LIVE GALAXY 2016 – FRONTIER –

今日も今日とて東京ドーム。
_4101121
というわけで2日目。通算150公演目のNANA MIZUKI LIVE。4年前行った101公演目からもうそんなにやったのか。と思ったけど50公演目が8年前ちょいだから4年も経てばそのくらいやるか。


ちょっと早めに会場着でコール本とかもらいつつ、暇なので秋葉原をうろうろしたり。巨大オタクイベントある日の秋葉原は歩いててけっこうおもしろい。今回は東京ドームなのでなおさら。開場時間ぐらいに水道橋戻ってスタバで休憩してたけど、このときまだ全然開場してなかったのは後から知ったよ。コール本読んだんだけど、GENESIS部分の的中率が7/8でワロいました。このタイミングでWhat cheer?の振り付けとか載せちゃうの、最高。

この日は2階1塁側5列目。いやーえらい久しぶりに来たけどさすがに東京ドームの2階は遠い。おまけに席は狭い。見渡すと前日センターステージに突き刺さってた脱出ポッドがありません。開演は10分ほど押し。OP映像はラストがちょっと変わってたかな?ってぐらい。映像のあとに奈々ちゃんがセンターステージに出てきて、何か杖?みたいなのを使ってメインステージに向かって空中に火の柱を走らせるという、いつだかのオリンピックの開会式みたいな始まり。そのまま例のイントロが鳴って、1曲目は禁断のレジスタンス。まーまたこれは1曲目から分かりやすく飛ばして(跳ばして?)くる曲ですね。昨日と同じく一気に暖まる会場。個人的にも、去年のツアーで聴いてて予想外に楽しかった曲の一つだったし、このタイミングで1曲目でやってくれてよかったかも。続いてSynchrogazer。四方八方に突き刺さるレーザーがすごい!昨日は下から観てたからこの立体的な感じはよくわからんかったんだ。曲は相変わらずどこで跳ぶのかよくわかんねえ。でもあれだ。この曲を初めて聴いたのは4年半前のこの場所だったわけだけど、そのときは音響が酷すぎて2日間聴いてもどういう曲なのか全くわからなかったのが、今回はちゃんと曲がつかめるといういい対比。BRIGHT STREAMはこの間座長公演でやんなかったっけ・・・と思ったらそれはPHANTOM MINDSでした。はい。

MC明けのNever Let Goは全く同じ流れと演出。ステージの様子とか、奈々ちゃんがせりで上がったり下がったりしてるのはこの日のほうがよくわかる。Tricksterは入りのドラムロールでピンとこないあたりあんま聴いてないんだな、たぶん。3年前のLIVE CIRCUSではもうちょいギターをへヴィに効かせてた(前日のBring it on!ばりに)気がするんだけど、この日はそうでもなかったかな。Exterminateも2日連続で来て自分としても遅ればせながらだいぶ慣れてきたような感じです。どうやら新曲部分はそのままの模様。ただでさえ18曲変わるのが確定なのにこれ以上増やすわけないって話ですが。2日目なので、チェリーボーイズショーケースのコールとかはこの日のが反応がいい感じ。チェリボセイバーは俺たちのJOURNEY以来のヒットかもしれん。昨日と同じ方向から箒乗りながらCOSMIC LOVE。高いところから歌うイメージあるよねこれは。バキューン振りはいいものだ。いやしかしこれ、今調べたら生バンドで聴いたのが6年ぶりらしくてショック死しそう。マジで言ってんのか。エゴアイディールは昨日歌詞間違えててあれれだったけどこの日は○。メインステージに戻ってのMr.Bunny!。この2日間で一番サプライズだったのこの曲でしょ。正直な話、ライブ終わるまで曲名が思い出せなかった。いかん、水樹奈々のライブでこんなん初めてだ。曲は頭に入ってんだけどさ。。。歌詞にまったく曲名が入ってないからと言い訳しておく。んなこと言ったら入ってない曲けっこうあるんだけどね。

チーム水樹もだいぶ歳を重ねてきたけど、若さを忘れずに・・・っていうフリから少年に繋ぐ。前日とほぼ同じようなこと喋ってたんだけど、これは思わずうなっちゃう。この曲、アルバムの中だと地味なポジションなんで1回やっただけで放っとかれそうなんだけど(ひとつ前の某曲みたいに 笑)、割と歌ってくれるんだよね。ザ・矢吹節な名曲だからウェルカム。この曲は地味に初披露のときだけやった振り付けがあるのだが、あんまりパッとしないのでやらないままでいいと思う。このイントロは落ち着いて見たい。そうそう、この曲ではチェリボの面々がコーラスを入れていてメロディがとんでもなく重厚になってました。純粋にカッコいい。書くの忘れてたけどチェリボのコーラスは前日もTake a shotとかNew Sensationとかでやってました。LIVE ADVENTUREではHeaven Knowsとかでやってたんだけど、New Sensationみたいな定番でやるのは初めて見たのでびっくり。しかも3人以上はコーラスつけてた。やっぱ矢吹曲はコーラスがあって完全版という感じがする。メロディの広がり方が違う。そのコーラスといえば、アンビバレンスにもサビのハモりが入ってたんだった。完全にAORか何かのライブですよこれは。チェリボの面々がまたそのあたり系の声質してんだよね、また。LIVE GAMESのときのコーラス隊またやってよ、と言ってきたけど、楽器隊がやるのはもう風格自体がカッコいいのでこれは続けてほしいなぁ。チームヨーダショーケース挟んでSUPER☆MAN。まぁ昨日同様振りコピるわけですけど、2階から見るとこれまたステージの足場が上がり下がりしてるのがわかる。GALAXYということで未来感を意識して、リフトがちょっと浮遊して見えるという。そいや、この日はWho is it?のとこは相変わらず聞こえないけど、Su×4 Superman!ってのはちょっとコールが聞こえた。これからだなこの曲は。DISCOTHEQUEは前日の席で聴きたかった。片手だけでも振りコピ楽しいけど、できれば完コピしたいねん。。。まぁこの曲はこの流れでやらないわけがないというレベルですね。SUPER☆MANとテイストが似てるし。ちょい予想外だったのは恋の抑止力。この曲イントロで高確率で「おおっ」とか言っちゃうんすよね・・・Exterminateとかも頭から歌で入るけどこの曲ほどイントロで高まるものはない。声が漏れる息のようなアウトロもいい。振りはキビキビすぎて踊れません。MC明けのFEARLESS HERO!FRONTIER期の曲ではかなり上位に来る曲だし、LIVE UNIONの頃のムチャクチャな日々が思い出されて仕方ない。でも一つの前の列のクソどもがUO焚きまくって回し始めて台無し。まだこんなやついんのか・・・。

ショートムービーはちょっと変わるのかなと思ったけど変化なし。ステージ奥から出てきた巨大ロボがじりじりとセンターステージに進んでいくGlorious Break。照明とレーザーがド派手に踊りまくる。下から上からと両方見れてよかったかも。んで、これに続くのがなんとVIRGIN CODE。いやいや、この曲も前の曲もイントロ1分以上あるんだけど・・・(笑)よくここにぶち込んだな。でもまあカッコいいから許されるのか。この曲は終盤の怒涛の勢いがいい。Glorious Breakといい、こんな開幕でしか使えなさそうな曲また作ってええんかいなって感じだったけど、今回はイントロの間に楽器隊がセンターステージに移動したりしてて、どうやら1曲目じゃなくてもOKらしい。ちなみに、最初にそう思ってたアヴァロンの王冠はいまだに1曲目で来てない。MC後にLove Brick!これは奈々ちゃんありがとうっすね。追っかけコールはいいものだ。心置きなく跳んで叫べる曲。Clutch!はこの2日間だけですっかり馴染んできているような気がしますよ。分かりやすい跳び曲ってのもあるけど。んでんで、やーっぱりスパジェネと入れ替わったPOP MASTER。これぞ予想通り中の予想通り。まぁポジションはド被りしている2曲ではあります。この曲を最初にライブでやったときは「POWER GATEの弟分」と言ってたような気がするんだけど(笑)この3曲の中で言えば、もっともシンプルに楽しめる曲じゃないかな。

ラストナンバーはここまでやったらちょっと考えれば分かりそうだったのだが、もう頭が回らなくて何も思い浮かばない。「これから語っていく夢は、宇宙なんかじゃ狭すぎるんです」という言葉で沸く会場。なんなんだこのMCで匂わせていくスタイル(笑)LIVE GALAXYなので、やるとは思ってたけどフシギと来てなかった曲、Astrogationがこの日のトリ。この曲がトリといえば、LIVE FEVERのなんとも言えない思い出がなあ。と同時に、前回の東京ドームでこの曲をやったときの素晴らしい思い出もある。この曲はホント複雑な感情というか愛憎相半ばというか・・・これぞアンビバレンスだな()他の会場だったらまだマシだったんだろうけど、一歩引いて見る感じになってしまった。でもメッセージは伝わってきた。「上手く言えないけど僕についてきて」だもんな・・・。にしても凄かったのが、東京ドームの2階が完全にグワングワンと揺れてるわけですよ。今まで自分も跳んでたから分からんかったけど、ここまで3時間近くずっとこうなってたと考えるとなかなか恐ろしい。X○ャンプどころではない。

アンコールはちょい長めだったかな。反響でまともに揃わない。本日のタオル曲、Rock you baby!から始まり。前日のBE READY!と比べると振りがめっちゃシンプルに感じる。まぁこの場合奈々ちゃんがUFOで移動中で、ダンサーはメインステージと花道にしかいないので、振り付け講座もないならなるべくシンプルな曲のがいいですね。前日と同じようにシャッスMC。Prayは新曲扱いでもいいぐらいだし2日間やんのかなーとも思ってたけど、ここは年代ルールを守って天空のカナリア。2日目アンコールにしてようやっと門脇さんの見せ場が来ましたな。しかし、UFO乗りながらこれ歌うのはどうなんだ(笑)前日と同じようにUFOから降りて始まったのは・・・愛の星!おお、またこの曲が聴けてよかった。しかもあれです。この曲がフィーチャーされていたLIVE CIRCUSでは、あまりにも懐の深い曲ゆえ本当に納得のいくパフォーマンスというところまでは行ってませんでした。それがそれが、この2日目アンコール3曲目にしてどこまでも伸びて広がる声!この舞台で確実に3年前の上を行ってみせた。実はアンコール前のClutch!あたりでさすがにちょっとバテてきたかな?と感じてたのが、まさかここに来て最高の歌声を聴かせてくれるとは。水樹奈々ここにありだな。すごいシンガーだ。

昨日あるものは今日もあるということで、ダブルアンコール。すごいお知らせってことで、秋ぐらいからツアーかなぁとか思ってたら、このタイミングで阪神甲子園球場のライブ決定。いや全く予想してなかった。TUBEの甲子園が終わったのはそういえばそうだったって感じだけど。東京ドーム2日間やったあとに甲子園ライブぶち上げるのがどこにいますかマジで。三嶋さんにしてやられたわ。オーラスはFRONTIERを超えて次のステージへ向かう曲・・・NEXT ARCADIA!?!??????? おいおいおいおーーーい。いやこれは誰も予想できないでしょ。FRONTIERというコンセプトにも合う曲だし選曲自体は全然不思議じゃないけど、オーラスに持ってくるような曲かこれ。というかVIRGIN CODEの位置で予想してたのでもう来ないのかと。LIVE FLIGHT横浜のVitalizationを超える困惑の上、奈々ちゃんがラスサビ前で歌詞を間違えて泣ける。んな感じで想像斜め上だか下だかわからない幕切れだったけど、後から考えれば甲子園ライブへto be continuedってことなんだろうな。新しい始まりとも言っていたし。この日も21時過ぎには終了。お疲れ様でした。

この日は前日より歌の調子も良かったし、初日かなりのレベルで気になっていた歌詞もほとんど飛ばず(最後はご愛嬌として)、全体的に見てこの大ステージにふさわしいパフォーマンスだったなと思います。アンコールで尻上がりしてきたってのがポイント高。音響は場所が全然違うので比較が難しいんだけど、なんにせよあの轟音騒音のLIVE CASTLEとは比べものにならない。

セットリストに関しては、この日は新曲との断絶もなく完全に2008年以降のセトリになってたわけですけど、意外とやれるなと。まぁ確かに初日にやった古い曲のほうが聴いてきた時間が違うってのはあるんだけど、パワゲがなかろうがエタブレがなかろうがあんまし関係ないぐらい、新しいのも珠玉の曲が揃ってる。当然ながらライブも立派に成立します。それどころかあれやってないこれやってないとまだまだ出てきたりもするし、捨てたもんじゃないなあ。2015年の曲が全く変わらなかったのは意外でした。Angel Blossomやエデンも来るかと思ったんだけど。新譜の曲ではコイウタ。とかも聴きたかったけど、どうやらまた新譜で気に入ってる曲が後回しにされる流れらしい。でも新譜の曲は今回聴いただけでも、もっと色んな形、オーケストラでやったりアコースティックでやったりすることでさらに進化していきそうな可能性を感じる部分もあって、これも未来に期待かな。まあ、両日とも気の利いた選曲は確かに無いんだけど、各年代を代表する曲を詰め込んでバランス良く配置してきたという印象ではあります。もしかしたらラストのNEXT ARCADIAは奈々ちゃん的には気の利いた選曲だったのかもしれないけどね( 

両日通しての印象で言えば、演出は今回もレベルの高いものではあると思うんだけど、この点は去年のLIVE ADVENTURE埼玉が凄すぎてちょっと見劣りしてしまったのは否めない。というより、東京ドームってことであのレベル以上を期待してしまってた。巨大ロボは凄かったけどあの七色の水の壁ほどインパクトじゃないし、思わず唸ったのはオープニングぐらいかなあ。むしろ消防法上の問題があるのかも。その代わり、照明とレーザーはド迫力。この会場でしかできないスペクタクルを表現できてました。おまけに、今回はメインステージの分割スクリーンに各曲のイメージ映像が流れたりして、ステージはだいぶ賑やかだった。他のライブでは結構あるのに奈々ライブではあまり記憶がないやり方なんだけど、単純にステージのでかさを活かすにはもってこいだし、今回のサイバーなデザインコンセプトにも合ってるかなと。

あと、今回は前回の東京ドームと違ってあまり感動的なライブにはならなくて、それはそれで良かったなと思っているところ。ただでさえ1週間前にemotionalすぎるライブ行ってて、4年半前のLIVE CASTLEもそういうライブだったってのもあって、今回もそうだったらちょっとしんどいなと思ってたのもあるし、4年半前と違って東京ドームは辿り着いた場所でなく通過点なんだと感じることができたのも大きい。確かに甲子園ライブの発表とかはあったんだけど、おおむね通常営業というか、選曲はスペシャルにもかかわらず比較的「いつものライブ」感が大きくて、それが東京ドームで感じられたのが嬉しいのかも。これまでのLIVE RAINBOWやMUSEUM、CASTLEといった節目のライブとは違う印象。この2日間がその「節目」じゃないとすれば、間違いなくそれはこの次のライブになるでしょう。それでこそ、この日最後に歌われたNEXT ARCADIAが意味を持とうというもの。

次は阪神甲子園球場でのライブ。東京ドームでの公演を達成してからずっと一つの目標だった場所だったので、ツアーで関西に行ったときはいつも人の入りを気にしたりしてましたが、プロ野球との兼ね合いも難しい会場だし、そもそもやるとして関西で単発ライブになるというのがイメージしにくかった。そういう意味では今年東京ドームを2Daysやってから、というタイミングはベストだったと思います。問題は日程が9月22日で次の日平日なので色々どうなるって感じですが、まあ行かないとか行けないという選択肢はないので。

今回は2日間とも初めてライブに来るという人と参加できたのも良かった。初めてと言わずとも、いつも来てない人を呼び込みたいと思っていて、それが今回の個人的な目標でした。実はこれ5年前に初の東京ドームが発表されたときにも考えてたことなんだけど、その時は自分がチケット申し込み忘れるという(笑)んなわけで、5年越しに目標達成。自分ができることはほんとこのくらい。少しでも興味があるならライブに来てもらって、その上で楽しいとか凄いとか思ってもらえれば、こんなに嬉しいことはありません。次の甲子園にしても、球場でもライブは今までいくつもやってきたけど、関西圏となると未知数なわけで。微力でもまた何かできればいいな。

_4101051
_4101052
_4101057
_4101071
_4101074
_4101127
_4101126

SETLIST

01. 禁断のレジスタンス
02. Synchrogazer
03. BRIGHT STREAM
04. Never Let Go
05. Trickster
06. Exterminate
07. COSMIC LOVE
08. エゴアイディール
09. Mr.Bunny!
10. 少年
11. アンビバレンス
12. SUPER☆MAN
13. DISCOTHEQUE
14. 恋の抑止力-type EXCITER-
15. FEARLESS HERO
16. Glorious Break
17. VIRGIN CODE
18. Love Brick
19. Clutch!
20. POP MASTER
21. Astrogation
(Encore)
01. Rock you baby!
02. 天空のカナリア
03. 愛の星
(Encore2)
01. NEXT ARCADIA

LIVE GALAXY 2016 – GENESIS –

帰ってきたぞこの場所に。
_4090990
まぁ1週間前にも来たよってのは置いといて、この4月の時点で東京ドームで水樹奈々のライブやってるってのは前回のツアーファイナルの時点はもちろん、11月にアルバムが出た時点でも想像できなかったこと。また夏はツアーだとも思ってたし、東京ドームをやるとすればさらに良い日があると思ってたし。前回の東京ドーム以来、「またあの場所で」というのはいろんなところで言ってて、ファンにしてみてもそれが実現するのかどうかというのは正直わからないところではあったんで、いやホント前も言ったけど青天の霹靂とはこのことですね。アルバムも今回はライブで聴きたいという曲が特に多いと感じるし、その上2日間の選曲を年代別にするということで、ライブ自体の期待値も高い東京ドーム公演。4年半前とは心持ちも違う。

会場に入るとアリーナ中央に脱出ポッド的な何かがに目に入る。この日の席はアリーナE。東京ドームはけっこう回数来てるけど、アリーナに入るのは初めて。SSAみたいに縦に広くないから意外と遠く感じないですね。後ろにサブステージがあればなーってところだったけど、どこかしらで後ろ来てくれるしいっか。例によって開演前にPAブースに矢吹さんが来てなんか盛り上がってた。開演は10分押しぐらいだったかな。

OP映像はギャラクシーツアーで宇宙旅行と思ったらどっかに不時着したというストーリー。中央の脱出ポッドが発光して、えらいスモーク焚きながらお奈々登場。メインステージに移動して始まったのは・・・ETERNAL BLAZE!!! おおお、ついにこの曲が1曲目で来た。LIVE MUSEUMから9年越しだ。ピアノのイントロなしでジャストで歌から入ったので、歓声とともに急激に会場が燃え上がってくのがよくわかった。最近開幕からばしばしコールしていくライブなかったし、なんか懐かしいすね。昔POWER GATEとかを1曲目にやってたあの感じ。はなっからクライマックスで息もつかせない。実際あのピアノのイントロ中けっこう跳ぶ前の深呼吸とかしてたりするし(笑)続く残光のガイアはしょっちゅうやってるイメージの割には聴いたのが何気に久しぶり。一昨年聴けなかったしね。イエース!とかおおこれこれ、って感じ。久しぶりといえばその次のsuddenlyっすよ。この数年歌ってるライブをピンポイントで逃してきており、実に5年ぶりに聴く。こんなライブで聴いてて楽しい曲が。ただフシギとそこまで久しぶりに感じない。すっと曲に入れる。やっぱり聴いてきた時間ってのはあるな。しかしながら、Bメロを裏で跳んでサビ挟んでからのギターソロを跳びきるのが思ってた以上にキツすぎ、曲終わってMC入った時点でですでにアキレス腱と足裏の痛みがとんでもないことに。体力の老化も嘘をつかない。まだ3曲だけど今までにないレベルで飛ばし過ぎ。

MC挟んで、旗を掲げた行進隊がざざっと出てきて新曲のNever Let Go。重々しい雰囲気と力強い歌詞。今までになかった曲調ですね。せりで上がって遠くを見据えて歌う演出はイメージ通り。このイメージ繋がりで、メガホン持って歌うのが懐かしいBring it on!。LIVE FIGHTERの軍服とかありましたなあ。さらに続けてExterminate。前回の西武ドームのときは全然聴き込めてなかったので、個人的にはひとつ懸案事項だった曲。コールもちゃんと定着してるみたいです。やっぱETERNAL BLAZEを意識してるよなあこの曲(アルバムの曲順的にも・・・)。奈々ちゃんがいったん捌けて、今回のチェリーボーイズショーケースは原点回帰の戦隊もの(聖○士星矢風)。なんと福長さんがセンターに出てソロで歌う。ボーカルが一人なのも原点回帰だけど、この大舞台で真ん中で一人で歌うのはすごい(笑)しかもイケメンだから様になってるという。でもオチは坂竜が持ってくいつものやつね。

っと、ここでいきなりフリースタイル来てびっくり。いやー来ると思ってたけどやっぱGENESISだわ。で、奈々ちゃんはどこにいるのかといえば、上手側舞台裏からバルーンに吊られた箒に乗って登場。前の東京ドームで気球乗ってたのと同じ感じだけど、どういう仕組みなんだこれ・・・。曲のほうもこれまた久しぶりだったけど、やっぱすぐ反応できちゃうんだよな。間奏に入るタイミングで奈々ちゃんがちょうど自分のほぼ真上に来て、なんかもう勢いに任せて口上打っちゃったもん。自然に口から出てくるんだから仕方ない。使い古された言葉だけど、こういうのを本当の高まりって言うんだな・・・こんな感覚久しぶりだ。奈々ライブでそういう感覚になれるのが嬉しい。そのまま箒で飛びながら新曲エゴアイディール。クールに流れる正統派ピアノロックで、アルバムの中でもかなりアクセントになってる存在。ステージに立って歌うのを想像してたから飛びながら歌うのかと一瞬面食らったんだけど、たぶん奈々ちゃんの中ではこの曲のワナビーな歌詞と箒で飛ぶ魔女「っ子」のイメージがクロスしてるんだろうね。そう考えると悪くないなと。会場を一周して下手側に捌けてからは曲をそのままでインスト。ドラムパーカス3人とベースで4バースで回してたのがカッコよかったというか、ほぼフュージョンのライブだ。センターステージでのWhat cheer?もほぼ来ると確信してたけど実際来ると嬉しい。いつもはマイク持ってるのと同じ要領でペンライト持ってるほうの手でしか振りやらないんだけど、今回は席が通路側だったから珍しく完コピしてみた。間奏の振りはやっぱ両手でやらんとな。楽しい楽しい。MCではさっきのは魔女「っ子」ってのを強調してました。

水樹ブルーが合う曲を久しぶりにってことで始まったのがdeep sea。LIVE GRACEでアコースティックで聴いたのでそんな久しぶりな感じもしないが、まあ通常アレンジで聴くのは8年ぶりくらいになるか。にしても、この曲あたりで落ち着いてみて確信したけど、この日は音響が東京ドームと思えないレベルでいい。ドームをうまーく利用した、ボーカルを楽器の音がうまいこと包み込むような、角の取れた調整ですよ。特にこういうバラードにはすごく合う。前回は東京ドームのライブとして見ても酷かったからなあ。いい仕事してくれてます。ジャズ風味入ったコンテンポラリーミュージックなアンビバレンスもこの音ならぴったり。この曲といいエゴアイディールといい、あのアコースティックライブから生まれたアイディアがダイレクトにアルバムに入ってきてるのは素晴らしい。あのライブは今振り返っても大きいね。奈々ちゃん捌けた後のインストでは太平さんのピアノソロを堪能。チームヨーダショーケースを挟んで、アルバムのリードナンバーになっているSUPER☆MAN。あの回るショーケースみたいなので登場。これはもう振りコピ曲ってことでいいっすかね。Who is it?のとこはせっかく耳を済ます振りなのに大して客の声が聞こえん。まあツアーでやんないとなかなか曲が育たないのはあるんだけど。MC明けてのstill in the grooveはもうイントロのドラムのパターンでわかるよね。と、ここでこれまでいなかった格さんが登場してイントロにギターソロが入る。この大舞台で格さんがいないのはなんとも不思議ではあったので、ようやく収まるところに収まった感じ。これでギター4人。この曲もダンスの流れではまず来るよね。跳べる。Take a shotはあの座長公演の和風BGMが記憶に新しい。いやー通路側はホント振りコピが捗って仕方ない。夏にシングル出るよ先生役でアニメ出るよってMCから先生役じゃなくて生徒役やってた作品の…ってことで何が来るかと思ったらリプレイマシン。メモオフは何かしらやるだろうってところで、最近やってないのと言えば。。。遠いこの空からだよな!()でもギター4人もいるとアンサンブルがへヴィでいいね。

オープニングから繋がる映像パート。宇宙エネルギーGLORYが枯渇の危機というストーリーで、管制官役でいきなり石川英郎・瀬戸麻沙美登場。今回はシンフォギアつながりかな。石川さんはもちろんだけど、瀬戸ちゃんも実写の芝居けっこう様になってるじゃないすかー。この星を創生した開拓者の乗っていたロボットが動き出す・・・という流れで、あのイントロ。ゴゴゴと地響きを立ててステージに出てきたのはスチームパンク風の巨大ロボット。のコクピットに奈々ちゃん。歌に共鳴して動き出すという設定らしい。いやあ、一昨年のLIVE FLIGHTのオープニングとかも良かったけど、今回のはもうほとんどこの演出のためにあのえらい長いイントロが作られたのではないかというぐらいのシンクロ具合。かっこいい。というかまあ、最近の上松さんの曲はライブのショートムービーとくっつける要員になってるけど()この初日のGlorious Breakはこの2日間で一番印象的だったと言ってもいい。「Glorious Break」とコーラスが入る部分で照明が全灯になるんだけど、コールの一体感とともに東京ドームのこの空間の世界が一瞬広がる感覚。いつかオーケストラとコーラスで聴きたいなあと思う。ロボットがセンターステージまで移動して、Orchestral Fantasia。これそういえばギリギリ2007年か。こう最新曲と一緒に並べるとストリングスアレンジに時代を感じますな。あの頃のエレガって感じで。まぁこの曲のキモはストリングスではなくハモンドとドラムだと思ったりもするわけですが。7.7mの巨大ロボはここでお役御免で、明るくハッピーな曲ゾーン。まずLove’s Wonderland。冷静に考えてまじかよ!だけど1stアルバムの1曲目はまぁGENESISだな。ホールで聴きたい曲だよなあこれは。ドームだとコールが聴こえない。でも奈々ちゃんコールは聞こえないこともなかったかな?にしてもBメロ裏跳びする曲いくつ来てんだ今日・・・しかもこれまた跳ぶのが疲れるテンポ。続くClutch!は座長公演でも聴いた曲。タオルじゃなかったね。水樹奈々らしい応援歌で思いっきり跳べるようになってる曲。座長公演で聴いてもまだ正直パッとしてなかったけどこの流れで聴くとこんなライブ向きの曲だったのかと今更ながら驚くわけですよ。このブラスも生で聴きたいねえ・・・。んで、この流れでやらないわけがないSUPER GENERATION。そいや、ギターソロ前のドラムのアレンジが変わってたというか、いつもバックで鳴ってるドラムループを今回は生でやってたんですが、ドコドコ鳴りすぎててあの部分の跳ぶ前に溜める感じが失われているので元のほうがいい。ラストの合唱は原曲通りの長さ。

本編ラスト。21曲やってるんだけど全然そんな長く感じてない。まだ2時間ぐらいな体感。この日のラストは最初から決めてましたとのことで、王道で来るのかこの日ならではのもので来るのか判断がつきかねてるところ、奈々ちゃんの「人生は一度きり」という言葉に沸き立つ会場。そりゃ沸くよ。CIRCUS名古屋やUNION秋田と同じ、奈々「一度きりの人生?」と来れば、楽しむべきに決まっている。そういうわけで王道中の王道、水樹奈々自身が「人生のアンセム」と呼ぶこの曲、New Sensationで締め。やっぱりここぞというところでこの曲を持ってくる。ちょっと前いのりんのブログとか見ても思ってたけど、水樹奈々ファンの中の合言葉みたいになっているこの曲この言葉。最初に歌ってから13年、この曲を東京ドームの舞台で歌うことは、この言葉を体現してみせていることの何よりの証明だ。一番体現している人が歌うから、ついていきたくなるんだよね。

アンコールはちょい長め?タオル曲BE READY!から。奈々ちゃんはUFOに乗って下手側から登場。いやー6年ぶり?これ新譜の特典に12年前のライブの映像が入ってたけど、正直振りを忘れかけてて焦ってたから久々にちゃんと練習してきてたんだよ。最近昔のタオル曲はなかなか取り上げられないし。トゲトゲギラギラした矢吹節はいま聴いても痺れる。UFOがバックネット前まで来たところでシャッスMC。今回投票で1位になってMVが作られたPrayはこのタイミング。これももう9年前の曲とは。シングルのカップリングでこんな前の曲がいまだに支持されてるというのがすごいよね。これも例によってクアッドギターであのギターのリフが腹にぐぐっと来る。UFOが反対側の上手花道に到着したところで始まったのは、innocent starter!!!この曲は最近またひとつ深みを増したように思います。白系の照明も好き。最近はMCでタイトルコールしてから歌う場面が多かった気がするけど、今回みたいにMC挟まずに来たほうがイントロが沁みてくるなあ。普通逆な気がするけど。

まだ終わらない。ダブルアンコールはこの曲しかないでしょ。オーラスPOWER GATE。時代を変えた4年半前からもまたさらに時代が変わっても、まだまだ変えて行かなきゃと歌う。この曲がある限り水樹奈々は止まらないんだな。パワゲ締めは意外とないんだよね。そもそもアンコールまで取っておく曲でもあんまりないし。最後にでかいのを打ち上げて初日終了。

初日のみのインプレッションとしては、ホントに2007年に帰ってきたようなライブだったということ。まるで2007年にアルバムSMASHING ANTHEMSが出てるようなね。なんといっても選曲が王道中の王道。これにミラクル☆フライトとかTRANSMIGRATIONとかあったら完全にあの頃って感じだ。○年ぶりに聴く曲でも久しぶりな感じがしないと上に書いたけど、この日はたとえどんな曲が来てもすっと入って落ちてくる感覚があって。なんというか、suddenlyやWhat cheer?、still in the grooveにTake a shot、New SensationからBE READY!と繋いで、innocent starter、POWER GATEと来る流れは、自分の中でいまだに自然なものなんでしょうね。好きになった頃からそのまま。「思い出す」んじゃなくてね。何年もやってないようなレアな曲がなくて期待外れという声があったけど、そういう曲が挟まっているとむしろこの自然な感覚は損なわれてたかもしれない。だからこれでいい。王道中の王道が揃ってるから良かったんだと思います。ただ、単純に考えて初日と2日目で25曲中18曲が入れ替わるという通常考えられない総曲数なせいか、歌詞をごまかしちゃうところは多かった。suddenlyとかエゴアイディールなどなど。ライブ自体も決定から時間がなかったみたいな話も聞くし、ちょっと無茶な曲数だったかなと。歌も音響も良かったのでそこはもったいなかった。まーあとはアコースティックコーナーやバラードがもう1曲ぐらいあっても良かったかなと思うけど、これ以上曲が増えてもと思うし、9年以上前の曲+新曲という組み合わせとしてはかなりバランスが取れていたので、やっぱりこれがベストだったんじゃないかな。残りは全体のまとめに譲ろう。というわけで2日目に続く!

_4090981
_4090993
_4091026
_4090995
_4090992

SETLIST

01. ETERNAL BLAZE
02. 残光のガイア
03. suddenly~巡り合えて~
04. Never Let Go
05. Bring it on!
06. Exterminate
07. フリースタイル
08. エゴアイディール
09. What cheer?
10. deep sea
11. アンビバレンス
12. SUPER☆MAN
13. still in the groove
14. Take a shot
15. リプレイマシン-custom-
16. Glorious Break
17. Orchestral Fantasia
18. Love’s Wonderland
19. Clutch!!
20. SUPER GENERATION
21. New Sensation
(Encore)
01. BE READY!
02. Pray
03. innocent starter
(Encore2)
01.POWER GATE