@JAM EXPO 2020-2021 AKB48

あまりに久しぶりすぎる会場

1ヶ月ぐらい前にチケット取ってたのにメンバー全然出ないのでハラハラしてたやつ。まぁ無事なーみんがメンバーに入っていたのでよかった。1ヶ月前から取ってた割に席が後方すぎるしプライオリティチケットも当たらんしで真顔になってましたが()

横アリセンターの後方も後方でPA卓の真ん前。なので多分音はいい()メンバーを目視できるのか微妙でしたが高身長ボブのなーみんはすぐわかりました。ブルーの夏衣装がめっちゃ似合っててかわいい。とはいえ別に表情分かったりレスもらったりみたいなことは望むべくもないので、ひたすらに振りコピしてたような。「君のことが好きだから」はなーみんが歌い出し0ズレ。センター後方、若干段差がついてて目線の高さがステージと同じくらいだったし、実質劇場の立ち最だったわ(無理がある)。セトリが夏曲 +沸けるチーム曲みたいな感じになっていて面白かったのですが、「清純フィロソフィー」はフェス系では珍しい曲というだけでなく歌い出しのなぁちゃんポジがなーみん。チーム4は1人だけなので自然な流れとはいえ、歌い出しの声は翔んでいくようによく響いて伸びて広がって、横アリという大舞台にとても似合うものでした。これが聴けただけで優勝。PA卓の前でよかった(?)左右の花道使ってた「ずっと ずっと」「オネストマン」とかはさすがに前に行きたかったけどなー。最後にいつぶりか分からんレベルで「#好きなんだ」聴けたー。これの振りコピが好きすぎる。アウトロにガチ恋入れられない1ハーフ。これ午前中にNGT48もやっていたみたいなんですけど、AKBの曲なのにAKBにはオリメンがいなくてNGTにはオリメンが2人もいるのはこれ如何に()

超後方だったから全体俯瞰して…みたいに思ってたけど想像以上になーみんしか見てなかった。それだけで楽しかった。なーみん出るフェスも久しぶりなのでね。。。7月の手つな公演ぶりにしっかりアイドルなーみん見れてよかった。次いつ会えんのかな…

SETLIST

  1. Everyday、カチューシャ
  2. 君のことが好きだから
  3. サステナブル
  4. 清純フィロソフィー
  5. ずっと ずっと
  6. オネストマン
  7. 彼女になれますか?
  8. #好きなんだ

Aqours 1st LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~

_2263195想いがひとつになるとき。

サンシャインに関してはアニメ終わって一段落着きすぎてしまってて、アニメ始まる前のほうが夢中になってた気もするんだけれど、NHKホールで実際に見ても、それから年末の豊洲のイベントをニコ生を見ても、やっぱりライブを見たいと思わせてくれたんだよね。僕の場合は去年の最初のニコ生を見てからだけど、この1年の自分なりの仕上げとして、この子たちのフルパフォーマンスを見届けなきゃいけないという使命感というか、勝手な責任は感じてたわけです。そこにはAqoursのみんなへの期待値もあるし、ラブライブ!が今まで自分にもたらしたものから来る期待値もあるだろう。だから横浜アリーナに来た。

横浜アリーナ。初日はスタンド、2日目はアリーナ。初日に席につくとBGMで君ここが流れており、もう客がコール入れてるのを見て、おおラブライブだ、となる。この時間も割と好き。オープニング映像はアニメとかなしでシンプルなやつ。1曲目はもちろん青空Jumping Heart。うおおAqoursだ。沼津のイベントから何回か披露してるけど、今回はフルバージョン。2番以降のパート分けに合わせたステージングとかもうちょい見ればよかったのだが、すでになんだか楽しくなってしまっており、フォーメーションダンスすげーくらいの頭の中。開始2分で知能の低下を確認。オープニングが終わってお次は水中のSE。ってことは恋になりたいAQUARIUM 。多幸感半端ないこの曲。舞台に照明が灯ってしゅかしゅーが真ん中に立ってる姿にもー鳥肌ですよ。この曲を最初に聴いた時から想像してたもんね。まぁ惜しむらくは衣装が青ジャンのままなことだけど、いつかやってくれるでしょ。コールはスクフェス感謝祭でやってたからばっちりだ!2番のサビでペンライトを曜ちゃんブルーからオレンジにしたりもあり。大サビで花道が光ってヨーソロードになったあたりでまずおおおおってなるわけだけど、舞台演出的にはこれはまだ序の口だった…。ヨーソロードの先の一点を見つめるしゅかしゅーがかっこよかったな。1stライブだけど自己紹介はもう定着済みです。

MC明けは1日目がAqours☆HEROESで2日目がハミングフレンド。だいぶ毛色の違う曲を入れ替えて来た感じ。ハミングフレンドの学年ごとの歌割が最初聴いた時からずっと好きなんすよね・・・。ラブライブらしい笑顔になれる友情ソングでありつつ、エレクトロダンスポップの具合もバランス良く楽曲派もニッコリ。これまたOh Yeah! ってやるのをずっと想像していた。ちびキャラアニメは沼津から新横浜に向かうAqoursのお話。丸ちゃんによれば八王子に新撰組の碑か何かがあるらしい。でもまー確かに横浜線は恐ろしい路線だ。

ここからアニメ本編の流れに。最初は2年生組の決めたよHand in Hand。クラップあり。この勢い一発の問答無用で上げていく感じが僕の憧れのちかっちでありラブライブの1話ですよ。振りも位置のバランスとか難しいんだけど、そのあたりが表現できていると思うな。んでんで、続けてはもちろんダイスキだったらダイジョウブ!。これもローテしていく歌割が完璧な3人曲。ジャンプだ!とチャンスだ!のとこのしゅかしゅーとりきゃこがかわいかったです。間奏のところで3人がセンターステージに走って来るんだけど、全然泣く曲と思ってなかったのになぜかヴァーーーーとか言いながら号泣。こっちに向かって来る姿が3人とも超キラキラしててなあ。ありえん感情の昂りだった。転調してからの流れはこれもうラスト曲でしょ…って感じではあった。こういう瞬間があるから幸せ。MC明けは一旦3人が捌けてから1年生組と一緒に出てきて、夢で夜空を照らしたい。リボンワンピがかわいすぎる。2人1組の色合いもいい。サンシャインでは今のとこ一番好き。そんであれです、今回センターステージの表面が光ったり映像写したりできるようになっていて、下からの白い照明で6人がめっちゃ映える。ふつくしい・・・。6人が均等にこっち側向いてくれるからセンターステージ曲の中では一番距離の近さを感じたりもした曲。ちびキャラアニメ2弾は横浜といえばラーメンかシウマイかカレーかって話。横浜ラーメンは好きじゃないので・・・シウマイかな。

お次はアニメから離れてユニットパート。うひょーーーー元気全開!DAY!DAY!DAY!絶対元気全開DAY!(IQ10)。We are CYaRon! I love CYaRon!のコールもオッケー。ラストはちゃんとCYRを3人で作ってキメる。突き抜け具合がきんもちいい。MCは衣装の細かいとこ見てみて~ってお話。一回ペンライトを隠してから夜空に星を作ったり。曲ごとにギャップあるよねって話から夜空はなんでも知ってるの?へ。確かに最初試聴したときびっくりはしました。3人の物憂げな表情が綺麗。サビで手で星を描く振りがあるんだけど、3人の手に合わせてスクリーンに星が描かれる。2番からはセンターにしゅかしゅー、ふりりんとあんちゃんは2手に分かれてトロッコ。エリアごとにきっちりペンライトの色が分かれてたのが素晴らしかった。間奏でこの日みんな驚いたしゅかしゅーのダンスフィーチャー。バンドはいないので、ギターソロ含めてのこの曲をどう表現するかというところにすごくぴったりな踊りだったと思う。最終的にしゅかしゅーもトロッコ乗ってセンター後方エリアへ。ラストのあんちゃんのソロパートでの表情、女優だった。次はAZALEA。アッゼリアー。トリコリコ PLEASE!!は横浜アリーナの会場にマッチする曲で、すんごいトリップ可能。Bメロのクラップも楽しい。間奏のもぎゅloveを思わせる横並びの振りがじつにクール。トリコリコステッキなる武器登場でみんなをトリコリコにするMC。会場がピンク色に。めろ~んってやるのかと思いました。ときめき分類学では3人がスクリーン前で歌う。AメロBメロの3人のソロパートで立ち位置に合わせてスクリーン上でアゼリアの花びらが落ちてくるという思わず息を飲む演出。さっきから凄すぎるでしょ(笑)A.Z.A.L.E.Aのコールのとこでステップを踏む振りもスタイリッシュだった。これもギャップあるっちゃあるけど、AZALEAの場合こっちが表だよね。ふつくしい・・・とか思ってたら間髪容れずStrawberry Trapper。これはおかしくなるしか選択肢がない。オタクの怒号がすごい。なんかいろいろ画面上で爆発。ぐらいしか覚えてないぐらいみんな暴れてた()Guilty Night, Guilty Kiss!はトロッコに乗って。MCで練習もあったけどコールアンドレスポンスはかんたんなのでばっちし。これまた最終的に3人のカラーに分かれるのがよい。

アニメ総集編。本当に5分でわかるラブライブサンシャインになってるまとまりっぷり。μ’sのメンバーが映ると歓声が起きるのにわろてた。3年生組が合流して9人がそろうところで未熟DREAMERへ。和服風衣装も再現。この曲は3年生メインなんだけど、ちかっちがわりといいところ持っていったりして、そういう立ち位置がいいんだよね。ステージを広く使って9人が横幅いっぱい均等に並ぶフォーメーションもかっこいい。スクリーンもアニメ通りのカラー分けになったり、ラスサビで上から花火出たりと、このへんのシンクロ具合もすばらしい。というかここからアニメとのシンクロ度が曲を経るごとに上がっていくんですよ。未熟DREAMERが終わって、暗転が長いと思ったらステージにはピアノ。りきゃこがおもむろにピアノに向かって着席。メンバーと見合って、またピアノに向かう。曲が始まるまでの一瞬一瞬で息をのんでしまう。あんちゃんの歌とりきゃこのピアノで始まる、9人による想いよひとつになれ。こんなことできちゃうのかラブライブ・・・と半ば圧倒されながらめっちゃ高まってるわけ。エモの粋ですよこんなん。サビで8人が後ろを指さす振りも、ここでようやく意味を持って完成されることになる。2日目での出来事は・・・自分も心臓が止まりそうだったけど、9人とここにいた全員の絆を感じた素敵な時間だったと思う。梨香子が再び鍵盤に手を置いたそのときが、まさに想いがひとつになった瞬間だったのだ。ちょっと動揺してたけど、その後のMCではけろっとしてて彼女らしいというところ。いったんアニメから離れて、1日目は届かない星だとしても、2日目は待ってて愛のうた。2ndシングルの2曲だけど、これまた全然ノリが違う。待ってて愛のうたはAqoursのライブを見たいと思わせてくれた1曲。2ndシングルでSnow halationを歌ったμ’sと違って、まだ「恋になりたい」彼女たちのエクスキューズみたいな曲。全員にはっきりとしたソロパートがある最初の曲で、本当の意味で9人の歌声のカラーを理解して好きにさせてくれた曲。「信じてくれるかい? もっとステキになりたいよ」 僕たちに信じさせてくれたのは他でもない君たちだと、ここまで15曲を聴いてきて心から言える。

最終話ダイジェスト。すごい削ぎ落されてなんのムダもない最終話になっており思わず感動してしまった(笑)この流れから、センターステージに明かりが灯って、杏ちゃんのモノローグ。ってことは、あのミュージカル再現。いやいやいや、ここまでやるのかラブライブ。ヤバイ(語彙力)。でもなんというか、9人のセンターステージでの在り様がすごく頼もしかった。ミュージカルで9人が語るのはアニメのAqoursの再現だけれど、彼女たちが約1年半活動してきたことの重みを感じたパフォーマンスでもあった。とりわけ、取りまとめ役、杏ちゃんの真っ直ぐな瞳と言葉は「いちおうリーダー」なんてものではなく、自分がみんなを引っ張っていくという、はっきりとした意志の発露だった。なんつう役者だよ伊波杏樹。アニメと同じタイミングでイントロが流れ出したときには、一つ次元を飛び越えたレベルでラブライブ!の世界に引き込まれてしまっている。順番コールで会場一つになって10!と、サンシャイン!と自然に叫べる幸せ。ここでのMIRAI TICKETはそういう特異な体験だった。

メインステージに戻って、また杏ちゃんの最終話ラストのモノローグ。「この9人でしかできないことが必ずあるって信じさせてくれる光」。それはこの日ステージ上の9人も、僕たちも見て感じて共有したものだ。最後の曲はこれしかない。君のこころは輝いてるかい? Aqoursのあいさつ代わりのこの曲、ここまで16曲やっていても元気いっぱい。胸に手をあてYes!!と笑うんだよ。でもホントに、1stはこれで終わりだけど、これからもっと楽しいことをしていこうっていうあいさつ代わりなのかもね。まだ夢に気付いたばかり。

アンコールはPops heartで踊るんだもん!から。円盤特典曲はとりあえずこれだけ。これはコール入りまくり担当って感じの曲。続けてトロッコに乗ってユメ語るよりユメ歌おう。歴代のラブライブのエンディングでも一番王道のアニソン。これも歌割がいいんすよね・・・。そんで2日目MCではNext Step Project発表。いやーこれは(白目)最後の挨拶は泣く子もあれば泣かない子もあり。9人9様でよい。ラストのラストは今回のライブのタイトルナンバー、Step! ZERO to ONE。この曲は1stシングルのカップリングに入ってる曲で、アニメの中で大きなテーマとして描かれて、このライブでもこうしてタイトルナンバーとして大フィーチャーをされたのは意外ではあったんだけど、アニメのAqoursにしても、リアルのAqoursにしても、彼女たちのここまでを表すのにぴったりの曲だったということだよね。みんなで行進したゼロからイチの一歩。踏み出したら色んなことが待っている。

3時間半のステージ。Aqoursは1stライブにしてすでに最強のアイドルだった。9人各々がアイドルとして、パフォーマーとして際立ったものを持っている。そういう予感はあったんだけど、それを実際見て確かめられたのがたまらなく嬉しかった。ライブとしての作りとしても最高レベル。アイドルのライブとして、アニメイベントとして、なんでここまでエモくできるんだというところまで突き詰めた究極形と言っていい。何回泣いたか分かりません。とても1stライブとは思えない完成度のものを見せてもらった。とはいえ、そう言いつつも彼女たちがこの1年半、色んな活動をして色んな努力を重ねてきたことも知っているから、ここまでのラブライブ!サンシャイン!!の一つの区切り、集大成としてこのライブが最高のものになって本当によかったとも感じているわけです。ホント特にこの1年色々あったけど、Aqoursについてきて良かったよ。そう思えていることが最高に幸せだ。ラブライブ!には毎年毎年こんな思いをさせてもらってて・・・ありがたいし、人生にこんな素晴らしいことがあるんだと大げさでなく思う。そういう思いは確実に、あの東京ドームからこの日にも通じた。Next Step Projectも発表されてまだまだサンシャインの世界は広がっていく。1stライブでここまでのものを見せながら未だ無限のポテンシャルを秘めた9人だよ。これからも見ていかなくちゃ。

_2253175

SETLIST

(2/25)
01. 青空Jumping Heart
02. 恋になりたいAQUARIUM
03. Aqours☆HEROES
04. 決めたよHand in Hand
05. ダイスキだったらダイジョウブ!
06. 夢で夜空を照らしたい
07. 元気全開DAY! DAY! DAY!
08. 夜空は何でも知ってるの?
09. トリコリコPLEASE!!
10. ときめき分類学
11. Strawberry Trapper
12. Guilty Night, Guilty Kiss!
13. 未熟DREAMER
14. 想いよひとつになれ
15. 届かない星だとしても
16. MIRAI TICKET
17. 君のこころは輝いてるかい?

(Encore)
01. Pops heartで踊るんだもん!
02. ユメ語るよりユメ歌おう
03. Step! ZERO to ONE

(2/26)
01. 青空Jumping Heart
02. 恋になりたいAQUARIUM
03. ハミングフレンド
04. 決めたよHand in Hand
05. ダイスキだったらダイジョウブ!
06. 夢で夜空を照らしたい
07. 元気全開DAY! DAY! DAY!
08. 夜空は何でも知ってるの?
09. トリコリコPLEASE!!
10. ときめき分類学
11. Strawberry Trapper
12. Guilty Night, Guilty Kiss!
13. 未熟DREAMER
14. 想いよひとつになれ
15. 待ってて愛のうた
16. MIRAI TICKET
17. 君のこころは輝いてるかい?

(Encore)
01. Pops heartで踊るんだもん!
02. ユメ語るよりユメ歌おう
03. Step! ZERO to ONE

きゃらめるりぼん

2013-09-16 22.24.43
CR田村ゆかり行ってきました。パチンコではない。
あのきゅんきゅんはーとSSAからまだ3ヶ月経ってないわけですが、2daysライブのあとに珍しく1dayライブ、さらにはその間に新曲の発売無しということで、かなり期待が大きい感じではありました。SSA2daysのあとに横アリ1dayかよ!ということでチケットも王国民でさえかなり争奪戦な感じでしたし。で、新曲無しかと思いきやの神楽坂ゆかたん登場。ときめきフォーリンラブはけっこう好きだったのでCD化は嬉しい。買えてないけど。

それでライブの感想はというと、正直なところ小満足くらいでしょうか。不完全燃焼ってわけじゃないですが、あの楽しかったきゅんきゅんはーとのあとだとどうも今一歩という感じですかね。1dayライブということで期待値が大きかったというのはあるか…。

セトリは最近の曲が多くてかなり予想外。実質FCイベントぐらいになるかと思ってたのでマニアックな選曲があると思ったけど、古めの曲はCCHより少なかった。そんな中で神様Rescue me!!とか太陽のイヴはけっこう好きなので聴けてよかった。上弦の月もしっとりで良い。ゆかたんの曲でいえば、去年のツアー逃して聴けてなかった初恋はザ・アイドル歌謡の良曲ですね。新曲のSUKI・・・っていいでしょ?はシンセブラスが90年代初期っぽい。古めの曲でいえば、Cursed Lilyはけっこう曲に入り込んでしまった。それと、なんとなくやる気がしていたLittle Wishが予想通り来て、なんとも言えず沁みてきました。3月も聴いたけど、なんというか純粋に感動してしまう名曲だと思います。やっぱりfirst stepが好きだな。

まあただ、ちゃんと数えてないんですけど体感として、CCHから連続で来てる曲がやや多い印象が。ここ3年ほど毎回やっていたYou & MeとSuper Special Smiling Shy Girlを外してるにも関わらず。W:Wonder taleとFantastic futureの直近シングル2曲もそうですし、Endless Storyももう4連続ぐらいか。アッパー系シングルは強い。アンドロメダまで1hourとかもうちょっとFall in Loveなんてカップリングですけどこれも連続で来てるうえ頭とトリという。そんなこと言いつつ、W:Wonder taleは今年のアニソンでもかなりお気に入りなので、サビはちょっと振りコピしてしまったりして。あとマンネリはあんまり好まない私ですが、SSSSGは王国民のゆかりんへの愛を感じられる素敵な曲なので外れたのはちょっと寂しい。そういえば新曲2曲はどっちも爽やかな感じで良かったですね。アルバム期待したい。スパークリング☆トラベラーが、PV風映像のあとにアンコールでも来たのは若干面食らったけど(笑

今回は演出面もちょっと映像多めと間隔が短かったりしてテンポ悪かったかな。神楽坂ゆかたんにしても、最初のオープニング映像がかなり長かったし、ゆかたんパートが終わってからの幕間もちょっとダレたかなぁと。いやーでもバーチャルデートは良かった…

そんなこんなで、要所要所で楽しめてはいたものの、パーティーは終わらない→チェルシーガールが終わっても微妙に燃えきれてない感がありましたが、ゆかりんの「帰りたくない…」の一声からのゆかりん以下横アリ1万総土下座からのダブルアンコール2回目のチェルシーガールは感動する流れでした。ここでようやく完全燃焼できた。しかし、めかりるのゆかり16連でちょっと調子乗って喉をやってしまっていたため、1回目のチェルシーの口上が案の定のヒドさだったので2回目でのリベンジを期したものの、まあ2回目はさらにボロボロでしたよね。とにかく今回はこのダブルアンコールに尽きる。

というわけで3日連続で声優イベントでしたけど、この後しばらくは予定無し。ゆかりんツアーは2月頃って話ですが、行けんのかなー。ほんと来年に向けてお金貯めないと…
2013-09-16 16.11.11
2013-09-16 17.41.47