション上がってしまったのですが、あまりにもスレンダーなので「愛のストリッパー」や「シアターの女神」の衣装で目の前に来られると、思わずゴクリと息を飲んでしまいます。だのに、見せる笑顔はとても無邪気で七瀬らしいのです。人を幸せにする笑顔です。おまけに「好き 好き 好き」で軽く振りコピしてたら正面で目が合いまくってドキドキしてしまった…こんなん好きになっちゃうじゃん()もしAKB48を観るのが今日初めてだったとしたら、間違いなく七瀬を推すことになっていたでしょう。。。最近特に綺麗になったよね。

それから、劇場ではお初のさっほーキャプテンも良かったです。表情はクールにそこまで変えないのですが、ふとしたところで見せる微笑みに色気が出まくりです。ダンスもなんか煽り立てるような感じがあっていいですね…。逆に山邊歩夢ちゃんは常にニコニコしていてこれはこれで見ていて明るい気持ちになります。MCは子どもたちの無茶振りを受け止めるちよりがやっぱ面白いですね。優しいなあ。Bはみんなフレンドリーですよね。

さとちゃんやまほぴょんのような子を見るとこれがチームBカラーだよなと思うのですが、やはりゆきりんの存在は不変のチームBをもっとも感じさせてくれます。何しろ8年前見たのと同じ公演、同じポジションです。それだけでいいものがありますが、そこにいれば目を向かせてしまうオーラ、この劇場を隅から隅まで知り尽くしているダンスの見せ方、視線の向け方は一見の価値があります。数日前に僕夏公演の生誕祭をロビーで見てたんですけど、自分は彼女と同世代ということもあり、なんだか勇気が湧いてくる生誕コメントだったのもあって、やはり一度は劇場で見ておきたいなというのがありました。40代のレジェンドアスリートをアラフォーの星とか呼んでいる気持ちが分かりましたね()

最後の「僕たちの紙飛行機」まで聴いてこの日は多幸感でいっぱいになって帰りました。はー楽しかった。

めぐみんパンチのポーズ