BATTLE GIRL FES. 大神樹祭

_1083096もう3週間前の話ですまん

なおぼう初めはバトガ。これチケット支払ったの9月か10月じゃなかったっけ・・・。バトガはゲームはちょろっとやってたぐらいっすかね。なでラジは聞いてた。

アンフィシアター。昼の部はなぜかえらい入場列の捌けが悪かった。15分押しぐらいだったかな。初っ端にあやっぺが一人で出てきてゲームの主題歌的な存在のBelieveを歌う。とりあえず盛り上げ。ただアンフィはステージがだだっ広いから一人舞台だとなあ・・・。司会の田村むっちゃんとあやねる出てきて13人のキャスト自己紹介。例によって長い。長い。長いけど、最後にある意味この日一番楽しみにしてた下地紫野ちゃん出てきて、あっ・・・ってなってしまった。。。俺はこの子を応援しないといけない(使命感)

イベントはキャラソンを挟みつつ生アフレコとかゲームコーナー。生アフレコは司会の2人が学園祭の見回りをテーマにして各キャラのところ回っていくってやつ。昼夜で前編と後編が入れ替わり。夜の部のほうがアドリブ入って面白かった。ゲームコーナーもとい特訓場コーナーはダンスコピー対決とか万歩計振り振り対決(いつか見たような)とか。罰ゲームは先生に告白ってやつだけど、いつの間にかペアの相手に告白みたいになってた。f*fが2人で交互にやってたやつはまじで頭抱えた・・・。幕間に今日来てないキャストのビデオメッセージもあったり。なんだけど、夜の部なのに昼の用のメッセージ流したりえらいやらかしてたなあ。これに限らずこの日はイベント自体の段取りが(司会のむっちゃんがぽんこつなのを差し引いても)テンポ悪くてあれだった。コロプラさんもっと頑張って。

ライブパートはなおぼう擁するTiaraもいいんすけど・・・Chuuuuu♡Lipかなー。曲は正統アイドルポップ、衣装もキラッキラでよいっす。振りコピも少々。振付があんま面白くないから少々です。もうちょっとステップを利かせてほしい。CDちょくちょく出してる割にはこのイベントでは曲数も多くないし出演キャストの全員が歌ったわけでもなく、いまひとつパッとしないライブパート。とか思ってたら、イベントの終盤にあったf*fパートのあまりの強さに無事死亡。なんなんすかこのユニットわ・・・ゲームの中でも対照的な花音と詩穂だけれども、リアルのf*fも互いに相補的な関係と言いますか、2人で支え合ってる感じがひしひしとわかるステージ。一つ一つ言葉を選んで喋る紫野ちゃんと自分の思ってること今ここで全部伝えたいえーでちゃん。尊いとかいうレベルではない。紫野ちゃんの生歌、粗削りなところもあるんだけど、とても凛として紫野ちゃんそのものみたいな歌だった。よかった。f*fだけ持ち曲3曲やり、予想外に心をぶち抜かれた時間。

イベント自体はがっつり3時間。間延びしてたとも言う。出演者多すぎた。なおぼうイベだから来たけどこのイベントはf*fに尽きる。特に昼の部終わってから夜の部始まるまではあまりの衝撃に下地紫野 好き以外の感情を失ったオタクと化していた。紫野ちゃんのこと、アイカツ!で知ってサファイリーズのラジオなんかも聴いてきたけど、基本陰から見てきたので会うのはこの日が初めてで・・・むっちゃ楽しみにしていました。それでこんなにも「好き」って思わせてくれるんだから本物だ。3年ぐらい前に同じアンフィで感じたものと同じかもね。アニメ化もするらしいのでまだまだこれからのバトガ。イベントはあれだけどいろいろ期待しておきましょう。

_1083097
_1083099

ことはゆ クリスマスパーティー

本日3案件目。帰ろうと思ってたけど当日券あると聞いたのでオタク迫害の地・舞浜にやって参りました。あおちゃんに会うの2年半ぶりっぽいっす。。。
_C243062当日券なので席は最後列。アンフィは最後列でも見やすくてよろしい。立ち見で来たこともあるし、後ろのほうが良い思い出ある会場だよね。サイドの席は使ってなかったので、イベントとしては意外と小ぢんまりとした感じ。当然のようにはやみんはサンタコス、美菜ちゃんはサンタコスだけどなんか肩とか出てておじさんが困っちゃうやつ。あおちゃんはトナカイ。しっぽついてる。おじさんが困っちゃうやつ。

最初に3人で写ってる写真を披露するコーナー。2011年くらいの写真はあー若いなって感じだけど、この3人の場合イメージとしてはいまだにこのぐらいの時期のままだったりする。みんな大人になったよね。この3人ではあおさおのイベントで1回集まってるんすね。しかも舞浜アンフィで。それから突然始まる叩いて被ってじゃんけんぽん。3人とも反応早くてなかなか決まらず。結局美菜ちゃん優勝ですごろくの巻き込み権と擦り付け権ゲット。朗読劇は良かったなーーー美菜ちゃんの表情がいいっす。身振り手振り口の動き目の動き。見てて楽しい朗読です。すごい役者になったなあ。ラブ〇ラスネタは今となっては懐かしい。はやみん高校生だったとか言ってたけどそんな前か・・・

んで、メインイベントのすごろく。萌え台詞コマとチェキコマ、カラオケコマとあって、結局それぞれ3人で2~3回ぐらいやってたかな。萌え台詞はあおちゃんが喋るたび変な声出てた。プレゼントチェキはけっこう撮ってた。ドル界隈でやってるチェキ撮影とかは今まで大して興味なかったんだけど、3人で撮ってるの見てたら欲しくなってきたよ。チェキの場合、デジタルカメラとも普通の銀塩カメラとも違って、露光したフィルムそのものをその場で現像して取っておける、つまり3人が映っている光、像、瞬間を閉じ込めたものの実物をくれるわけだから。もしかするとポジフィルムでもいいかもしんないけど、取り扱いにくいしサインとかできないじゃん?って考えるとチェキっていいフォーマットだなあと。そういうわけで声優界隈でもチェキ撮りまくってばしばしプレゼントしてくれよな!!

その後はメインイベントの中のさらにメインイベント、カラオケ。予想外に熱すぎた。コマによってアニソンカラオケか、ことはゆメンバーの曲カラオケに分かれてるんだけど、選曲が実に乙です。初っ端あおちゃんのセーラームーンCrystalで同世代感満々だし、はやみん歌唱のドラえもんのうたが聴けるオタクイベントも貴重。アニソンカラオケは基本1番を1人で歌って2番から3人で歌いだすみたいな本当にカラオケ来てる風な流れだったけど、美菜ちゃんがあおちゃんに前前前世を歌ってほしいと言ってたのは胸が熱くなる感じ。そんで、メンバーの曲カラオケがこれまた。さっきとは逆でコマに止まった人が1番歌って2番から本人が歌うみたいなやつ。最初のInstalltionではやみんが歌いだしたときは思わず震えてしまう。ただでさえそもそも聴けると思って来てないから儲けもん感がすごい。クピドゥレビューはあおちゃんが振り付けやってておととしのアニサマを思い出します。はやみんとあおちゃんは代表曲どころで来たけど、美菜ちゃん曲は最初あおちゃんがさわやかなやつとか言ってたのでそんなんいっぱいあるんちゃうとか思ってたら、やっぱ和風のやつとか言い出してもしやーーーと思ってたらホントに来たmetamorphose!!!タイトルコールの瞬間あ˝あ˝あ˝あ˝あ˝~~~~ってなってしまった。。。スフィア武道館でStartline聴いてシングル即買いしてからずっと一緒にリピートしてた思い出の曲だ。ラスサビの出だし美菜ちゃんがソロで歌ってくれて完全に感情を失ったオタクと化してたな。なんかあおちゃんが好きな曲らしいっすね。サンキュー。

ラストに会場でジングルベルを合唱してクリスマスイベントらしく終了。2時間半弱ぐらい。いやまじでこんな濃いイベントになるとは・・・。こんなサービス精神旺盛なイベントなかなかないっす。特にカラオケはメンバーがかなり無理矢理入れた企画らしく映像収録はないと思われる。来て良かった。楽しかった。。。

SETLIST

01. MOON PRIDE
02. ドラえもんのうた
03. Installation
04. 前前前世
05. クピドゥレビュー
06. metamorphose
07. やさしい希望
08. ジングルベル

MTV Unplugged 

なんだかんだ言って楽しみだったライブ。もう2週間経っちゃってるよ。
_A232958アンフィシアターは1年半以上来てなかったっぽい。ファン力低いから当日抽選でも弱い席だったけど、この会場はどこの席でも見やすい。もっと推していきたい会場ではある。この規模のホールで奈々ちゃんのライブ見るのはこのとき以来かな。。。

こないだは跳び禁だったと思ったら、今度は立ち禁、光り物禁止、コール禁止、ドレスコードありってことでいつもと全く違う雰囲気のライブ。連番がいないというのもある。前説があってからチェリーボーイズとストリングス隊登場。シンプルな編成で語るところが特にない。ストリングスの音色で始まった1曲目は…innocent starterだった。イントロとともに奈々ちゃん登場。イメージ通りの入場の仕方。この曲はストリングスが前面に出たこの日ならではのアレンジでとっても良かったすね。徐々に静から動に移り変わって行く原曲のイメージをうまく膨らませる形。

ここから曲が続いていくんだけど、セットリストは概ねTV向け。タイアップのついたシングル表題曲が続けて歌われるちょっとしたアニサマ。奈々ちゃんも言ってたけど、着席ライブなのに落ち着く曲があんまりない。着席ライブでやるのにベストな選曲ではなかった。もっと言うと、去年のアコースティックライブのように曲のイメージをガラリと変える大胆で凝ったアレンジがかかっているものも少なくて、そこは残念だったところ。そんな中で、15年前のバースデーライブで歌ったデボラ・ギブソンカバーのLost in Your Eyesはセットリストの真ん中でよいクッション的存在ではあった。とはいえ、今回は曲数もほどほどに特別な演出もなく、コンディションの整った奈々ちゃんが完全に歌うことに集中できるというライブということもあって、ボーカルパフォーマンスに関しては100点満点に近いものがあったのではないかと。こちらの鑑賞環境としてもほぼ最高なので、こんな貴重な時間はなかなかない。特に深愛をそういう場で聴けたのは、間違いなく歌うと予想していたとしても嬉しかった。ライトに照らされて歌う奈々ちゃんが眩しかった。

ベストアクトは間違いなく、エゴアイディール。原曲がそもそも去年のアコースティックライブからの影響を受けているから、この日のコンセプトに合うのは分かり切っていた。シンプル編成のピアノロック。プレイヤー同士が呼応しあって高まっていくテンション!音楽の楽しさが伝わってくる。こんなんじっとしてられん。

収録終了後にアンコールらしきものもあり。オルゴールとピアノと は皆が期待してた選曲だよね。本当はもっといろいろあるんだけど。星空と月と花火の下で締め。うーんこの曲はアコピじゃなくて歪んだエレピだからいいと思ってるので。でもこの2曲が放送外なのはもったいなさすぎるだろう・・・

正味1時間半ぐらいだったっすかね。会場がアンフィシアターってこともあって、いつもこっち向いてる太平さんの鍵盤裁きとか豊さんの手技とかが見れたのも楽しかった。いつものエンタメ満載体育会系ライブも恋しくはあるけど、これから年一ぐらいでこういうのもどうでしょう。シングル7枚ぐらいなら買うよ!

2016-10-23 13.13.41
_A232965

SETLIST

01. innocent starter
02. Silent Bible
03. 夢幻
04. 純潔パラドックス
05. PHANTOM MINDS
06. Lost in Your Eyes
07. DISCOTHEQUE
08. エゴアイディール
09. Justice to Believe
10. 深愛
(Encore)
11. オルゴールとピアノと-holy style-
12. 星空と月と花火の下