岡部チームA 「目撃者」公演 前田彩佳 卒業公演 2021/3/31

なんとか3月中に劇場に入れました。ここのところ僕夏公演ばかり見ていたのでチーム公演は1年以上ぶりなのだけど、やっぱり目撃者公演なんですよねー。

この日は16期6人とD2が2人というメンバーがとても良くて…わたしが岡部チームAが好きなのは当然ながら推しメンの存在もありますが、この個性豊かな8人の年少メンバーによるところも大きいものでした。その1人である前田彩佳ちゃんの卒業に前に、この8人だけでつくる目撃者公演に立ち会えるとは。こんなに嬉しいことはありません。この8人が揃ってる公演は今まで行ってないかと思ったら、おととしにありました

この日は立ち見3列目ドセンぐらいから。そらちゃんの前説から、おお夢にまで見た目撃者公演のオープニング映像。平均年齢が低いからか、しょっぱなの「目撃者」から微妙にピッチが高いように感じる笑(気のせい)この日いいなーと思ったのは、メンバーそれぞれが先輩のポジションを背負って持ち味を出しているという点です。怜ちゃんが麟ちゃんのポジションをやっていたり、美波ちゃんがれなっちのポジションをやっているのは新鮮だったし嬉しかったなー。怜ちゃんのダンス…というか身体の動かし方は相変わらずいいです。肩を内に入れる動作が特に(笑)美波ちゃんの「美しき者」のセリフは初めて聴いたけど声色といい表情といいめっちゃ良かった。お団子ヘアーも可愛かった…。

そんな中で、この日強烈に印象に残ったのは愛佳ちゃんでした。なんか雰囲気が違うなあと思ったら髪をウルフっぽくしていて、それがもう似合いすぎてて。明らかに田口愛佳史上最も可愛い田口愛佳でした。。。衣装もまたどれ着ても良いんですよね。それでいてみーおんポジなので、ほとんど前にいるという。この公演での愛佳ちゃんといえば、個人的には「I’m crying」が好きで。社会との摩擦を感じながら生きる少女のイメージがなんか愛佳ちゃんに嵌るんですよね。そこからの「ずっと ずっと」での輝きの爆発力も最高。ただ、この日の公演に関してはハイライトはそこではなくて、みーおんポジということでユニットはまさか?と思っていたら、本当に「愛しさのアクセル」だったという。オリジナルの振付とライトセーバー捌きはキレキレだし、歌声もしっかり伸びています。ほんとカッコ可愛い。いやー、好き!!!

さて、この日の主役の彩佳ちゃんはゆいはんのポジションで、これも去年無観客公演でやっていて1回見たかったやつ。なんですけど、上下に寄ることが意外と多くてこの真ん中の位置からだとあんまり見えないという。「アイヲクレ」とか彩佳ちゃんを目に焼き付けたかったのにこれは失敗した。。。とはいえ1年前にこの曲の彼女の背伸び感に惚れちゃってからもう1回見たい!とずっと思っていたので、わずかな視界でも見れてとにかくよかった。それから驚きだったのは「Pioneer」を彩佳ちゃんが歌っていたことです。例によって下手側にいることが多く視界は限られてるのですが、彩佳ちゃんが振り上げる右腕にちょっとハラハラしながらもしっかり目に収めました。

卒業公演パートは「ジッパー」から。彩佳ちゃんはNMB好きなイメージがあるとはいえ、AKB48劇場でこれが見られるとわー。最後にパーっとやりたいことやっておくのも彩佳ちゃんらしいのですが、それがこの曲というのもやっぱり背伸び感があって可愛い。続けて愛佳ちゃんとデュオの「思い出のほとんど」なのですが、愛佳ちゃんがAメロの時点で泣いています。そんな愛佳ちゃんに向き合いながら見守る彩佳ちゃんという図が暖かったです。最後のスピーチも涙なく、少しおどけながら朗らかに話すのが最後まで彩佳ちゃんらしいなと。ラストは「桜の木になろう」。前世は桜の木になろう新規なのでね。。。

個人的に気になり始めたのは2019年のSRイベントのころで、それからチームAの公演を見るにつれてだんだんと惹かれていったという感じ。この1年ぐらいですっかり16期好き好きマンみたいになっていますが、そのきっかけをくれた1人です。同時に、AKBのおたくになってから公演でそれなりの回数会ったメンバーが卒業するのが初で、なんだか早速ロスを感じていたり…。またどこかで会えるといいな。

ぶりっ子ポーズ

「僕の夏が始まる」公演 2020/12/17

チーム公演も始まっているというのに懲りずに僕夏公演。まあ、このセットリスト普通に好きですし。10月が8ヶ月ぶりとかだったのに、1ヶ月半ぶりでもだいぶ長く感じた…。

メンバーとしてはなかなか見ない組み合わせというか、個人的には1年以上ぶりに劇場で見る人が多いです。確かに目撃者以外のチーム公演は見てから1年以上経っているのでそうもなりますが。きぃちゃんに至っては公演で会うのが初!かと思えば、なーみんはこれで3回連続で劇場で会っています(なーみんがいるから抽選投げているのでそれはそう)。この公演はメンバーの組み合わせのヴァリエーションの豊富さがよくて、リバイバルオンデマンドで見た僕の太陽公演なんかもそうなのですが、チーム関係なくAKBが一丸になって成り立っている公演という感じが好きですね。

この日はキャン待ちで滑り込んだと思ったら過去最速の3巡で呼ばれ、3列目の下手1番ポジ正面に座れました。僕夏公演で初めて座れたどころか、今まで入った僕夏公演は12/18優勝ー1/27対外ー10/13優勝ー10/30優勝というヤバさだったので、入場が最後でないことが初めてという()この位置は小栗ポジの子が序盤にだいたいいるポジなので、なーみんが間近!こんなに近くで見るの初めてかもしれない。可愛いなあ。今まで遠くてあんまり見えなかったけど、「Seventeen」でたまに目を細めて優しい表情してるのがいいなぁと。この公演はなーみんがいるだけで安心感あります。なーみんが出てない僕夏公演もう見れないかも()

色んなメンバーが言ってましたが、この日はまほぴょんが絶好調でした(MC的な意味で)。おたく特有の早口がやばい(笑)趣味のことならいくらでも喋れるのわかるわー。喋ればそんな感じでしたが、パフォーマンスも見逃せないものがあります。何が良いかと言うと、パフォーマンスしながら客席を一人一人を意識して見てくれているのが随所でわかるわけです。目が合うとすぐに気付いてくれます。それでまた、そこで見せる笑顔が可愛い。癒されるなー。からの「胡桃とダイアローグ」とかでのギャップもとてもいい。

それから、この日はゆいりーキャプテンをいつもより長い時間見てたような。この場所でパフォーマンスすることを常に楽しんでいる彼女を見るだけで幸せな感情が沸いてきます。自分のためにパフォーマンスをしているようでいて、しかしそれ自体もファンが見ていて楽しいということは非常に稀有です。見れば見るほど、彼女に惹かれる人が多いのは必然のように思われます。それからゆいりーについて思うのが、歌詞の読み込みがしっかりパフォーマンスに反映されているなーということです。「ボーイフレンドの作り方」の2番とか、ちゃんと「♪何だか切ないゼミナール」になっているんですよね。ミュージカルを見ているような気分になります。あと、この公演ではひななとの漫才が面白すぎる(笑)ゆいりーって公演にたくさん出てるので、村山推しではない人からすると「いつでも見れるしな…」ということにもなりそうなのですが、むしろ彼女がいる時代のAKB48劇場を体験できていることの尊さを改めて認識しなければなと思いました。

さてさて、今回横山結衣ちゃんを1年半ぶりに劇場で拝見したのですが、めちゃくちゃ可愛いなと思いました。顔が可愛いのもそうですが、踊っている姿が本当に可愛くて輝いています。この日は彼女自身が言うように少しばかり緊張が感じられたりもしましたが、それも序盤だけの話で、ユニットあたりからギアが上がって、中盤以降は覚醒しっぱなし。特に「恋人いない選手権」での爆発は脳裏に焼き付いてなかなか離れないものでした。曲の勢いに身を任せながらもとても自在な躍動感があります。振り付けに動かされている感じがありません。それに加えて、客席への視線の向け方と外し方も独特なものがあって、それもまた目が離せないところです。「優しさに甘えられない」のラストで横に外したままの視線を、一瞬溜めてギターが鳴り終わるタイミングで正面に向けたのはあまりに完璧すぎて舌を巻いてしまいました。「Oh Baby!」や「ウィンクの銃弾」で随所に見せるチャーミングな表情とその見せ方なんかも見ていると、ダンスを通した彼女の確たる世界が存在していて、その中に生きていることがわかります。振りが揃っていることに一つの価値を置くタイプのアイドルダンスから見れば異質のような部分もありますが、AKBではもちろんアリ。ラストの鉄板曲「ポニーテールとシュシュ」まで来るともう横ちゃんに釘付け。蓋しこの日のMVPと言って差し支えないでしょう。

ピースのポーズ

ところで、8人版の僕夏公演もそろそろ元のセットリストに戻らないのかなーと思います。4曲削られてるのもそうだし、「恋人いない選手権」がなぜかワンハーフなのももったいないんですよね。続々始まっている8人版チーム公演は元のセットリストを維持しているので、できないことはないと思うのだけど…。

見返したら、去年初めて僕夏公演に入ったのが12月18日で、ほぼ1年前でした。この時は幻の公演みたいに言われていて、今思い返しても夢みたいな公演でしたが、それから1年経って僕夏公演ばっかり入っているので何があるか分からないものです。今年は多分これで最後かな?

「僕の夏が始まる」公演 2020/10/30

このあいだ久しぶりに入った時に月一ぐらいで…みたいに書いたけど、意外とすぐ来れました。次の日がIxR公演だったから…? IxR公演も入りたいけど、自分にとってはこの公演も負けず劣らずメンバーが魅力的。と思ってたところに、なーみんから「16期たくさんの公演だからぜひ!」的なメールが来て、ますます入りたくなってしまった。16期の子たちって、自分の中でいつの間にか抽選投げる理由の一つになっているな…。そういうわけで、16期6人と13期2人による僕夏公演。

ビンゴは連続優勝()したので、上手の立ち3列目ぐらいから。これで直近7公演で4回優勝。何がいけねえんだ…。8人バージョンのポジション各曲さらってきたのにほとんど意味なかった。前に来てくれたのが、かなぶん、美波ちゃん、おりんちゃん、あと少しだけゆいりー、という感じ。最初に「3つの涙」から美波ちゃんが正面だったのだけど、めちゃめちゃに可愛くて…。小さいし足細いし顔がおつよい、の三拍子(?)数メートルぐらいの距離にいるのが現実感ないぐらいのアイドルとしての佇まいがありました。TinTlipのライブとか見てて、覚醒してるなーとか色々感じていたことがようやく確かめられたような。MCも面白かったし100点!

かなぶんは16人バージョンの僕夏公演ではあんまり見れてなかったのだけど、踊りに生きているという感じがすごくします。「ボーイフレンドの作り方」はダンスで会話してるんじゃないかと思うほどで、見ていてとても気持ちいい。基本めっちゃ眩しい笑顔、でも時折見せるキリッとした表情のギャップもいいです。「キンモクセイ」で思ったけど、いい声してるんですよね。三つ編みも似合ってた。

おりんちゃんは後半よく来てくれたんですが、「恋人いない選手権」の体全体使って心から楽しんでるダンスは感動ものだった。完全に曲をものにしていて、本当に好きなんだろうなあと。可愛すぎました。

公演に呼んでくれた(?)センターのなーみんは位置的に見えはするけれど…てな感じで無念。でもまあ、「3つの涙」の「♪前へ進む/立ち止まるか」で0ズレ指差しもらえた(気がする)のでOKというところでしょうか。ただ、ユニットの「最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?」は最初のポジションが正面なんですよ。スタンドマイクと並ぶ立ち姿と、滑らかな絹のような歌声がほんとうに美しい。「♪僕が守れなかった恋」の一節は、ある夏の記憶の1ページを確かに見つめた視線で…いつまでも聴いていたいと思う瞬間。ところで、この曲は歌い出しの篠田ポジがかなり大事なように思っていて、今のところここに入った人はそれぞれに良さがあると思うのですが、この日のさっほーは本当に素晴らしかった。彼女のオーラと歌声が、手を伸ばせば届きそうなほどの、しかし壊れやすいノスタルジアを聴き手に想像させてやまないわけですね。これ以上ないくらいに曲に合致しています。まさに曲のストーリーの代弁者と言えましょう。

今日の楽屋でやっていたことポーズ

というわけで通算4回目の僕夏公演でした。次こんなメンバーの公演あるのだろうか…。面白かったのが、先々週と似たようなメンバーっていうイメージで当日ぐらいまでいたら、なーみんとおりんちゃんしか被ってなかったという。やはりこの公演は小栗ポジを誰がやるかでカラーに違いが出ると思うので、そういう意味でもなーみんのつくる雰囲気が好きなのだろうな…。