「何回だって恋をする」公演 2021/9/19

2回目のなーみりんず何恋。月2回入場とかいつ以来…って思ったら去年あったらしい。まったく同じメンバーの同じ公演というのはさすがに初めてだけど、まぁ2人公演なので推しが出てたら基本そうなる。入場ビンゴは珍しく4巡。最近座席が全部埋まってからしか入場してなかったのでどこに行こうか一瞬迷うレベルでした()結局センブロ立ち最下1。なんと初の立ち最()

前回もセンブロ立ち見2列目下柱1だったので似たような位置ではあるのだけど、思ったより風景は違いました。ドセンに近いと柱の内側にいる限りは両方のメンバーを満遍なく見られるということは重要です。逆に言うと、推しばっかり見てもいられるという(この公演は0番にあまり人が来ないので)。それに、マイクスタンドを使うソロの2曲に関しては、よりダイレクトにパフォーマンスを知覚できて、2回目というのにまたまた心を掴まれてしまいました。とくに「月と水鏡」は良かった…。なーみんの歌唱でこの曲を2回も聴けること自体が良いのだけど、それをこの目線の高さと距離感で、というのは贅沢で極上。ある意味座席で見るよりも近く感じるほど、歌の世界に吸い込まれていく時間。なーみんのあ段の発声が好きなのは前に書いた気がしますが、とくにサビ前の「照すように」で一気に視界が拓ける感覚を覚えました。曲全体にかけての波の作り方が素晴らしくて、自然に身を委ねたくなる。熱情が渦巻き立ち昇る大サビまで非常に説得力がありました。おりんちゃんがMCで言っていたように、表情も見逃せないです。何回だって聴かせてほしい…。

なーみんといえば、この日で忘れられないのが「夢を死なせるわけにいかない」なんですけど、サビをいつになく大振りで踊っていて、すごく真に迫るものがありました。振りの激しさがそれこそまるでおりんちゃんのようで。少し息が上がるほどで、歌にまでそれが現れていたのは珍しいなと。なーみん自ら選んだというこの曲にかけるものを感じた。この日も特に序盤は下手側で目がよく合って楽しかったです。「逆上がり」で指差し頂いたのでニッコリ。

おりんちゃんは「投げキッスで撃ち落せ!」が好きでしたねー。腕を大きく回す振りが好きなんですよ。それとともにスカートをひらっと揺らすのがとてもアイドルっぽい。こちらに向けて主張してる感じじゃないのだけど、それでも目を離せなくなってしまうのは不思議です。とにかく見てて爽快。「虫のバラード」も前回からの積み上げが感じられてぐっときた。

あと、アンコールのMCで唐突になーみりんずクイズが始まったりしてめっちゃ笑ったり。僕夏公演とかでも感じてましたけど、このふたりのお喋りの雰囲気はやっぱ好きです。そうそう、なーみんの好きな色は?っていうクイズがありましたけど、この間の何恋公演の後になーみんの推しサイが突然決まったので、この日はペンライト2本で青と白にしてました。手持ちのペンライトは1本であることに地味に拘りがあったので、2本持っているのは自分史上初です。振りコピがしにくいので立ち最との相性は…(笑)でもこれだけで推しアピールできるのは嬉しいのでこれからもやっていきます。

大騒ぎポーズ

何恋公演はなーみんが歌ってるイメージを保っておきたくてあんまり他のペアが見れていないんですけど、ちょこちょこ見た感じだとはるかおりペアはいいなあと。16期好きだからというだけでなく、それぞれパフォーマンスの個性が強い。はーちゃんの虫バラと香織ちゃんの「月と水鏡」は劇場で聴きたいです。あと、曲によって表情と声を変えまくるおかりなちゃんはめちゃめちゃ気になりますね…。公演自体いつまでやるかわかんないし、ずきなみんペアは入れる気しないし、次あるんかな…

「何回だって恋をする」公演 2021/9/6

また休館などあり、その休館明けに新公演、それも初日になーみんが出るということで、どーーーーーしても入りたかった日。2人公演というのは今年入ってからはほとんどやっていなくて、もう見ることはなさそうと思っていたのですが、こういうタイミングで観ることに。

ビンゴは17巡とかそのへんで、センブロの下手寄り2列目。新公演なのでとりあえずセンブロという感じです。Overtureが終わって、新聞で顔が隠れていますがどっちがどっちかはすぐ分かります。はー長かった……なーみんが劇場に出演するのは7月に入った手つなの時の方が久しぶりなんだけど、色々ありすぎてそれ以上に長く感じた……。やっぱり2人しかいないので、いつもよりすごく近くに感じますね。個々の歌割も多くてメンバーを見るのに集中できる環境なのが嬉しい。

セットリストとしては過去の公演曲がバランスよく散りばめてあって、劇場公演が好きな人だったらみんな楽しめる公演という趣。自分も劇場に行き始めたのは現行のチームになってからなので、ワンハーフではあるものの聴いてみたかった曲がいくつも聴けて満足感がありました。その中でも公演のタイトルもモチーフになっている「君に会うたび 恋をする」は聴けて嬉しかったなー。この曲で歌われるストーリーと、自分の中のなーみんの存在感っていうのが似てるんですよね。同級生感というか。なーみんの歌で聴けてよかった。「逆上がり」「投げキッスで撃ち落せ!」も振りコピ楽しい。アンコールは打って変わって最新シングルの並びになるのだけど、これがまた不思議と公演名にシンクロするような流れなのが面白い。「失恋、ありがとう」は1年半越しでやっと聴けたということを考えるとえもかったなあ。思わずイントロで飛び上がりそうになっちゃった。なーみんがリボンポーズしていたのが可愛かった。

この公演はなーみんとおりんちゃんのペアというのも最高でした。7月にK公演に出まくってたの見てて、おりんちゃんとはどこかで会いたいなーと思ってたところだったんですよね。「サステナブル」とかでめちゃくちゃ幸せそうに踊ってるのがこっちも見てて幸せ。基本目いっぱいに大きく振りを踊るんだけど、その中で細かい動きをつけている部分もあって、そこがとってもアイドルらしくて好き。「となりのバナナ」とか「君は僕だ」とか、いいところで顔をフリフリするのがめちゃくちゃ可愛いです。歌声がまた、地声とちょっと違ってめっちゃ可愛いチャーミングな感じで、耳に吸い付く感触が癖になるんですよねー。なーみんの声と全然違って、そこの相性もよかった。最初に劇場で会ったときからおりんちゃんは自分の思う理想のアイドルにけっこう近いものがありますが、改めて見てみてもやっぱりそう感じる。

なーみんについては何を置いても中盤のソロ2曲を語らないことが難しい…。「わるみん」が、イメージにはなさすぎたけどとても良かった。なーみんの歌の表情付けが、この曲の「~てよ」とか「~のよ」とかセリフみたいな歌詞にとてもマッチしているなと思って。声のトーンと感触も心地いいんですよね。大サビのちょっと口をすぼめて歌うところとかちょっと可愛すぎました。笑顔も100点満点!2曲目の「月と水鏡」もずっとなーみんの歌で聴いてみたかった曲で…。オリジナルは横山由依ちゃんの歌声のすごく凛とした雰囲気があるのだけど、なーみんの歌で聴くと、ピンと張りつめた空気の中に静かな暖かみを湛えたような、新しいイメージが浮かんでくる感じ。「川の水面に…」という歌い出しの歌詞がありますが、なーみんの場合は海のイメージです。曲が進むにつれて高まっていく熱情のグラデーションもいい。このあたりはフルだとより解像度が高く感じられるのかなと。ほんとに、この2曲に関してはなーみんのための選曲なのでは!?と思わずにいられないものがありました。初日に来る意味があったというものです。立ち位置的には基本は上手という感じではあったものの、MCとか最後の挨拶時は0ズレだったし、投げキッスで撃ち落としてくれたし、言うことなしです。やっぱり劇場で直で見るなーみんの笑顔が一番癒されます。

ラストは「離れていても」だったのですが、これに予想以上に感動してしまいました。この公演で歌われること自体もそうだし、大サビで上下の花道にいる2人が向かい合って歌う演出、それから一人一人と目をしっかり合わせて歌ってくれるなーみんとおりんちゃんがいる場が暖かくて、いつもの花道よりぐっと距離が近く感じて。色んな事が沁みてきて泣けてきちゃいましたね。

基本2人のファンしかいないのでお見送りの雰囲気もなんだか好きでした。公演時間は60分ちょっとではあるのですが、だいたいの時間で推しを眺めていられる幸せ感がすごく、なかなかできない濃くて稀有な体験でした。推しが出るなら150%楽しめる公演だと思いますし、たぶん出演する人も限られてくる中でなーみんが最初に出てくれたのが良かったですね。次の公演もう決まってるけどなんとか入れないかな…

おんりーわんポーズ

舞台「マジムリ学園 -LOUDNESS-」

アイドルはなぜ舞台をやるのか?という問いに対して今ひとつ答えが出せないでいますが、今AKB48が持てるリソースの7割方を注ぎ込んでいるのがこの舞台なので見るしか。ここまでのメンバーを揃えてあるとさすがに豪華絢爛というものです。

相変わらず殺伐とした抗争が繰り広げられているのですが、今回は善玉らしい善玉がいないため殺伐成分が2倍増しになっています。ストーリーとしては、社会的階層の再生産に抗う闘争に向かうも、それは支配階層に仕組まれた闘争で、抗えば抗うだけ再生産に向かっていくという逆説…みたいな話。リリィ―と生徒会の話がめっちゃカジュアルなケンカに見えてくるな()荒地のメンバーのそれぞれが闘う理由は明確で分かりやすいものですし、前々作からのバックグラウンドと2年間の変化が窺えて、キャラクターにスムーズに感情移入できます。それに比べてただの悪みたいな生徒会のメンバーもまた、人数が増えて少年マンガっぽい中二感がさらに魅力的です。そんな様々の要素を伴って、メンバーそれぞれのいつもとは180度異なった顔が見つけられるのがこの舞台の楽しみですね。

印象に残っているメンバーでいうと、個人的にはシュナーベルを演じるみうちゃんがまず挙がってくるような気がします。えりちゃん演じるタウゼントの相棒役ということになっていますが、タウゼント以上に一本気なシュナーベルを演じるにふさわしい、素直で真っ直ぐな、嘘のない演技という感じがして、役柄も相まって見ていて清々しい。それからまた、しっかりと背筋の伸びた立ち姿がとても様になっていて、生徒会のカッコよさを引き立てています。相棒役のえりちゃんも前作同様、無骨な演技が決まっている。そのうえで、ヌルとのやり取りの中では人間らしい部分も見せてくれます。生徒会の新しいメンバーでは、妙に圧を感じる不思議な演技をしていたえりいも面白かった。全然そんなイメージなかったけど、生来のSっ気を感じる(笑)それから、セリフはそれほど多くないものの、さっきーの演技はやはりレベルが一段違います。緻密な役作りとそれらのしっかりとした落とし込みに裏打ちされた非常に自然な表現を難なくやってのけています。それがあのセリフ数でわかることも素晴らしいし、役に生きるとはこのことと感じますね。代役であるのがもったいないくらいで、次にAKBで舞台をやることがあるなら絶対いてほしい人材です。

荒地のメンバーで好きだったのは、何を置いてもまずみーおん。だって、可愛すぎるでしょ(笑)ただただ振り回されてただただ可愛いという、アイドルのお手本みたいなことをやっています。アイドルとして正しいということはやはり代え難いものです。そのうえで語り部としての役割もしっかり果たしています。主人公っぽい感じもしますがそういうわけでもないようで…。それから、実質ダブルキャストとなり途中参加になった十夢ちゃんも一際存在感を放っていました。事あるごとに人にナイフを突きつけていますが、オーラと語り口、立ち居振る舞いそのものからすでに切れ味鋭いものを感じます。これまた衣装が本当に似合っているんですよね。とにかく美しい。対称的に鬱屈としてるのに憎めないユーモアのある聖ちゃんとのコンビもいいです。さっほーゆかるんのインパクトも相変わらず強烈だし、逆に茂木さんのチームK仕込みのオラオラ感と勢いはイメージぴったり。アンサンブルで出ていたきぃちゃんの演技も代役と思えないものがあり、忘れてはいけません。12〜15期のベテランメンバーが自分のイメージを活かして、または脱ぎ去って新しいチャレンジをしているのが素晴らしい。

今回の作品がいいのは、主演の3人がそれぞれに孤高の力強さを持っているということでしょう。ヌルの狂気と根底に潜む復讐心を、やりすぎなほどに感情をアップダウンさせながらこちら側へぶつけてくる麟ちゃんの姿には度肝を抜かれます。前作よりも遥かに大きな、ちょっと心配になるぐらいのエネルギーを毎公演燃やしている。前に「リリィーはもうすでにゆいゆいの一部みたいなもの」と書きましたが、麟ちゃんにとってのヌルもすでに同じレベルにあるように感じます。麟ちゃん的には嬉しくないかもですが(笑)新キャラクターのケーニッヒを演じるゆいりーが、初舞台と思えない鮮烈な印象を残してくれたのは大きなサプライズでした。セリフの発声がクリアで淀みなく、上へ上へと渇望する感情もよく乗って観衆にとって受け取りやすい。持ち前の身体の柔らかさを十分に活かした殺陣も自在な動きで魅せてくれます。彼女の舞台出演自体がサプライズでもありましたが、この舞台に対するグループとしての本気度を示すことにもつながり、結果としても大成功だったのではないでしょうか。そしてこれら全てをまとめ上げきっちりと締めてくれるのは座長のなぁちゃん。そこに居れば目を離すことは難しいというほどのスター性と、いかなる状況でも前を向き続けるポジティブさの具現化と。おなじみのパワフルな歌声も随所で聴かれます。この人に出来ないことがあるのか…と思わずにいられない、座長にふさわしい活躍でした。

そうそう、今回は劇伴や殺陣とシンクロした生ドラムの演奏が付いていたのですけど、殺陣の迫力が音圧を通してリズミカルに伝わって、相当いい演出だと感じました。演劇全体のテンポ感も保たれて、笑いを取るシーンとかの直後であってもすぐに場面が締まります。最初と最後のドラムソロもカッコいい。LOUDNESSというタイトルを象徴する仕掛けでしたね。

8/20と8/25ソワレの2回観劇したのですが、ミニライブはどちらも同じセットリストだったかな。ゆうなぁずっきーがいるので「考える人」とかチーム4感が強い。「百合を咲かせるか?」は麟ちゃんがセンターで、なんとリリィ―のセリフがブレイクになっていました。初日にきょんちゃんのバースデーセレモニーがあって、なんとあの「ひまわりのない世界」が聴けたのは相当レアな出来事でした。じゃんけんで決めたというユニットの相手が怜ちゃんなのもよかったです。ゲストパートは芹佳ちゃん回と、さとなーずんのボブ3姉妹回でした。なーみんがニッパーで矯正のワイヤーを切っている話は2週間ぐらい前の配信で言ってて、これの伏線だった!?ってなった(たぶん違う)。香織ちゃんがことあるごとにオチ要員に使われてるのが面白すぎたなー。撮影タイムは初日だけ舞台練り歩きがなかったのはうーむという感じですが、前回よりは撮れたのでまあ。25日は席が下手でなーみんはずっと上手にいたので、最前だったのにほとんどチャンスが無くてまじで泣いた…

いま大千穐楽公演の配信見ながらこれ書いてますが、どうやら公演は無事に完走ということになりそうで、かなり厳しいことになっていたこの8月のグループの状況を考えるとまさに奇跡です。ゆうなぁを始め中心メンバーを数多く投入したこともあり、しっかりとAKB48の総力を集めた舞台として楽しめたように思います。やっぱりこの人たちがいるAKB48が好きですねえ。チームを超えたメンバーの絡みも楽しかったです。メンバーの拘束期間が長いのは考え物ですが、またこのぐらいの規模で舞台をやるならもっと回数見てもいいかもしれません。これからしばらくはシングルのキャンペーンになるのかなー

というわけで写真いくつか。