第4回AKB48グループ 歌唱力No.1決定戦 決勝大会

なーみんを応援しに。前回は人数絞られてて行けなくて、決勝来るのは初めてでした。あとびっくりしたんですが舞浜アンフィシアターに来るのがなんと5年ぶりでした。初めて来たのが2014年で、それから3年で15回ぐらいは来てたのだけど。

席は上手寄り…とは言うもののここって上下という概念でやっているのかどうか。メンバーが入場してくる側なのでそこは若干ラッキー。みんながみんな思い思いの衣装で、20人並ぶと華やかでした。48グループのイベントっていうのも一昨年のリクアワぶりなので、配信とかでよく見る人たちがすぐそこにいるのがなんだか不思議な感じ(?)

あっという間にグループBの歌唱審査。なーみんが歌ったのは「Sincerely」でした。歌い出しで鳥肌が立った。これは1年ちょっと前のスモールワールズのイベントでもなーみんが歌っていて、その時の思い出もあれば、以前某イベントでTRUEさんのオリジナルの歌唱をライブで聴いた記憶までも呼び起こされて、なんだか自分がこの曲に引き寄せられているような感覚を覚えました。自分がこの曲でイメージするのは、センシティブな内面性と、しかしそこに表現される世界の想像もつかないような広大さです。この日なーみんが聴かせてくれた歌も、Bメロ~サビにかけての展開で(円形の会場の力もあるとはいえ)そういうものをしっかりと描いていました。ただ、歌われる感情のベクトルがとても大きく様々な方向にあるゆえに、それらに引っ張られすぎない確とした軸を保つことも一つテーマになるのかなと感じたり。ミスもあったとは話すものの、そんなことは小さなことで、なーみんなりの表現をこの環境で聴かせてくれたことが極上の音楽体験だったなあと思います。とはいえ結果は結果として。グループBは正直どう転ぶか全然分からず、最後まで手に汗握ってたのですけど、名前は呼ばれず。また来年を待ちたいなと。

あとは純粋に音楽を楽しむ方向で。このイベントの好きなのは毎回すばらしい歌い手との出会いがあることで、そういう意味でいうと同じBグループで「SWEET MEMORIES」を歌った坂本愛玲菜さんには惹きつけられました。甘美という言葉はこの時間のためにあったのかと思わせる情緒性と空気感。はっきり言って恋をしてしまいました。坂本さんの衣装も含めた佇まいも美しくて。終わらないで欲しい数分間でした。はあ。。。

あと好きだったのが、愛佳ちゃんの「10月無口な君を忘れる」。無音の中にセリフを投げかける時点で引き込まれてしまうのだけど、そこから続く歌がどうしようもなくリアル。ナイーブさ、後ろめたさ、痛み、がないまぜになって押し寄せるような感情的な歌。これって、18歳だからこそ面と向かってぶつけられるものなんじゃないかなあ。愛佳ちゃん、誰かに恋してない?(おい)

そういう感じで3時間半、ファイナルまでも含めて良い音楽を聴けたなーと思います。このイベントに関して思うところはまあ色々ありますが、歌い手とバンドが一体になって音楽を作る楽しさは確かですね。なーみんはもう次回を見据えてると思うのでついていくのみ。来年もアンフィ来れるといいな。

村山チーム4「手をつなぎながら」公演 稲垣香織 生誕祭 2022/1/10

これまた待ってた香織ちゃん生誕祭。年始から続けてチーム公演見れるのは嬉しいですね。

この日はビンゴ4巡。そろそろバチが当たりそう。センブロ立ち最上手2で完全に考えてた通りの場所。立ち見の手つなでこんなに眺めいいの初めてだし、中盤以外はなーみんがだいたい近くにいるので楽しく見れました。なーみんは髪を少し短くしててとてもさっぱりと軽快な印象。このぐらいの長さめっちゃ好みだし、手つなの雰囲気に合う。序盤の爽やかな楽曲にもピッタリだし、「雨のピアニスト」で踊った後に少し髪が広がる感じが好きなんですよ。もうちょっと短かったけど、4年前のこの公演初日の彩希ちゃんに通じるエネルギッシュなイメージ。それから、香織ちゃん生誕ということもあり、「マンゴーNo.2」の香織ちゃんの声マネをこの日もやってたし、「恋と傾向と対策」の2番の香織ちゃんの歌い出しでもモノマネしてて可愛すぎた。なーみんは歌割じゃないから声は乗ってないけどあれは絶対声までマネしてた(笑)この日はなーみん推し要素的には序盤に全振りみたいなイメージで来てたんですけど、中盤曲を経ての「大好き」が沁みて仕方なかった。なーみんが持っている暖かさと優しさが、近い目線の高さでダイレクトで伝わってきてじーんとなる。最近自分が求めてる心の動かされ方ってこれなんだよなーと。「遠くにいても」もとても感動的。チーム組閣が決まってからだといつも以上に…

この日はあときょんちゃんが結構近くにいて(というかなーみんの隣にいることが多い)、色んな場面で遊んでもらった気がする。客席のほうホントよく見てるよねえ…。「Innocence」のはーちゃんの曲線美にもまた惚れ惚れ。この日見てたらゆずっちも似たような雰囲気があるなーと。明るい曲で華やぐイメージのほうが強いけど、僕太公演なんかも注目していると面白いのかも。

この公演の主役の香織ちゃんは何をやっても印象的な仕事をするから強いよなあと。「マンゴーNo.2」の掛け声からなんだか様子がおかしい(笑)「恋の傾向と対策」の表情のバラエティ感も見てて飽きないです。個人的に好きなのが、「大好き」の「♪どんなつらいことも/これからは大丈夫」という歌詞を香織ちゃんが歌っていること。香織ちゃんが歌ってくれるとほんとにそう思えます。MCで急にかおりみくじも始まるし、香織ちゃんの世界が面白すぎた。香織ちゃんはふわふわしてそうで、配信を終わるときの挨拶とか、SNSの投稿の「かおりより」とか、かなり律儀。生誕祭を見ていても、アセアセしながらもそんな部分が端々に出ていてこっちも笑顔になっちゃいます。チームBでもたくさん会えるといいなー。

24のポーズ

あとなんか、お見送りのときメンバー側に団扇見せてなかったんだけど、彩希ちゃんが見つけて吸引ポーズしてくれた。優しいなぁ…

岡部チームA「目撃者」公演 2022/1/5

まあ、色々ぶっ飛んでしまいましたが、ともあれ2022年最初のチーム公演。またこの岡部チームA結論パ()の8人なので、入れるときに。結論パとか言ってたら、愛佳ちゃんとか怜ちゃんもこの日のメンバーをいつメンと呼んでで笑いました。だって安定感ありすぎるもん。

なんとビンゴ2巡。良巡続きすぎてて何か起こる気がしてきた(ある意味起こった)。前回と同じセンブロ立ち最上手1空いてたんだけど、変えてみるかと思って下手1に。どっちか言えば愛佳ちゃん寄り。のっけから「目撃者」のサビとか0ズレなんですが、直立不動で前見てると緊張してしまう()にしてもお顔が可愛い。いつもダンスが上手いとか歌が上手いとか言ってるのですが、愛佳ちゃんはそもそもまじで顔が可愛いですよね(今更)。「命の意味」とかでも長い時間見つめ合ったりしていて(そういうことしてほしい)、改めて顔面の強さを感じる時間が多かった。それにパフォーマンスの良さもあいまった華みたいなものが、この1年で増し増しになっている感じ。ステージで反対側のほうにいてもチラッと目に入れたくなるような、村山彩希ちゃんにも似た存在感を手に入れつつあります。「いびつな真珠」とか「愛しさのアクセル」とかで見せる、颯爽とした身のこなしが好きだし、かと思えば、中盤の赤いドレスが超似合ってたり。はあ。。。愛佳ちゃん。。。好き。。。

と言いつつ、この位置でも結構くるちゃんが近くに来てくれて、やっぱこの公演では結局くるちゃん推しみたいになってしまう。中盤の曲のくるちゃんの優雅さと華麗さが好きすぎてそこだけで心の渇きが一気に潤いで充たされる。「アイヲクレ」で感じさせるリアルな手触りの熱情をみんな見てほしい。この曲で歌われる奇妙な関係の駆け引きも悪くないと思えます(騙されている)。この日は髪をハーフアップにしてたのもよかったです。「憧れのポップスター」とかもしっかり楽しかったー。いやーこれをあと何回見られるのだろう…。

あと、この日はいつも見れてなかったさきぽんとかえりいが近くに結構来たのも楽しかった。さきぽんが髪切ったのは知ってたのですが、実際見ると昔の兒玉遥さんみたいなカットになってて可愛いなあと。えりいはアッパーな曲でここぞとばかりに目線飛ばしたり手振ったりしていて、意外とレス魔なことが今更わかりました。基本的にスタンスを広く取っていて、仁王立ち気味にスラっと立って踊っているのが芯の強さを感じさせてかっこいい。

そんで、今日も楽しく終演。。。と思ったら、最後に西川怜ちゃんの卒業発表がありました。これ系の発表を現場で聞くのが初めてだったし、怜ちゃんが、というのが衝撃的でちょっと何も言葉が浮かばず。何年かAKBおたくやってきて過去一で受け入れがたい卒業発表であり、今でも飲み込み切れているのかちょっとわかりませんが…それでもその後の配信とかの言葉を聞いていると、やはり全てが怜ちゃんらしい。「♪ホントは今でもそばにいて欲しいよ/だけど君を引き止められない」とはまさにこれ。まだ後ろを振り返るには早いと思うので、3月まで出来るだけ接点を多くもって楽しめるといいなと。目撃者も僕太もIxRも見る!(あるのか)

虎ポーズ