T-SQUARE Concert Tour REBIRTH

久しぶりにT-SQUAREのライブ。

新譜は追えてないんだけど、よりインストポップを志向した最近の方向性はこれはこれでいいんじゃないかと思っている勢です。ガチガチのフュージョンをやるともうそれ自体で古臭くなってしまう時代にあって、コンテンポラリーなインストゥルメンタルのイメージをあの手この手で維持しているのはなんだかんだ言って大変な話です。この2年ほどはそういう試行錯誤をちょいちょい感じて、一時期よりマンネリ感は薄れてますね。

追えてないと言ったそばからセトリは半分くらいが新譜の曲だったんだけど、ライブで聴いた感じだと、前2作よりは手の込んだことをせずにシンプルなインストポップをやっている印象。口ずさみやすい曲ばかり。変わり種はかなりコテコテなファンクグルーヴが効いてるChange by Changeぐらい。この曲では田中晋吾のベースソロをフィーチャー。 加入当時からそうなんだけど 、坂東慧の曲はドリーミーというかキュートというか不思議なメロディ感覚の曲が多い。最近はアルバムの半分ぐらいはこの人が書いているので、 段々とそういうカラーがバンドの音楽に浸透しているのを感じます。

旧曲に関してはフルート、アコースティックギター、ピアノのトリオによるPlay for Youが聴けたのは収穫と言ってよい。フルートでの演奏はビブラートがかかりすぎてなあと思わんでもないですが、いつぞやのForgotten Sagaよりはマッチしてたとは思います。伊東さんはそこまでソプラノ吹きたくないんだろうか。Again and Againは10年前に新曲として聴いて以来だし、DANS SA CHAMBREも同じツアーで聴いて以来ですが、このバンドの場合曲が多すぎて大して久しぶりとも感じなくなってきています。Again and Againは安藤さんのユニットであるところのanmi2の新譜に新アレンジで入っているようです。アンコールでは(定番のように見えてツアーでは意外とやらない)宝島なんかもありました。数年前までのEWI4000Sでの宝島の演奏は最悪の一言でしたが、伊東たけしがEWI1000に回帰し、坂東さんのビートもここ数年ズッシリ重めになってきたこともあり、なんだかCD版の印象に近くもある演奏でした(オリジナルはEWIじゃなくてTakecon-1なんだけど)。願わくばもう少しテンポを上げてドライブ感を出してもらいたい。白眉は2年前のアルバムに入っているMystic IslandとThrough The Thunderhead。Mystic Islandはブラックなビート、変拍子、独特のキメが強烈な超異色なナンバー。でもメロディは坂東慧らしいんだよね。難しいことをやっているのはすぐ分かるのに、ポップさ、音楽としての気持ちよさも両立しているという、このバンドだからできた近年の名曲だと思います。 ライブで聴くと、今までのT-SQUAREにない緊張感。中盤のソロ回しは更にスリリングだし、ラストは坂東さんがわけわからんドラムソロでキメる。かっこよすぎる・・・。その流れでのThrough The Thunderheadは、昔ながらのT-SQUAREっぽくもあり、バンド全員がソロを取るのでライブでより魅力を増す曲。この日の会場はおとなしかったけどここでようやく総立ち。いやー、珍しい曲聴ければいいなってノリで来たのに、思いがけず最近の曲にノックアウトされた感じ。2時間ぐらいでサクッと終わったけど、新曲中心の割にはいつになく充実してた今年のアルバムツアーでした。
_7023886

SETLIST

01. REBIRTH
02. Season of Gold
03. Splash Brothers
04. Trip!
05. Little Violet
06. SABANA HOTEL
07. Play for You
08. Again and Again
09. Drops of Happiness
10. Change by Change
11. DANS SA CHAMBRE
12. Mystic Island
13. Through The Thunderhead
14. 彼方へ
(Encore)
15.かわらぬ想い
16.宝島
17.TRUTH

T-SQUARE@すみだジャズフェス

P8171716
T-SQUAREがすみだストリートジャズフェスティバルに出演するということで、ツアーは今年は行けなかったし、これを逃したらまた来年とかになるんでコミケ帰りに行ってきました。これがフリーというのがすごい。
会場は一番メインのステージの錦糸公園。ステージがそこそこ見える場所から。ステージ右寄り。

セットリストはツアーの縮小版という感じだったようです。OMENS OF LOVEで始まるあたりは一見さん向けとして、次にPRIME、DANS SA CHAMBLEと来て、だいぶザ・スクェア推しだなというのと、PRIMEとか普通に8ビートのロックなのによくジャズフェスでやったなという。それから新曲、ソロプレイで魅せる曲、お決まりの曲と、全10曲でバランスが良かった。そもそもフリーで10曲もやってくれるとは思わなかったし。

それとですね、驚くべきことにEWI使用の全曲で伊東たけしがEWI1000を使っていました。去年のツアーで宮崎さんが使っていて「おおっ」と思ったものですが、EWI5000も発表されたばかりというのになんなんですかねこのリバイバルは。さすがにイトタケ氏がEWI1000を現役で使ってたときのような凝った分厚い音作りではないですが、このアナログの趣はやはりEWI4000にはないもの。

OMENS OF LOVEはあの1985年RESORTツアーでも入っていたロングバージョンのイントロがついていて、それとともにメンバー登場。WIND SONGとかNIGHT DREAMERとかは、たぶん初めて聴いたと思います。野外ということもあって、WIND SONGはどうしてもあのLIVE NATURAL旭川の映像が思い浮かぶ。両曲ともラストの伊東たけしサックスソロ、河野啓三ピアノソロがフィーチャーされていて、ここらはジャズフェスらしいところ。イトタケ氏もパワフルなソロでしたし、河野さんは原曲を超えるキレたソロでしたね。WIND SONGはエンディングのアレンジが若干違った。

やはりというかなんというか、TRUTHは盛り上がりました。個人的にはもしかしたらいつものライブよりテンション上がったかもしれない(笑)終わったあとも会場の熱気がものすごく、予定に無かったというアンコールまで。安定のALL ABOUT YOUでした。いやー満足満足。スクのあとは大友良英のステージがあって、他にも本当にあちこちでいろんなライブをやっていたんですが、さすがに疲労が溜まってましたね…。来年はもう少し余裕を持って。
P8171718

SETLIST

01.OMENS OF LOVE
02.PRIME
03.DANS SA CHAMBLE
04.You’re The One
05.Kiss and Cry
06.WIND SONG
07.NIGHT DREAMER
08.The Bird of Wonder
09.TRUTH
(Encore)
10.ALL ABOUT YOU

35th Anniversary野音であそぶ

2013-10-13 16.51.53
5年ぶりのT-SQUARE野音であそぶ。日比谷野音自体も来たのが5年ぶりで懐かしい。好きな会場なんでもっと行きたいんですけどね。何気にスクライブに1年に2回行くのは初めてだったりする。

10年前からすっかり○○周年の一環行事になってしまっている野音ですが、今回は現メンバー4人+1人と旧メンバー8人に加えて、ゲストが3人とブラス隊が2人ということで、○○周年の野音の要素もありつつ往年の野音のような趣。ゲストはDIMENSIONのギター増崎孝司とサックス勝田一樹、BOWWOWのギター山本恭司。サックス3本ギター3本は熱い。ベースもドラムも3人いますが。そういえば増崎さんのギターは6月にも聴いた気がするんだけど気のせいかな?(何

なんか開演前に会場の周りでアホどもが脱原発デモで騒いでいて開演が15分か20分くらい押す。勘弁してほしい。
1曲目Open The 35th Gateはツアーから変わらずでしたが、18人全員がソロを取るバージョン。メドレーはアルバムに参加した面々だけでの演奏だったかな。いちおう2008年のIslet Beautyからは1983年のビートルズカバーHELLO GOODBYEまで5年ごとに時代を下っていくという流れ。THE SEVEN WONDERSはレアだなぁ。いとしのうなじは最近メドレーでしか聴いてない気がするのですが、とりあえずメドレーの最初に使いやすいというアレでしょうか。とはいえ、普段あまりメドレーでやらなそうな曲をメドレーに詰め込んでいてこれはこれで新鮮な気がしました。

MC時、安藤さんがES335に持ち替えていて、昔の曲くるーとか思ってたら案の定1stアルバムから2曲。いやー安藤さんのセミアコはいいね。FUTURE FLYではディレイを効かせたトレモログリッサンドからタイトなユニゾンフレーズ。ちなみに安藤さんはこのES335以外はいつも通り最近のメインギターの白いストラト。SABANA HOTELは聴いたのが8年ぶりぐらい。Temps,10 p.m.はこの日数少ない新曲で、宮崎隆睦のAORサウンドがえろい。

ツアーでやれよ!と思ってたJUBILEEは野音で来た。しかもDIMENSIONの2人とブラスを入れての演奏。参りました。ブラスがいると音に厚みが出て本当に良い。続いてのBIG CITYといい、サックスが2人以上いるときはこの曲、という2曲。イトタケとカツヲさんでBIG CITYとかやるとホント暑苦しさムンムンでよろしい。山本恭司を加えてのKnight’s SongとFACESは完全にロックコンサートのノリ。Knight’s Songのイントロを和泉ピアノで聴けたのに感激。アーム使いまくり歪ませまくりのギターサウンド炸裂。FACESでは晋吾さんがベースだったからか、拳上げるのがなかった。

ベースとドラムをフィーチャーということで2曲やったんだが、須藤さんが90年代の2曲…とか言って、自分の書いたSunnyside Cruiseで3人ベースソロ。ドラムはとなると、おそらく則竹裕之の曲で90年代の曲でドラムソロが挟まるような曲ということで、次の曲がやる前からほぼ分かってしまった。勇者は宮崎さんのEWIで聴けてよかった。イトタケのJuddサウンドはこの曲に合わないと思うので。途中はただのドラムソロでなくて、例によって仙波清彦師匠がリードするオレカマが挟まっていた。まあでも、いつものベースソロドラムソロほど長くなくてあっさりした構成でしたかね。

EL MIRAGEではイトタケが初っ端ミスる。ブラスセクション大活躍で、仙波師匠のパーカッションも入っているのでアレンジはほぼ原曲再現。イントロでは田中充のミュートトランペット、宮崎さんがフルートを吹いていた。宮崎さんはフロントでサックスもやりEWIもやり、ブラス隊でサックスもやりフルートもやり、と便利屋すぎる扱い。なんとRondoにも原曲にないブラスアレンジがついていて、これが意外とよかった。ジャパソは聴くの6年ぶり。5年前の野音でやらなかったのはなんだったんですかね。田中豊雪の歯弾きベースはやっぱりありました。ラストはサックス3本で大盛り上がり。サックスパート後半は前に一時期やっていた(25周年野音あたり?)バックのギターのカッティングにワウをかけるアレンジが復活していて、ちょっとオシャレめ。

アンコールはオリジナルメンバーでのFORGOTTEN SAGA。夜の野音にこのバラード。伊東たけしのサックスも広がりのある音色。わたし以前この曲サックスで吹いたんですが、このボリューム感が出せないですねえ。後半のサックスソロはカットされていて、短いというかCDと同じアレンジでした。TEXAS KIDはソロの順番が若干違って、例の宮城ピアノソロは後半に回っていた。近年さっぱり聴いてなかったLITTLE MERMAIDがラストで、実に野音らしい大団円。やっぱり締めはこの曲じゃないと。

尺は3時間ちょいで、1曲の密度も高いし曲も多いしで満足感あるライブでした。旧メンバーとワイワイやるのもいいんですけど、やっぱり外からのゲストなりブラスセクションなりストリングスなりがいて、何かしらの趣向があってこその野音と思うわけで。今回はただでさえ多い人数に加えて実力派のゲストも3人来て、アレンジを変えての懐かしい曲、ゲストとのコラボ、最終的には大セッション大会。これぞ往年のT-SQUARE野音、これぞフュージョンのライブと言いたい。30周年の野音はこういうのが無くて不完全燃焼すぎましたので、5年越しに鬱憤を晴らせた気分。実を言うと今日はジャパソとリトルマーメイドが聴ければ良いかな、ぐらいでしたが、お釣りが来るぐらいでしたね。本田雅人は今回も来なかったけど、そんなの忘れるぐらい。やっぱ野音は毎年やるべきだと思うんですけどね…。今回の映像化は大阪のほうなので、これ1回きりなのが惜しい。

そういえば、今回は増崎、カツヲの2人が来ていたので、安藤、イトタケとの対比が面白かったですね。前々から思ってたんですけど、自分がDIMENSIONよりT-SQUAREをよく聴く理由っていうのは、まあリズムが打ち込みとかそういう違いもあるんですが、奏者のプレイとか音色によるところも大きいなと。増崎のハードに弾きまくるスタイルより安藤のカッチリとしたタイトなスタイルが好きですし、伊東&勝田はどちらもサンボーン系のスタイルですけど、どっちか言えば硬めな伊東の音色が好きなわけです。にしても、今回の3サックス3ギターは個性それぞれで大いに楽しめました。宮崎さんはイトタケとダブルで常にフロントにいてほしいくらい。

つーわけで、充実したライブでした。来年はまた平常運転なんでしょうが、T-SQUARE Plusも再始動ということですし、できれば野音をですね。カウントダウン行くかもという話も…。
2013-10-13 16.43.20
2013-10-13 16.43.44
行きに食ったチキンナンカレー。830円でナンとライスおかわり自由。ヨーグルトとお茶付き。うまい。打ち上げは新宿で焼肉。
2013-10-13 16.08.47
2013-10-13 21.13.37

Setlist

01.Open The 35th Gate
02.Medley
– いとしのうなじ
– Islet Beauty
– 風の少年
– THE SEVEN WONDERS
– 明日への扉
– DANS SA CHAMBRE
– HELLO GOODBYE
03.THE NUMBER
04.FUTURE FLY
05.SABANA HOTEL
06.Temps,10 p.m.
07.JUBILEE
08.BIG CITY
09.Knight’s Song
10.FACES
11.SUNNYSIDE CRUISE
12.勇者 (YUH-JA)
13.EL MIRAGE
14.Rondo
15.JAPANESE SOUL BROTHERS
16.TRUTH

(Encore)
01.FORGOTTEN SAGA
02.TEXAS KID
03.LITTLE MERMAID