村山チーム4「手をつなぎながら」公演 行天優莉奈 生誕祭 2021/7/15

ついに!なんと1年8ヶ月ぶりに目撃者か僕夏以外の公演に入りました。手つな自体もちょうど2年ぶり。それほどに長い禁を解く(禁じてはない)ならば、絶対なーみんがいる公演にしたいと思っていました。ということでタイミングを待って待って、舞台出演明けの彼女の21歳初公演に運よく当選。それだけでも嬉しかったわけですが……。ビンゴは15巡とかそのへんでしたが、立ち2列目ではあるものの思った通りのポジション確保。前説はかわいいかわいいせなたんでした。

公演が始まってみると「僕らの風」から「マンゴー No.2」から正面にほぼなーみんなーみんなーみん。目線もよく合って幸せすぎました。 「マンゴー No.2」と「チャイムはLOVE SONG」はサビの振り合わせられたし言うことないです。やっぱりなーみんの歌ってるときのハツラツとした表情が好き。歌ってる顔見てるだけで嬉しくなってきちゃうもん。あと、劇場で見ているとよくわかるのだけど、手つなの序盤4曲は振りも大きくて、なーみんのスタイルが活かされる場面だなあと。「チャイムはLOVE SONG」の宙に浮きそうなってぐらいのツーステップがいい。髪を切ったことによってめちゃめちゃフレッシュ感が増してます。かと思えば、ユニット~中盤にかけてのミステリアスな雰囲気もあり。ミステリアスだけれども、奥底に熱を感じさせるパフォーマンスになっているのが楽曲のイメージ通りだなー。常にこちらに訴えかける微熱感があります。「雨のピアニスト」はボブヘアーと髪飾りが相まってシルエットが軽やかで美しかったし、「Innocence」のサビの視線の動き、外し方も影を感じさせていい。「Innocence」の2番の歌い出しの、なーみんのあ段の発声が好きなんだよね…。終盤~アンコール、「大好き」でも「遠くにいても」でも正面で暖かい表情を向けてくれて、心がいっぱいになってしまいましたね。まあこの日は優莉奈ちゃんの生誕祭だったので、ある程度なーみんの目線はもらいやすかったかもしれません。アンコールラストのMCも良かったなあ。。。

という感じで、ほとんどなーみんを見ていたので、他のメンバーはどうかというと…やはり目に入るのはなぎちゃんのキラキラ感。これは前に4公演を見たときも感じたのですけど、8人公演では16人公演以上にどセンターのため、さらにその印象を強くします。小さな体でゼロポジに立って公演を引っ張る姿が美しい。「ウィンブルドンへ連れて行って」における、想像上のアイドルのような、アイドルという概念そのもののような立ち居振る舞いに完全に胸を打たれてしまい、感動のあまり思わず涙を流してしまいました…。この公演でも最近様々なメンバーがやっているウィンブルドンのピンクですが、やはりここに関してはなぎちゃんがベストと言わなければなりません。素晴らしすぎました。

この公演の主役の優莉奈ちゃんは前見た4公演にはいなくて、それより前に見た雫公演ぶりに劇場で見るらしいです。ひえー。もうしっかり大人メンバーだけど、どうやってもおもしろ姉さん担当(笑)なので、大人っぽい曲というよりは「マンゴー No.2」とか「チョコの行方」みたいなチャーミングな歌が似合うなあと。ほかのメンバーのキュートな感じとはまた違った良さが出ています。「チョコの行方」のパンツスタイルの衣装も似合っていますしね。MCでも話題あったけど他の生誕祭と比べても確かにうちわ多かったなあ。

それでそれで、この公演に来たもう一つの目的のファイト一曲AKB。「抱きつこうか?」を劇場で聴くことができました…。それだけでも感動なのに、今回はなーみんがいるということで…考えていたのは、この曲のWセンターのうち、なーみんがオリジナルの下手側の自ポジをやるのか、それとも上手側のずっきーのポジションをやるのかということでした。結局ずっきーポジのほうに賭けてこの日立ち位置を決めたわけですが。。。当たりが引けました。なーみんがセンター上手側に来てくれてまた感動…歌割があるところはほぼ正面。もう嬉しすぎて振りコピしまくってた。おまけにサビの指差しを2回とも自分にくれて、さすがにこう、こんなに幸せでいいのかなと。間違いなく今まで劇場に通った中で一番楽しくて感動した最高の瞬間でした!

好き
チョコのポーズ

推しのいない公演でメンバーの良さを手探りで見つけていくのも楽しいのですけど、やっぱり劇場の中で誰か一人に対して必死になれるって良いなぁと改めて。久しぶりにアイドルおたくしたなという感じがするもんね。また遠くないうちに手つなも見たいしなーみんとも劇場で会いたいな…

岡部チームA「目撃者」公演 2021/6/19

また1ヶ月ぶりに。本当はもう少し幅広く抽選投げていることは投げているんですけどタイミングが…ということで通算10回目の目撃者公演です。

席は珍しくセンブロ3列目上手1正面。着席がこの1年半で3回目なんですが()このへんだと正面来る人を見てるっていう感じですが、このポジションでだいたい正面にいるのはくるちゃんなので、この日はくるちゃんばっかり見てました。

くるちゃんはわたしの今まで見た劇場公演の半分以上に出演していて、劇場で会っている回数が1番多いメンバーですが、改めてめちゃめちゃ可愛いなあと。もう高2のわりに童顔で子どもなイメージがありますが(年下が入ってこないのもある)、この公演だと子どもなりの色っぽさとか艶やかさとかが見えてきます。前田彩佳ちゃんも似たようなものがあって好きでしたが、一生懸命背伸びしている風な彩佳ちゃんと比べるともっと無邪気な感じです。こんなに近いと「前人未踏」とか「アイヲクレ」とか、あんまり見てはいけないものを見ているような気がしてくる…。「美しき者」の子ども女王感もイメージぴったりすぎて、個人的にはゆいゆいバージョンより好きになってます。あと、「I’m crying」のサビ終わりの手で顔を隠す振りで、顔をよく見ると目を上に向けていて、それがアンダーグラウンドに差す遠い光を見上げるようなイメージを思い起こさせて、細かい表情も作れるんだなあと思いながら。何回も見てるのに今更気付くことが多すぎる!(笑)「ずっと ずっと」では1サビで正面に来たので振りコピがとても捗ったのでした。

基本そんなところですがあともう一つ、ついに古川夏凪ちゃんが目撃者公演本編に出演しているのを観れたことがまじで嬉しかったです。やっとでした。MCでも話題になってたんですけど、歌声が意外と大人っぽいことにびっくり。「I’m crying」「美しき者」ではいいアクセントになっていましたねえ。これからMCでももっとわちゃわちゃ喋ってほしい!(くるちゃんぐらい笑)

あとはまあ、怜ちゃんは例によって100点満点です。可愛すぎます。「いびつな真珠」のサビ前~サビとかで見てて思いましたが、脚の形で動きを作るのも上手で惚れ惚れ。それからこの日はキャプテンも総監督もいないこともあって、MCは怜ちゃんがめちゃめちゃ引っ張っていました。最初の「みなさん、こんにちは!」がいいです。前回見たA公演で愛佳ちゃんに対しても思いましたが03line頼もしくて仕方ないですね。この2人がいたらもう安泰です。

最後にファイト1曲AKB。「Reborn」はこの企画で初めて聴いたんですけど、なんなんすかこの良い曲は…と衝撃を受けた1曲。メロディ自体の良さはもちろん、サビの後半で両隣のメンと向かい合う振りのときのメンバーの笑顔がどのチームのを見ても最高で…。青春感が溢れすぎて毎回感動してしまう。なんとか今回も期間内に聴けてよかった。あとこの曲書いたのが俊龍さんなのにも別の意味で衝撃を受けた(笑)良い曲ありすぎんか…

LOVEのポーズ(?)

「僕の夏が始まる」公演 2021/5/18

休館とかありましたが、前に入ってからちょうど1ヶ月で来れているのでまあ。僕夏公演も気が付いたら5ヶ月ぶりとからしいですが、そんなに久しぶりの気もしない。Aポジがなーみんというのは外せないとして、プラスでBポジが愛佳ちゃんかずっきーの日に行きたいなあと思っていて時期を見てたんですよね。なーみんが20歳ラスト公演なのでベストタイミング。

ビンゴは18巡で立ちセンブロ2列目下手2番正面でしたが、立ち最に小柄な人が多かったおかげで立ち見としては過去最高の見晴らし。本当は上手の1番か2番くらいを狙っていましたが結果オーライ。125人だとまあまあどこにいても見えるのでビンゴも気が楽というのはあります。

この立ち位置だとだいたいなーみんとずっきーのどっちかが正面にいて、どっちかを見ていたという感じです。序盤の曲はずっきーがめちゃくちゃキラキラしていた…。正面にいたらついつい視線を向けたくなるものがあります。自分から主張は強くせずに、ナチュラルにこちらに訴えかけてくる目線が魅力的すぎ。ただ可愛くしてるだけじゃなくて、チャーミングな味を含んでいるのがよくて、「ボーイフレンドの作り方」とか、あの多彩な表情を見ているだけで本当に多幸感がすごい。公演では死角で見えなかったのですが、あとでオンデマ見たら「Seventeen」のラスサビ終わりのウィンクが天才すぎました…マジでこれだけは見て。ウィンク一つでこんなに感動させてくれるアイドルと出会えることがうれしい…

この部分だけ5000兆回ループした

なーみんも序盤3曲が一番正面にいるので、よく目が合って楽しかったです(そういうことにしてほしい)。ショートカットにしてから初めて劇場で会えたー。なーみんのことは全部好きですけど、とくにユニット~中盤での存在感がいい。「さっきまではアイスティー」の明るさとノスタルジックさが同居した歌詞に彼女の声が合うんですよね(美波ちゃんとくるちゃんの組み合わせもいい!)。セリが相変わらず使えないので「最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?」は目線の高さが若干いつもと違う部分があったのですけど、こんな表情するんだ…と驚きもあり。アウトロとか本当いいです。こういう一面をどんどん見ていきたい。「胡桃とダイアローグ」とか「優しさに甘えられない」(本来は中盤じゃないが)では、顔から足先までのすらっとした曲線美とか、関節の曲げ方伸ばし方のなめらかさがとにかく活きています。とくに後者のサビの振りが好き。視界がめちゃくちゃ良かったので、いつも以上に色んななーみんを目にすることができた気がする。

2人に次いで前に来たのは村山さんでしょうか…なんとこの日から髪にピンクのメッシュが入っていました。意外すぎてまじ!?ってなった。パフォーマンスはいつもながらに素晴らしく…。これもユニット~中盤で顕著なのですが、ダンスにおけるフィジカルな質感のようなものが印象的。踊りそのものが表情を持っている。「キンモクセイ」でも聴かれる、ドライな成分も目立つけれどハスキーというところまでいかない絶妙なボーカルも忘れてはいけなくて。公演まるまる村山さんだけ見てても普通に楽しいんだろうなあ…

あと気になったのはかなぶん。「最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?」でのかなぶんが何気に好きで、この曲の衣装を着てるかなぶんって「地元に残って生活してる幼馴染」みたいな雰囲気があるじゃないですか(勝手なイメージ)。曲のストーリーに生きる立ち居振る舞いがいいんですよね。それから、「さっきまではアイスティー」の美波ちゃんの歌が声優さんみたいなキラキラボイスになっていてびっくりしたり。可愛すぎんか。

最後にファイト1曲AKBは「永遠より続くように」でした。またしてもラスト回らしい。2019ツアーの苫小牧思い出すなーと思いながら振りコピが楽しい。なーみんセンターで見れてよかった~

フレッシュなポーズと貫禄のあるポーズ