「僕の夏が始まる」公演 2020/12/17

チーム公演も始まっているというのに懲りずに僕夏公演。まあ、このセットリスト普通に好きですし。10月が8ヶ月ぶりとかだったのに、1ヶ月半ぶりでもだいぶ長く感じた…。

メンバーとしてはなかなか見ない組み合わせというか、個人的には1年以上ぶりに劇場で見る人が多いです。確かに目撃者以外のチーム公演は見てから1年以上経っているのでそうもなりますが。きぃちゃんに至っては公演で会うのが初!かと思えば、なーみんはこれで3回連続で劇場で会っています(なーみんがいるから抽選投げているのでそれはそう)。この公演はメンバーの組み合わせのヴァリエーションの豊富さがよくて、リバイバルオンデマンドで見た僕の太陽公演なんかもそうなのですが、チーム関係なくAKBが一丸になって成り立っている公演という感じが好きですね。

この日はキャン待ちで滑り込んだと思ったら過去最速の3巡で呼ばれ、3列目の下手1番ポジ正面に座れました。僕夏公演で初めて座れたどころか、今まで入った僕夏公演は12/18優勝ー1/27対外ー10/13優勝ー10/30優勝というヤバさだったので、入場が最後でないことが初めてという()この位置は小栗ポジの子が序盤にだいたいいるポジなので、なーみんが間近!こんなに近くで見るの初めてかもしれない。可愛いなあ。今まで遠くてあんまり見えなかったけど、「Seventeen」でたまに目を細めて優しい表情してるのがいいなぁと。この公演はなーみんがいるだけで安心感あります。なーみんが出てない僕夏公演もう見れないかも()

色んなメンバーが言ってましたが、この日はまほぴょんが絶好調でした(MC的な意味で)。おたく特有の早口がやばい(笑)趣味のことならいくらでも喋れるのわかるわー。喋ればそんな感じでしたが、パフォーマンスも見逃せないものがあります。何が良いかと言うと、パフォーマンスしながら客席を一人一人を意識して見てくれているのが随所でわかるわけです。目が合うとすぐに気付いてくれます。それでまた、そこで見せる笑顔が可愛い。癒されるなー。からの「胡桃とダイアローグ」とかでのギャップもとてもいい。

それから、この日はゆいりーキャプテンをいつもより長い時間見てたような。この場所でパフォーマンスすることを常に楽しんでいる彼女を見るだけで幸せな感情が沸いてきます。自分のためにパフォーマンスをしているようでいて、しかしそれ自体もファンが見ていて楽しいということは非常に稀有です。見れば見るほど、彼女に惹かれる人が多いのは必然のように思われます。それからゆいりーについて思うのが、歌詞の読み込みがしっかりパフォーマンスに反映されているなーということです。「ボーイフレンドの作り方」の2番とか、ちゃんと「♪何だか切ないゼミナール」になっているんですよね。ミュージカルを見ているような気分になります。あと、この公演ではひななとの漫才が面白すぎる(笑)ゆいりーって公演にたくさん出てるので、村山推しではない人からすると「いつでも見れるしな…」ということにもなりそうなのですが、むしろ彼女がいる時代のAKB48劇場を体験できていることの尊さを改めて認識しなければなと思いました。

さてさて、今回横山結衣ちゃんを1年半ぶりに劇場で拝見したのですが、めちゃくちゃ可愛いなと思いました。顔が可愛いのもそうですが、踊っている姿が本当に可愛くて輝いています。この日は彼女自身が言うように少しばかり緊張が感じられたりもしましたが、それも序盤だけの話で、ユニットあたりからギアが上がって、中盤以降は覚醒しっぱなし。特に「恋人いない選手権」での爆発は脳裏に焼き付いてなかなか離れないものでした。曲の勢いに身を任せながらもとても自在な躍動感があります。振り付けに動かされている感じがありません。それに加えて、客席への視線の向け方と外し方も独特なものがあって、それもまた目が離せないところです。「優しさに甘えられない」のラストで横に外したままの視線を、一瞬溜めてギターが鳴り終わるタイミングで正面に向けたのはあまりに完璧すぎて舌を巻いてしまいました。「Oh Baby!」や「ウィンクの銃弾」で随所に見せるチャーミングな表情とその見せ方なんかも見ていると、ダンスを通した彼女の確たる世界が存在していて、その中に生きていることがわかります。振りが揃っていることに一つの価値を置くタイプのアイドルダンスから見れば異質のような部分もありますが、AKBではもちろんアリ。ラストの鉄板曲「ポニーテールとシュシュ」まで来るともう横ちゃんに釘付け。蓋しこの日のMVPと言って差し支えないでしょう。

ピースのポーズ

ところで、8人版の僕夏公演もそろそろ元のセットリストに戻らないのかなーと思います。4曲削られてるのもそうだし、「恋人いない選手権」がなぜかワンハーフなのももったいないんですよね。続々始まっている8人版チーム公演は元のセットリストを維持しているので、できないことはないと思うのだけど…。

見返したら、去年初めて僕夏公演に入ったのが12月18日で、ほぼ1年前でした。この時は幻の公演みたいに言われていて、今思い返しても夢みたいな公演でしたが、それから1年経って僕夏公演ばっかり入っているので何があるか分からないものです。今年は多分これで最後かな?

「僕の夏が始まる」公演 2020/10/30

このあいだ久しぶりに入った時に月一ぐらいで…みたいに書いたけど、意外とすぐ来れました。次の日がIxR公演だったから…? IxR公演も入りたいけど、自分にとってはこの公演も負けず劣らずメンバーが魅力的。と思ってたところに、なーみんから「16期たくさんの公演だからぜひ!」的なメールが来て、ますます入りたくなってしまった。16期の子たちって、自分の中でいつの間にか抽選投げる理由の一つになっているな…。そういうわけで、16期6人と13期2人による僕夏公演。

ビンゴは連続優勝()したので、上手の立ち3列目ぐらいから。これで直近7公演で4回優勝。何がいけねえんだ…。8人バージョンのポジション各曲さらってきたのにほとんど意味なかった。前に来てくれたのが、かなぶん、美波ちゃん、おりんちゃん、あと少しだけゆいりー、という感じ。最初に「3つの涙」から美波ちゃんが正面だったのだけど、めちゃめちゃに可愛くて…。小さいし足細いし顔がおつよい、の三拍子(?)数メートルぐらいの距離にいるのが現実感ないぐらいのアイドルとしての佇まいがありました。TinTlipのライブとか見てて、覚醒してるなーとか色々感じていたことがようやく確かめられたような。MCも面白かったし100点!

かなぶんは16人バージョンの僕夏公演ではあんまり見れてなかったのだけど、踊りに生きているという感じがすごくします。「ボーイフレンドの作り方」はダンスで会話してるんじゃないかと思うほどで、見ていてとても気持ちいい。基本めっちゃ眩しい笑顔、でも時折見せるキリッとした表情のギャップもいいです。「キンモクセイ」で思ったけど、いい声してるんですよね。三つ編みも似合ってた。

おりんちゃんは後半よく来てくれたんですが、「恋人いない選手権」の体全体使って心から楽しんでるダンスは感動ものだった。完全に曲をものにしていて、本当に好きなんだろうなあと。可愛すぎました。

公演に呼んでくれた(?)センターのなーみんは位置的に見えはするけれど…てな感じで無念。でもまあ、「3つの涙」の「♪前へ進む/立ち止まるか」で0ズレ指差しもらえた(気がする)のでOKというところでしょうか。ただ、ユニットの「最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?」は最初のポジションが正面なんですよ。スタンドマイクと並ぶ立ち姿と、滑らかな絹のような歌声がほんとうに美しい。「♪僕が守れなかった恋」の一節は、ある夏の記憶の1ページを確かに見つめた視線で…いつまでも聴いていたいと思う瞬間。ところで、この曲は歌い出しの篠田ポジがかなり大事なように思っていて、今のところここに入った人はそれぞれに良さがあると思うのですが、この日のさっほーは本当に素晴らしかった。彼女のオーラと歌声が、手を伸ばせば届きそうなほどの、しかし壊れやすいノスタルジアを聴き手に想像させてやまないわけですね。これ以上ないくらいに曲に合致しています。まさに曲のストーリーの代弁者と言えましょう。

今日の楽屋でやっていたことポーズ

というわけで通算4回目の僕夏公演でした。次こんなメンバーの公演あるのだろうか…。面白かったのが、先々週と似たようなメンバーっていうイメージで当日ぐらいまでいたら、なーみんとおりんちゃんしか被ってなかったという。やはりこの公演は小栗ポジを誰がやるかでカラーに違いが出ると思うので、そういう意味でもなーみんのつくる雰囲気が好きなのだろうな…。

「僕の夏が始まる」公演 黒須遥香 生誕祭 2020/10/13

2月以来、238日ぶりにAKB48劇場の公演に入りました。長かったな…

そんな久しぶりの公演にもかかわらず入場ビンゴは優勝。これで直近6公演の優勝率が50%なんですが…()しかし8人バージョンの僕夏公演だとどの曲でどこに誰が来るかあんまり把握してないので、どこでもそんなに変わらないっしょという精神。とりあえず下手立ち見の後列。人が密集してないので見やすすぎる。

それでまあ…始まってみて、同じ目線の高さにアイドルがいることにまず感動したし、劇場のライトに照らされた8人全員が全員めちゃくちゃ可愛いことにもう驚嘆。「3つの涙」の1サビでこの日の主役のはーちゃんが正面に来てですね。。。目と目を合わせて心を通わせている(気になっている)この感じが本当に幸せで。この半年で一番自然に笑えた瞬間だなー。というか幸せすぎて公演中ずっと笑ってた。いやまじで、目合わせてたらコールとかいらんなという。

はーちゃんについては、彼女が昇格した日のパジャマドライブ公演を見て以来ずっと魅せられっぱなしだったのです。ぜひ僕夏でも見たかった。ごく自然にその曲の主人公かのように振る舞う大胆な表現力がとにかく好き。意外と正面に来てくれたのだけど、そうなるともう目が離せなくなってしまう。「さっきまではアイスティー」はなーみんがメインなんだけど、はーちゃんの存在感もすごくある。体の部位の動かし方とそれに伴う表情の付け方にもう参りましたという感じ。「恋人いない選手権」の弾ける笑顔と不敵な微笑みのコントラストもとても惹きつけられる…

それからこの公演でのもう一つの目的は、なーみんと劇場で会うことでした。前から気になるメンバーではありましたが、4月頃からなーみんのSRに急速に吸引されてしまい、もはや生活の一部になってしまっています。ほんとうはなーみんの生誕祭も行きたかったんですけどね。ともあれ、そういうこともあって、上手からセンターに歩いてくる「3つの涙」の歌い出しからもう感激です。すらっとスレンダーで、人が集まって踊っていても見つけやすいのは今劇場に飾ってある自己紹介シートみたいなのに書いてある通り。小顔でめちゃくちゃ可愛い。中盤の衣装がすごい似合う。なーみんといえば歌なので、ユニットの「最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?」はもちろんだけど、8人公演で人数が少ない分歌割の比重があるのが嬉しいですね。2人以上で歌っててもちゃんとわかるもんなー。なーみんの喋りが好きなので、MCも毎回楽しみに聞けた。

それにしても、この日はみんな輝いていました。さっきーはMCではめっちゃママ感あるんだけど、この公演ではすごいフレッシュ感つよめで踊っていてギャップがいいです。フレッシュ感といえばちよりもそうで、この2人はベテランらしく公演のカラーに自分を染めているなーという感じ。ちよりは相変わらずMCではとても頼もしいのですが、踊りが基本に忠実というかとてもわかりやすい動きをしていて、とても振りコピがしやすいというのも発見。はーたんはオンデマで見ていておおーと思ってたけれど、衣装を着てマイクを持って踊っているときのこれぞアイドル感がすばらしいなーと。劇場のライトに照らされるとあの童顔がストレートに活きる。まほぴょんはこの日は中盤の曲で正面にいることが多かったのですが、シンプルに「私を見て!」という踊りをしているのが良くて、思わず振り向いてしまうものがあります。大人メンの魅力があるなー。意外と劇場で会うのがお久しぶりな(まあ皆お久しぶりだが)おりんちゃんは髪型のせいか小動物感が増していた(笑)「ポニーテールとシュシュ」で元気いっぱいに飛び跳ねるように踊ってて、もうずっと振りコピしてたというかおりんちゃんと遊んでた気分(脳内)。

そして、ここで書いておきたいのは、ずっきーのとんでもない可愛さとキラキラっぷりです。1月に入った僕夏公演でも全く同じことを書いたのですが、とにかく可愛い。可愛さだけでも場が持ちます。「Seventeen」と「ボーイフレンドの作り方」でずっと正面にいて、もうこの2曲の間に3回はガチ恋しかけました()この日はいい感じの長さのツインテールがとても似合ってて、笑ってるずっきー、踊ってるずっきー、話してるずっきー…見ていてただただ幸福感が湧き起こってきてとめどない。この日以来、ずっきーから送れられてくるメールにいちいちドキドキしています← いや本当に本当に本当に可愛い。好き!

生誕祭はゆいりーキャップからお手紙が来ていて、ゆいりーキャップがはーちゃんの昇格を発表したあの時を見ていることもあって、とても感慨深くありました。「なんでも挑戦する新しいスタートの年にしたい」いいなあ。見届けさせてほしい。

そんな感じで8人の僕夏公演。スカスカだとかそういう印象はなくて、むしろ一人ひとりをじっくり見ることができてこれはこれでいいなと。しかしまあ本当に、AKB48劇場ってこんなに楽しかったんだということを再確認できたように思います。今まで入った公演の中でも重要な日でした。いつまで今の体制かわかんないけど、なんとか月一ぐらいででも入れないですかねえ。。。

クロスポーズ