天才劇団バカバッカ Vol.19 BADASS PSY-KICKS!

天才劇団バカバッカ本公演「BADASS PSY-KICKS!」大千穐楽公演。
Untitledバカバッカという劇団はけっこう前から気になっていて、なぜかというと座長の木村昴さんがドイツ出身で自分と同い年だからである。ドラえもんに出始めたときから彼に親近感があって、近年ピングドラムやピンポン、ダンデビなどオタク向けのアニメに出ているのもひそかにうれしいのである。で、今回観に行った理由は木戸衣吹ちゃんがTwitterで宣伝していたからです()

六行会ホールは250席ぐらいの小劇場。4列目上手側の通路席だったから、たまに舞台から降りたキャストが通路を歩いたりするときは間近だった。ストーリーとしては何の変哲もない生活をしていた5人の若者が突然に拉致され超能力者に改造、悪の組織と戦うことになるという超能力戦隊もの。超能力者にされた段階で5人に担当カラーがついているというわかりやすさ(笑)たぶんこの劇団ではお約束であろうドラえもんネタはじめ、出演者それぞれが演じた色んな役柄のパロディや、なかなか辛口の時事ネタも盛り込んであって、エンタメ感が満載。戦闘シーンのアクションもけっこう激しめでこの距離で見るとなおさら大迫力。赤間直哉さんのジャニーズ事務所直伝のバク転が凄かった。木戸ちゃんは3人組アイドルの1人で、一見いてもいなくてもいい見えない妖精みたいな役なのだが、ストーリーと関わってないようで関わってていつの間にか一緒に歌って踊ってるというミュージカル感もたーのしい。基村樹利さんがかわいかった。そういう中で、やっぱり座長である昴さんの舞台上での存在感は濃かった。最初の登場シーンは仕事中にPCのキーボード叩きながら寝ているというものなんだけど、それだけでぐっと空気が変わって引き込まれる感じ。台詞回しもそうだけど、一つ一つの動きが見逃せないからついつい目で追っているという。最近ラッパーとしても活躍してるし、改めてまたこういうのも見てしまうと、多才な人だなあと。

そんで、毎回公演で違うゲストが来ることになっているのだけど、千穐楽では昴さんの師匠であるところの関智一さんで、いちおう今回の話のラスボス役なんだけど、そういう割とクライマックスな場面での智一さんのブチ壊し具合が異常だった(笑)台詞が半分以上アドリブでほぼ下ネタなのが裏切らない。最終的に舞台袖から昴さんのリュックを持ってきて中に入ってた劇場版ドラえもん舞台挨拶の台本を公開するに及び、昴さんが「台本に戻らせて下さい!」と懇願していた(笑)でもそんなことをやりつつ、最後の挨拶を聞くにこの10数年の信頼関係がひしひしと。まーじでなんでもありのエンタメ舞台。たくさん笑って楽しかった。

LIVE & FAN MEETING Trip to Asia 台北

ファンミ8公演目。台北に来ました。名古屋はイベ被りでLVも行ってないので3週間ぶり。上海には現地行ってたんだけど、正直色々ありすぎてイベントの内容がどっか行ってる。すまん()
_2104424会場は台北101の隣にある台北國際會議中心。大ホールが半端なくデカい。いちおう二層式なのだが、2階席はわずかで大半が1階席。座席の傾斜が今どきのサッカースタジアムぐらいある。50列近かった夜の席は本当に天空席って感じ。距離としてはそんな変わらんけど、国際フォーラムみたいにただっ広いのよりは全然いいなあ。昼はもうちょい前で、センター付近。開演前の場内アナウンスを日本語でもやっていたのが面白かった。

海外公演なので衣装はみら僕、並びは学年。そいやみら僕の衣装も12月まではあちこちで着てたけど今年は国内だとまだ見てないね。MCは、杏樹ちゃん。これを見るために台北に来たんだよ。オープニングのLanding action Yeah!!のあと、杏ちゃんから花蓮県の地震についてのメッセージがあったのだった。楽しい時間を共有して、いっぱいの笑顔を咲かせて・・・。少し涙ぐみながら話す杏ちゃんの言葉の調子に、この日に対する並々ならぬ切実な想いみたいなものがこもっていた。ここまで伝えることに必死な彼女は珍しい。彼女は日本語で話していて、メッセージはスクリーンに中国語でも出ているのだけど、それでも自分の言葉で伝えたいという意志。もどかしさもあったのかもしれないけれど、絶対会場のみんなに伝わっていたよ。今できることを精一杯、台湾加油!

自己紹介ではみんなちょいちょい中国語を挟んできて、残念ながら日本人のおじさんにはよくわからない。杏ちゃんが結構すらすらと喋っていたけど、上海でもそうだったっけ・・・(もう忘れた)。きゃん様とあいにゃと杏ちゃんの3人は台湾は2回目。アニメ1期の頃も海外にありこち行っていてけっこう忙しくしていたよね。夜はユニットごとのキャッチフレーズを中国語でやってみる。Guilty Kissは決まってたけど、恋の喜び咲かせますはなっかなか難しい。

上海とかソウルだとAqours MEMORYというアニメのお気に入りのシーンをメンバーが選んで解説からあわよくば実演までという、まるでアニメイベントみたいなコーナーを()やっていたのだが、ネタが無くなったのか台北はAqours MEETINGから。昼は沼津に3回ぐらい行ったよってお便りで行ったことある人~ってやってたんだけど、隣の日本人が手上げてなくて、台北まで来てて沼津行かないポタキナニモンってなってた。昼はそれから果南の誕生日お祝い。一人一人がすわわ(ハンディ)におめでとうって言うんだけど、最後の鞠莉の「ハグ、しよ?」で会場がウオアアアアアとなる。にゃーちゃんにやられたな~。きんちゃんが去年のバレンタインに配った納豆の話とか。杏ちゃんが今年は頑張るかな~とか言ってついハードル上げてしまう。昼のコーナーはお絵描きLanding action Yeah!!。なんの変哲もないシンプルお絵描きクイズなのだがなぜか成立する・・・。にゃーちゃんがSLと機関車でごっちゃになってたのがカワイイ。杏ちゃん作のラッコの毛の質感。りきゃこの絵はサルっぽかったけど擬音を確認したらウホウホだった。きんちゃんのよくわからん怪獣みたいな絵に杏ちゃん「これモンスター狩るやつじゃん?」ゲーマーいなみ。動物園にはいるとか言うのでクジャクかと思ったけどエリマキトカゲだった。わからんが。職人作の自由の女神はいつもながらにうんまい。きんちゃんの以外は正解したので賞品のケーキゲットで終わるかと思ったら、りきゃこがエリマキトカゲの絵を描いてたのを杏ちゃんが暴露する。きんちゃんの絵もわからんかったけどこれも何かよくわからない生物になってたいたという。次は多数決Landing action Yeah!!で、1つ目のお題が「我爱你」(愛してる)をお姉さんっぽく言うか妹っぽく言うか。妹はみんな5歳児みたいになっていたのでお姉さんが好きだったけど、会場がまーたロリコンしかいなかった。なんとか千回。姉っぽくのほうできゃん様が「うぉーあいにー・・・ですわ」ありしゃがすかさずぶっぶー。2つ目のお題は名古屋でやったイケメン選手権のふりりんのやつと杏ちゃんのやつ。ふりりんが全員にがっつきまくってお前を味見したいペロペロするので、きんちゃん「あいあいのこと嫌いになりそう」。ふりりん「お前を味見したい」ラストの杏ちゃん「できるもんならしてみれば?」ここからスイッチ入ってた。杏ちゃんのほうは、自分から抱かれに来るりきゃこが犬みたいで笑っちゃったよ。きゃん様のときだったかの手の回し方がやーばかったですね。にゃーちゃんがTVで芸能人に遭遇した人みたいになってたのがまた面白かった。最後は杏ちゃんを全員でハグ。部活感。名古屋でけっこう評判だったので見れてよかったな。

夜は浦ラジで杏ちゃんが腹筋が好きって言ってたけどみんな筋トレやってますか?ってお便り。杏ちゃんは背筋がそこそこあるのでバランスを取って腹筋してるらしいです。しゅかがムッキムキなのはまえから言ってるとして、「食べ過ぎたと思ったら筋トレしてる」というきんちゃんがきんちゃんらしい。サイリウム振ってると筋肉つくんじゃ?みたいなこと言ってたけど、某スパルタ現場に10年以上通ってても大してついてないのでそれはないですね。というか、膝より上の筋肉が無さすぎて最近常に何かに寄りかかってる気がするのでマジメにトレーニングしないとなあ…とトーク聞きながら。歩くのは好きだから脹脛だけはある。Landing action Yeah!!の曲で気に入ってるところありますか?ってお便りで、間奏のセリフがスクリーンに一覧で出てたのに特に触れられなかったのが残念だった・・・。やっぱしファンミでみんなで歌っている一体感が印象にあるようです。きんちゃんが最近片方イヤモニしてないと言ってたけど、まーじかいな。ラブライブのライブは完全同期してなんぼだからイヤモニないと始まんないんだけど、演者のほうがそうやって声を聴こうとしてくれているのは嬉しいよね。次のコーナーはいいところアンケート。しゅか「杏樹かと思ってた」というようにしゅかしゅーから。りかこ「年齢とか関係なく遠慮なく接してくれるところ」。4つも離れてるとどっちかが積極的に来ないとけっこう難しいよね。Aqoursの場合は特に先輩後輩はないし。「ちょっとは遠慮しろよって思う(笑)」これはTHEあいださん。アニメ13話のあれをりきゃこがやって、しゅかめっちゃ赤面。かわいー。すわわ「ダンスうまい。元からうまいのに超練習しているのがすごい」ってのもありました。体を動かすのが好き!ってのがライブ見てても全身から溢れてるもんね。それは1stでめっちゃ感じたよ。ありしゃ「スタイルがいい」すわわ「いいカラダしてるよ」(イケボ)。スタイルがいいかはわからんけど、にゃーちゃんが言ってた声がいいっていうのは、にゃーちゃんも君ここの自己紹介の話をしてたけどそのぐらいの頃から思ってた。だからサンシャインがデビュー作と聞いて驚いたわけで。ピュアでストレートな声だよね。一人で終わりかと思ったらお次は杏ちゃんの好きなところアンケート。幕張で聞くつもりになってたけどまじかー。でもこれを見るために台北来たというのもあるな。りきゃこ「しっかり者に見えるけど実は末っ子っぽいところと、パパっ子なところ」。僕もパパの話してる杏ちゃんはいつもニコニコしてる感じで好きですね。伊波パパはハイスペックすぎるからなー。それでいて別に理想の男性像というわけではないんだよね。こんな娘とドライブしたいよ免許持ってないけど。ありしゃ「ダンス未経験だったのにすごく上手い」。Daydream Warriorの間奏ダンスで指名されて「終わった・・・」と思ったらしくて、いつもネガティブと言ってる素の杏ちゃんっぽいけど、そこからステージで披露できるところまで持っていく根性がプロフェッショナルということ。きゃん様が「なんでも吸収しようとする姿勢がすごい」というようなことも言っていて、杏ちゃん「人のパフォーマンスを見るのが好きでさ~」。自分もそうありたいと思う気持ちだよな~。惹かれちゃうよ。きんちゃん「口の形が好き」。堪能しました!あとのリレーaction Yeah!は結婚式がお題だったけどまたふりりんあたりからおかしくなっていた。5秒でイラスト書くのがきっついよね。

ライブは頭がいつものオープニングからみら僕なのだが、昼の部だけ各人登場していったん横一列に並んで、全員登場してからみら僕のフォーメーションに入っていた。青ジャン始まるかと思ったよ。名古屋と同じ流れでDaydream Warrior。夜の部は杏ちゃんの話もあったし、いつもより注意深く見てたかも。この曲での若干俯いて澄ました表情してる杏ちゃんがいいけれど、頭の中はすごく必死なんだろうな。MC明けはHAPPY PARTY TRAINと恋になりたいAQUARIUMが昼夜で入替。この2曲、上海でも日替わりコーナーに入っててうーんって感じだったけど、国内はともかく海外だったらとりあえずヨーソロードとカナンレールやりたいんだからもっと早くこうすればよかったんですよ。んで、昼夜ともけっこう決まってました。特に夜のヨーソロードは後ろから見てたから壮観だった。上海はまーじで酷かったからな()Step! ZERO to ONE、11月に聴いたのにめっちゃ久しぶりな気がする。イントロの振りは隣に人いる状態だときっついな~。まぁこの曲は間奏にすべてを懸ける感もある。なぜか夜の部の青ジャンがめっちゃ楽しかった。今までの青ジャンで一番楽しかったけど、理由はよくわからん()間奏でみんなが思い思いに飛び跳ねてるのを見るのが好きなんだよなあ。んで、次がMIRAI TICKET。なんでか昼夜とも振りコピしようか普通にしようか中途半端になってしまいなんとも。年始に放送されてたNHKホールでの杏ちゃんの表情が本当に良くて何度も見返してたこともあり、半分くらいは双眼鏡で見てたりもした。もっと近くで見たい。でもこの日の杏ちゃんのセリフは、この日だからこそ込められるものもあったはずだ。日替わりは昼が太陽を追いかけろ!、夜がサンシャインぴっかぴか音頭という変わり種。太陽を追いかけろ!は本当に去年の夏のテーマだった。忘れられん。10!と叫べるのは幸せなことです。夜のぴっかぴか音頭はそういえば杏ちゃんが太鼓叩いてないバージョンが初めて。今年も聴けるのかな?ちゃんと団扇も用意されるという。ラストはLanding action Yeah!!なんだけど、間奏で杏ちゃんが中国語でメッセージを伝えていた。この日をすごく楽しみにしていたんだろうな。杏ちゃんいつもMCやってるから、みたいなところもあったのだろうけど、この日のために何ができるのか考え抜いての今日のパフォーマンス。ステージの上ですべてを伝えようとするアティチュード。やっぱ僕らのリーダーは杏樹ちゃんしかいないよ。

てな感じ。VIP席じゃないからお見送り行けなくて夜はメンタルが死んでた。上海でも思ったけどツアーで来るべきだった。ホントに楽しい公演でもあり、色々な意味で重要な公演でもあって、こんなに来てよかったと思えるイベントはなかなかない。ただでさえ海外公演でもあるし。杏樹ちゃんの22歳最初のイベントを無事見届けられて幸せだった。次はファンミラスト幕張。自分の地元だし、大事にしなきゃね。
_2104422
_2104423
台北は数年前からイベントが多くていつか行くだろうな、ぐらいには思ってたけど、ようやく。上海は自分でもアホかと思うくらい弾丸すぎたけど今回は2泊3日で余裕持って過ごせたかな。札幌ぶりのまともなムーブ。ずっと雨降ってたのが残念だけど、また来ることもあるでしょう。もっと歩きたい。食事が充実してたのも◯
_2094385
_2094388
_2094389
_2094392
_2094403
_2094406

NANA MIZUKI LIVE GATE 2018

武道館7DAYSが終わりました。今回は5公演に参加。
_1214379奈々ちゃん関連だけでもいろいろな思い出がついて回る武道館という場所。ライブでは9年ぶりに帰ってきた。そう感じていた通りに、これまで積み重なってきた記憶が交わって構成されたライブでもあった。

初日が終わった段階での印象はモザイク状で、流れの掴みにくいライブに見えたというのが正直なところ。とはいえ7日間あるということで、あんまり心配はしてなかったわけだけれど。初日のような印象になったのは、演出のシンプルさ、個々のブロックの組み立て方もあるんだけど、ライブのハイライトとなる位置の曲が事実上ライブの流れと断絶しているのが大きかったのかもしれない。いちおう種明かしは最終日にあったわけだけれど、セットリストの流れのピースというよりは最終日に歌うこと自体に意味がある曲だったので、これはもうそういう見方はしなくていいんだなと(笑)実際には2日目ぐらいからあんまり考えずに、個々の曲にフォーカスして身体に覚えさせることに集中してた。例によって新曲の聴き込みも足りないから馴染ませるのに時間が必要だったし。特に粋恋は、全体の焦点が定まらない中にあって一際流れをつくる使い方と演出がなされていたので、これが日程が進むにつれ頭に入ってきたのは大きかったかな。そういう感じで2日目3日目と乗っていけた。3日目はゲスト的にもハイライトだったけど、それ以外の要素でもひとつの到達点になった日だった。演者側としても、7日間ある中で、日替わりでゲストアーティストとの共演という大きな攻めはあったわけだけど、それ以外のセットリストのバリエーションは最小限にとどめて、1曲1曲の歌い込みの完成度を高める方向性があった印象。

そんなこと言いつつだけど、自分にとって特別なライブになったのは初日だったのだ。武道館のアリーナという場所と、ここで体験したことの記憶をダイレクトに呼び起こす楽曲たち…。奈々ちゃんのMCからするとそれは意図的だった。RUSH&DASH!で奈々ちゃんがゲートブリッジの上に現れたとき、SUPER GENERATIONで客電が点いたとき…12年前、9年前のこの場所で起こったことが自分の中に流れ込んでいく感覚がしたよ。自分の中で鮮烈な思い出としてある2曲。あの日の奈々ちゃんと、今ここでステージを駆ける奈々ちゃんが完ぺきに重なった。相変わらずだよね。この2曲以外にも、光やBRAVE PHOENIX、DISCOTHEQUEといった曲があって、極めつけに最終日の深愛が披露されるという、随所で以前の武道館公演を想起させる仕掛けがあった。

そして、このライブの要になるメインテーマ、POWER GATE。水樹奈々のライブを見たい!と最初に思わせてくれたのはやっぱりこの曲だったもんね。それから何十回とライブで聴いてるわけだけど、初心の気持ちは熱いまま。この7日間の中でもどんどん進化していくのがわかった。7DAYSの本当のラスト、最後の最後に聴いたこの曲は、重い重い挑戦の扉をみんなで開けた達成感でいっぱい。正直言って、最近は日によって歌われないライブもあるわけだけど、このタイミング、文字通りまた新しい扉を開けた節目となるべきこのライブで改めてフィーチャーされたことは本当に重要だった。この曲にしかできない役目を果たしてくれたよ。

全通が目標だったけど、実際は2日間休み。でもホント楽しい11日間で、特に3日目以降は日常的に水樹奈々のライブがあるという普通に考えておかしい状況に慣れて馴染んでしまってた。参加してない日でさえ、今日はどうだったと情報が流れてきたり、気軽に音漏れ聴きに行こうとなったりして。奈々ライブが生活の一部にあることがこんなに楽しいとは。新しい体験だった。あの人のことだからまだまだやり足りないと言うのでしょうが。次は気が付けば3年ぶりの夏のツアー。セキスイハイムスーパーアリーナに始まり西武ドームに終わるという、聞くだけでゲンナリする日程に思わず苦笑しちゃったけど()1日だけならまあ・・・。奈々ちゃんのホールライブを6年観てない意識低いファンなので、今年はもうちょっと頑張ります。日程的にも今回はさすがになんとかなるでしょ。高知とかも含まれてるらしいので、たまには大阪以外の西日本も行ければ。しばらく充電しときます。

_1214376
_1214383
_1214375