リスアニ!LIVE 2021

とーやまさんが見たいなあと思ってなんとなくチケットを取ったのでした。一般チケットなので2階の一番後ろ。なんとなくとは言いつつ割とはっきりした目的があって、ご多分に漏れず「東山奈央28ちゃいで〜す」が聞きたくて。

シンデレラガールズのライブも数年行っていないので、曲は初見のものがほとんど。ただそれでも1曲目が始まるともう、距離が遠すぎて顔は見えないのに、ステップの踏み方と拳の振り上げ方で左から2番目がなおぼうと分かり、これだけで自分にとっては十分だなあと。なおぼうはソロデビューする前からいくつか声優ユニットをやっていましたが、とりわけシンデレラガールズの大所帯の中では若さに似合わぬ存在感(キャラが28ちゃいだからか)が際立っていました。ふだんもう少し距離の近いイベントで見ているだけに、幕張メッセやSSAといった大舞台に立つたびそれを頼もしく思っていたものです。今回はメンバーの人数はやや少なく、年齢は相応なところまでに追いついたのかもしれませんが、やはりあの頃と似たような感覚を思い出して、少しぐっと来てしまいました。ということを書き残しておきたかったので今書いています()

曲はといえば、ほとんどの曲がボトムの効いたロックテイスト。これらが生バンドの演奏で映えないはずがなかった。なおぼうと花井美春ちゃん(かわいい)のユニット、フォーリンシーサイドが歌ったGaze and Gazeは歌割りが1番と2番で完全に分かれていて、そこでカラーがはっきりと変わるのが面白かった。なおぼうの川島さんボイスも、昔より自然に聴こえます。どの曲もいわゆるアニソン的なロックと少し違うのがいいですね。曲の魅力が正しいやり方で引き出されて、シンデレラってこんないい曲があるのか!と改めて。と思ったら、1曲ミリオンライブの曲も混じっていたらしいですが(この時だけ驚きの歓声が上がった)。

最後の曲はいつかどこかで聴いた曲……EVERMOREでした。始まる前はこの場でおねシンとかやるのはなあ、みたいに思ってて、新しめの曲が続いたのでそれはそれで良かったのですが、そんな中で最後に知ってる曲(それも比較的新しい)が来たときの安心感たるや。セットリストとしても完璧です。これも6人ならではの歌割りになっていて、以前聴いたときよりも距離が近く、曲のイメージがくっきりとした印象を持ちました。前に聴いたのはSSAなので実際だいぶ近いのだけど。この曲の歌い出し「ずっと憶えてる はじめての日のステージ」で、このライブの出演が決まった時のなおぼうのブログが思い出されて……22歳のなおぼうが川島瑞樹として初めて出演したシンデレラガールズの2ndライブは、僕にとっても初めてのシンデレラのライブでした。この時点ですでに会場は代々木第一体育館という大舞台でしたが、これからもっと大きくてすごいことが起こる、その胎動のようなものが確かに感じられたライブ。あの時見た景色と、今なおぼうが川島瑞樹としてここにいるこの日この瞬間が、ようやく糸と糸で結ばれたように感じられて、なんだかとても熱い気持ちになったのでした。来てよかった!

NANA MIZUKI LIVE GATE 2018

_1214379

武道館7DAYSが終わりました。今回は5公演に参加。
奈々ちゃん関連だけでもいろいろな思い出がついて回る武道館という場所。ライブでは9年ぶりに帰ってきた。そう感じていた通りに、これまで積み重なってきた記憶が交わって構成されたライブでもあった。

初日が終わった段階での印象はモザイク状で、流れの掴みにくいライブに見えたというのが正直なところ。とはいえ7日間あるということで、あんまり心配はしてなかったわけだけれど。初日のような印象になったのは、演出のシンプルさ、個々のブロックの組み立て方もあるんだけど、ライブのハイライトとなる位置の曲が事実上ライブの流れと断絶しているのが大きかったのかもしれない。いちおう種明かしは最終日にあったわけだけれど、セットリストの流れのピースというよりは最終日に歌うこと自体に意味がある曲だったので、これはもうそういう見方はしなくていいんだなと(笑)実際には2日目ぐらいからあんまり考えずに、個々の曲にフォーカスして身体に覚えさせることに集中してた。例によって新曲の聴き込みも足りないから馴染ませるのに時間が必要だったし。特に粋恋は、全体の焦点が定まらない中にあって一際流れをつくる使い方と演出がなされていたので、これが日程が進むにつれ頭に入ってきたのは大きかったかな。そういう感じで2日目3日目と乗っていけた。3日目はゲスト的にもハイライトだったけど、それ以外の要素でもひとつの到達点になった日だった。演者側としても、7日間ある中で、日替わりでゲストアーティストとの共演という大きな攻めはあったわけだけど、それ以外のセットリストのバリエーションは最小限にとどめて、1曲1曲の歌い込みの完成度を高める方向性があった印象。

そんなこと言いつつだけど、自分にとって特別なライブになったのは初日だったのだ。武道館のアリーナという場所と、ここで体験したことの記憶をダイレクトに呼び起こす楽曲たち…。奈々ちゃんのMCからするとそれは意図的だった。RUSH&DASH!で奈々ちゃんがゲートブリッジの上に現れたとき、SUPER GENERATIONで客電が点いたとき…12年前、9年前のこの場所で起こったことが自分の中に流れ込んでいく感覚がしたよ。自分の中で鮮烈な思い出としてある2曲。あの日の奈々ちゃんと、今ここでステージを駆ける奈々ちゃんが完ぺきに重なった。相変わらずだよね。この2曲以外にも、光やBRAVE PHOENIX、DISCOTHEQUEといった曲があって、極めつけに最終日の深愛が披露されるという、随所で以前の武道館公演を想起させる仕掛けがあった。

そして、このライブの要になるメインテーマ、POWER GATE。水樹奈々のライブを見たい!と最初に思わせてくれたのはやっぱりこの曲だったもんね。それから何十回とライブで聴いてるわけだけど、初心の気持ちは熱いまま。この7日間の中でもどんどん進化していくのがわかった。7DAYSの本当のラスト、最後の最後に聴いたこの曲は、重い重い挑戦の扉をみんなで開けた達成感でいっぱい。正直言って、最近は日によって歌われないライブもあるわけだけど、このタイミング、文字通りまた新しい扉を開けた節目となるべきこのライブで改めてフィーチャーされたことは本当に重要だった。この曲にしかできない役目を果たしてくれたよ。

全通が目標だったけど、実際は2日間休み。でもホント楽しい11日間で、特に3日目以降は日常的に水樹奈々のライブがあるという普通に考えておかしい状況に慣れて馴染んでしまってた。参加してない日でさえ、今日はどうだったと情報が流れてきたり、気軽に音漏れ聴きに行こうとなったりして。奈々ライブが生活の一部にあることがこんなに楽しいとは。新しい体験だった。あの人のことだからまだまだやり足りないと言うのでしょうが。次は気が付けば3年ぶりの夏のツアー。セキスイハイムスーパーアリーナに始まり西武ドームに終わるという、聞くだけでゲンナリする日程に思わず苦笑しちゃったけど()1日だけならまあ・・・。奈々ちゃんのホールライブを6年観てない意識低いファンなので、今年はもうちょっと頑張ります。日程的にも今回はさすがになんとかなるでしょ。高知とかも含まれてるらしいので、たまには大阪以外の西日本も行ければ。しばらく充電しときます。

_1214383
_1214375

RAINBOW CANARY!! ~Brightest Stage~

念願のゆいかおりライブ。
_3120678僕はゆいかおりのライブはこれまでウェィカッ!!のツアー以外はすべてどこかしらで行く予定を建てていたはずなのですが、なんでか色々あり今回の武道館が初めてということに。1stライブの頃なんていつかいつかと待ち望んでて公式をやたらとチェックしてたにもかかわらず。まぁ気持ちが足りてないんでしょうね。そんな感じなので、行けるだけでちょっとした感動を禁じ得ない。なんかチケットが突然降ってきたので席はアリーナB。武道館のアリーナ入るの7年ぶりらしく、アリーナに降りる階段と通路がえらい懐かしかった。そもそも武道館でライブを見るのが5年ぶりって話ですが。。。

このライブはいちおうツアーの追加公演って形なのでセトリはだいたい1月までのツアーに準じた流れ。今回はセトリ自体は予習しなかったけど、まあRing Ring Rainbow!!から始まるのは分かるわな。コールするところがいっぱいあるライブ向きな曲。スクリーンの映像にちゃんとコールが入ってるので初見でも安心です。そこからこれまたキャッチ―なシングルLUCKY DUCKY!!と続く。最高の掴み。MCを挟んでもShiny BlueとかIntro Situation、HEARTBEATが止まらないっ!とかばしばしとシングル曲を入れてくるあたりは節目のライブらしい。

いやそれにしても、Shiny Blueでサイドの花道に来てくれて、うわーゆいかおりそこにいるわーってライブ初心者みたいな感じ。よくわかんないけど武道館のアリーナはそういう目線の低さと近さなんだよね。実際は大して近くないんだけど。ちょっとだけ2人とゼロズレみたいになっておじさん興奮。んで、席は下手側なので基本唯ちゃんポジなんだけど、まんべんなくきゃりさんも来てくれるようになってんのねこれが。2人しかいないからこのステージングは大事ですよ。正面の花道もあればよかったけどまぁ人が入ってるので良し。いやホント、ゆいかおりは2人でこの大きなステージ背負ってるってのがいい。ソロパートでもステージ大きく使ってくれるし、それぞれ歌とダンスで魅せる曲とコールとか振りコピしていく曲と2曲ずつ持ってきてて飽きないっすね。きゃりさんソロのTelephone Callはスパンコール衣装でぐいぐい来ててすげえよかった。ちなみにヘッドセットなしで全曲ハンドマイクだけど、ダンス主体の曲じゃなくても振り付けはけっこうキビキビしてるし、2人でやる振りも多いので振りコピは初見だときついっすね。

そいやコールとかは曲を知ってれば合わせられるので難易度低め。名前のコールを基本入れるのはやっぱ楽しいっすね。ゆかりライブでさえ名前コールは少ないし。今そこで歌っているアイドルの名前を叫ぶのはよいことだ。昔はゆいかおりはMIXとか打ってる現場ってイメージだったのが、さすがに武道館まで来たらジャージャー打ってるのはいなかった。まぁその代わり、左後ろにいたやたら高まってるオタクがIntro Situationの間奏で「やっぱり夏織はかわいいよ!」とか入れててクッソ笑ってたけど。けっこうメジャーな声優現場なのにガチ恋口上やるやついるんだな・・・初めて聞いたわ。Intro Situationは好きな曲なので、あのクソオタクはギルティ。

羽根が会場に舞った本編ラストのカナリア、ダブルアンコールのサプライズ恋のオーバーテイクまでやって21曲。やっぱ印象深いのはOur Steady Boyかな。6年間ずっと自分の中でゆいかおりといえばこの曲であり続けているわけで、まあ毎回ライブでやっている曲ではあるけれど、やっぱりここで聴けたのは感慨無量。曲の前のMCで2人とも泣いちゃって振り付けがちょっとぎこちなかったりもしたけど、そんな印象も吹っ飛ぶくらいこの曲での2人はまぶしい。そいや、恋のオーバーテイクで唯ちゃんがAメロの入り間違えたのはちょっと可愛かったな(

武道館ライブってこともあってヒットシングルオンパレードなセトリだったし、初心者でも想像以上に楽しめたライブでよかった。アイドルのライブは下から見上げたいマンだからアリーナで見れたのもすごくラッキー。アニサマで見たときは一番上だったし。2人にしても、初めての武道館とは思えないぐらい立ち居振る舞いに余裕を感じて、もう凄いとしか言えないです。きゃりさんがステージの上の方が緊張しないとか言ってたけどその言葉通りだった。余談だけど、このライブのタイトルは「RAINBOW CANARY!!」だけど、水樹奈々の最初の武道館も「LIVE RAINBOW」だったんだよ(ってのに幕間の映像で唯ちゃんが「RAINとBOW」とか言ってるので気付いた)。三嶋さんが自分でダブらせたのかは知らんけど、ゆいかおりもレーベルの先輩が歩んだ道をこれから羽ばたいてほしいな。とか思ってたら早速唯ちゃんソロのツアー発表されたけど、いやーこれはどうなるんでしょうか?(自分に向かって

武道館のライブはいつもギリギリに来てる気がするけど、珍しく早めに来たので北の丸公園を歩く。

_3120683

_3120690

SETLIST

  1. Ring Ring Rainbow!!
  2. LUCKY DUCKY!!
  3. 倍速∞ラブストレート
  4. Shiny Blue
  5. Intro Situation
  6. HEARTBEATが止まらないっ!
  7. Telephone Call
  8. Sunny Ray Beam!!
  9. ライアーシープ
  10. Honey Come!!
  11. Calling Calling
  12. VIVIVID PARTY!
  13. NEO SIGNALIFE
  14. 君のYELL
  15. 翼になるよ
  16. 星降る夜のハッピーリンク
  17. カナリア
    (Encore)
  18. Shooting☆Smile
  19. ウェィカッ!!~PUPPY LOVE!!
  20. Our Steady Boy
    (Encore2)
  21. 恋のオーバーテイク